kurimanger

ジブラルタル連絡橋

スマホ向けゲーム製作サークル・ジブラルタルのブログです。リリースしたゲームのサポートや製作日記など必要/不必要に応じて載せていきます。

17 10月

最新情報

最新の製作状況や、どうでもいい栗饅頭情報はツイッターに載せることにしてみました!
https://twitter.com/kurimanger
よろしければチェックしてみてください~。

2月14日
密室症候群@星川沙良 ver.1.0 公開しました!

10月5日
密室症候群@石動知多 ver.1.0 公開しました!

7月7日
密室症候群@神前結御子 Ver2.1 おまけが見られない不具合が治ってたらいいな!

7月6日
密室症候群@廿日市雪花 ver.1.0 公開しました!

5月1日
密室症候群@神前結御子 Ver2.0 システムを改良!
密室症候群@ミオ Ver3.0 システムを改良!
4月25日
密室症候群@鈴ヶ森茉莉 ver.1.0.0 公開しました。

3月6日
別プロジェクトにてお経本アプリ「法華経(プラス)」「法華経お試し版」をリリースしました。

2月7日
密室症候群@神前結御子 Ver1.2 バグ修正しました。
密室症候群@ミオ Ver2.3 バグ修正しました。
12月23日
密室症候群@神前結御子 Ver1.1 バグ修正しました。
密室症候群@ミオ Ver2.2 バグ修正しました。
12月17日
密室症候群@神前結御子 Ver1.0 公開しました。
密室症候群@ミオ Ver2.1 公開しました。
11月5日
密室症候群@ミオ Ver2.0 公開しました。
10月29日
密室症候群@ミオ メンテナンスのため公開一時停止しました。
第2作目・密室症候群@神前結御子タイトル画像公開しました。
10月17日
密室症候群@ミオ リリースしました。
5 3月

iPhoneアプリ開発の前に立ちはだかった数々の敷居たちについての記録

こんにちは。栗饅頭です。まだまだ冷えますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、私は先日念願のMacを購入しました!
Macminiという、数万円台からの比較的手を出しやすいモデルのやつです。 
めっちゃ小さくてお弁当箱レベルです。
しかも、分配器というやつ(Amazonで2千円ちょい)を買えば、今使っているWindowsとキーボード・マウスを共用できるのです。(モニタも分配できる分配器もありますが、PCはD-sub、MacはHDMIなのでウチでは必要ありませんでした)
今まで購入に二の足を踏んでいたのは、お金の事もありますが場所が無い!ってのが大きかったのです。
分配器を使えば今の状態にお弁当箱が一つ増えるだけ!素晴らしい~

という訳で先日の15日(2014/2/15)にアップルストアに行って買ってきた訳です。
何に使うのか?それはもちろん、iPhone版の密室症候群を開発するためですよ~!
やはり作ったからには少しでも多くの方にプレイしてもらいたいですし、何と言っても日本ではiPhoneがかなり多くのシェアを占めていますからね。
そもそも私自身もiPhoneを使っていますし……。

ではなぜ今までiPhone版の開発をしなかったかというと……iPhoneアプリの開発は、めっちゃ敷居が高いのです!

【敷居たち一覧】
■アプリリリースの為の年間8400円(2014年3月現在)の固定出費 
■そもそもMacが必要(最低出費数万円~)
■Objective-Cって言語の習得が必要

最初は上の3つだけかと思っていたのです。
しかし実際にMacを購入してみると、さらなる敷居が待ち受けていました。

【追加された敷居】
■開発ソフトのインターフェースが英語
■本名丸出し必須

androidアプリの言語であるJAVAの開発ソフトは日本語化してあるものが入手出来たりするのですが、Objective-Cのソフトは今のところメニューの一部を日本語化するパッチがあるくらいのようです。
(参考:Xcodeのメニューを日本語化するプラグインを作ってみた(不完全版)

まあ、それは取っつきやすさの問題だけなので良いのですが、問題は最後の
■本名丸出し必須
です。
appleは私に栗饅頭と名乗らせてくれないのです。
軽い気持ちでデベロッパー申請の時に栗山満樹(クリヤマ・ミツキ)名義で申し込んだら「クレジットカードの名義と違うんでパスポートのコピーFAXせよ」とか言われて無駄にタイムロスしてしまいました。

そうなのです。
androidは開発者のところに「栗饅頭」とか表示されていますが、iPhoneだとクレジットカードと同じ名義、つまり本名(ローマ字)が掲載されてしまうのです。

「正々堂々と名乗れないような奴の作ったアプリなど不要!アプリをリリースするならば、全責任をその名にし負え!」
ということなのでしょうか。
そりゃあ別にやましいことはないですけれども……。

・・・

~法人化したらどうなの?~

ところで、開発者のところに実名を出したくなければ法人化するという手があります。
会社を作って登録すれば、会社名が表示される訳です。
そりゃいいや!なんか株式会社って1円から作れるようになったんじゃなかったっけ?
と、アホ丸出しで調べたところ、

【株式会社設立に必要な費用】
資本金→これは1円からでOK。
法定費用→20万ちょい。会社を役所に登録するために必要。
その他→数万円程度。印紙代やら会社の実印を作る必要があったりだとか。

【場合によっては】
引っ越し費用orバーチャルオフィス代→会社を役所に登録するに当たって、本店所在地を書かなくてはいけないのですが、これが賃貸住宅だと許可が下りない場合があるとか。
その場合、許可が下りるところに引っ越すか、バーチャルオフィスというサービスを利用するかです。
バーチャルオフィスとは、会社設立用に住所を貸してくれるサービスで、月々数千円ほどです。

上記の費用に加えて、法人税ですね。
なんか会社って全く利益出てなくても税金払わなきゃいけないらしいですよ。年間最低7万円ほど。
さらに加えるならば上記の煩雑な手続きをどっかに外注するならその費用、そして会社は毎年決算書というのを作らなくてはいけないらしいのですが、これを自力でやるのはかなり大変そう……なので税理士さんにお願いすることになりますがだいたい20万くらいかかるみたいです。

……という訳で、本名を出したくないばかりに会社を設立するのであれば、本名隠蔽費は以下の通りになります。
初期費用30万程度
年間固定費 33万程度
(決算以外は全部自力で行う場合)

なお、株式会社よりも少しお安く設立できる「合同会社」というものもあり、これは初期費用が10万円(雑費込) くらいです。
そして決算書を作る必要がないので、年間の固定費も10万円程度でしょうかね。
ただし、合同会社の方はappleの承認が下りないことがあるそうです。
合同会社でも承認が下りた方が記録を残して下さっていますので参考に。
合同会社を設立してiOS Developer Programに法人登録するまでの流れをまとめました(2013年春現在) 

まあ、↑のやり方だと本名どころか住所、電話番号までネットに上げることになるので個人情報を隠蔽したいという目的は果たせないことになりますが。

・・・

……という訳で。
はい。本名丸出しで全然良いです。
という結論になりました。 

ことほど左様に私たちの目前にそびえ立つ高い敷居。 
それはもはや敷居などではなく、ただの壁であったという。 

まあ今現在はその壁をなんとかよじ登りデベロッパー登録は済ませました。
ここからはObjective-Cとの格闘が始まりますが、それはまた別のお話です。

追記:
そもそも何故本名を隠蔽したいのか?という問いに対する答えは
「はずいから」
という一点のみに他ならず、逆に考えれば
「恥を忍べば年間30万円(初年度60万円)が浮く」
のであり、是非に及ばず。 
15 2月

【新作】密室症候群@星川沙良 ダウンロード可能になりました!

アヴェイラブル

大変お待たせいたしましたがやっと新作をリリースすることができました!
そしてもうダウンロードできるようになっています。
……というか昨日の夜にこの記事を上げようと思っていたら寝落ちしてしまいました。
なので画像が一日遅れですがバレンタインネタになっております。

今回は作る段取りを変えてみた結果思いもよらず難産になってしまったりなんだりで最後の方スケジュールがかなりギリギリ でしたが、無事にリリースできて一安心です。
後は不具合なく楽しんでもらえることだけが願いです。

さて、実はこの作品をコンプリートしたらどこかで次回の予告が見られます。
そこでも書きましたし前から予告しております通り、次回がひとまず今までの一連の流れの完結編になります。
どういう内容か……?は予告編にてちょびっと紹介している通りのニュアンスになると思いますが、今までで一番の長編になると思います。
なので、開発期間も今までより少し長めに見積もる予定です。
今年の秋くらいまでにはリリースできればなーと思います!

次回は密室症候群@鐘巻都(かねまき・みやこ)編というタイトルになります。
次もさらに楽しんでもらえるように頑張ります~!

・・・

実は今作をリリースした日、その足で大雪の中アップルストアに行ってMac miniを買ってきちゃいました。
これでiPhone版の制作もできるようになります!
さらに多くの方にプレイしてもらえるようになったら嬉しいな~。

とりあえずは練習代わりにお経本アプリを作ってリリースしてみる予定です。
密室をプレイして下さる方にはあまり関係のないアプリではありますが、密室シリーズ開発のベースになってくれたアプリであるので……。
「画像を表示して、一定の操作でページ送りをしたり戻ったりするだけ」というすこぶる簡単な作りのアプリなので、初めての言語の練習にはもってこいなのです。

一昨年に行きつけの美容院で
「こんなのあったらいいな~ってアプリあります~?」
って聞いたら
「いやー、ウチ日蓮宗だから法要の時にみんなでお経を読むんだけど、お経本持ってくの忘れたり捲るのがダルかったりするから、良いアプリがあったらって思ってるんだけど、無いんだよね~」
って美容師さんが言うから
「じゃー作ってみますよ~」 
って言って作ったはいいけど、私が作ったのはandroid版で美容師さんが持っているのはiPhoneだったという。
そんな感じで美容師さんを一年も待たせてしまったけどやっとこれで作れそうです。
それで勢いをつけてiPhone版の密室シリーズも作っていきたいと思います。

そんな感じで今後ともよろしくお願いいたします! 
栗饅頭のツイッター
  • ライブドアブログ