2007年03月19日

ある日の惨劇 (-_-;)


先日、くりまるに、ママが友達にもらった
おでんちゃんの縫いぐるみを奪われた。

oden1







彼はとっても気に入ったらしく、一緒に仲良く遊んでいた。

しかし、彼の愛情表現は激しく噛むことにあるため、
だんだん、「おでんちゃんの人相が変わっていく。

oden2oden3







そして、今日ふと見たら、何と「おでんちゃん
脳ミソがあたり一面に飛び散っていた

oden4







何というおぞましい光景だ

それでも、不敵の笑みを浮かべている「おでんちゃん
のことを思い出したら、夜中に1人でトイレに行けなく
なることだろう


kurimaru7 at 18:21│Comments(4)TrackBack(0)ペットの広場 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nori   2007年03月21日 18:36
哀れおでんちゃん

縫製手術をしてあげないといけませんね。

不敵の笑顔のおでんちゃんスピリットを見習って、
窓口に現る怖いお客さんにも頑張って対応しようと思います
2. Posted by くりパパ   2007年03月22日 01:44
>noriさん

この哀れな姿がnoriさんに勇気と希望を与えたようでアップした甲斐がありました(笑)

彼はもう息絶えていますので、いつ葬ってあげようかと思案中です。
3. Posted by hitomi   2007年03月30日 15:48
「おでんちゃん」を見つめる「くりまるくん」は、とても愛らしいのに
その後の「おでんちゃん」をアップ画像にして見てしまいました
夜中には絶対にトイレには行かないぞ!
4. Posted by くりパパ   2007年04月01日 17:05
>hitomiさん

でしょ、かなり怖いです。
今は、既に頭の中は何もなくなっていて顔自体がしぼんでしまっています。
もっと怖くなっています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ちょっと自己紹介

kurimaru7

過去の記事も見てね
告知事項です
大変申し訳ございませんが、記事に関係のないコメント・トラックバックなどは、私の判断で削除させていただく場合がございますので、ご了承の程お願いいたします。
 
1人で寂しくオセロゲームでもどうぞ

貴方の漢字力は?