週末田舎暮らし25年 九輪窯の工房日記

               スローライフってこんなもんだろうか? 男の隠れ家は結構ヒマで忙しい 炊事 洗濯 裁縫 薪作り 畑仕事                                                 味噌に納豆、豆腐や漬物、ジャム作り 今日もゴソゴソやってるかもね

名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が



       2017年11月21日

日曜夜の雨は、山では雪だったようで8合目あたりより上は白くなっていた。
藤原岳の頂上あたりはほぼ白くなっている。パソコンに取り込んだ画像を拡大してみたらかなり積もっているように見えた。また白い雪山姿の藤原が楽しめる季節になってきた

171121 006


月曜の夜には思わぬ雨がふって、ロフトで寝ていると雨音がひときわ賑わしい。
結構大粒の雨だった、

171121 005


畑仕事は、昨日、べとべとの土を起こして草の根っこは取り去ってあるものの、まだ均してないし、肥料も
撒いてない、もちろんネットも張ってない。しっかり水を含んでしまった土を、レーキでならしてネットを張ってから
堆肥や鶏糞をばら撒いておいた
ここの畑仕事に取り掛かってから3週間ほどかかっている、これで来週玉ネギの植え付けがぎりぎり間に合う

171121 015


水菜と菊菜の種を大雑把に撒いた畑は少しずつそれらしくなってきて、収穫はまだだが年を越せば何とかなりそうに思えてきた。
ただ水菜はもう何世代も残り物の菜っ葉を放置して種を採取していたせいかなんとなく原種に近いんじゃないかと思われるようなやつが一番元気良く育っている

171121 016




ついつい買ってしまった大きなサツマイモの始末に困っていろいろに切って油で揚げることにした。
厚めの輪切りや、乱切り、チップ風、ケンピ風など・・・塩コショウを少しだけ降りかけて食べたけれど
とても食いきれない。お持ち帰りとなった。

171121 012

腰痛と ふくらはぎとが 俺に言う 今日の畑は ここまでにしろ



        2017年11月12日

体力と相談しながら進めている畑の手入れは、まことに遅々として進まず、先週手を入れ始めた畑は
1時間で1メートル四方くらいの進行状況である。畑にはびこる草は、ヨモギ、ススキ、ドクダミ、スギナがメインで
これにカタバミが加わるのだ。根っこで繁殖するやつばかり・・・。カタバミは、球根の周りに小さなむかごが一杯付いていて丁寧にとってもこぼれて種まき状態。全滅させるのはまず無理だな・・スコップで30センチほどの深さに一すくいづつ起こして、草の根を取り去りながら耕してゆく。

171112 004


上の写真が土曜の朝、下の写真が日曜の帰りがけ。黒っぽい部分がほぼこの休みに進捗した部分。
あと、幅1.2メートル分くらいが残っている。これは来週に全部終わらせないと玉ネギの植え付けが間に合わなくなる。なかなかしんどい

171112 020


借りている土地に植えてあるレモンも少しずつ色付いてきた。今年はうれしいことに、小屋の前のレモンも、この木も3~40個の実を付けている。その代わり、ユズはほんの一枝だけ実をつけただけで10個もあるかというくらい少ない。昨年も少なかったけどなぜかなあ・・・・

171112 006


散歩先にあるタラの木の畑。で、かなりの密植状態。
さほど広くない畑に数百本はあると思うがこれは採取したあと販売されるのだろうか?

171112 014


これはどうやら、すずらんの実らしい。ちょっと調べてみたらすずらんは全草に毒があるようだ
このかわいらしい実にもかなりの毒の成分があって、青酸カリの15倍ほどの毒性とあった。
拾って持ち帰り撒くのはよしておこう・・・

171112 015

日曜の昼は、前日、茶碗に4分の1ほどのご飯が残ってしまったので、それとメリケン粉を混ぜてピザ生地を
作り、まさしくそこらへんの残り物を載せたピザを作った。具材は、長ネギ、豚肉、にんじん、ピーマン、ピザソースはケチャップに香辛料を適当にカクハンして作成。結構分厚く乗せてピザ用チーズをばら撒いて
予熱しておいたダッチオーブンに入れれば10分足らず。上面を、バーナーであぶって焦がすといい仕上がりになる  此れはまだ生だよ。

171112 016

とことこと 途中まで来て やや後悔 散歩の距離は 歳を考え



      2017年11月5日 

小屋にきたらコスモスの枯れたものがきれいに刈り取られ隅の方に寄せられていた。
たぶんお向かいのご主人だろう。最近電動の草刈機を買われたと聞いた。
ずいぶんまめは方なのできれいに始末までされている。私とはだいぶ違うなあ・・・

171105 003


今回は、おでんと牛スジのドテ煮をやろうと思い、煮込むのに山用石油コンロのホエーブスを久々に使用しようと取り出してしたくし始めたら、バルブの開閉が出来なくなっていた。買い求めてから、44年ほどたっているしメーカーもなくなっているはず・・確かオーストリア製だったと思う。何度も自分で修理しつつ使っていたが
今回の原因を修理しようとすると耐熱パッキンなどの部品がいるはずだ。
あきらめてお別れすることにした。長い間ありがとうな~~

171105 002


2週間ほど前に植えたワケギが元気よく育ってきた。同時期にまいた大根の種は種が悪いのか、鳥に食われたのか、散々で、収穫はまったく望めそうも無い
今のところ育っているのはこれだけである。

171105 017


4週間ほどかけて手入れしたこの畑はやっと肥やしと自家製堆肥,それと灰を撒いて畑らしくなった
早速ネットを建てて、その下あたりにえんどう豆の種を一列に撒いて周囲のネットは猫よけである。ネコがいるのといないとでは、手間のかかりがまるで違う。これでも乗り越えて荒らすやつもいる。

171105 014


毎年ひまわりを咲かせる場所に今年も花が咲き始めた。例年の花の密度の5分の一ほどで
少々寂しくも有ったけれど今年はひまわり祭りが催されるとポスターが張ってあった。
土曜の10時からと書いてあったのだが、当日10時15分ころからかなりの雨が降ってきて畑仕事をやっていた私は小屋に逃げ込んだ。ひまわり祭りは無事出来たのであろうか?

171105 005


散歩道の土手の斜面に自生しているニラの花が咲き終えて種がしっかり育っていた。ここのニラを摘んで食べたことは無いけど来年は、花ニラを摘んで食べてやろうか・・・

171105 008


日曜日はちょいといつもと違う散歩をなんて考えたのが間違いだった
道路の目に付くところに大きな看板がありそこに、{鴨神社 1.8キロ} なんて書いてあったのを見つけて
行ってみることにしたのだが何せ足元は雪駄履き・・・長距離向きではなかった
なかなか立派な村社で10月に行われる火祭りは結構見もののようだ。

三重県:鴨神社夜火松明:いなべ市 これをクリックするとお祭りの様子が見られます

小屋を出てから帰り着くまでほぼ2時間、なかなかハードな散歩であった

171105 023
171105 024

テレビでは 超特大の 台風と 報道するから はやく帰ろう



        2017年10月22日

先週、友人が、しいたけ原木にとクヌギのころあいの長さのものを20本以上持ってきてくれた。
まだ切ったばかりで種菌を打ち込むには早すぎるし、季節も少々外れているので乾かしつつ、あまり乾き過ぎないようにと、この位置に積んでおくことにした。来年になったら種菌をホームセンターで買って打ち込まないといけない。 打ち込む個数は1000箇所くらいかな、

171022 002


先週に比べて一気に寂れてきたコスモス、雨のせいもあって晩秋のわびしさのような感じも受ける。
雨が少しずつ強くなってきているのは台風の余波だな。

171022 004



日曜日は雨がだんだん強くなってきていたるところに水溜りが出来ている。三重県北中部は
雨が多くてよく大雨注意報なんてしょっちゅう出るからね。畑仕事もやりたいけど今年はほんとに雨が多くて
都合よく行かないよ

171022 006

作物よ 俺をせかすな 昔ほど 若くも無いぞ ここのあるじは



       2017年10月15日

先週、食い忘れたアケビは、ちょうど食べごろのものがいくつかあって今年も季節の味を楽しめた。
振り返ってみれば50年近く前にハイキングか登山の途中で、始めて食べた時の、あの甘さに、驚きと感激を感じたのは、今となっては味わえない新鮮さだった。写真でしか見たことの無い山の幸が手の中にあり、味わっていることに感動したんだよなあ・・・・。

171015 011

散歩道の途中にウドを栽培しているところがある。春先に苗を植えて半年かけて大きく育て、来年当たりに出荷するのだろうか?転作作物としてチャレンジしてみえるらしい このあたりは猿が出るので被害にあいにくいものでないとまともに作れない。

171015 009

先週、畑をならして、こりもせず、菊菜と水菜の種を撒いておいたらなかなか元気良く発芽してくれた
畑をならしたらすぐにネットを張らないと、猫のトイレにされてしまうのがつらい。油断していると、ならしている時に、柔らかな排泄物が土の中から出てくる。

171015 003


ここには、苦瓜が植わっていたところだが畝立てしてワケギのきゅうこんを30ほど植えた.
毎年、遅くて食べるのが、収穫時期が終わるころになってしまうが今年もそうなりそうな気がする

171015 006



ここは雑草がびっしりと生えそろった畑である。
生えているのが、どくだみ、ヨモギ、スギナ・・エトセトラ・・・上だけつんでも根っこがびっしりと残るやつらばかりで
土を起こしつつ根を取り去らないとすぐに元気よく生えてくるし、根のカケラが残っていれば、種を撒き散らしたごとく増殖する。この小さな畑の草取りはやり始めて3週間、と言っても実質3時間くらい(1時間ほどで腰が痛くなるから)あと2週間はかかる計算になるが雨でぬかるんだりすると手がつけれない。

171015 001


しかしまだ何も手をつけていない畑もある。これでもちゃんと春にはたまねぎを収穫し、その後、赤紫蘇を
収穫後、少しは草を抜いたりして居たのだ。本格的に畑の面倒を見ている人たちを尊敬してしまう。
畑の手入れはまだまだ時間がかかる。・・・・

171015 002

真夜中に 予期せぬ雨が 屋根を打つ 畑仕事は またもあきらめ



       2017年10月9日

盛りを過ぎただろうと思って行ったら、先週よりいちだんと花の数が増えて『見て見て(^^)』状態だった
なぜか、咲き遅れたきんもくせいが、また香りを漂わせており、なかなか秋の深まりを感じさせる。
コスモスの横にあるきんもくせいにからみついたアケビは、ちょうどぱっくりと割れて食べごろだったが
食べ忘れて帰ってしまった。

171009 001


藤原岳を見晴らす田んぼは、まだ稲刈りが終わっていない。田んぼの横を通ると
そこここからイナゴが飛び出す。もう60年近く前、このイナゴを捕まえてなべで乾煎りして
醤油を少したらしてパリパリとおやつに食べた記憶がある。
あの当時は名古屋市内でも昆虫食がごく普通だったな。
171009 006


今年もほどほどに楽しませてもらった苦瓜の最終の収穫を終えてネットを片付けた。毎週、安い豆腐と卵で
ゴーヤチャンプルを楽しんだ。シンプルな塩味だけで十分に美味しい。
お疲れさんと思いつつ、ネットからツルを引きはがすがのだが、なかなか手ごわい
はさみでツルを刻みつつ、しかし誤ってネットも切ってしまうのは、たぶん歳のせいだろう・・・

171009 004


近所のスーパーで食材を買っている時に目に付いたのがお買い得品のパプリカ
ついつい買ってしまったが、3個入りで結構大きかったのでなかなか食べ応えがある
一つ半くらいとキュウリをどんぶりでサラダ。マヨネーズにお酢と砂糖少々、ごま油を入れてカクハンして
ドレッシングという事で食ったけど、なかなか旨かったな。
しかし今回は芋虫になるくらい野菜をくったような気がする・・・・

171009 010


小屋の目の前にあるレモンの木が大きくなってきた。
今年はレモンを40くらい付けている。いつもとり遅れているから今年は青みが残っているうちに収穫するようにしよう

171009 008

夏布団 もう変えようかと 迷う夜 いや今晩も たぶんイケレル



             2017年10月1日

この季節の自然の変化ぶりはまったく激しい。
先週香り始めたきんもくせいは、花の姿はかろうじて残れども鼻を近づけても感じられず
ちらほらだったコスモスは真っ盛りの様相をしめし、鮮やかな朱色であぜ道を占領していた彼岸花は
くすんだ色になってしまった。

171001 001


例年、この季節に現れるのは花ばかりではない。山の幸大好き、、特に栗拾い命!のKさん
小屋に来てから近所の穴場で栗拾い、そして小さな山栗で栗きんとんを作るのだ
これが大変な作業で10個ほどの栗きんとんを作るのになんだかんだで3時間近くかかってしまう。
100メッシュの金網を使って裏ごし中。すごく疲れる

171001 004


裏ごしを全部するのがつらいのでほどほどのところで成型にかかる
砂糖を適当に入れて粘りを持たせ布で絞って完了。
サイズの乱れは毎度のことだが、やっぱりうまい。

171001 006

もう秋か 季節の花を 見て思う もっとゆっくり うつりかわれと



        2017年9月24日

先週は、まだほんの少し赤みがかった花の穂先が見えていたが今週は真っ盛り
毎年思うが、彼岸花はほんとにお彼岸に咲く。
これだけ温暖化が進んでいるから10月中ごろに咲いても不思議は無いのだがここの彼岸花は
26~7年前、ここに来るようになったころから変わらない。
年によっては一週間ほどずれることもあるが今年は気温が低めだったからかなあ
170924 005


散歩ルートに有る緑の回廊・・杉林だからやや暗くなってしまうが真夏でもひんやりとする。
ここの手前と終わりのあたりに栗が拾える場所があるのだ。

170924 009


栗の拾えるあたりにこの白い花の咲く植物が有る
とても良い匂いがするので、名前を調べたら『ジンジャーリリー』というらしい
肝心の栗は山栗が少し拾えたが栗きんとんを作ろうと言う気にはならなかった。
来週あたりが栗拾いの本番かな

170924 010


真夏の暑さもなくなったけどまだまだ暑いと思っていたら9月も終わりになってしまった。
土曜日、思い切って草刈機を用意し、始めたのだけれど1ラウンド(ガソリン満タンにしてからになるまで)も、体が持たなかった。途中でやめて、雨は降らないだろうと、外に置きっぱなしで日曜を迎えた。ところが日曜は朝から快晴、陽射は真夏に負けぬほどの厳しさだ。で、そのまま放置。昼を過ぎたら曇ってきたので昨日の残りを何とか終えた。
ただ、草刈機のブレードの超硬チップが半分ほど飛んでなくなってしまった。

170924 012

きんもくせいも香り始めたしアケビももうすぐ割れるだろうな

170924 016

コスモスもつぼみがびっしりと付いている。10月に入る来週にはお花畑だな、この淡いピンクが一番好きだな

170924 018

予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜




         2017年9月18日

敬老の日だそうである。一応私も対象者なのだろうか。敬老手帳なるものは持っているから活用すると
名古屋市の公共施設が安く使えたりするのだがスポーツ施設を我が物顔で使うと影の声も聞こえたりする・・

あと一週間でお彼岸、彼岸花もちょうどばっちりのころに満開になりそうだ。

170918 008


数年前から耕作はしているのだがどうも素人が借りてやっているようで雑草に占拠されそうな農地。
雑草を抜かずに放置しておくとあっという間にとんでもないことになる。下手に耕作していると雑草の処理にも手間がかかるので一番始末に困る。

私の畑たちもこれに近い・・・・。

170918 012

耕作放棄地 その2  2年ほど前まではおばあちゃんがボチボチとやって見えたがそれも無くなり
今では雑草が生えて種が育つまで放棄されるようになってしまった
すぐ近くに杉林があり、年毎に育ち、日当たりが悪くなる場所。畑と山林の混合は畑を本格的にやる場合は都合がよくなさそうだ。

170918 006

工房の放棄畑に育ったかぼちゃをどうしようかと迷った挙句、大学芋ならぬ、大学かぼちゃを作ってみることにした。油で揚げて、砂糖をからめて見たがやっぱりサツマイモのようには行かなかった。甘みもホコホコ感も今一であった

170918 003


17日から18日にかけて台風が通っていったがこのあたりに大きな被害は無かった。
風も雨も極端に強くは無く、苦瓜のネットが多少痛んだ程度で済んだ
杉の枝が道路に散乱するのは冬の嵐でもよくあることだ。

170918 013


苦瓜のネットを引っ張っていた化学繊維のロープと言うかヒモが劣化してブチブチちぎれる。
張ってから3ヶ月ほどで風化して粉のように表面が傷む。
100円ショップの品物だケド考えようによっては自然に帰りやすい素材なのかもしれない
170918 016

ギャラリー
  • 名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が
  • 名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が
  • 名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が
  • 名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が
  • 名古屋より 西に向かえば 白き山 多度の向こうの 鈴鹿の峰が
  • 腰痛と ふくらはぎとが 俺に言う 今日の畑は ここまでにしろ
  • 腰痛と ふくらはぎとが 俺に言う 今日の畑は ここまでにしろ
  • 腰痛と ふくらはぎとが 俺に言う 今日の畑は ここまでにしろ
  • 腰痛と ふくらはぎとが 俺に言う 今日の畑は ここまでにしろ
livedoor プロフィール