週末田舎暮らし25年 九輪窯の工房日記

               スローライフってこんなもんだろうか? 男の隠れ家は結構ヒマで忙しい 炊事 洗濯 裁縫 薪作り 畑仕事                                                 味噌に納豆、豆腐や漬物、ジャム作り 今日もゴソゴソやってるかもね

予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜




         2017年9月18日

敬老の日だそうである。一応私も対象者なのだろうか。敬老手帳なるものは持っているから活用すると
名古屋市の公共施設が安く使えたりするのだがスポーツ施設を我が物顔で使うと影の声も聞こえたりする・・

あと一週間でお彼岸、彼岸花もちょうどばっちりのころに満開になりそうだ。

170918 008


数年前から耕作はしているのだがどうも素人が借りてやっているようで雑草に占拠されそうな農地。
雑草を抜かずに放置しておくとあっという間にとんでもないことになる。下手に耕作していると雑草の処理にも手間がかかるので一番始末に困る。

私の畑たちもこれに近い・・・・。

170918 012

耕作放棄地 その2  2年ほど前まではおばあちゃんがボチボチとやって見えたがそれも無くなり
今では雑草が生えて種が育つまで放棄されるようになってしまった
すぐ近くに杉林があり、年毎に育ち、日当たりが悪くなる場所。畑と山林の混合は畑を本格的にやる場合は都合がよくなさそうだ。

170918 006

工房の放棄畑に育ったかぼちゃをどうしようかと迷った挙句、大学芋ならぬ、大学かぼちゃを作ってみることにした。油で揚げて、砂糖をからめて見たがやっぱりサツマイモのようには行かなかった。甘みもホコホコ感も今一であった

170918 003


17日から18日にかけて台風が通っていったがこのあたりに大きな被害は無かった。
風も雨も極端に強くは無く、苦瓜のネットが多少痛んだ程度で済んだ
杉の枝が道路に散乱するのは冬の嵐でもよくあることだ。

170918 013


苦瓜のネットを引っ張っていた化学繊維のロープと言うかヒモが劣化してブチブチちぎれる。
張ってから3ヶ月ほどで風化して粉のように表面が傷む。
100円ショップの品物だケド考えようによっては自然に帰りやすい素材なのかもしれない
170918 016

春の田も 真夏の青田も 秋の田も みんなそれぞれ 心揺さぶる


       2017年9月10日

一週間入院したパソコンが無事戻ってきました。  1月に交換したマザーボードが、また交換されてた。こんなんありか? 5年保障に入ってたから修理代は無料だけどね。

なんだかんだと言ってる間に秋が来てしまった。場所によっては稲刈りも終わってしまっている。
朝のうちなら散歩にも出てみようかと歩いてみれば、しかしまだ背に当たる日差しは暑い。


170910 002


暑いのは外仕事をやる気をバッサリとぶった切ってくれる。
この畑の草をむしるだけで2週間かかってるんだから・・・。
もっとも、草の量が半端じゃなかったな、紫蘇って、すごく頑丈な根っこしてるんだよな。
抜くのに腰を痛めそう・・・。

170910 006


山栗が少しずつ育っている。こういう実のなる木は楽しみだな。
実を拾い集めるのって面白いからな

170910 014

パソコン壊れました(^^; この書き込みはよそからです


          2017年9月4日





      先週の金曜日に、突然パソコンの電源が切れました、まるで停電したかのごとく・・・・

急遽ヤマダ電機に運びましたけどまた何週間かかかりそう・・1月にも3週間ほど入院させて
5年保障で修理代はかからなかったけどアップデートを4年間分素人がやるのは無理だといわれて
頼んだら2万5千円ほど取られた。ほんとに必要だったのか分からんけど今回はそうされないように
何とかしたいと考えている。

話は変わるが同じ日に、ソーラーバッテリーの腕時計が充電がされにくくなってきたので交換に行ったのですが
2時間ほど後に電話がかかってきて、「ソーラー腕時計のバッテリーは部品扱いで、この腕時計は製造後の部品の保存期間が過ぎているので交換できません」と言われた

腕時計自体はまだまだ使えても捨てるしかないと言うこと。これってなんかおかしくない?
これもヤマダ電機ですけどね。
ヤマダ電機が悪いわけじゃないんでしょうけど物を大切に使うのはいけない時代なんでしょうかねえ?

ヒマな昼 つくつくぼうしが 騒いでる 座布団枕で うつらうつらら



       2017年8月27日

8月最後の週末がやって来た。暑い暑いと言いながら夏が終わることになる
季節は速く移り変わって、もう稲刈りの終わった田んぼがあちこちに見られるようになってきた
夏野菜の終わりに近い苦瓜が採れたので豆腐と卵で、ゴーヤチャンプル。味付けはシンプルに塩味。
これが主食である。そして大根とキュウリの酢もみが副菜か・・・残り野菜の処分をかねているから
日曜の昼食はこんなもんだ。

170827 003


そしてとどめは大根おろし。99円で大きなのがあったので買ってしまったが一緒に買ったシラスが大根の2倍の
値段だ。結果的には安くは終わらない・・・(^^;

2日間では使い切れずに残りの大根は冷蔵庫の中で1週間保存することになった。
時に冷えすぎて大根が凍てて半透明になっているときも有る。
170827 002

紫蘇をする すり鉢に落つ 我の汗 あまり人には 差し上げられぬ




       2017年8月20日

暑さと湿度が複合的に攻めてくることしの夏は 少しでも外仕事をしようものなら汗がシャツやパンツを
ぐっしょりとぬらしてしまう。このあたりは本来畑なのだが、先週畑以外は草刈をして畑はほかりっぱなしなので
完全に雑草と、半ば一人ばえの赤紫蘇たちに占拠をされている。
日曜にほんの少しだけ畑の草むしりをしたがすぐに音を上げて残り湯に飛び込んだ。

170820 004


 土曜は太陽が照りつける夏の日差しだったので梅干を干すことにした。毎年遅くなってしまう・・・
大きいザルは傷もなく無事な梅、小皿の梅はキズが出来て中身がはみ出しかけている残念な子達。
皿に山盛り乗っているのは、どう見ても多すぎる紫蘇。
これでゆかりを作るのが目的だからこれでいいんだけどね。

170820 002


2日間干した梅はちょうどこの器に収容できた
1,5キロくらいありそう。甘い梅をつけてみようかとも思ったが塩抜きをするときに養分が流れ去ってしまいそうでやめた。食べやすくて健康にもいい梅漬けはあるのかなあ??

170820 010


紫蘇は完全に乾かなかったので、電子レンジで最後の一押しをしてすり鉢ですってゆかりにした
1キロくらいの葉を使ったけど、出来上がったのは150グラムくらいかな?
いろいろな段階で量が減ってしまったせいもあるが塩分が少ないのも量が少ない原因のひとつだな

170820 009

残り湯の ぬるさ加減が まだぬくい 水を加えて からだ冷却



      2017年8月13日

このシーズンは草刈が日課のようになる。先週は肥え汲み、今週は草刈・・・畑はもう半ば放置状態で玉ネギや紫蘇を採った後の畑はただの雑草繁殖地状態だ。土用も過ぎたので草刈のシーズンだな

170813 006


この暑いときに長靴はいて、草刈機を振り回すのは若いときでも結構ばてた。70に近くなってきた今日この頃では陽気のいいときでもばてるのに真夏の真昼間であれば、2時間近くやっているとほんとに倒れかねない
誰にも気づかれずなんてまだいやだからほどほどでやめておく。このあとは風呂場に行って
草のクズと汗を流し湯船に入ってユッタリ・・。
残り湯の温度が高すぎてひんやりしないから、水を加えて少し冷ます

170813 002


5月ころから手を入れていない西のほうはすくすくと育って5~60センチの牧草状態だ
でもここは他人様の土地なんだよね。こんな広いところはバッサバッさと出来るから比較的楽なんだけどね

170813 003


昨日草を刈って一日でこうなる。コスモスを残して刈ってるからマダラになる
干草状態になった草の利用方法はまだ考えてない、昔は堆肥にしようなんて考えてたけどもう過去の話だな

170813 015


カメムシの活用方法は無いもんだろうか?誰か、がんの特効薬とか、
美容のために最高・・・なんて話を流してくれないかな
『三重県産のカメムシはプラセンタの5倍の美肌効果があることが確認されました』・・・・

  『追記』  この記事をアップした後ふと思いついてカメムシの食べ方を検索したらほんとに有りましたわ

ラオスあたりでは普通に食べられているようで、コリアンダーー風味で美味しいとか?
コリアンダーの名前の由来をたどるとカメムシに行き着くということらしい。
コリアンダーが好きな方、ぜひお試しあれ(^^)

170813 010

この暑さ 負けずに今日は 肥を汲み ニオイ落としに 残り湯に入る



       2017年8月6日

5日の土曜日、時折霧雨が降るような天気。この季節になると雑草はひときわ元気よくぐんぐん育つ。
一方、野菜たちはうちの畑ではもうエネルギー切れになってきてキュウリもトマトも余命がいくばくも無い感じになってきた。 何せ、追い肥とか何とかの世話をしてないからねえ・・・

170806 003


黄色くなってしまった苦瓜やらやや育ちすぎた割れの入ったトマト、これでもかと
一気に生えてくるミョウガの花・・・・なかなか旨いこと行きませんわ。

170806 004


近所のスーパーにて、見切り商品でショウガが安く出ていたのでつい買ってしまう。
400グラムほどあって100円。甘酢漬けにしておいたけれど、これを全部食べ終わるまでには
どれくらいかかるだろう、これのほかにもミョウガの甘酢漬けもあるし冷蔵庫が無駄に場所をとられる

170806 011


日曜日は暑かった、しかも湿度が高いので汗が噴出す。
あまりにもゴロゴロしっぱなしなのでなんとなく落ち着かず、ほんの少し、畑仕事。
半坪ほどの畑地の草むしりをしたけど20分ほどで汗だく。

これだけでは百姓仕事をしたとは言いにくいので、下肥の始末・・・
堆肥用の枠の中に入っている、ガーデンシュレッダーを通した枝葉のクズの中にひしゃくで、せっせと
降りかけてカクハンし、ビニルシートで覆ってニオイを防ぐ。
こんなこといつまで出来るかなあ?・・・


170806 012

来週は きっとやろうと 思いつつ きっとやらない 百姓仕事



     2017年7月30日

土曜日は何とか雨が落ちてこなかった。蒸し暑さはひとしおで、夕立でも来てほしかったな
夏野菜が今は最盛期トマトはもう少しゆっくりと育ってほしいなと思う。
先週採るのをやめたきゅうりは当然、育ちすぎて店頭には並ばないサイズになっている。

170730 034


早速、きゅうりの塩もみを作る  一本全部使うと多すぎるので半分弱を残しておいたがそれでも結構多く出来てしまった。ミョウガの花がいくつも採れたので、刻んで香り付けにつかう。
残りのミョウガは、甘酢漬けと醤油漬けにしておいた。半日もしたら十分に食べられた

170730 036


日曜は、朝暗いうちから雨音がしていた。7時前後には半ば土砂降り状態になり外仕事は完全にあきらめる
もっとも、天気がよければ暑すぎると言ってこれまた何もやらないで終わってしまうのだが。

170730 037


トマトの植わっている畑に紫蘇が一人生えで何本か育っているのだが込み合いすぎているので
ネットの外から手を伸ばして引っこ抜く。 雨で湿っているので抜くのは楽だが土が根っこに付いたまま
離れにくい。まだ紫蘇は10束分ほど残っているけどもう使い道が無いな・・・もったいない・・

170730 039

いちだんと 蒸し暑くなる ここの夏 動きがどんどん 落ちてゆく俺



        2017年7月23日

トマトが取れる。ミニのほうは勝手に生えてきた昨年の子孫。
苦瓜も食べられるほどのサイズに育ってきた。やや小さいが間引きもかねて収穫したが
あとから、陰に隠れて黄色くなりかけたのを発見、それも収穫して早速野菜炒めの具材になった


170723 001


こんなふうにぶら下がり始めると夏本番を感じるのだが、今日の天気はかなり曇り空。
梅雨は上がったはずだけどまた雨雲が来ているみたいでじっとり感がひどい。

170723 005


この花はそうめんかぼちゃの花のはず・・・なんていってもここの畑はかなりいい加減に育ててるからわからなくなってくるのもある。ただ育ちが悪いから、これらは実をつけることなく終わりそうな気がするな

170723 007


日曜の朝、6時くらいから少し歩いてみた。雲が厚く朝日が出ていないので汗をかくことも無く歩けた。
鈴鹿の山も雲に隠れて見えない。
このあたりは以前田んぼだったが耕作しなくなり、ホンの形ばかりにキウイの棚が作ってある

これも補助金を受けるための方法なのだろうか?

170723 011


日曜の昼ごろ、かなり強い雨脚で降って来た。かといってあたりが涼しくなるようなタイプの雨ではなく
また一段と蒸し暑さが上昇。水泳パンツでもはいて雨にあたったらすっきりするかもしれないなと思ってしまう。

170723 015

ギャラリー
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 予報円 どこへ動いた 比べては 風の音聞く 台風の夜
  • 春の田も 真夏の青田も 秋の田も みんなそれぞれ 心揺さぶる
  • 春の田も 真夏の青田も 秋の田も みんなそれぞれ 心揺さぶる
  • 春の田も 真夏の青田も 秋の田も みんなそれぞれ 心揺さぶる
livedoor プロフィール