週末田舎暮らし25年 九輪窯の工房日記

               スローライフってこんなもんだろうか? 男の隠れ家は結構ヒマで忙しい 炊事 洗濯 裁縫 薪作り 畑仕事                                                 味噌に納豆、豆腐や漬物、ジャム作り 今日もゴソゴソやってるかもね

雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ




        2017年6月25日

小屋の前に立ち、ふと西のほうを見れば空き地の雑木の中に、ねむの木が花をつけていた。
今年初めて気づいたのだが、あのやさしい針のような花が小屋の近くで見られるようになったのはうれしい
まだ色が少し薄いのは季節のせいか、木の特性か・・・ もう少しピンクが濃くなってくれたらもっとうれしいな

170625 009


日曜日は雨らしいので土曜のうちに枇杷の実を収穫。 と言っても、付いてる分の5分の一も収穫していない
脚立に乗ってとっていたら、工事の人が通りかかったのでほんの少しだけおすそ分け。
隣の工場の人も通りかかったので、例年のように適当に採って食べてください、高いところはフォークリフトで取れば取れるでしょ・・(ホントは危険だからいけないんだけど)と伝えておいたら1時間もしないうちにリフトを止めて事務所のお姉さんと、キャッキャ いいながら採っていた

170625 002


これは知り合いに送るために選抜した傷が無くて大き目のやつ。
今年は鳥の被害が少なくて助かるが、ジャムにするための素材を選ぶのに迷う
収穫したやつ、どれを食っても旨いんだよな・・・

170625 006


ジャム用に小さめのを選んで皮と種を取る。小さいから当然たくさんやらないと量が伸さない。
2キロほどの実を処理すると半分ほどの重さになってしまう。 それでも普通の両手鍋でジャムを作るのには
ちょうどいい量になる。300グラムほどの砂糖を入れて軽く混ぜてしばらくすると液体がたまってくるから
それから火にかける。火にかけるといっても I H でやるから、弱火でも立ち消えの心配が無い

170625 003



例年のごとく出来上がったジャムは800グラムほど(目分量) あまり砂糖は採りたくないけど
生は保存が利かないもんね~~。

170625 005


名ばかりの 梅雨の季節に 雨桶も 底にわずかに シミが有るだけ




       2017年6月18日

梅雨に入ってもう半月ほど過ぎたけれど、雨らしい雨って記憶がない
そこいらじゅうで見かけるアジサイは別に雨など気にする様子もなく元気そのもの。
小屋の近くの空き地にはお向かいの花好きの奥さんが十年近く前から植えまくってるアジサイが数十本・・・
そのうち名所になるかもしれない。でも
多分、土地の持ち主は完全な不在地主だから何も知らないだろうな

170618 006


やっと枇杷が色付いてきた。もう収穫が出来る
ただしまだ少し酸味が残る味だ。一番いいのは来週くらいかな

170618 004

なるべく色の濃くなったやつを選んで採取してみたけど黄色からオレンジ色になりかかったようなものが
一番美味しい。来週はジャムも作ることになりそうだな。

170618 012

梅の実も,落果するものが出てきたので採取。
1.8キロほど有った。去年は梅シロップを作ってみたがあまり使わないので今年はオーソドックスに梅干
を漬けることにする。梅干自体より、紫蘇のゆかりを作るほううが目的である

170618 008


ジャガイモの葉がしおれてきたので掘り起こしてみたら3キロほどあった。
春先に買い置きのジャガイモに芽が出たので3個、埋めておいたら10倍近くに増えた。
自然の力はすばらしい。

170618 011


ちょっといつもと違う道を散歩してみたら空き地一面にパンジー?が群落になって生えていた。
小さな花だけど壮観。
雑草が生えてないということは誰かが手入れをして見えるからだろうがなかなかのものだった

170618 016

少しだけ 畑仕事に 手をつけて 今日一日の 言い訳にする




       2017年6月11日

小屋に向かう途中、多度を通り過ぎていなべに入ったばかりのあたりでソバの花が咲いていた
例年だが、今までは秋のみだったと思う。ソバは収穫までの期間が短いからやろうと思えば年2回出来るのだろうか? 連作障害は出ないのかな? 今年は春だけにして秋撒きは作らないのかな。
このあたり、最近ソバで町おこしみたいなことをやり始めたなあ

170611 027



よその枇杷の木はもうしっかり色づいてるのにうちのはまだちらほらだ。
今のところ鳥の被害はあまりわからないが、ひょっとして猿が出てるかもしれない
庭に、食べた後がある。
熟した後でやられたら落胆が大きくなる。

170611 006


今年初めてのきゅうりが実った。もう少しぶら下げておきたいけど来週までは待てない
帰りがけに収穫してお持ち帰り。とりえは無農薬というだけだな。

170611 005


これは一人ばえのコウゾの実である。小屋から歩いて30秒の空き地に育っている。毎年なるけど
甘さ控えめでさほど 美味しい!というほどでもない
ただ、きれいな食べられる実がなっているとなんとなくうれしい気もする

170611 024


キウイがぶら下がり始めた。 まだ長さ2センチ程度、どんぐりサイズだ
これで美味しければ申し分がないのだけれど・・・

170611 008


すぐ近くにお墓がある。ここのお墓はたいしたもので日常的に多くのお墓に花が飾られている
住居とお墓が近いのが一番の理由だろうか

170611 016

もう朝か ロフトに入る 陽の強さ 時計を見れば ちょっと早すぎ



         2017年6月4日

6月に入ってもまだ雨らしい雨は降っていないが散歩途上のアジサイはもう咲いている。
最近はいろいろなアジサイがあってきれいだとは思うが、昔ながらのこの類が好きだな

左側の花の名前は何かなと思い、『初夏、黄色い花』で検索したら一発で出てきた。
「キンシバイ」 中国原産らしい。最近よく見かけるが昔は見たことがない。花の世界もグローバル化が
進んでいるようだ

170604 006


   一昔前にはやった『仁』『JIN』というタイムスリップした医者の漫画が有ったのだがその主人公が
揚げだし豆腐が好きということになっている。そもそも揚げだし豆腐とはどんなものかを知らなかったので
パソコンで調べて一度作ってやろうと思っていた。
2週間ほど前に作ったけど今一だったので。今回は片栗粉と小麦粉を半々にして揚げてみた。
この方がいいと思う。 ただし豆腐の上に乗っているねぎは玉ネギの葉である。まあ抵抗なく食せる。

170604 010



晴れ間が続いており、たまねぎの葉も倒れてきたので全部引っこ抜いて乾燥中。
昨年は半数ほど葱坊主が出てしまったが、今年は一本出ただけですんだ。
ひげ根を切り取り葉を15センチほど残してカット。5~6個づつ束ねて軒先保管ということになる

170604 002


子供が小さいころはいつも作っていたどくだみのお茶を、今年は自分用に作ってみることにした。
毎年同じところに生えてくるものを引っこ抜いて、束ねて窯の小屋にぶら下げただけ。
飲むに耐えうる味だったっけ・・・ほかのお茶とブレンドしよう。

170604 013

手を抜けば 抜いた分だけ 跳ね返る 自然相手に ごまかし効かず 



        2017年5月28日

今週で5月もおしまい、一段と湿気や温度が高くなるが植物達にとってはすごく気持ちよく成長できる季節らしい
トマトを植えつけて支えの支柱を添えずにおいたら、すねて地面に寝転がって成長してひん曲がってしまった
あわてて支柱を立て添わせたけれど、ちゃんと成長してくれるだろうか?
  グレてやる~~とそっぽを向いているトマトたちである

170528 001


毎度おなじみ苦瓜の苗が根付いたのでネットを張った。
毎年作っているせいか成長が悪くネットで日陰が出来るほどには育ってくれない
それでも毎年期待をしつつネットを張るのである
ネットの前方5~60センチにある苗は勝手に生えてきたトマトである。
昨年ここに植えたトマトはあまりおいしかった記憶もないがとりあえず抜かずに育つに任せることにした

170528 003


同じ畑の隅にごちゃごちゃと生えているのは、パクチー。春先に種をバサーッと処分するがごとく撒いたら
何とか気が向いたやつらが生えてきた。
あまり好物でもないが土曜の夜に焼き鳥もどきを作ったので添え物として使ってみた
美味しいとムシャムシャ食べるほどではないがそこそこ香味野菜として食べられるなあという感想だ

170528 002


先週から一段と繁茂してきた小屋の西側の空き地、一年ほかっておいたらどうなるんだろうと思うほどよく育つ
今週こそはと草刈機を用意してエンジンをかけようとしたらなかなかかからない。プラグをはずしてスパーク部分を観察したら隙間近くに硬くこびりついた汚れ。カッターの先端でコリコリと削ってから取り付け、再度紐を引っ張ったら調子よくかかってくれた。

170528 008


ほぼ一時間ほどでこっちの空き地は完了。残してあるところはコスモスの一人ばえの苗があるところだ。
秋になればいっぱいコスモスが咲いてくれる。
秋なんて先のような気がするけどもう、すぐに秋が来ちゃうんだよな
それまでにもう2回ほど草刈をしなければいけないんだよ

170528 009


これはレモン。ごく小さいけど、冬を乗り切ってもみずみずしいままだった。
昨年、冬越しのレモンはスカスカだったけれどこれは香りも抜群。少し切った部分は細かく千切りにしてドレッシングに使った。なかなかよかったな

170528 006


小屋では中華鍋や、フライパンの使用頻度が高い。台所は狭いので
洗った後はここで水切りをしてから所定の位置におくことになる
まな板もここでお日様を浴びて消毒をかねているつもり。
かなり衛生的にきわどい線を歩いているような気がしないでもないがまだ、おなかを壊したことはない

170528 014


枇杷の実が大きくなってきたので袋がけをしたけど風呂場の屋根に上ってやるのでやれる部分が知れている
素足で屋根に上がったらやけどしそうに熱いし・・・。予定の半分もやらずに中止した。
ムクドリかヒヨドリのどちらかが突くんだよ。猿もやばいし、去年から頭の黒い猿が大胆に出没するようになったのでこれが一番心配だな。

170528 013

うっすらと 汗を額に 浮かべつつ 運動のためと 朝のお散歩



       2017年5月21日

昨日今日と気温は31度をオーバーして暑い。
少し外仕事をすると汗が流れるし、昔と違って体が持たない。

今年初めての草刈をしたのは今月はじめくらいだったかな? しかし隣の草地はもうこんな有様
どうしようかなあ・・・、草刈しようかなあなんて思いつつ夕刻になってしまった
せめて自分の敷地だけでもやればよかったかな

雨の降る気配もないのによくかえるが鳴くようになってきたな、あちこちからかえるの声が聞こえる。

170521 012


もう散歩には暑いかなと思いつつ運動のために出かけた小屋から10分ほどのところにある麦畑には
昨年の秋に作られた蕎麦の実が落ちて一人生えしている。

もう来週くらいまでに麦は刈られるだろうから、この蕎麦は実をつけることはないだろうな
ちょっとかわいそうな気がする

170521 010


キウイの花が盛りだ。バラのようないい香りがするので香りもしばらく楽しめるのだが
よく見ていたら、スズメ蜂が花の周りを飛んでいた。
スズメ蜂では、昨年苦い思いをしているので気をつけよう・・・・。

170521 004

朝方の 散歩の背中に じんわりと 夏が近いと 日差しが知らす



                2017年5月14日

今期最後の竹の子堀をやってきた。
シーズンも最終になると竹の子のサイズも小ぶりになってくる

本来は10センチオーバーのサイズが標準の竹林も6~7センチのものが多くなる。
もっとも、調理のしやすさから、大き目のものはなるべく採取しないように意識しているかもしれない

170514 027


竹の子を探していたら枯れ木に白きくらげらしきものを発見。
あまり自信はないがたぶん間違いはないだろう。
洗って汚れを落とし乾燥することにした。

170514 025


ブロックの穴に根を下ろしたイチゴが色づいてきたのだが、何者かが食べている。
団子虫かナメクジだと思っていたらヒヨドリがついばんでいた。
無防備だと、なかなか口に入らない

170514 001


先週根こそぎ取り去ったつもりの菊芋だが一週間たってみればまた数十個の芽が出ている
今週も移植ゴテで全部取り去ったつもりだがまた来週になれば新しい芽が出ているだろう
これを全滅させないと外来植物に畑をのっとられる

170514 004


ユズの花がしっかり咲いてくれたが今年は実がついてくれるだろうか・・
昨年の収穫は数個のみ。花はしっかり咲いてくれた記憶があるけどね
レモンも、ピンク色のつぼみをいっぱいつけてるけど大丈夫かな

170514 016

枝打ちの 数倍かかる 後始末 水分補給の 用意忘れた



               2017年5月7日

今日の霞具合は中国の黄砂が原因らしい。黄砂注意報?のようなものが出てたかな
2キロほど離れた山がこんな具合にかすんで見える。
気のせいか目がしょぼつくのは黄砂のせいじゃないだろうな・・・。
170507 018



いい天気に誘われて枝打ちに手をつけてしまった。
ほっておけばどんどん育ち手がつけられなくなるので。早めに枝をカット。
カットするのは簡単だがこれを処分するのが結構大変なのだ。

170507 008


太い枝から細い枝を切り落として分けたのが台の上に乗っているやつ。
小枝(1センチくらい以下)はガーデンシュレッダーで細かくして堆肥の材料にしてしまう

170507 025


これが、小枝をシュレッダーにかけたもの。このままだと堆肥化しにくいので少し乾燥したところで
下肥をかけて発酵を促進する。小屋の廃棄物のローテーションに組み込まれている。

170507 024


育ちが悪かったえんどう豆だが先週一気に花が咲いたと思ったら今週はもう、花が数えるほどしかない。
土がやせてきて野菜たちが育ちにくいのかな。
おまけに、今回、帰り際に収穫しようと思っていて忘れてしまった。

170507 002


今回はほとんど収穫のなかった庭のレモンに、今年も花のつぼみはしっかりついてくれた。
花が咲いても収穫ゼロなんてこともあるからなあ・・・。 なんとか作物たちのくせがわかればいいけど
なかなかむつかしい。少しだけ根元周辺に鶏糞を撒いておいたけど効果有るかな?

170507 005

竹やぶで 右や左を キョロキョロと クワをかついで 獲物を探す



                2017年4月30日

4月も今日でおしまい。土曜日は天候が急変して雷はなるわ、横殴りの雨に突風も伴うというひどい天気も有ったが、午前中はいたって穏やか。建ててから25年以上になるこの小屋の網戸が傷んできたので
ごそごそと張替えを開始。この部分は留守のときは雨戸を閉めてあるのであまり痛まないはずだが、草刈のときに石などを弾き飛ばしたりしてネットに当たって痛んでいる。あと、猫のつめで引っかいたような傷もある。
風呂の小窓は年中光にさらされていてぼろぼろに劣化していた。
2枚張り替えるのに小一時間。蚊の季節の前に完了

170430 002


小屋に来る途中、農業資材の店によって野菜の苗を少々。

トマト ピーマン きゅうりといった定番の野菜。しかし最近は苗の値段も高くなってきたなあと思う。
そう思いませんか?

170430 003


この季節になると、近くの竹やぶで竹の子を掘らしてもらう。
今朝も散歩の帰りに地主さんの家によって、お願いしてきた。
ともすれば見つけたやつを全部・・・なんてなりがちだが、いやいや、食べれる分だけにします

170430 004

ギャラリー
  • 雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ
  • 雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ
  • 雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ
  • 雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ
  • 雨桶に 溜まった水は 雨量計 先週の雨は 5寸そこそこ
  • 名ばかりの 梅雨の季節に 雨桶も 底にわずかに シミが有るだけ
  • 名ばかりの 梅雨の季節に 雨桶も 底にわずかに シミが有るだけ
  • 名ばかりの 梅雨の季節に 雨桶も 底にわずかに シミが有るだけ
  • 名ばかりの 梅雨の季節に 雨桶も 底にわずかに シミが有るだけ
livedoor プロフィール