栗野的風景

写真と文章で綴るフォトエッセイ

太宰府天満宮の梅

太宰府02

 拝殿前の飛梅はすでに開花を過ぎ、大半が散っている感じ。

わずかに残っていたのが飛梅に向かって左側の部分だった。

太宰府01

 皆の願いが叶うといいね。

太宰府03

 参道商店通りを過ぎた左側で最初に目に付くのがこの紅梅

太宰府04






花粉対策は早めに、これ!

例年より10日は早い咲き具合

梅19_09

どこで話しても、誰と話しても、今年の梅は

例年より5、6分咲きになるのが早いと言う。

ただ、梅の開花は年々早まっているようにも感じる。

そこで同じ場所で撮影した梅を2年前と比べてみた。

上の写真が今年2月6日に撮影したもので、下は2017年2月11日撮影。

17年のこの日、福岡市内は朝のうち積雪があったが、

5日も遅い今年の方が開花状態は進んでいるのが見て取れるだろう。

温暖化を止めなければ日本列島は本当に亜熱帯地域になってしまう。

枝垂れ梅01






日々開花していく梅の花

梅19_08

 異常気象で春になったり冬に逆戻りしたりを繰り返しているが

梅の花は着実に、それも駆け足で開花して行っている。

上の写真は2月6日撮影で、下は2月3日に撮影したもの。

同じ梅の木ではないが同町内。

梅19_07

記録魔になってしまった。

Tanita

 今年は一念発起して記録を!

というわけでもなんでもないのだが、なぜか記録にハマっている。

まず毎日、タニタの体組成計に載り、体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、

筋肉量、基礎代謝量を測り、タニタのアプリに記録している。

もともと体重計にはほぼ毎日載っていたのだが、それまで使っていた

体重計が壊れたので、同じことなら色々数値が出るほうがいいだろうと

タニタの体組成計に買い替えたのがきっかけ。

専用アプリがあるというのでスマホにインストールし、以来せっせと記録している。

 それと前後して4000円弱のスマートウオッチを買った。

これはほぼ毎朝のウォーキング歩数を記録するためだ。

それまでは歩数計をポケットに入れて出かけていたが、

時々持って出るのを忘れることがあった。

でもリストバンド型のスマートウオッチなら忘れることがない。
(1月18日のブログに写真を掲載)

ただ、このスマートウオッチは昼間の明るい場所では液晶が

見にくいのが難点なのとスマホにかかってきた電話、LINEは

知らせてくれる設定になっているはずだがZenfone3のスマホには

対応していないのか、電話、メールの着信は知らせてくれない。

まあ数1000円の代物だから仕方ないだろう。

Tsunagarubotan

 その数日後に「おとなの自動車保険」に申し込んでいた「つながるボタン」が届いた。

これは車に設置して、事故に遭遇した時このボタンを押せば

保険会社に繋がり、保険会社からスマホに電話がかかってくるというもの。

事故時に慌てなくていいだろうと思い、申し込んだものだ。

なんといっても数か月一度、高速道路を500km余り走っているから

いざという時の保険。

だが、これには別の面もあり、常に運転状態を記録して

スマホアプリに知らせてくれる機能が付いている。

それを利用するためには「つながるボタン」とスマホがブルートゥースで

接続されている必要がある。

これが結構おもしろい。エコ運転のランク表示が出たり、

急発進、急ブレーキ、急ハンドルを何回行ったかまで知らせてくれるのだ。

 記録はやり始めると病みつきになり、実家に帰った時も

体組成計で測り記録できるように、実家用にタニタの体組成計を

もう1台買ってしまった。


ビックカメラ.com

今年、梅の開花は2、3週間早い

梅19_06

 今年は全体的に暖かいから、梅の花の開花g早い。

どこで聞いても例年より2、3週間早く咲いているという。

このお宅は庭に何本も梅の気が植わっており、

樋井川沿いを散策する時いつも眺めていた。

住人の方を見かければ一度庭まで入らせてもらい写真を撮りたい。

ここ数年そう思いながら、通りから眺めていたが

この日(29日)は午後に通りかかったこともあり

住人の姿を庭に見かけたので声を掛け、門の中まで入り写させてもらった。

梅19_02


梅19_03


梅19_01


梅19_04

 下はながずみ幼稚園横の梅の木

梅19_05








雪に赤く咲く

雪景色19_12

この冬はよく分からない、というか油断ができないのが気候

気温2桁の暖かい日が続いたかと思えば、急に寒気がやって来て

あっという間に真っ白なモノトーンの世界にしてしまう。

普段、タイヤチェーンを装着慣れしていない車はスタッドレスタイヤだからと

安心して雪道を走り、各地で自損・他損事故で道路は大渋滞。

雪景色19_11

 普段、積雪風景を見る機会がないこちらは庭駆け回る犬よろしく喜び

カメラを下げて白銀の世界に歩き回り、あちこちにカメラを向けていた。

用心しなければいけないのは路面の凍結。

何度も滑りそうになりながら、危ない、危ない、滑って転んで

骨折でもしたらどうする、と自分に言い聞かせながら、

それでも好奇心の方が勝るものだから、ワン、ワンと吠えながら、じゃなかった

喜んで、雪道を踏みしめ踏みしめ家の近くを探索。

そこで見つけたのが赤い色。

おお、白い雪に赤い花。

これ、これ。これが絵になるなどと、独り笑みをこぼし

角度を変えながら何度もシャッターを押していく。

雪に負けるな! と声掛けながら。

雪景色19_08



雪印メグミルクダイレクト機能性食品

うっ、重い〜。

雪景色19_09


雪景色19_10
 

一夜で白銀の世界に

雪景色19_06

 26日夕方から突然降りだいした雪は夜も断続的に降っていたらしく

翌27日早朝は銀色の世界が出現していた。

岡山県北の地とは言え、この辺りはそれほど積雪する

ことがないだけに、朝目覚めてビックリ。

というか、嬉しくなってカメラを持って家の周辺に出かけたが

路面が凍結しており、歩くのに細心の注意を要した。

雪景色19_02


雪景色19_05


雪景色19_04




MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

あっという間に雪景色

雪景色19_01

 昨日は岡山市内で気のおけない友人たちと新年会をし

その日は市内に一泊。

そして今日、福岡へ帰る予定だった。

ところが高速道路が朝から雪用タイヤ装着になっており、

10時過ぎまで様子を見たが変わらず。

そこで大事を取って福岡へ帰るのを延期し美作へ向かった。

県北は雪と天気予報で言っていたが、その通りになり、

途中から激しく雪が降り始め、あっという間に一面雪化粧。

取り敢えず1日様子を見ることにしたが、もしかすると数日足止めになるかも。


春を呼ぶ花

ソシンロウバイ01

 暖かいのか寒いのかよく分からないのが今年の冬

2桁気温が続いていたから暖冬なのは間違いない、と思っていれば

先週から急に冷え込み北日本は降雪。

それでも例年より初雪も積雪も遅いとのこと。

西日本は相変わらずの2桁気温。

一体、寒いのか暖かいのか。

それでも小売店の売り上げダウンを見れば重衣料が売れてないからと推測はつく。

そういえばこの冬、コートを着たのは夜間に出かけた時の1回だけ。

スーパーも量販店もクリーニング店も売り上げが下がるはずだ。

ソシンロウバイ02

 こう暖かいとこちらの感性も鈍り、気分も盛り上がらない。

遮光・断熱カーテンのせいで岡山県北東の田舎にいても

夜が明けるのを遅く感じるためか、このところ起床時間が遅くなっている。

窓を開けても凍て付く景色が目に飛び込んでくる日が少ない。

以前ならマイナス4度の気温に身が引き締まり、カーテンを開け

雨戸を開けて、外気を室内に取り込んでいたのに

今頃はなんだマイナス2度かと気が緩む始末。

 だからかどうかは分からないが、身も気も引き締まらない。

中途半端な気温は嫌なんだ、と独り言ちながら

どこに出かけることもなく怠惰な生活をしている。

それでも先日、岡山市まで出かけ半田山植物園に行ってきた。

ソシンロウバイ03

 例年なら咲き誇っているはずのスイセンは咲く時期を迷っているのか

チラホラしか咲いてなく、ロウバイも狼狽したのか迷いながら咲いていた。

春を呼ぶ花のスイセンとロウバイがこの状態なのを見て

やっぱり地球環境がおかしくなっていると改めて気付かされた。

水仙18-02




雪印メグミルクダイレクト機能性食品

飛んだ方がいいか、それともまだか。それが問題だ。

風船唐綿

 to be or not to be that is the question

風に吹かれて綿毛が飛ぼうかどうしようかと迷っている。

to be(とべ) or not to be(いや、飛ぶな)と。

紙風船のように見えるものから、タンポポの綿毛のようなものがはみ出し

風を受けて飛ぼうか、それとももう少し待とうかと迷っている。

思い切って飛んでしまえばいい、

風に身を任せれば、後は風の吹くまま気の向くまま

新天地で新たなスタートが切れる。

だが、今がその時期なのか、まだなのか。

でも、今飛ばなければ、後であの時そうしておけばと後悔するかもしれない。

だからこの身も(いや、実も)人も迷う。

ハムレットならずとも人はみな迷う。

結果は後になるまで分からない。

to be or not to be that is the question

さあ、どうするフウセントウワタ。

そう、この木の名前は風船唐綿。

風船のように見えるのはこの木の実で、中に綿毛が入っていることから

この名前が付けられた。原産地は南アフリカ。

 撮影場所:岡山市半田山植物園







スマートウォッチを買った。

Smartwatch

 数日前、スマートウォッチを買った。

特に欲しくて買ったわけではない。

言うなら、なんとなく買ったわけで、きっかけはスマホの画面に表示されたから。

だが、画面にスマートウォッチの広告が表示されたということは、

どこかでスマートウォッチの広告を一度見て、それをクリックしたからだろう。

こちらの潜在意識を読み取られて、以後、画面にスマートウォッチの広告が

表示されるようになったわけで、こうした広告をターゲット広告と呼ばれている。

強く意識すると否かに関わらず、表示された広告をクリックするという行動は

その広告に興味を持ったからで、そういう閲覧者に対しては繰り返し

同じジャンルの広告が表示される。

 その戦略にまんまとハマったわけで、寝床について暫くの間相手の思うツボになり、

次々と類似商品を見る羽目に陥った。

見れば興味は高まり、それが好感になり、欲しくなるまでに時間はかからない。

後はどれを選ぶかという選択段階に入る。

かくして益々相手の思う壺にはまっていくわけだ。

 だが、最後の段階で「待てよ」と立ち止まった。

4万円も5万円も出してスマートウォッチを買っても、腕時計なら色々持っているし、となる。

いつもは万歩計を持ってウォーキングしているけど時計と万歩計が一体化すれば1つでいい

などと都合がいいことを考えてしまう。

でもムダになった時のことを考え、安全策に走り

失敗してもいい金額のものを選び買ったのが写真のスマートウォッチ。

とりあえず時計機能も付いているし、まずは数千円のこれを使ってみてから考えよう、と。

できることは少ないが、いまのところこれで満足している。


PREMOA(プレモア)

100均ショップでプリンターインクを買って失敗した。

年賀状19_03

 プリンターが1年の内で大活躍するのは年末。

他の時期にはプリンターはほとんど眠ったままだが、

年末は年賀状作成という一大仕事がある。

そういう時に限ってプリンターのインク切れがあったり、

ちょっと調子が悪くなったりすることがよくある。

だから昨年末は先に替えインクを買って、いつインク切れが起きても大丈夫なように備えていた。

使っているプリンターはエプソンのPM-G730でインクの型番は32。

各カラーが独立しているタイプで全色一体型に比べランニングコストが安いというのが

当時のPRポイントだった。

ただ、買ってから20年近くになるだろうから今となっては年代物。

もちろんスキャナーもコピー機能も付いてない単体プリンターだ。

困るのは替えインクをどこでも買えないことだ。

大手家電販売店は店頭在庫があるが、欠品カラーもある。

ところがたまたま寄った100均ショップに替えインクがあった。

しかも200円だ。

大手家電販売店で売っている互換性インクでも900円近くするから

これはお得とばかりに4種類の色を買った。

他の色も欲しかったが4種類しか店頭になかったので、ある色分をすべて買ったわけだ。

後は年賀状の印刷にかかるだけで、印刷は順調に進んだ。

途中でライトマゼンタを交換したぐらいで、ほぼプリントし終えた。

インクを交換した時点でマゼンタの赤い色が横筋に数本入ったが

何枚か試し刷りをした後は問題なかった。

プリントを終えた段階で他の色もなくなったのでシアンその他を交換した。

年賀状の枚数に数枚の余裕があったので、ついでに数枚プリントしておこうとした。

インクを替えると試し刷りを数枚するのが習慣だから、いつものように

他の紙に試し刷りのプリントをしてビックリ。

全体にシアンの色乗りがしているのと、横筋が多数入っていた。(写真の左端)

それでも何枚か試し刷りをすれば色が普通になるだろうと思ったが

何枚試し刷りをしてもダメ。

プリンターヘッドの掃除もしたがダメだった。

純正インクと100均替えインクを混ぜて使ったのが悪かったのか、

オール100均替えインクだったらうまくいったのかどうかは分からないが、

この時は完全に「安物買いの銭失い」。

せめてもの救いは一応、必要な年賀状の枚数はプリントし終えていたことだ。

 (写真の右端が正常プリント。真ん中は光沢はがきにプリントしてみた時でわずかにシアンの色筋が薄くなった)


PREMOA(プレモア)

早くも満開の梅が・・・。

白梅19_1_6_01

 早朝のウォーキング中に満開の白梅を見つけた。

この木は他の梅の木と違い、例年咲くのは少し早い。

とはいえ、まだ1月6日。

梅の花が咲き誇るにはちょっと早すぎる、

と思っていると紅梅もチラホラと咲いていた。

暖かすぎる冬に梅の花も春と勘違いしたのだろう。

紅梅19_1_6_01

 一方、戸惑っているのはロウバイで

咲こうかどうしようかと迷っているみたい。

一気に満開とはならず、例年より緑の葉をまだ多く枝に付けているではないか。

水仙はまだこれから咲こうとしているというのに

一体どうなっているんだろう、この冬は。

ロウバイ19_1_6_01




PREMOA(プレモア)

初詣

羽黒神社01

 初詣に行ったのは2日の昼前。

元旦から毎朝6、7000歩ウォーキングしているが、

この日は徒歩で羽黒神社まで行き初詣。

その帰りに五社神社に詣り、さらに御子神社を廻って三社詣り。

歩数は1万500歩。

早朝のウォーキングと合わせて1万7000歩。

五社神社04

 羽黒神社で破魔矢を買い、五社神社では福笹を買った。

五社神社と御子神社では毎年お神酒を頂くのも恒例。

お神酒の味が両神社で違っていて、五社神社はちょっと甘口。

御子神社の方はちょっと辛口だったのが面白い。

どちらのお神酒が旨いかは、ちょっとここでは言いにくいが、

酒のランクはほぼ同じ。

お神酒に吟醸酒や純米酒を期待する方がおかしいだろうと言われそうだ。

そう、お神酒なんだから、飲むといってもほんの形だけ。

いやいや、もう少し注いでよ、とはさすがに言えない。

仕方ないから帰宅後に飲み直し・・・。

好きな日本酒は「幻の滝」の純米吟醸酒だが、年末に買い忘れたので

日本酒の代わりに正月からおいしいワインをあけている。

御子神社


御子神社01



AEON de WINE
デル株式会社
過去の記事
最新のコメント
ソニーストア

  • ライブドアブログ