栗野的風景

写真と文章で綴るフォトエッセイ

コンビニで朝食

IMG_20170621_094628-800x450

 7、8年前、こんな田舎町にコンビニが、と思っていたら

同じ(旧)町内に2件目のコンビニ(ローソン)が今年2月にオープンした。

聞けば経営者は同じ人らしい。

少子高齢化の町でも経営が成り立っているから

2件目をオープンしたのだろうが、運営スタイルは全国一律で

田舎の店舗だろうが24時間営業だ。

 実はこのコンビニに田舎滞在中はよくお世話になっている。

お世話になっているとは言っても朝食代わりにパンかパイと

コーヒーを頼み店内で食べるだけだが。

そう、最近オープンしただけに、このコンビニ、イートインコーナーがあるのだ。

朝食時にはタブロイドで新聞紙面をそのまま読むというのが

福岡にいる時の朝食スタイルだったが、田舎に帰省中は

時々、ローソンに行きスマホでニュースを読みながら

パンとコーヒーの朝食というスタイル。

もちろんコンビニのWi-Fiを使いながら。



自動更新バナー

田舎生活満喫中

DSC06740_1

 6月第1週の日曜日から帰省し、田舎生活を送っている。

いつもならカメラを持ってあちこちに出かけるところだが

今回はカメラを手にすることも、外出もなし。

やっと昨日、それでもどこかに出かけるかと思い

午後から兵庫県太子町に出かけたぐらいだ。

 では毎日何をしているのかといえば、

起床後まず花壇の花の水やりに、庭掃除。

庭掃除と言っても草取りその他程度だが。

これが時に庭木の剪定になったりする。

DSC06738_1

 それから朝食だから、まさに朝飯前の一仕事だ。

朝食は自分で作るか、近くのコンビニでパンとコーヒー、

あるいは「つるや」の和定食。

コンビニはwifi利用が半ば目的。

wifi接続で朝日、毎日新聞のデジタル版を読むのだ。

共に有料会員登録をしている。

ただスマホのSIMが従量制なので、できるだけSIMの

容量を使いたくない、

というかテザリングでPC接続をしたら2日で4GB近く

使ってしまい青ざめた。

今月の使用量はすでに5G超。

テザリングでPCを使うのは要注意だ。




PREMOA(プレモア)

色付き始めた紫陽花

あじさい06

各地で梅雨入りし、紫陽花が待ちに待った雨

そして色付き始めたガクアジサイ

だが我が家の庭の紫陽花が色付くのは

もう少し後か・・・

あじさい03


あじさい04

あじさい05

あじさい07


園芸公園の春

英国式庭園

 福岡市・桧原園芸公園に現れた英国式庭園

「小さなベンチに腰掛け花と会話するのはだ〜れ」

ひらひらと舞いながらクロアゲハが問いかける。

「お相手するのは私達よ」と花々が答える。

「疲れた心を癒やしに来ませんか」

庭に咲いた花陰からテントウ虫が誘う

園芸公園の春

園芸公園春02


園芸公園春01





7時から開いているパン屋

はなびし01

 早朝散歩が日課になって1か月。

毎朝4時過ぎに目が覚め、6時前から散歩に出かける。

コースは決まってない。

毎回少しずつコースを変えながら歩いている。

お供はカメラと文庫本。

散歩の帰りにパン屋かコンビニでパンとコーヒーというのが決まりだが

早い時間に開いているパン屋は少ない。

ところがこのパン屋さん朝7時から開いていた。

6時45分にご主人がシャッターを開け、

看板を出していたので、しばらくしてからドアを開けた。

「もうやっているんですか?」

「はい、どうぞ。2時から起きてパンを焼いていますから」

えっ、2時から? 本当? と思いつつ

「このパンは昨日のものでしょ」

陳列に少し並べられているパンを指して尋ねた。

「今日作ったパンですよ。2時から焼いているんですから」

野間大池公園01

 このパン屋さん、福岡市南区野間大池公園の前で

無添加と看板に出ていたので、以前から気になっていた。

店の前に佇み何度かそっと中を覗きみたことがあったが、

この日は思い切ってドアを開け中に足を踏み入れた。

店内には小さなカウンターもあったので出来たてパンと

コーヒーを頼み店内で食べる。

しもつけ02

 野間大池公園は早朝ジョギングや散歩をする人が結構多い。

「おはようございます」

擦れ違う人達に挨拶をしながら花壇の花を撮影。

上下の写真の花は「しもつけ」

しもつけ01





まるでブラシ

ブラシの木03_1

 この花を見た時、ブラシを思い浮かべた。

赤いブラシそっくり。

造花か飾り物と思ったほどだ。

それぐらいブラシそっくり。

そう思って調べると花の名前は「ブラシの木」。

なんだブラシの木か、とちょっと拍子抜けするやら

やはり誰が見てもブラシに見えるんだなと納得。

花色の濃さからして外来種、南方系の花だろう。

一度、この花でビンを洗ってみたい衝動に駆られた。

ブラシの木07




自動更新バナー

小さなサボテンに咲いた真っ赤な花

小さなサボテン花01

 このところ毎朝4時に起床し、6時前から散歩に出るのが

日課になっている。

まだ1日も休んだことがない。

早起きが習慣になり4時、どうかすると3時に目が覚めてしまう。

習慣と言えば散歩の帰りにベンチに腰掛け

パンとコーヒーの朝食を摂りながら読書している。

お気に入りの場所は公団(UR)の中の小道にあるベンチ。

そこに腰掛けて過ごすちょっと贅沢な時間を楽しんでいる。

このサボテンはURの団地内事務所横の小さな空間に

捨てられたように置かれた、小さな鉢に生えていた。

ある時気が付くと真っ赤な花が咲いていた。

多分、元の持ち主が引っ越すか何かで、

この場所にそっと捨て置かれたのだろう。






九州の山鉾特別巡行〜八代の笠鉾「蜜柑」

九州の山鉾15

 熊本県八代(やつしろ)の傘鉾はちょっとユニーク。

まず傘鉾天辺の飾りがミカンというのに、なんだこれ!と思ったが

次は、なぜ猿?と疑問が次々に湧いてくる。

傘の端に猿が飾り付けられているのを見て

見猿、聞か猿、言わ猿の三猿かと思ったが、猿の姿が三猿とは違う。

目を覆ったり、耳を塞ぐ代わりに、牙を剥き出しにし

威嚇したり、下の様子を眺めている風。

九州の山鉾18

 傘鉾の中をよく見れば犬も乗っている。

犬に猿、これで鳥がいれば桃太郎・・・、まさかね。

傘鉾天辺の蜜柑は江戸時代に細川家から宮中と将軍家に

献上された蜜柑を表しており、その蜜柑を猿が狙っているというわけだ。

大切な献上品の蜜柑を猿に取られてなるものかと

番をしているのが犬らしい。

ちょっと変わったユニークかつユーモラスな飾り鉾だ。

九州の山鉾16







犬の癌や腫瘍対策に「最新臨床栄養学」を基本に、
犬のマクロビオティック思想を導入した新発想ドッグフードを!

唐津くんちが福岡天神にやって来た。

九州の山鉾08

 5月14、15日、九州各地の祭りが天神に集合した

九州の山・鉾特別巡行。

唐津くんちの山車も参加し、くんちの祭り本番の盛り上がりを見せた。

九州の山鉾10


九州の山鉾09


九州の山鉾11


九州の山鉾12




ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

春に山笠(やま)が走った。

九州の山鉾06

 博多祇園山笠まで1か月半。

後10日もすれば各流れが準備に入る。

だが、まだ5月中旬。

山笠が走るまでには少し間がある。

それなのに気の早い連中は夏まで待ち切れないと見え

5月13日(土)、14日(日)の両日、天神の街を山笠を担いで駆け抜けた。

九州の山鉾03

 集合したのは福岡市役所前。

走るコースは市役所周辺。

祭り本番と比べ、走る距離はうんと短いが、

その分、身体はまだ慣れていない。

いつもなら15日かけて毎日慣らしていくが、今回ばかりはぶっつけ本番。

それでも皆張り切って

「おっしょい、おっしょい」の掛け声勇ましく

子供も大人も駆けていく。

九州の山鉾01


九州の山鉾02

 浴びせられる力水はまだ少し冷たそうだが

そんなことは微塵も感じさせない熱気に包まれ

オッショイ、オッショイと駆けていく。

九州の山鉾04

 この日は九州地区の山・鉾が一堂に会した特別巡行

唐津くんちの曳き山、八代妙見祭の神幸行列に戸畑の山・・・

みんな天神にやって来た。

祭り一色に包まれた市役所周辺だったが

やはり最後は博多山笠が締めくくる。

九州の山鉾05


九州の山鉾07








一足早く咲き始めた紫陽花

あじさい02

 早朝、散歩していると色んな人を見、

色んなものと出合う。

今朝は一足早く咲き始めた紫陽花を見つけた。

ほかの紫陽花はまだ小さな顎を固く閉じたままだが

この枝だけは「お先に失礼」と咲き始めていた。





花に舞う小さな虫

DSC06606_1

 花に止まるのは蝶ばかりではない。

そっと顔を近づけ覗くと、小さな花に止まっている小さな虫に気付く。

小さな羽を一生懸命に動かして花の上で停止しながら

止まる場所を探している小さな飛行機

目標が定まると静かに降りていく。

花の方も心得たもので、ウエルカムと花びらを広げて待っている。

メキシコマンネングサ08_1

 上の写真はこの時期によく見かけるメキシコマンネングサ

外来種だが、いまではすっかり根付いている。





これが同じ花?

オダマキ紫1

 同じ場所でこの花を見ていたが

これが同じ名前の花とは知らなかった。

よくよく見れば紫色と黄色と色が違うだけ。

でも受けた印象はまるで違っていた。

花の名前はオダマキ

オダマキ黄1

 紫色の花は帽子を被った若いご婦人達のように見え

花に気品さえ感じるが、黄色の花は宇宙を漂うクラゲに

見えてしまった。

そう見えたのには花の向きにもありそう。

紫色のオダマキは下向きに咲き、

シベを写すにはカメラをうんと下げ、上向きのアングルにする

必要があったが、こういう時にはチルトかバリアングルになる

液晶ファインダーが便利だ。

オダマキ紫2


オダマキ黄2

野菜に咲いた花

ジャガイモ2

 「その向こうに見える花は何ですか」

日曜日の10時過ぎ頃だった。

いつも通る道べりの民家の庭で畑仕事をしていたご夫婦

何かを植えられているようだが、何だろうと思いつつ

「こんにちは」とだけ挨拶をし、通り過ぎようとした。

ところが、畑の向こうに小さな花が見えたのでつい声をかけた。

「えっ、どれですか? ああ、あれですか。ジャガイモですよ」

「えっ、ジャガイモの花なんですか」

恥ずかしいことにいままでジャガイモの花など見たことがなかった。

いや、見ていたのかも分からないが、それがジャガイモの花だとは

気付かなかったのだ。

「ちょっと写真に撮らせてもらっていいですか」

「どうぞ、どうぞ」

と言われてパチリ。

ジャガイモ

 ジャガイモの花ってこんな花なんだ。

今頃咲くのか・・・などと感心しきり。

だが一度知ってしまえば、以後あちこちでよく見かけることに。

別の日には大根の花(下の写真)も見かけた。

こちらは土から白い大根が覗いていたのですぐ大根の花と分かった。

Daikon1




HABA ONLINE

ある日の朝

伊三郎パン

 朝、散歩をするようになって1週間あまりになる。

毎回コースを少しずつ変えながら、あっちに寄りこっちに寄り、

草花を見つけては写真に撮ったりしながら歩いているから

ウォーキングにはならず、やはり散歩。

キョロキョロとあちこちを覗きながら歩いていると

不審者と疑われはしないかと心配にもなるが、きれいな花や

見たこともない花を見つけると好奇心の方が先に立ち

カメラを構えてしまう。

最近は公園も地域の人達が花壇づくりをしているものだから、

それらを眺めていると飽きない。

名前を知らない花も結構ある。

野間大池03

 特に宇宙クラゲのようなこの花(上から3枚目)は

いままで見たことがない。なんという花なのだろう。

野間大池02

 散歩の終わりは決まってパン屋さん。

散歩ついでに朝早くから開いているパン屋さんを見つけるようにし、

そこを散歩コースに入れている。

この日、寄ったのは100円パンの伊三郎パン。

表通りから一歩入った裏通りだから、最初この店を見た時は

こんな場所で売れるだろうかと心配したが、それは杞憂だった。

1個100円という安さから客は多い。

特に昼時は混雑するとのこと。

朝8時から開いているので、散歩の帰りに寄るのにちょうどいい。

しかも午前10時までならコーヒーのサービスが付く。

といっても店内に飲食できるスペースはないから持ち帰りになるが

屋外のベンチでブレッドファーストはこの季節、気持ちいい。

野間大池01

 名前が分からなかった上の写真の花は

オダマキの黄色い花だということが分かった。





ココチモ
過去の記事
最新のコメント
  • ライブドアブログ