こんにちは、クリントです。



2019年8月に米中関係が悪化して、世界の株価が大きく値下がりしました。


私の投資信託はアメリカ株の比率が高いので、今回の値下がりで大きな被害です。


ところが、9月に入ると相場は一転して上昇モードに入ります。


保有する投資信託の価格は回復し、大きな利益を上げることに成功しました。


d4c521466e29a7cfbec330e718e04e94_s



8月にトランプ砲の直撃で赤字に転落


2019年8月は、投資信託を始めてから最悪の月でした。


アメリカと中国の貿易摩擦が激化したことにより、アメリカ株が暴落し、


それにつられて日本をはじめとして、世界の株も同時に値下がりです。


私の投資信託はアメリカ株や日本株に関連するものが多かったので、


アメリカ株の下落により含み益は吹き飛び、赤字に転落してしまいました。


2019年に投資信託を始めてから、個別の銘柄で赤字になることはありましたが、


全体の損益で赤字になったのは、今回が初めての経験です。



投資信託のポートフォリオの修正


せっかくアメリカ株が上昇して、保有する投資信託で利益が出ていても、


トランプ大統領が対中関税を発動することで、結局アメリカ株は下落してしまいます。


8月の下落は今年に入って3回目で、投資信託の初心者の私も学習しました。


トランプ砲により真っ赤に染まった投資信託を見ていると、


Jリート関連の投資信託だけは、赤字に転落していないことに気が付きます。


日本株や為替が大きく動いている中で、赤字になるどころか利益を増やしています。


これまではアメリカ株やS&P関連の投資信託を、少しずつ買ってましたが、


8月はトランプ砲を避けるため、Jリート関連だけに集中投資しました。


アメリカ株重視のポートフォリオを見直して、Jリートの比率を高めることで、


トランプ大統領が暴れても、保有する投資信託が全滅しないように修正しました。



9月になると株価は回復


2019年8月の終わりには、アメリカ株の長い上昇トレンドが終わり、


米中関係が回復しなければ、大きく下落していくのも覚悟しました。


ところが、9月に入ると米中関係は少し改善して、アメリカ株価も上昇してきました。


一時はマイナス5%近い含み損だったのが、一気にプラスに回復です。


Jリート関連の投資信託も順調に基準価格を上げていて、大きな含み益が出てます。


アメリカ株とJリートの両方の価格が上昇したので、全体の利益も大きいです。



2019年9月の投資信託の収支報告


8月にJリート関連の投資信託を思いっきり買い増したことで、大きな利益が出てます。


ただ、保有する量が多くなれば、基準価格が少し値下がりしただけで、


大きな損失になってしまうリスクはあります。


少しJリートに偏りすぎているので、10月はS&P関連を買いますか、


債権などの別の投資信託を買う予定です。


投資信託2019-10-01





a96b8befe10a0b357d3bd2cb11048a84_s


8月のアメリカ株の暴落で、アメリカ株だけに投資するのは危険だと判断しました。


大きく赤字になってしまった投資信託のポートフォリオを修正するために、


Jリートの保有を増やすことで、アメリカ株の比率を少し下げました。


9月はアメリカ株と日本株、それにJリートも好調だったので、


保有する投資信託の価格も上昇して、赤字から大幅な黒字になりました。


たまには、いいこともありますね(^^♪




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


私はいろいろな副業で、コツコツお金を稼いでいます。


初めての方でも読みやすいように、副業ごとに分類してまとめてみました。