こんにちは、クリントです。



アメリカの景気が悪化していて、アメリカ株の下落が止まりません。


日本の株はアメリカと連動しているので、ついに日経平均が500円下げる事態に。


9月は日経平均の調子がよく、保有する株の含み損が減ってました。


損切りを検討してましたが、完全にタイミングを逃しました。


1cfbf8090899600e7445a9c7684c2bd2_s


アメリカ株の下落


私は株式投資を始めて半年余りの初心者なので、大それたことは言えませんが、


アメリカ株が大きく下落すると、翌日の日経平均は窓開けになることに気づいてます。


最初から大きく値下がりしていて、そこから売られていく最悪の展開ですね。


アメリカの景気指標が良くないことから、2日のアメリカ市場で大きく値下がりしたので、


3日の日経平均は大変なことになることは、初心者の私でも十分に予想できました。


嫌な予感は的中するもので、400円近く窓明けからはじまり、


最大で500円近く下がるなど、3日の日経平均は散々な結果でした。



株の含み損が減っていた


8月に日経平均が大きく下落したことで、私の保有する株も大きな被害を受けました。


含み損は最大で17万円近くになり、真剣にすべての株を手放すことも検討しました。


ところが、9月に入ると日経平均は急に上がり始めて、


含み損はどんどん減っていき、マイナス10万円ぐらいまで行きました。


10万円はまだ大きな含み損ですが、7万円もプラスになったことは嬉しいです。


配当金や投資信託の含み益を入れると、全体の収支は少しプラスになります。



損切りを検討していた


9月に日経平均があれだけ上昇しても、株の含み損は10万円余りあります。


日本たばこ産業の200株が5万円の含み損ですが、


高配当で、長期保有の予定なので除外します。


保有している株で損切りをしたいのは、日産自動車とイオンです。


日産自動車やイオンなどの株価も回復して、損切りしてもいいレベルです。


ただ、チャートを見ると長期移動平均線上にあり、


もう少し回復するかもしれないので、様子見していました。


日経平均が大きく値下がりしたことで、


長期移動平均から下に落ちていき、保有する株は下降トレンドです。


様子見の判断が正しかったのか分かりませんが、損切りのタイミングを逃しました。


f7377c0843d37163d040ccbfea4ce575_s


いつもはトランプ大統領が暴れることで、アメリカ株が下落しますが、


今回はアメリカの経済指標が悪かったことで、静かに下落が始まりました。


米中貿易摩擦なら、お互いに和解することで反転ムードになりますが、


経済指標が悪いのは、すぐに回復しない気がします。


損切りのタイミングを逃したことで、また株価の下落の恐怖と戦うことに。


株式投資は、本当に難しいですね(^^♪



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


私はいろいろな副業で、コツコツお金を稼いでいます。


初めての方でも読みやすいように、副業ごとに分類してまとめてみました。