こんにちは、クリントです。


私は仕事をやめて、しばらくアルバイトでのんびり生きてくつもりでした。


貯金が減らない程度に働いて、後は副業を頑張れば何とかなるはず。


しかし、人手不足と夏休みの忙しさで、労働時間は長くなり、


アルバイトにしては立派な給料をもらえました。


80c1e0d9de88fb2d287d7add545ccec9_s


所得税が高すぎです!


アルバイトは時給制なので、労働時間が長ければ長いほど給料は上がります。


8月は総支給で2860000円ぐらいでしたが、別に時給が高いわけでもなく、


単に夏休みで忙しく、労働時間が長かっただけです。


ここから社会保険料などを自分で払うので、手取りはずっと低くなります。


前の会社は税金を源泉徴収してくれたので楽ですが、アルバイトは面倒ですね。


所得税だけは源泉徴収で引いてくれて、今月の所得税は48600円でした。


所得税が48600円って!!


前の会社では同じぐらいの給料で、社会保険料と所得税を合わせてこれぐらいだった気がします。


なんか今働いてる会社、異常に所得税が高いです。



なぜ所得税がこんなに高いのか


あまりにも所得税が高いのに納得できなかったので、自分で調べてみました。


会社を変えたことで、所得税が急激に上がったというのは、よくある事例みたいです。


なぜ、私の所得税が異常に高くなったのか、理由が分かりました。


今の会社に扶養控除等申請書を提出してないため、所得税の区分が乙になっているためです。


前の会社ではちゃんと提出していたので、所得税の区分は甲で、


本来の所得税の金額に近い金額だったわけです。



扶養控除等申請書について


本来は入社した時点で、扶養控除等申請書を書かなくてはならないはずです。


4か月が経過しても、一切話が出てこないところを見ると、12月まではなさそうです。


ただ、アルバイトは簡単に辞めれるし、掛け持ちもできます。


扶養控除等申請書は最も収入の多い所、一か所にしか提出できません。


アルバイトはどこがメインかわからないので、ほっとこうという気持ちも理解できます。


もし今働いている会社が最も収入が多くなりそうなら、すぐに扶養控除等申請書を提出すれば、


所得税の区分は甲になるので、源泉徴収されるのは適正な金額になるはずです。


所得税の区分の甲と乙では、かなりの開きがあります。


12月の年末調整を行わなかったり、途中でやめた場合は、


払いすぎた税金は戻ってこない可能性があります。



私は確定申告するつもりです


私はアルバイトの他にもいろいろ副業しているので、確定申告するつもりです。


確定申告することで、払いすぎた税金があれば戻ってきます。


副業や掛け持ちしてなければ、年末調整でも払いすぎた税金は返ってきます。


今の会社も12月になると扶養控除等申請書を配り、年末調整してくれるみたいです。



年末調整そのものが怪しいです


ただ、私の会社が所得税を、しっかりと計算してくれるかはわかりません。


年末調整で3万ぐらい返しとけば納得するでしょ、みたいな会社の可能性もあります。


私が社会保険料をいくら払ったのか、今の会社に分かるのでしょうか。


私が入社したのは4月の終わりで、その前の収入はわかるのでしょうか。


正社員並みの労働時間と給料があるなら、普通は社会保険に加入できます。


しっかりした会社は、入社するときに扶養控除等申請書を書かせます。


中途なら、前の会社の源泉徴収票を提出させるはずです。


なぜなら、これらは法律で決められていることだからです。


何の情報もないのに、どうやって所得税を計算するのでしょうか。


そもそも、本当に源泉徴収したお金を税金として払ってるのでしょうか。


私は所得税をぼったくり続けている今の会社を、信用できません。


今の会社から源泉徴収票をもらい、自分で計算したうえで確定申告するつもりです。


これで会社が年末調整でちょろまかしても、バレちゃいますね(^^♪


10e23382ac43b760cffe158a4bf70943_s



ずっと住民税を払うのを忘れていて、面倒なので4期分一気に払うことにしました。


6月の分は期限切れでコンビニ払いできなかったので、役所で支払うことに。


コンビニとは違い、昔の駄菓子屋みたいに、電卓でおつりを計算するのを見て、


この人たちはのどかでいいなと、ふと思いました。


もし給料明細を見て、所得税が高いと感じるなら、原因を調べた方がいいです。


払いすぎた税金は、自分で申告しない限り戻ってきません。


行政や会社にあなたの大切なお金を、余計に払う必要はありません。


ブログで副業の他の記事へ

FXで副業の他の記事へ

マネオで副業の他の記事へ