闇染Revenger -堕ちた魔王と堕ちる戦姫-のレビュー。
SnapCrab_NoName_2018-7-3_21-27-24_No-00
各10段階評価
シナリオ…7
キャラクター…8
絵…9
エロ…8
音楽…7
システム・演出…8
総評…8

【感想】
闇染Revenger、フルコンプするまでの面倒臭さは有ったものの何だかんだで楽しめた作品です。
闇堕ちを作品のテーマとしているだけあって、変身ヒロイン物に有りがちな単なる悪堕ちとは異なり、内側から心の闇を暴いていくことで精神的に追い詰めて堕としていく所がこの作品の一番の特徴でしょうか。
悪堕ちではなく敢えて闇堕ちと表現している所はこだわりを感じさせる所で、飽くまでもヒロインがしがらみや悩みから解放されることをメインとしているのが見て取れる。
基本的な流れとしては魔王と同化した主人公が普段の生活の中で各ヒロインの情報を集めて心の闇を探り、夜の戦闘の時に魔王が成り代わってヒロインと戦うという所かな。
ヒロインと会話を続けていく中でふとした事から魔王が心の闇に気づき、戦闘の中で魔王がその心の闇を上手く利用してヒロインを堕としていく過程はやはり良いですね。
SnapCrab_NoName_2018-6-29_15-43-46_No-00
魔王の言葉によって、ヒロインが動揺して心の闇を暴かれる所は中々背徳感が有りました。
単にヒロインを力で負かすのではなくて、言葉巧みにヒロインを上手く心の闇に導いて精神的に追い詰めるという所がもう最高です。
戦闘シーン自体は周回する毎に段々と面倒臭くなってきたんですが、トドメの一撃で闇染にさせる所は毎回見てしまいます。
正直、周回を重ねてくるとこれ見るためだけに戦闘やってる節があったくらい。
戦闘シーン自体も最初の方は分かりやすいUIと思っていたのが、段々ともっさりになっていると感じてしまう所が惜しいですね。
ノーウェイト以外だと技を発動するまで結構待たされるから割と遅く感じてしまうんですよね。
正直、二周目以降はノーウェイトでやった方が良いです。

後、主人公やヒロインを異世界のキャラと融合させることで純愛と陵辱の両方を上手く両立させた所は良い塩梅でしょう。
ただ、欲を言えばもう少しヒロインへの掘り下げが欲しかった所かな。
女神フェインも数に入れると6人ものヒロインになるので、その分各ヒロインの描写が薄かったように感じられました。
個人的には、ヒロインを2〜3人くらいに減らしてその分もっと掘り下げてくれた方が良かったかな。
SnapCrab_NoName_2018-6-29_15-56-41_No-00
例えば、アーネストが処女を散らされた後、アーネスト視点で処女を散らされた事に対して泣き腫らすシーンが有るんですが、ああいうイベントが他のヒロインにも欲しかった。
そういう意味では、アーネストは割と丁寧に描写されていたキャラでも有りましたね。
幼馴染としての主人公との関係や、アーネストとして戦っていく内に段々と心の闇に蝕まれていく恐怖、闇堕ちした後に主人公が正体を明かす所とか割と良かった。
個人的にもアーネスト自体は割と好きなキャラでも有りますね。
オタクであることを知ってもちゃんと受け入れようとしているし、幼馴染としての距離感も凄く良い感じだった。
とはいえ、それ以上に良かったのがサイレンスちゃん。
キャラデザが公開された時点でこれは個人的にも刺さりそうなキャラだとずっと思ってたんですが、本編やって更に気に入りました。
サイレンスちゃん本当に良すぎですね。
キャラデザからして可愛いし、声も合いすぎてる。
菜緒の時は基本的に無口だけど主人公が居ると少し吃り気味になったり大げさな反応起こしたりする喋り方で、サイレンスの時は無機質で冷徹な喋り方に変化する所がまた上手いんですよ。
中の人は今まであまり知らなかったんだけど、今回のヒロインの中では一番上手い演技だったんじゃないでしょうか。
菜緒とサイレンスという異なる二人の演技を巧みに使い分け、それでいてヒロインとしての魅力を声でもしっかりと出している所が良かった所。
SnapCrab_NoName_2018-6-29_13-8-23_No-00
菜緒の時に恥ずかしそうにしてる時とか声とも相俟ってもうね、ニヤニヤが止まりませんよ。
普段は大人しくて無口なサイレンスちゃんが時折こういう恥ずかしそうな表情を見せるとより魅力的に見えますね。
また、サイレンスの時のコスも好みでした。
SnapCrab_NoName_2018-6-29_16-16-53_No-00
MS系のピッチリとしたスーツが際どい感じで良すぎだし、小柄な体型で巨大な武器を操るというアンバランス感も良かった。
正直、サイレンスちゃんに関しては変身前と変身後のどちらも全ヒロインの中で一番好みなんですよね。
闇染revenger自体はサイレンスちゃんが気に入ったから買ったようなものですが、結果的には満足です。

エロシーンに関しては、陵辱でもそこまでハードなシーンはあまり無かった印象。
各ヒロイン毎にそれぞれシチュが違うんですが、大体魔物系がアーネストやアクイラに偏ってて、機械系がサイレンスに、アブノーマルなシーンがラビリンスに偏っている感じですね。
個人的にはやっぱりサイレンスが一番良かったですかね。
闇堕ちの瞬間もサイレンスが一番昂奮したし、闇堕ち後のエロシーンも一番良かった。
ちょっと機械に偏ってたのだけ頂けないんですが、何だかんだでサイレンスのシーンは良いシチュばかりだった。
後は何気に闇染隠しでのラビリンスのシーンがかなり良かったですね。
この作品では数少ないハードなシーンですが、ラビリンスの泣き顔が良すぎてかなり昂奮しました。
ああいう澄ました顔したヒロインを泣き顔で歪ませるというのはやっぱり最高に昂奮出来ますね。

絵に関しても個人的には評価したい所です。
何気に立ち絵や顔グラで目にハートマークを仕込んでいる所が上手いことやったなという感じで、こういう細かい所までこだわる所が凄すぎ。
SnapCrab_NoName_2018-6-29_15-30-17_No-00
注意して見るとハートマークだって分かるんですが、遠目だと気づきにくいという絶妙な描き方が素晴らしいね。
また、闇堕ちに関しても態々二種類の立ち絵を用意するという手間をかける所も評価したいですね。
SnapCrab_NoName_2018-7-1_9-48-46_No-00
アーネストの場合だと上の黒化しただけの立ち絵はすぐに使われなくなるんですが、それでも闇堕ちを段階的に表現する為に態々用意したという所が太っ腹すぎる。
塗りも良かったし、絵に関してはもう文句無しです。

個人的な印象だと、プリマヴェールからハードな要素を差っ引いて調教要素を無くしたのが闇染Revengerという感じですね。
変身ヒロイン物という事も有り、発売前から期待はしていましたが十分に満足できる出来でした。
後はプリマヴェールみたいにシリーズ化するかFDが欲しい所。
闇堕ちの時のコスが良かっただけに、闇堕ち後のエロシーンが主人公との和姦しか無かったのが勿体なく思った。