Nightmare×sistersのレビュー。
SnapCrab_NoName_2020-3-8_21-36-10_No-00
各10段階評価
シナリオ…5
キャラクター…6
絵…8
エロ…8
音楽…6
システム・演出…7
総評…8

【感想】
Nightmare×sisters、Guilty Nightmare projectの第一弾として発売された作品ですがロープラでは珍しい輪姦特化の作品で個人的には満足できました。
Guiltyから派生した新ブランドですが、内容的にはこれまでの虜シリーズから独占要素を省いて輪姦要素を特化した印象ですね。

内容的には、エクソシストとして悪魔祓いの仕事を請け負っていたシスターの姉妹が教団の陰謀に巻き込まれて悪魔の子供を孕まされてしまうというもの。
悪魔という存在が一体何なのかとか、何故教団が出来たのかとか、教祖が何者なのかとかそういった要素の掘り下げが一切なされないまま終わってしまったのでシナリオは有って無いようなもの。
ある意味ロープラという尺の短さ故か、雑な所が目立つなという印象だったんですが、エロシーンの充実さとの引き換えなら致し方ない部分もあるかな。
序盤は姉妹の過去と日常を掘り下げていましたが、それも虜シリーズと比べるとやや短めですね。

この作品の特徴はなんと言っても、姉妹のエロさとエロシーンの容赦の無さ。
SnapCrab_NoName_2020-3-6_23-57-3_No-00SnapCrab_NoName_2020-3-6_23-57-30_No-00
最初に悠果と刹那がエクソシストとして戦うシーンがCG付きで描写されるんですが、姉妹の戦闘シーンのCGだけでも衣装の食い込みが上手く描かれていてそれだけでも十分に昂奮出来るほど。

これまで虜シリーズでもお馴染みの原画担当だったの歯氏とティータ氏が今回も原画を担当されていますが、相変わらず素晴らしい出来。
こういう衣装の食い込みを細かい部分まで上手く描写している所が好感が持てるんですね。

そして、エロシーンは対人相手の輪姦シーンが殆どを占めるという、久々にGuiltyが本気を出した印象でした。
ここまで輪姦特化な作品出したのはLast Waltz以来ですかね。
今回はロープラなのでフルプラ程シーン数が充実している訳ではないのですが、それでも十分に満足出来るほどに輪姦シーンが多かった。
SnapCrab_NoName_2020-3-7_12-57-54_No-00
長時間犯され続け、ヒロインが精液塗れになってヘトヘトになるまで続くという容赦の無さが実にGuiltyらしかった。
ヒロインが懇願しても男の方が全員満足し終わるまで陵辱が続く光景、Guilty作品では最早当たり前のようになっていますが、こういう所がGuilty系作品の良い所ですね。
また、虜シリーズでもあったチ○ポ当てクイズがこの作品でも取り入れられていた所も個人的には評価したいです。
SnapCrab_NoName_2020-3-8_16-37-51_No-00
誰のチ○ポか分かるまで犯され続ける光景、ヒロインに理不尽さと恥辱感の双方を与えられるのが魅力的だと思っていたので入れてくれてありがたかった。
個人的には特に悠果がエロくて良かったです。
容姿といい、声といい股間に直接響いてくるようなエロいヒロイン。
それでいて、妊娠した状態で輪姦されるシーンも多くてかなりストライクでした。
特にお気に入りはこの辺りのシーンですね。
SnapCrab_NoName_2020-3-7_11-29-7_No-00
連れ去られてからある程度日数が経過して、悪魔の子供を孕まされながら信者達に輪姦され続ける悠果の姿がエロすぎた。
何度も犯され続けてたせいで快楽に対しても抵抗が無くなっていっている所もより昂奮を高めてくれます。
ただ、敢えてマイナス点を挙げるなら、教団側は姉妹に対して悪魔の子を産ませることが目的で動いているのに、実際に産む所は控えめにしか描写されてなかった所ですね。
孕んだ状態で犯され続けるシーンが有るのだから、悪魔の子を産むシーンもちゃんとシーンとして描写してほしかったなという思いはあります。

総合的に見ると、ロープラの割に輪姦特化で上手く纏めたなと思いました。
輪姦シーンに全振りしていたような作品なので、以前のGuiltyの片鱗が感じられた所も良かったです。
今後のGuilty Nightmare projectの展開が楽しみになりました。