まったりなごみ話

2013年05月08日

可愛すぎる猫


親戚の友人が飼っているニャンコだそうです。

可愛いすぎ〜


ふくねこ


うちのフーチャンだって可愛いぞ!


ひなたぼっこ


こんなんですけど……


kuriproblog at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年04月18日

ねこ体操

これは実家の猫・ミーちゃんです。

気持ちよさそうにストレッチ中〜。

パソコン仕事の場合、1時間に1回はストレッチしましょうね〜(BYカイロの先生)

にゃんこは指導されなくても自主的にやっておりまする。

よく伸びてますねえ。さすがです


しまちゃん


kuriproblog at 08:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年12月15日

ニッポンの色

近所の神社が、銀杏の黄色・一色に! 

いちょう

街が「ニッポンの色」に染まっています。

もみじ

そら


 この方も……「ニッポンの猫!」っていう色。
名前は「タマ」であって欲しいなあ。

ひなたぼっこ




kuriproblog at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月29日

バースデープレゼントの猫枕

パッケージ

「誕生日のプレゼント、宅配便で送ったからね〜」と、姉からメールがあって届いた謎の包み。「軽いけど、なんか鈴の音がする。巨大な風鈴?」と思いつつ袋を開けてみると……

ねこまくら
うほほ〜 猫まくらでしたー。なんともビミョーな表情が、存在感ありますねえ。しかし、こんな鈴がついてたら寝られないじゃん? 枕でなくて、クッションですか 

実家の姉も猫好きで、縞模様のにゃんこを飼っています
笑える枕、ありがとうね〜 

今日も暑い1日になりそうです。
すでに気温は25度を超えているそうで、朝日が強力

朝散歩を開始してから初めて体験する真夏の本番だ〜


kuriproblog at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月19日

六月といえば紫陽花

あじさい1

 梅雨ですねー。梅雨といえば紫陽花(あじさい)。咲いてますね。

あじさい2

 こういうのは、「がくあじさい」というのでしたね。

子どものころは「自分の誕生月の絵を描きましょう〜」なんていう
課題があったような記憶があります。

クリプロは6月生まれなので、子ども心に
「絵柄として地味だよな、6月……」とボヤきながなら、
あじさいとか、かたつむりとか、絵に描いていた気がします。

6月って、祝日ナシの月なので、こいのぼりも、七夕もなくて
確かに地味なんですよね

今はけっこうシブくてスキですけどね。6月。
ちなみに誕生石は「真珠」。
12ヶ月の中で唯一の生物由来の石で、これも気に入ってます

kuriproblog at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月18日

ガン飛ばす にゃんこズ

にゃんこズ1

朝散歩の公園でよくみかけるにゃんこたちが、珍しく集合しておりました。ほどよい距離感を保ちながら、緊張感のある配置で、こっちを覗っております(画像クリックで拡大できます)。

それぞれがどこかに向かって、ビミョーな「ガン」を飛ばしてます。
自分的には結構気に入ったカット

石ちゃん兄弟1

こちらは帰り道。塀の上に3匹が集合 ココは朝、日当り良好スポット。よく知っておる。いちばん右の茶トラはこのウチが「石●」さんだから「石ちゃん」。

石ちゃん1
石ちゃんは毎朝ほぼ決まった時間に石●さんちの玄関前に座ってます。いちどだけ見かけたことがありますが、石●さんから朝ゴハンをもらっているようです。

クリプロの実家にもそういう「半飼い猫」みたいな、
「食事だけのつながり」的なにゃんこが
よく出入りしております。

そういう情報はにゃんこ間で伝わるようですな


kuriproblog at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月13日

ごろにゃん

ごろごろ猫

友人Cが、地震のあと携帯に送ってきてくれた画像です。アップし忘れていましたが、なごみますねエ……
ついでにもうワンカット。ごろにゃん〜

ごろ猫2



サテ、一週間のはじまりです!
しゃきっといきましょうね、できるだけ  

kuriproblog at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月30日

らぶぱんだ

らぶぱんだ

池袋駅構内で思わず買ってしまった「らぶぱんだ」のパンダパン。あんパンダ、ジャムパンダ、クリームパンダがありました。そのほかにもキュートなクッキーやら、いろいろ売っていましたヨ。明日までだそうですが、こういうイベントモノに案外弱いのでした

kuriproblog at 14:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2010年01月03日

あけましておめでとうございます(^^)!

 新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

初日の出 今年も山中湖で家族と年越しをしてきました。大晦日には厚い雲がかかっていた富士山も、元日には雲ひとつない快晴。素晴しい初日の出を拝むことができました。昔から拝まれてきただけあって、立派な姿ですねえ。堂々としています。きれいな空気のなかで富士山の姿を目にすると、なんだかおめでたい気分になれます。





0101朝-1 今年は山中湖にあるペンションまりもさんにお世話になりました。元日の朝食はママさんお手製のおせちです。カマボコが黄色×白の組み合わせというのは関西風でしょうか。こうした縁起物に、お煮しめ。美味しかったです!!


0101朝-2 三つ葉の香りもすがすがしいお雑煮。大根、ニンジンは薄切りでシャキシャキ感がグーでした。あっさりした味なのでいくらでもたべられちゃう おかわり自由なので「ダイエットは明日から!」(BY姉)に賛成して……v( ̄∇ ̄)v 






富士山ケーキ デザートにはチョコレートパウダーの富士山をいただきました。料理が苦手なクリプロ家は毎年こうして他人様のお世話になって日本人らしい新年を迎えさせていただいております。感謝です(涙) 




キャンちゃんお客さんの食事が終わると登場するアイドル犬・キャンちゃんストーブのそばが大好きで、フレンドリーなワンコ。賢くてかわゆいのだ〜(⌒∇⌒)




テラス テラスには鳥のえさ箱があって、いろんな鳥がヒマワリの種を食べに来ます。リスとふくろう(珍しいらしい!ラッキー)の姿も目撃できました。ふくろう、デカかったなあ。





年賀状 お天気にも恵まれのどかな新年を迎え…たように見えますが
クリプロ&姉夫婦は夜を徹して必死で年賀状書きで…( ̄∇ ̄) 早々に賀状をいただいた皆様、ありがとうございました。m(_ _)m 毎年遅くてすみません。


本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 山中湖ペンションまりも




2009年11月14日

いが栗まんじゅう

 某日

SBCA0136 駅前商店街イベント会場(期間限定でいろんな店が出る)でフト目に留まった「いが栗まんじゅう」のPOP。「栗まんじゅう」なら珍しくないけど「いが栗」っ何???と足が止まりました。板橋から来てるんだ〜。とまじまじ見ていたら、お店番のお姉さんがすかさず試食用を一切れ




SBCA0137 美味しいかったし、普段は買えないしということで購入……した以上、タダでは帰らないのがクリプロざんす。「私ね、名前に”栗”がつくもんで…」とすかさず名刺を出し「写真撮っていいですか?」と切り出す。すると「ウチの社長が栗原っていうんですー」とお姉さん。ほお。これはあの宮城県ふるさとプラザに出店していた「栗原市・栗っこ農協さん」以来の「栗つながり」だ 


SBCA0142一緒に入っていたお店の案内によれば製造元の辰屋かぎ屋さんの初代(鍵屋)は今から300年ほど前に京都で和菓子を修業、江戸板橋に住まいを移して開業したとあります。その後明治27年の大火で廃業したそうですが、分家四代目・辰年生まれの現社長(かな?)が「辰屋かぎや」として復興したそうな。




SBCA0143 栗がまるごと1コ入ったおまんじゅうをお赤飯でくるんであります。「いが栗まんじゅう」3こで500円とリーズナブル。親戚のおばちゃんが作ったみたいな、お豆たっぷりのお赤飯も気どっていなくて、好感が持てます。

 
SBCA0144 イベントスペースに飾ってあったサンプル同様、しっかり栗が丸ごと入ってます! ほどよい塩味と黒糖のあんこ、栗の甘さがイイ感じでした!



冷蔵庫に入れても硬くならないという不思議な「冷やしうす塩豆大福」というのも
勧められたので、買ってみようと思いました。




kuriproblog at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月04日

靖国神社でひと休み

 10月某日

九段下のJ社へ、打ち合わせに。
この会社の打ち合わせスペースは畳敷きに掘りごたつ式のテーブル。
つい「とりあえずビール」と
言いたくなってしまうような、落ち着けるスペースです。

これから始まる書籍について1時間ほど打ち合わせたあと、
天気がよかったのでちょっと靖国神社に立ち寄ってみました。

記念樹おや?木の苗を売っています。一鉢500円。国土の緑化にお役立てくださいということのようです。無人売店でした(あ、売店って言ってはいかんのかな)。





神門この門は「神門」というのだそうです。巨大な菊の御紋章はなんと直径1.5メートルだそうです(@@)今年5月、敷地内にある「靖国会館」で開かれた一龍斎貞花師匠の講談を聞きにきたことがあり、「おお、奥まったところも広いんだなあ」と思っていたので、そのときは入れなかった「遊就館」をのぞいてみることに。





ふいご祭りこれは何でしょう?「ふいご祭り」の告知でした。ふーん、刀を打つところを見学できるのですね。なかなかそんな機会はないからなあ。時間があったら行ってみよう。



ゼロ戦着きました。ここが「遊就館(ゆうしゅうかん)」。1Fロビーに復元されたゼロ戦がどーんと飾られているのが外からも見えます。ゼロ戦は海軍の戦闘機だったのですね…




大砲こちらは沖縄戦で実際に使われた大砲。弾の跡が生々しい。それにものすごく重そうで鋼鉄の塊そのものという印象です。これを極限状態で操作するということがどれだけ尋常ならざることかがずっしり伝わってきます。


 機関車これはマレー半島で実際に使われていた機関車。タイとビルマ(ミャンマー)を結ぶ「泰緬鉄道」で活躍したそうです。石炭で走るわけですね。


 

売店をざーっと一巡りしたあと喫茶室「結(ゆい)」で小休止。

海軍コーヒーその名も「海軍コーヒー」。カップに桜と錨の海軍マークが。「食べ物が美味しい」といえばやはり海軍なんでしょうか。閉店間近で人も少なかったので4人席を独占。広いテーブルにノートPCを広げてメールチェックもさせていただきました


 ごみばこさすがに表示が軍隊っぽいですね。無料で見られるのは1階のみで2、3階にも展示室があるのですが、パンフレットによると、西南戦争から太平洋戦争までの資料が常時展示されているようです。



「勝てば官軍」が掲げた「錦の御旗」とか
「人間魚雷」とか「特攻機」などもあるようです。

日本もたった2世代前、祖父母の時代には
今のイラクのように「自爆攻撃」を実際にやっていたわけですよね。

あまり気持ちのよいものではないかもしれませんが、やはり一度は
見ておこう。しかし今日はお時間もないので
後日改めて見学することにしました。

この奥に、さらに庭園や茶室もあるらしいです。

靖国神社




kuriproblog at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月25日

秋の神社でどんぐり

 某日

境内 実家を訪れました。小春日和というのでしょうか、いい感じのお天気だったのでその途中にある神社立ち寄り、病気療養中のHさんとリハビリ中のSさんの快復をお祈りしてきました。昔よりきれいになった気がするなあ。昔はもっと木がうっそうとしていた印象があったんだけど。





 

木1それにしても静かで気持ちのよい空間です。併設されている町内会集会所ではちびっこの空手(?)教室が開かれておりました。





落ち葉そういえば最近こういう落ち葉見ないですね。どんぐりも相変わらず落ちてます。神社の脇にある公園でいくらでも拾えたよなあ。集めてどうするワケでもないんだけど、ひたすら拾った記憶があります。 



鳥居と雲1帰りがけになんとなく鳥居を振り返ってみたら、不思議な雲が。うむむ、何かの前兆か…そんなワケないか。









  
どんぐりどんぐりをいくつか拾って持って帰りました。で、写真撮って…アレ??今気づいたけど、このドングリ、どこにしまったんだっけ???また、どこかからひょこり現われてくれるでしょう

kuriproblog at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
Profile
がんばれ福島【猪苗代湖ズ】
●猪苗代湖ズ
福島県で生まれ育ち、今は東京や横浜で暮らすミュージシャンとクリエイターの福島県人バンド。『アイラブユーベイビー 福島』を3月17日に録音、4月10日に配信シングルとして緊急リリース、利益の全てを「福島県災害対策本部」に義援金として寄付する。

●I love You FUKUSHIMA (動画) 箭内道彦の後輩であるCMプランナーの前田康二氏を中心とする、広告業界の有志により制作されたMVが公開された。俳優の阿部寛さん、荒川良々さん、笑福亭鶴瓶さん、小西真奈美さん、そして福島県出身の西田敏行さんも登場!



Archives
本で被災地支援!
booksforjapan
BOOKS FOR JAPAN(ブックスフォージャパン)
東日本大震災支援プロジェクト

●運営:株式会社バリューブックス 0120-826-295 info@value-books.jp 電話受付:10:00〜19:00 (日曜日のみ:10:00〜17:00)
自宅やオフィスに眠っている本で被災地支援!
被災地に送る本とそうでないものを仕分けて、被災地向けでない本は換金のうえ支援金に。電話1本で宅配便が集荷に来てくれます。

衣類・生活物資で支援
リファッション
東日本大地震の被災者に一般々および企業から集めた衣類と生活用品を救援物資として寄贈している団体で5年、10年と継続する覚悟で取り組んでいます。被災地に送らないものは主にチャリティー販売して現金化し、送料(ガソリン代など)や支援金に回し「残った衣類も決して無駄にしない」という姿勢がうれしい。

震災に負けない人々


====(^。^)v(^_^)==== 
 日経ビジネスオンライン連載 

「震災に負けない人々」

くらべる新聞【あらたにす】
livedoor 天気