2007年07月20日

自動車がいらなくなりよった

ー動車がいらなくなりよった

自動車の解体は、今持っとる自動車が要らなくなりよった場合、
事故をして使えなくなりよった場合、故障して修理代が高くつく場合、
ディラーが、下取り車を、価値がないと判断した場合やらなんやら、
いろいろな理由ででてきまんねん。

自動車の解体は、自動車解体業者に自動車を持っていくか、
解体業者に、引取りに来てもらうかしまんねん。

ただ、その時に、書類上の自動車の廃車手続きが必要や。
所謂、自動車抹消登録をせへんけまへん。

司法書士に頼めばすぐにしてくれまっけど、
オノレで、運輸支局に足を運んで申請すれば安上がりや。

申請に必要な書類は、まず、申請書。
これはOCRシートといって、運輸支局でもらえまんねん。

手数料納付書。これに自動車検査登録印紙を添付しまんねん。
それに印鑑証明書。所有者のもので、3ヶ月以内に発行されたものや。

それに車検証。ナンバープレート。
ナンバープレートはフロント側は簡単にはずせまっけど、
リアは封印してあるので、マイナスドライバーで封印を破ってはずしまんねん。

それに印鑑証明書の印鑑。
もし、住所変更がある場合は、住所のつながりの証明が出来るもの。
これだけの書類が必要や。

http://zidousya-kaitai.modestynet.com/

http://xn--tqq58fdz0dkxgjlg.sblo.jp/

http://tmk13.seesaa.net/

http://kuripu815.blog114.fc2.com/

http://kuripu815.jugem.jp

http://blog.goo.ne.jp/kuripu815/

⊆動車解体によって起こる問題

自動車を解体する時に、知っておやろかければならへん法律があることをご存じやろか?
その法律とは、自動車リサイクル法ちう法律や。

自動車解体とは切り離せへんこの自動車リサイクル法、について調べたんや。

2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法は、自動車のリサイクルを促進するために、車の解体・破砕後に残るゴミであるシュレッダーダストやカーエアコン用フロン類、エアバッグ類やらなんやらを適正に処理することを定めた法律や。

ウチも自動車解体について調べとったトコきょうび知ったトコや。

自動車リサイクル法は、自動車解体によって引き起こされた諸問題、次のような理由背景に成立したそうや。

ウチたちの国では、年間約400万台もの使用済自動車が発生しとるそうや。
廃車後解体業者や破砕業者により、廃車一台あたり総重量の約80%がリサイクルされて、残り約20%についてはシュレッダーダストとして、主に埋め立て処分されてきたちうワケや。

このトコ、埋め立て処分用のスペースが少なくなっとることで、シュレッダーダストの処分費が上昇したり、鉄スクラップの価格が低下しとることが原因で、不法投棄が増加しとる事態が起きとるそうや。
このように自動車解体によって大きな社会問題が生み出されたちうワケや。

自動車解体と自動車リサイクル法

自動車解体と自動車リサイクル法は切り離せへんものや。
自動車解体が生み出した様々な諸問題が原因で、自動車リサイクル法が誕生したんや。

例あげたろか,たとえばやなあ、カーエアコンの冷媒に利用されとるフロン類のものは、地球温暖化問題としても知られとるオゾン層のカンペキに破壊等を引き起こしてしまい まんねんわよね。

自動車解体の際にしっかりと処理されへんと、こういう大問題が地球規模で発生してくるのや。

ほんで、ここきょうびはほとんどの乗用車がエアバッグ装備の車になってい まんねんわ。
このエアバッグに関しては、処理をするのに専門的な技術を要するらしいのや。

やらなんやらやらなんやら、これらの問題により自動車解体から生じた様々な問題を背景に、自動車リサイクル法が成立したと言うわけや。

環境保全を一層進めるちう目的と、これまでのリサイクル・処理システムも問題点を健全に再生させるちう目的で、自動車リサイクル法ちう法律で、自動車解体の際、エアバッグ類、シュレッダーダスト、カーエアコン用フロン類の3品目の引き取りとリサイクル・適正処理を義務づけることになったんや。

ユーザーをも含めた、自動車製造メーカー・輸入業者、新車・中古車販売業者、自動車解体業者、整備事業者、破砕業者やらなんやら、車に関わるずぅぇえええぇぇええんぶの関係者に対して役割を定めとるのや。

ぜ動車の解体に関わる自動車リサイクル法

自動車解体をする事業者だけが関係するのではおまへん、自動車リサイクル法についての記事や。
自動車に関わる人ずぅぇえええぇぇええんぶに関係するのや。

自動車リサイクル法は、自動車を解体する際に出る、シュレッダーダストやエアバッグ類、カーエアコン用フロン類を適正に処理して、自動車のリサイクルを促進するための法律や。

先にも書いたように、自動車に関わるずぅぇえええぇぇええんぶの者に対する役割を定めとるのが、この自動車リサイクル法なのや。

・自動車製造メーカー・輸入業者は、メーカーが製造または輸入業者が輸入した自動車が使用済となりよった際、その自動車から発生するをシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類を引き取り、リサイクルまたはカンペキに破壊するちうわけや。

・自動車販売、整備業者やらなんやらの引取業者は、自動車を所有する者から使用済の自動車を引き取り、解体業者やフロン類回収業者に引き渡す。

・フロン類回収業者:
フロン類回収業者は、フロン類を回収し、自動車製造メーカーやらなんやらに引き渡す。

・解体業者、破砕業者は、使用済自動車のリサイクルを適正に行い、シュレッダーダストやエアバッグ類を自動車製造メーカーやらなんやらに引き渡す。

・自動車の所有者は、使用済となりよった自動車を引取業者に引き渡し、リサイクル料金を支払うわ。

また、この自動車リサイクル法は、ほとんどずぅぇえええぇぇええんぶの車が対象とのことや。
例あげたろか,たとえばやなあトラックやバスやらなんやらの大型車や、ナンバープレート未装着の構内車、8ナンバー車等も自動車リサイクル法の対象となってい まんねんわ。

ゼ動車 解体を東京でやる

今日は朝から低血圧で若干具合が悪いやね。けれども、自動車 解体を東京でやる方法の勉強をやるくらいやったら何の負担にもならへんのでがんばっていこうと思ってい まんねんわ。自動車 解体を東京でやる方法の学習はどちらかちうとライフワークみたいなものやのでそないなに負担ではおまへんから。

今日の自動車 解体を東京でやる方法の学習はサイトでいろいろとリサーチしておったんや。PCは本を読んだりするよりも目がすごく疲れるのでそう好きではおまへんトコやけどアンタ、どうしても情報の量がものどエライので自動車 解体を東京でやる方法の勉強をしていて詰まったトコを調査するには実のトコ最もええ勉強方法なんや。実際にやってみればその便器...おっとちゃうわ,便利さがわかるはずや。今ではもう、自動車 解体を東京でやる方法の学習にはコンピュータは必須やね。

さて、後は残っとることをやってしまおうと思うで。就寝前にホットミルクを飲むとすっきり眠れるようになるんや。心身ともに万全にして明日もさらに自動車 解体を東京でやる方法の学習に気持ちを上向きにしていこうと思うで。


月別アーカイブ
楽天市場