ブラシのようなオシベ 西洋キンシバイ

原産地中国中部で、オトギリソウ科

日本には、江戸時代初期に渡来したそうです

初夏に黄色い五弁花を咲かせます

花名から、同属植物のキンシバイに似ていそうに思いますが、余り似ていません

花弁を見ると、同属のビヨウヤナギの方似ていますね

花は直径cmほど、花弁は枚、平開しています

花の中央には、1つの基部から出た長いオシベが多数あり

オシベは元気よくまっ直ぐに伸びて全体がブラシのようです

ほぼ同じ高さで整然とまとまってます


01N200528西洋キンシバイ三09縮小

02N200528西洋キンシバイ三03縮小

03N200603西洋キンシバイ三02縮小

04N200528西洋キンシバイ三06縮小

05N200603西洋キンシバイ三07縮小

06N200528西洋キンシバイ三02縮小

07N200528西洋キンシバイ三11縮小

08N200528西洋キンシバイ三12縮小


09N200528西洋キンシバイ三16縮小

撮影場所:三陽メディア

金の糸のようなオシベ キンシバイ

原産地は中国で、オトギリソウ科

日本には、1760年頃中国から渡来したそうです

原産地の中国では金糸梅んでいるそうで、和名これに基づいたもの

一杯ある黄色のオシベを「金の糸」に、5弁の花を「梅」に例えたもので

花弁はほぼ円形で枚あり、オシベは多数で群に分かれており

花糸は黄色で花弁より短く、花柱は本あります

花言葉きらめき秘密悲しみは続かない


01N200606キンシバイ千05縮小

02N200524キンシバイ千02縮小

03N200524キンシバイ千08縮小

04N200606キンシバイ千16縮小

05N200606キンシバイ千03縮小

06N200606キンシバイ千14縮小

07N200606キンシバイ千15縮小


08N200524キンシバイ千04縮小

撮影場所:千葉市美浜区

ツボミの形が可愛い ヒエンソウ

原産地は南ヨーロッパでキンポウゲ科

日本明治時代の初めに渡来したそうです

花の形を燕の飛ぶ姿に見立てて名付けられたそうです

別名チドリソウラークスパーとも呼ばれています

花の後ろに飛び出た距が目立つ

有毒だそうですので、要注意です

属名 Delphinium はギリシャ語のdelphinos(イルカ)”からきており

ツボミの形から名付けられまし

花言葉:清明移り気気まぐれ浮気軽率軽薄信頼軽快陽気自由


01N200528ヒエンソウ三19縮小

02N200603ヒエンソウ三08縮小

03N200603ヒエンソウ三09縮小

04N200528ヒエンソウ三07縮小

05N200603ヒエンソウ三10縮小

06N200528ヒエンソウ三05縮小

07N200528ヒエンソウ三03縮小

08N200528ヒエンソウ三24縮小

09N200528ヒエンソウ三09縮小

10N200603ヒエンソウ三14縮小

撮影場所:三陽メディア

プロフィール

ジジフク

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
タグクラウド
  • ライブドアブログ