ライオンの耳に似た レオノティス・レオヌルス

原産地は南アフリカで、シソ科
この花は 中心から茎が出て 花が段々に咲きます
"ライオンの耳"に似ているので、別名ライオンズイヤーと呼ばれています
オレンジ色で、ちょっと起毛した花が特徴です
一般的には、オレンジ色の花をよく見ますが
園芸品種には白い花を咲かせるものもあるとのことです


01171129レオノティス・レオヌルス三02縮小

02171129レオノティス・レオヌルス三06縮小

03171129レオノティス・レオヌルス三04縮小

04171129レオノティス・レオヌルス三07縮小

05171129レオノティス・レオヌルス三09縮小

06171129レオノティス・レオヌルス三12縮小

撮影場所:三陽メディア


温室では一年を通して咲く ブーゲンビレア

原産地は中南米で、オシロイバナ科
花弁に見える部分は、花を取り巻く葉"包葉"で、通常3枚もしくは6枚あります
実際の花は、中央部にある小さな3つの白い部分です
この花の開花時期は、5~8月頃と9~10月頃の年に2回だそうです
一定の温度であれば開花するので、植物園の温室などでは一年を通して見ることができます
新しく伸ばした枝の葉腋(葉と茎の接点)から花茎を伸ばし
いくつかに枝分かれして、その先端に花を付けます
花色は、白,紫,ピンク,橙色,黄色など
花言葉:情熱,魅力


01170516ブーゲンビレア緑06縮小

02170516ブーゲンビレア緑10縮小

03170516ブーゲンビレア緑05縮小

04170516ブーゲンビレア緑07縮小

05171126ブーゲンビレア緑04縮小

06171126ブーゲンビレア緑03縮小

07171126ブーゲンビレア緑13縮小


08171126ブーゲンビレア緑14縮小

撮影場所:緑化植物園


とても魅力的な シャコバサボテン

原産地はブラジルで、サボテン科
日本には、明治初期に渡来したそうです
私の好きな花の一つです、とても魅力的な特徴のある花ですよね
名前は、葉の形が海にいるシャコに似ているので、この名がつけられました
ラストの画像をご参照ください
花言葉:美しい眺め,愛される,喜び,一時の美


01171126シャコバサボテン緑09縮小

02171126シャコバサボテン緑03縮小

03171126シャコバサボテン緑04縮小

04171126シャコバサボテン緑10縮小

05171126シャコバサボテン緑05縮小

06171126シャコバサボテン緑07縮小

07170126シャコバサボテン02縮小

撮影場所:緑化植物園


livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
タグクラウド
  • ライブドアブログ