果実が美しい コムラサキ

[コムラサキ]
原産地は日本,中国,朝鮮半島,台湾で、クマツヅラ科
根元に近い方から順次開花し、先端に向かって咲いていきます
それを追うように果実をつけ、果実は緑色から綺麗な紫色に変わる
初夏に薄紫色の花を咲かせ、秋に垂れた枝に紫色の小球形の果実を多数付けます
幹に近いところから枝先に向かって色付く果実は、鳥の好物のようです
残念ながら、今年も花を撮り損ないました

01N180905コムラサキ東03縮小

02N180905コムラサキ東01縮小

03N180905コムラサキ東05縮小

04N180905コムラサキ東06縮小

[シロミノコムラサキ]
原産地は日本,中国,朝鮮半島で、クマツヅラ科
コムラサキの変種だそうです
6~7月頃に白い花を咲かせ、秋には真っ白な果実ができます
本州の中部地方以西から朝鮮半島、中国に分布しています
高さは1~2mになり、枝は細くて枝垂れます
こちらも、花を見たことがありません


05N180905シロミノコムラサキ東04縮小

06N180905シロミノコムラサキ東02縮小

07N180905シロミノコムラサキ東06縮小

08N180905シロミノコムラサキ東07縮小

撮影場所:皇居東御苑


色々と効能のある クコ

ナス科
日本では、北海道~沖縄にかけて分布しており
海外では、台湾,中国,朝鮮半島に分布しているそうです
開花時期は、7~11月と長期にわたり楽しめます
花冠は鐘形で先が5つに裂けており、オシベは5本、メシベは1本です
花後には、赤い柔らかい実がなり、食べられます
果実の赤い色は、干してもなかなか色落ちしないそうです
果実は枸杞子,根皮は地骨皮,葉は枸杞葉という漢方薬になります
果実による枸杞子は、低血圧症,不眠症,強壮にクコ酒として用います
根皮による地骨皮は、血圧降下,血糖降下,解熱,たんきりに煎じて服用します
葉による枸杞葉には蛋白質,カリウムを含み、塩分の摂りすぎによる動脈硬化の予防に役立つそうです
若葉によるクコ茶は、高血圧症,動脈硬化に高価があるようです
また、果実には、ビタミンB1,B2,Cの他に、ルチン,ベタインが豊富に含まれており
ルチンは、血管を強化する作用があり、高血圧,頭痛,肩こりに効果があるとされています
また、ベタインは消化を促進して、肝臓に脂肪が溜まるのを抑える働きをもち
血液を酸性からアルカリ性に変える働きがあるので、特に疲労回復に効果があるそうです
花言葉:誠実


01N180905クコ東06縮小

02N180905クコ東07縮小

03N180905クコ東01縮小

04N180905クコ東02縮小

05N180905クコ東10縮小

06N180905クコ東13縮小

07N180905クコ東12縮小

08N180905クコ東14縮小

撮影場所:皇居東御苑


毒性の強い センニンソウ

原産地は日本,中国で、キンポウゲ科
日本各地に分布し、日当りの良い山野に多く見られるツル性植物であり
花の直径は2~3cmで、4枚の花弁のように見えるものは萼で、花弁はない
果実には白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てたことからこの名が付けられました
有毒なので、注意を要します
花は沢山集まって咲き、遠くからもセンニンソウであることがよくわかる
綺麗な真っ白な4弁花で、とても良い香り
根を乾燥したものは、和威霊仙(わいれいせん)という生薬になります
生薬といってもとても毒性が強く、個人では絶対に飲用しないようにしましょう
葉や茎の汁液は刺激作用が強いので、要注意です
治癒しにくい毒性なので、肌の弱い人は特に注意が必要です
これを口に入れると自然に歯が抜けるといわれ、"ハボロン"とも呼ばれています


01N180905センニンソウ東10縮小

02N180905センニンソウ東13縮小

03N180905センニンソウ東01縮小

04N180905センニンソウ東03縮小

05N180905センニンソウ東04縮小

06N180905センニンソウ東09縮小

07N180905センニンソウ東02縮小

08N180905センニンソウ東16縮小

撮影場所:皇居東御苑


プロフィール

ジジフク

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
タグクラウド
  • ライブドアブログ