2008年02月06日

ゲームの話をしよう

リンク紹介2回目はStudioGIWの応援団長ことWisderさんの
『Wisder(ウィスダー)のオススメゲームで脳トレ』です。

事の始まりはVectorでフリーゲームのシミュレーションを探していたときです。
おすすめの作品としてVAZIAL SAGAが紹介されていたので、軽い気持ちで
StudioGIWのサイトへジャンプしました。
公式サイトの作品紹介には、『公式サイトよりも詳しい記事はこちら』と
リンクされています。「なんだそれは?」と辿り着いたのがWisderさんのサイト
でした。

ゲーム内容の概説や他のSLGと比較したVASIAL SAGAの魅力などが、過不足なく
書かれています。これだけでも模範的な作品紹介ですが、続くプレーリポートが
購入を決意させるダメ押しのホームランになりました。

とくに外交戦略に失敗し窮地を招いてしまったのを、徐々に挽回してゆく展開は
一緒にプレイしているような錯覚に陥ります。相当な文章量の記事でしたが
わくわくしながら一気に読了したのをよく覚えています。

はじめてのダウンロードによるゲーム購入で不安もありました。
しかし、Wisderさんに背中を押されるようにウェブマネーでの支払いを終え、
予感どおりにはまって、はじめてのブログまで立ち上げ、今この記事を書いて
います。

Wisderさんのサイトは、自分が気に入ったゲームを紹介するサイトです。
ひとつひとつ、自らきっちりプレイして感じたことをリポートしています。
新作もコンスタントにプレイされてますが、今となっては懐かしい作品について
ダウンロード再販などの機会にあわせ、長いゲーム好きとしての履歴書を振り返り
ながら思い出を交えつつ書かれた記事が、個人的には大好きです。
古い写真を撫でるように綴られているレビューからは、
「この人も、本当にゲームが好きなんだなぁ」
という同じゲーム愛好者として共鳴する暖かい波動が感じられます。

そんな魅了的な紹介記事の中でも、とりわけStudioGIW作品を一押しと
されています。
StudioGIW作品について書かれたブログを辿っていくと、イチローの打率並みに
Wisderさんがコメントしているのを発見します。
StudioGIWに新しい動きがあれば、間髪いれずWisderさんのサイトでより詳細な
記事が掲載されます。
どうして、ここまでできるのでしょうか。

Wisderさんは、自分好みのゲームを作り出すSekiyaさんのゲームクリエイターと
しての才能に期待して、記事による援護射撃を自ら買って出ているんだと
勝手に想像しています。
「きっと、俺を夢中にさせるゲームを作ってくれるはず」
ゲーマーの見果てぬ夢を重ねながら、エールを送り続けているんじゃない
でしょうか。


ゲームに人生を狂わされた、だけどこれはこれで悪くなかったと秘かに胸を
張っている幸せな重症患者の方なら、過去のプレイ履歴を掘り起こされて
頬がゆるむこと請け合いです。なお、購買意欲をくすぐられて財布のひもも
ゆるんで困るという苦情には、当方では一切関知いたしません。

Wisder(ウィスダー)のオススメゲームで脳トレ

kuro5963 at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!リンク紹介 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔