2008年02月08日

人は石垣 人は城

ム「さすがは武田信玄さん、イイこといいますねー」
ミ「まるで隣の家のおじさんを呼ぶように。タイトルのことか?」
ム「攻めるも守るも、人が大切ってことですよね」
ミ「当たらずとも遠からずというところかな」
ム「ゴールを守るなら石垣くんの顔面ブロック、
ゴールを決めるのは城選手のシュートに限るってね♪」
ミ「石垣くんって誰だよっ、ソレ石崎くんじゃねーの?
ついでに言っちゃうけど、肝心なところで城選手がシュート決めたの見たことない
ですからっ!」
ム「…………ミル様、大丈夫ですか?有り得ない口調になってますよ」
ミ「…………誰かが私の口を使って、秘かに思っていたことをぶちまけたようだな」

ム「すっきりしたところで、我が軍にも優秀な部将たちがずいぶん集まりましたね」
ミ「釈然としないが、雇用枠の20人にもうじき届きそうだな」
ム「最大20人は少ないんじゃないですか?武将リストが尻上がりに厚くなる
ゲームも珍しくないのに」
ミ「その充実した武将たちのなかで、実際の戦闘や計略に活躍できているものは
果たして何人いるんだろうか」
ム「実際はパラメータのよい武将をこき使うだけで、涙を呑んで帰順したものの
一度も戦場に立てないままいつの間にか寿命で死んでしまう武将も多いんですよね……」
ミ「それなら把握しやすい20人という枠のなかで、最大限能力を発揮させ
必要でなくなったなら丁重に(才能遺伝子は抽出して)召し放つ方式は
部将にとって、いっそ幸せなんじゃないだろうか」
ム「輝ける場所を与えられないまま、コレクションの一コマになるよりも、
プレイヤーの記憶に少しでも残る役を演じたいと願ってるはずですよ、きっと」
ミ「ワンクリックで全体を見渡して各部将に仕事を割り振れるのも、ストレスの
少ないプレイのためには重要だ。ここらへんの配慮に欠ける作品が、何故かシミュ
レーションゲームに多いな」
ム「頭を使うゲームこそ、手を使わないで遊べる工夫が必要だと思うんですよねー」


ジャイアン理論







ミ「というわけで、才能をもたない部将は野に放ち、能力が目劣りする部将は
遺伝子だけキッチリ取り上げてリストラしてみた」
ム「血も涙もない人材活用ですねー。信玄さんは草葉の陰で泣いてますよ」

ミ「統率と戦術に優れたものは情報収集を担当し
内政に秀でたものは愚民教育と領地開墾に勤しむ。
陣形と装備の研究にもそれぞれ2人ほど割り当てるのを怠らない。

遺伝子交配は神王ばかりで相手が見つからない事態を避け、意図的に男女ペアを
同一国に集める。
資金に余裕があるのなら、成長促進剤を投入し世代交代を早める。
放浪部将と成人する子孫部将の受け入れを見越しながら、帷幕を強化するため
一手先の解雇を断行してゆく。

人は石垣、人は城。

生ぬるい温情で部下を抱え込み、新しい力に活躍の場を与えられない優しさ
溢れる仲間意識より、
いつ首をきられてもおかしくない緊張のなか、懸命に働く同志だけに生まれる
厳しさが支える結束こそ、
国を守り抜くゆるぎない石垣、巍然たる城。

……戦国最強と謳われた男も、こう言いたかったのではないだろうか」


交配は後背地で







ム「行数を使ってカッコよくきめましたね。
だけど、ソール・フラート様の『組換』による『食物進化』だけで内政は充分なのに
ちゃっかりミル様も『領地開墾』してるのはどーしてなんですかっ」
ミ「土をいじっていないと、落ち着かないのだよ。趣味と実益を兼ねたすばら……」
ム「今夜はここまで!
信玄さん、このアフロふぁーまーに天罰をおとしちゃってください!!」


趣味:家庭菜園





kuro5963 at 21:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!VAZIAL SAGA 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔