2008年02月10日

愉しみ方は、ひとつじゃない

リンク紹介3回目の今夜は、現在進行形で公式ランキングを更新し続けている
fightingman19さんが管理人を務める『気に入り屋』です。

ドラゴンクエストの低レベルクリアーや、バイオハザードのノーダメージ
豆腐プレー、FFシリーズのアイテムやマテリアを使用しない縛り満載クリアー……
ゲーム雑誌に投稿されている記事や、攻略サイトのレポートを読んでいると、
「こんな愉しみ方もできるんだなぁ」
と感嘆の溜息がつい漏れてしまいます。
自らに枷をはめ、それを外すため徹底的にゲームの構成要素を分解し、解釈し、
翻訳して、頭脳と技術とすこしの幸運を信じてあるかなきかの可能性に挑む
限界ぎりぎりのマゾプレー。
普通じゃないけれど、だからこその突破する歓びがあるんでしょうね。

私自身のゲームプレーへの縛りともいえない心積もりを挙げてみれば
1、作品の世界に素直に入り込んでひねくれた寄り道はせず
2、ファーストプレイは予備知識を仕入れない真っ白な状態からクリアを目指し、
3、セーブ&ロードには極力頼らず失敗をも愉しんでいく

こんなところです。
ゲームの製作者が進んでほしいだろうルートを選んで、迎えてほしいだろう
エンディングに向かって歩いていくタイプのプレイヤーです。
なんでそうするかといえば、
メインルートを歩いたほうが作り手の伝えたいだろう何かに、辿り着きやすいと
思っているから、でしょうか。

だとすると、制限プレーやランキングへの挑戦などは、もっとも対極にある遊び方
かもしれません。だけど、そういったプレイを見たり読んだりするのは大好きなのです。どうやっても倒せそうにないボスキャラを、思いもよらない戦い方でねじ伏せ
たり、人間業と思えない操作で敵の攻撃を紙一重ですり抜けたり。
整えられた舗道を歩くだけじゃ見えない風景を見せてくれるから、想定を外れた
場所で見い出される花の鮮やかさを教えてくれるから。

気に入り屋のVAZIALSAGA攻略記は、そんな驚きと愉しさに満ちています。
現在三本のリポートが掲載されていますが、白眉は最新作である知龍シュンケイの
最小戦死者数を目指すプレーでしょう。
詳しくは是非リンク先へ飛んでみてください。

序盤の不可解な行動が、終盤周到な布石として一手ずつ機能してゆくさまは
オセロの逆転ゲームを見るようで胸がすく思いでした。
プレーそのものがすこぶる戦略的で、長くほったらかしていたこのサイトを
再び更新する引き金にもなってくれました。
「俺もこのまま放置してちゃいけないなぁ。
せめてひとつだけでもプレイリポート、完結させなきゃ……」
頑張ります、知龍シュンケイの采配には遠く及ばないドタバタ世界征服記です
けれど。


攻略記事、とりわけ制限プレーに挑むとき鍵になるのは、障害を突破するための
アイデアを捕まえられるか否かでしょう。
製作者をもうならせる(実際公式サイトでSekiyaさんが兜を脱いでました)手口で、
今度はどんな金庫を破ってみせるのか。期待しています。

気に入り屋




<追伸>

と書き込むうちに、第4弾の攻略記が始まりました。
今回は最小兵力でのクリアを目指すようです。
初回から盲点を突いたアイデアが盛り込まれていて、興味は尽きません。


休日にまとめ書きして、予約投稿しているため
タイムラグがでました。
今日は、積もった雪を蕩かすような日差しが暖かい2月11日、
祝日の月曜日です。


kuro5963 at 21:00│Comments(2)TrackBack(0)clip!リンク紹介 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by fightingman19   2008年02月11日 13:48
5 わあああああぁ!?(←取り乱しすぎ)

こ、こんな風に紹介していただけるとは
嬉しい限りですっ。
確かにVAZIALSAGAっていろんな愉しみ方が
ありますよね♪
こういう「飽き」がこないゲームって大好きです。


「限界ぎりぎりのマゾプレー」が
ぴったりすぎる表現でこわい(笑)


第4弾の攻略記ではミル様が結構活躍しますよ〜
終盤で「〜ミル様世界一周〜」の回とかが
あったりするかもしれません

お互い頑張ってプレイリポート完結させましょう。

2. Posted by くろ   2008年02月13日 03:29
>「限界ぎりぎりのマゾプレー」が
>ぴったりすぎる表現でこわい(笑)
それを楽しそうにされているのが、魅力の
ひとつだと思いますよ。

>第4弾の攻略記ではミル様が結構活躍しますよ〜
>終盤で「〜ミル様世界一周〜」の回とかが
>あったりするかもしれません
世界一周というのが、気になりますね。
何をやらかしてくれるのかな?

>お互い頑張ってプレイリポート完結させましょ
>う。
了解です!

>「飽き」がこないゲームって大好きです。
VAZIALSAGAとかけまして、京核国と解く。
そのこころは、
どちらも『あきない』
……おあとがよろしいようでっ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔