『歌いました』の作り方

600c335b.jpg


自分の健忘録を兼ねて。





1)まずニコニコ動画にアクセス。歌いたい歌のカラオケ動画を探す。
  ブラウザはFireFox。

2)上手にダウンロード。使うツールはTAGIRI。FastVideoDownloadと
  YoutubeEncoderも使ってみたけどうまくいかないこと多すぎで。

3)ここまではWindowsXPの自作DOS/V機で作業。ここから先はTiger
  搭載のMacBookに移行。落とした動画をUSBメモリ等でMacに移す。

4)動画をMacに移したらQuickTimePlayerで開く。QuickTimePlayer
  はデフォルトではFLV動画は再生できないので、予めPerian 0.5
  (QuickTime用プラグイン)をどこからかDLしてきてインストール
  しておく。(ただし、Tiger(MacOS10.4)より古いOSのMacの場合、
  このプラグインは正常に動作しないという報告も…。

5)開いた動画をQuickTime形式(.mov)にエクスポート(出力)。
  こうしないとGarageBandが動画を表示してくれない。(カラオケ
  なので字幕が動画で見られないと死活問題です(^_^;)

6)GarageBandを新規書類で起ち上げて、開いた作業領域のどこでも
  いいから出力したQuickTimeムービーをドラッグ&ドロップ。

7)ガンガン歌って録音する。

8)完成したらGarageBandのメニューバーから共有→ディスクに保存
  で、自動的にQuickTimeムービーとして出力される。

9)これをUSBメモリか何かで再びDOS/V機に移す。

10)移した動画をWindows版のQuickTimeで開く。

11)ファイル→エクスポートで、ファイル形式を変更する。
  選ぶのは「ムービーからMPEG-4」。オプションでパラメーターを
  変更する。現在は以下のとおり。(そのうち色々変えてテスト)

   ファイルフォーマット:MP4
   ビデオフォーマット :H.264
   データレイト    :428 キロビット/秒
   最適化       :ダウンロード
   イメージサイズ   :640×480(VGA)
             (アスペクト比はノーチェックで)
   フレームレート   :30
   キーフレーム    :30

  ※2分ちょっとの曲なら、ビデオフォーマットは「そのまま」を
   選ぶと非常に綺麗な動画になるけど、3分を越えるとニコ動に
   アップした際にサイズオーバーで弾かれる。少しでも綺麗な
   状態で上げようと思ったので、データレイトを上げてフレーム
   を30に固定(ビデオは1秒30コマのはずなので)したけど…、
   これはあまり意味がないかもと思い始めてる今日この頃。

12)保存開始。所要時間は4分ほどの動画で3分弱。コーヒーを
  作って飲み始めるのに丁度良いくらい。

13)自重の二文字をかなぐり捨ててニコ動にうp。



以上です。
ここまでQuickTimePlayerの課金以外、ソフト代は一円も使ってません。
便利な世の中になったものです。
ファイル変換にQuickTimeが大活躍な件ですが、他のフリーソフトも
色々試したんですけど、使い方がよくわからなかったり、そもそも
英語仕様だったり(>_<)変換できたけどGarageBandで展開できなかったり
と、結構めんどくさかったんですよ。
それにQuickTimePlayerは動画の要らない部分(歌が終わった後の余分
な長さとか)は簡単にカットできるし(細かい作業は不可)、案外便利
でした。

他に「もっと楽な方法があるのに」という方がいらしたら、ぜひ教えて
ください(^_^)

Comment List

1.神待ち2011年07月07日 12:39
神待ち少女が集まる神待ち掲示板で可哀想な少女たちを一晩泊めてあげましょう。きっとえっちな恩返しをしてくれるハズ!

Comment

Name
mail
URL
 
 
 
 

Trackback URL

Trackback List

1.タッチスクリーンのMacが登場?2008年07月13日 22:07
アップルが、タッチスクリーン操作の特許を出願していたことをAppleInsiderが報じました。 iPhoneのようにタッチで操作するMacが発売されるかも?
[ Mac iNformer ]
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ