蟲部屋

主に虫の飼育記録を綴ります。 アニメ関係の話題はこちら:https://twitter.com/#!/megu_x_ginsama

前回の続きから

4月26日の探索の続きいきます。続きを読む

4月26日の散策

気が付いたら6月、梅雨入りですか。
仕事やら何やらでバタバタして、気持ちが落ち着かないと
一向に日記が書けません。
4月の最後の散策では、なかなか面白い写真が撮れたのですが
写真に添える文を書くって意外と集中力がいるんだよなあ。
文章を書くことに慣れてしまえばいいんですがね。

では、写真を紹介していくとしましょう。
続きを読む

4月25日の自然観察

久しぶりに母校へ行って、キャンパスを彷徨ってました。
今は所詮、部外者なので、あまり深入りはしませんでしたが。
舗装された道の上での昆虫探しとはいえ、キャンパス内には
そこそこの自然があるので、見ていて楽しい。

RIMG0012
RIMG0017
RIMG0014
RIMG0018
まずは、オオワラジカイガラムシ。
今回は雄と雌、両方撮ることができた。
とても同じ種の虫とは思えない、この姿。

それにしても、どうにもピンボケ写真が多くて困る。
この日は雄と雌、1枚ずつしかきれいに撮れなかった。
あと、指が入ってるのは大きさ比較のため。

RIMG0021
RIMG0024
次、オビカレハのような幼虫の群れ。
木はサクラだったと思う。春に咲いていたような……
しっかり確認しておけば良かった。
樹皮を見て樹種がわかればいいんだが。
まあ、オビカレハじゃないかなあ。
頭をブンブン振り回す個体がいるのは何だろう。
威嚇としての効果はあると思うが、何に対して……?
また調べてみよう。

本日はここまで。
26日の散策はまた次の更新で紹介します。

自然観察

先週は、市内の緑地公園へ散歩に行ってきました。

採集目的ではなく、撮影のみです。
撮った写真のほとんどがオオワラジカイガラムシで、
まだ虫の種類はそこまで多くない様子。
探せば色々居るとは思いますが。
公園内だと他人とすれ違うことも何度かあったので
あまり地面に這いつくばって虫を探したりがしにくいのが問題。
1時間半くらい歩いて、7、8組くらいの人とすれ違ったかな。

では、以下写真。続きを読む

ハエトリとカツオ

お久しぶりです。
ついに3月突入にして、今年2回目の更新。

少し前に部屋の中でハエトリグモを発見。
いつも見るアダンソンハエトリとは明らかに別物だったので
図鑑で調べてみたところ、どうやらネコハエトリの模様。
屋内性のクモではないので、迷い込んで部屋に来ただけだろう。
とはいえ、この時期に野外に放り出すのも気が引けるので
とりあえず捕獲、カツオブシムシの幼虫で餌付け中。

ちなみにヒメマル成虫も与えてみましたが、
あの硬い装甲に対しては歯が立たなかった様子。
アダンソンやミスジよりやや体長の大きいネコハエトリなら
ヒメマル成虫も捕食できるかと思ったが、そうもいかず。
ネットで探してみると、ハエトリがカツオ成虫を捕食してる
事例が見つかるんだけど、狩りの上手い下手とかあるんかね。
噛みつく場所によって違った結果になるかもしれないけど、
2、3回失敗するともう捕食しに行かなくなってしまう。
難しいものだ。

以下、画像あり。続きを読む

新年

あけましておめでとうございます。
今年はもう少し記事を書いていこうと思います。

仕事を始めてからというのも、家に居る間は
どうにも無気力になってしまうことが多く
ブログの更新にまで気力が回らない状態でした。
虫の飼育もほとんど続いていないので
今後は外で撮ってきた写真等を更新の時に
載せていければと思います。
自然物を撮るのは結構好きなので。

休日を活用して自然の中を歩き回るのも楽しそうです。

ブログは「誰かに見てもらう」という理由がないと
なかなか書けないものです。
今は人との繋がりも薄く、他人を意識した行動を
取ることも少ないです。
また色々と人と会うように努力もしていこう。

仕事もなかなか苦労が絶えない状況ですが
今の職場もあと1年で異動になりそうなので
それまでめげずに頑張っていこうと思います。

では、また。

ミルワーム経過

昨日からミルワームが蛹になり始めました。

飼い方を色々検討中。
買ってから最初の1週間はパン粉をケースに敷き詰め
上に野菜くずを置いておくという飼い方をした。
去年もそうだったが、パン粉が湿りカビ臭くなるので
その度に虫を取り出してパン粉を入れ替えないといけない。
そこで、
(1)乾燥した餌だけで育てる
(2)餌を兼ねた床材を使わず、野菜くず等で育てる
それぞれでどの飼い方が良いか調査したい。
評価ポイントは生存率と省力性、衛生的かどうか。

ちなみに去年も同じことをやってみたが、
(1)はたまに真っ直ぐ伸びて死んでいるのがいた
(2)は床材に紙を使ったが、結局カビが生えた
という印象。状況はあまり記録していない。
ちなみに餌は(1)がパン粉、全粒粉、鈴虫の餌(粉末)。
(2)は野菜くずと、確か乾燥サクラエビ。
(2)では水分を含む餌を与えた結果、虫のフンも湿り
パン粉ほどではないが飼育ケースが汚れやすかった。
詳しくは調べていないから、生存率に差があったのか
どうかわからないのが残念。
去年は暑さか酸欠のどちらかで全滅させてしまったので
今年は十分に気を付けるようにしよう。
あとこまめに記録取ろう。

ちなみに今も(1)と(2)の方法で分けて飼っているのだが
分けてから2日ほどで餌を食べなくなり、そこから2日後で
現在に至るという状況。
(1)の床材にはパン粉、小麦麦芽、乾燥エビを使用。

このまま羽化を待って、次の世代で色々試すとしよう。

コオロギ購入

ヨーロッパイエコオロギに続き、フタホシコオロギも購入。
飼育には土を使わない方法にした。

始め、飼育ケースの底には使用済みのプリント用紙を
敷いて飼育していたが、この方法だとケースと用紙の
間に虫が入って出られなくなることがわかり、中止。
ケースの底にはティッシュを敷くことにした。
出られなくなったイエコが4頭犠牲に。
フタホシは生きているうちに気が付いて救出。


昨日、部屋の中で体長5个曚匹離▲轡瀬グモを発見。
今日はどこにいるだろうと思って探してみたら、
なんと飼育ケースの中にいた。
飼育ケースの蓋の目は2个發覆気修Δ世、よく入れたものだ。
ちなみに入られたのはジャイアントミルワームのケース。
5个離モには絶対に勝てない相手。
明日には別のケースに移動しているかもしれない。
食われなくない虫のケースには小バエ除けシートでもはさんでおくか。


あと、見える範囲で紙魚の数を数えてみたら、
成虫8頭、幼虫15頭だった。
隠れている分を含めたら25〜30頭くらいか。
あまり増えてはいないが、まあいいか。
飼育ケース内にチャタテムシが少し湧いていたので
今度暇のあるときに掃除をしよう。


ではまた。

生存報告

どうも、元気です。
家のことも仕事のことも色々と片付いたので
久しぶりに昆虫飼育を再開しました。

とりあえず手始めに、虫かごを用意。
近所の熱帯魚、爬虫類の専門店に行って
平たく使いやすそうな飼育ケースを2個調達してきた。
大きさは底面が16僉27僉蓋が20僉30僉
高さが15僂靴なくて、積み重ねるとちょうど良さそう。
また、時間があったら買って来よう。
現在は1個を蜘蛛餌用のコオロギ(イエコ)に利用。

あとは100円ショップ(?)で300円の虫かごを2個。
ごくオーソドックスな中型のケース。
1個は台所で捕獲したワラジムシ3頭の飼育に利用。
もうひとつでダンゴムシでも買おうかと計画中。

他、飼育ケース代わりにタッパーを3個購入。
2個をミルワーム、ジャイアントミルワームの飼育に利用。

紙魚は全然世話をしていなかったが、数は増えている模様。
できれば今日、飼育ケースを開けて数を数えてみる予定だったが
別のことをしていたら時間がなくなってしまった。
また近いうちに様子を見てみようと思う。

生存確認

またしてもブログを長期間放置してしまった。

なかなか家に居るときに、頭を使うことをする気力が無いという……
一度家に帰るとスイッチが完全にオフになる、酷い有様でして。

とりあえず、5月はちょっとした旅行で白川郷まで行ってきました。
2か月間、デジカメの中で眠っていた写真を引っ張り出してきました。

以下、写真。続きを読む
livedoor プロフィール
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ