2008年7月16日探訪。

昭和3~9年に行われた児玉町水道施設工事の一環で昭和6年に建設された、
コンクリート造り、外装モルタル塗りの配水塔。
昭和29年~30年に行われた第二次水道拡張工事により廃止になった。

現在は国の登録有形文化財に指定されている。


役目を終えて静かに佇む配水塔。
IMGP10442+


シンプルで簡潔なデザイン。
IMGP10512+


一番上に『水』の字を図案化した窓。
IMGP10571+


残念ながらドアは固く閉ざされており、内部を見る事はできない。
IMGP10561+


後姿はちょっと卑猥なモノを感じさせるw
IMGP10381+