2009年3月21日、2010年11月3日探訪。

鹿島海軍航空隊の司令部のあった庁舎。
戦後の昭和21年から東京医科歯科大学霞ヶ浦分院として、平成7年3月まで運営されていたようだ。

※2014年現在、建物は完全封鎖され機械警備が入っています。


建物外観。
IMG_18721+



IMG_08311+


裏側を撮ってる人は意外と少ないと思う。
IMG_319311+


何故なら、冬場でも藪が酷くて、ちょっとやそっとでは近づけないからだw
IMG_31951+


1階部分は板で目張りがしてある。
IMG_31841+


内部に潜入。
1階部分はとにかく暗い。玄関先から右側部分に受付のようなカウンターがある。
IMG_18211+


1階部分廊下。
左右にいくつか部屋があるが、いずれもがらんどう。
IMG_171412+


↑画像の一番奥の部屋。真っ暗で何も見えない。
フラッシュを焚いて撮ったら、こんな感じだった。
IMG_32031+


1階は暗くて怖いから、早く陽が差す2階へ行こうw
s-IMG_18341


落書きがなければ、非常に見所のある景色だ。
IMG_17421+


IMG_18381+


如何にも昭和初期の建物といった廊下。
IMG_17322+


一番端の部屋。とにかく鳥糞が尋常じゃない。
IMG_17591+


IMG_17611+


ムスカ様。
IMG_17501+


手洗い場だろうか?
IMG_17401+


階段から右奥の部屋は他と毛色が違う。
IMG_17241+



恐らくここがトップの部屋、若しくは院長の部屋だったのだろう。
IMG_17311+



IMG_17291+



3階&屋上へ行く小さな階段がある。
IMG_18181+


結構狭い。
IMG_18131+


階段上。
IMG_17931+


奥の部屋。
IMG_17801+


窓と蔦の緑の葉のコンビネーションが素晴らしい。
IMG_178212+


外へ出てみた。
IMG_18011+


錆び付いたドア。
IMG_17971+


紅葉まで少し早かったか。
IMG_18111+



IMG_18021+


遠くにボイラー棟と煙突が見える。その奥に広がる霞ヶ浦。
IMG_18091+