2009年9月28日探訪

明治9年創立、昭和49年閉校。
現在残る校舎は昭和29年に改築されたもの。

※2013年4月頃解体されました。

集落の中心道から100mほど坂道を登ると、記念の石碑が迎えてくれる。
s-IMG_5146



校舎全景。
s-IMG_5076



入口。
s-IMG_5079



教室の見取り図。せんせいのおうちは既に無かった。
s-IMG_5138



入口の正面にはカオスなトイレ。
s-IMG_5137



そこから左にはいい雰囲気の廊下。
s-IMG_5124



3つの教室がぶち抜かれて1部屋になっている。
閉校後僅かの間養蚕の施設に使われていたようだ。
s-IMG_5141



1・2年教室。
s-IMG_5086



100まで書かれた数字表。
s-IMG_5087



粘土の作品が残されていた。
s-IMG_5088



窓の外には緑が広がる。
s-IMG_5130




s-IMG_5103



3・4年教室。
特に残存物は無かった。
s-IMG_5111



せんせいのへやには囲炉裏の跡が。
s-IMG_5128


はじめての木造校舎探索。小規模ながらいい雰囲気だった。