2017年8月21日探訪。

明治20年頃この地でコレラが流行し、その対策用に建てられた避病院。
明治末期に開業したようだ。

開業した医師は昭和5年頃まで診察していたが、何らかの理由でこの地を去り、
その後は巡回の医師が交代で患者を診ていたようだ。

昭和30年半ば頃に診療所としての役目を終え、
繊維工場として2004年まで稼動し廃墟となった。


建物外観。
この外観に惹かれて行くのを楽しみにしていたのだが、夏草で全然見えん。
IMG_2432



IMG_2407



リフォームすればカフェや雑貨屋にでも使えそうな素敵な外観。
IMG_2411



裏口付近。
IMG_2448



裏口から中に入ってみた。
IMG_2326



奥から。
IMG_2341



右側は休憩室のような場所。
IMG_2322



茶碗や茶筒が置いてある。
IMG_2316



ストーブ。
IMG_2321



廊下の奥には繊維工場時代の倉庫のような場所。
IMG_2334



IMG_2338



廊下を左に向かうと広い部屋が見えてきた。

IMG_2329



工場跡だろう。
残念ながら医院時代の痕跡は全く無い。
IMG_2358



水場。
蔦に覆われているせいか差し込む光が綺麗。
IMG_2361



正規の入口は中から閉じられている。
IMG_2363



この辺りまで稼動していた様だ。
IMG_2366



逆から。
IMG_2373



奥には事務室の様な場所。
IMG_2384



光が入らず薄暗い廊下。
IMG_2404



右側には当直部屋だろうか、和室があった。
IMG_2392



炊事場。
IMG_2398



風呂もあった。
IMG_2394