2016年07月27日

絵手紙シリーズ        南国の代表花 ハイビスカス

          南国の花ハイビスカスキャプチャ
 
  鉢植えのハイビスカスの花を購入してきました。

ハイビスカスの原産地は、インド洋や太平洋の島々。
 沖縄では、ハイビスカスは市花に制定されている馴染み深いお花、
民家の庭や畑けなどの防風林でよく見かけるそうです。

P1010049P1010048P1010050

14

kurochann1 at 19:13|PermalinkComments(11)

2016年06月07日

絵手紙シリーズ        孟宗竹&淡竹

   
 孟宗竹の原産地は、中国江南地方。日本には、諸説あるが孟宗竹が全国にひろまった
のは1746年薩摩藩による移入によると考えられています。
 淡竹(ハチク)も中国原産の竹の一種、日本の各地で植栽され、茶道具や花器のほか
竹箒などに利用されています。
タケノコは、5月頃農家の出店などで出回ります。この筍はアク抜きの必要がないので
よく利用します。
  
                孟宗竹                       淡竹
タケノコimg4132ハチクキャプチャ

                                         ハチク(淡竹)
            1ハチクDSCF2997 (3) 2ハチクSCF2999
  
            14

    

kurochann1 at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月24日

春の花シリーズ2       藤の花

鉢植えの藤の花(ムラサキカピタン)が咲いて見頃になりました。 

  
 江南市曼荼羅寺ふじまつりが開催(4/21〜5/5)されています。興味のある方は
お出かけください
     開花状況 はこちらから (江南市観光協会HPより)
      http://www.konan-kankou.jp/fujimatsuri/?page_id=5

1藤の花DSCF2879-crop-crop







kurochann1 at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月20日

春の花シリーズ1         ネモフィラ

 花フェスタ記念公園恒例の「春の感謝デー(入園無料4/16.4/17)」が開催.されました。
4/17の午前中は悪天候であったが昼過ぎに天候が回復したので記念公園に行く。
園内の円形花壇には可憐なネモフィラの青い花が一面に咲き競っていました。
<基本情報>
学名:Nemophila  
和名:ルリカラクサ(瑠璃唐草 科名 / 属名:ムラサキ科 / ルリカラクサ属(ネモフィラ属
一年草、原産地;北アメリカ西部
 

1DSCF28772DSCF2875

3DSCF28694DSCF2874

5DSCF28716DSCF2872

7DSCF2873

14







kurochann1 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月18日

絵手紙シリーズ        日本スイセン

  日本スイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の多年草(球根植物)。
早春に芳香のある白色の花を横向きに数個咲かせます。
この花には種子ができないので増殖は株分けにより行います。
                           
Aスイセンキャプチャ




kurochann1 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月14日

絵手紙シリーズ        ロウバイ(蝋梅)

    ロウバイは、中国原産の落葉低木で、日本には17世紀ごろ
(江戸時代初期)に渡来したそうです。

 花の時期は、真冬に黄金色の花を咲かせます。
花びらと芳香が好まれ、庭木や生け花として利用されています

ロウバイキャプチャ


kurochann1 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月20日

絵手紙シリーズ        大椿


 大椿が咲いてきました。
椿は,ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
椿の種類は数多くあって、品種名を探すことは容易ではありません。
国内産の品種は,約1,000種ほどあるそうです。
 花のサイズによる目安
(引用先:Wikipedia)

  極大輪  13cm以上

  大輪    10-12cm

     中輪         7-9cm

大椿キャプチャ
      
      大椿 花形:八重咲き                        
 P1010001P1010003
                                     




kurochann1 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月17日

絵手紙シリーズ        温州みかん

 温州みかんがスーパや八百屋などで出回っています。

 温州みかんの生産量は、和歌山県と愛媛県が特に多く続いて静岡県です。
その効能は、周知のとおり肌荒れや風邪の予防、便秘改善、高血圧や
動脈硬化などを予防できます。


絵手紙温習みかん


kurochann1 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月19日

絵手紙シリーズ        秋の味覚・栗

 クリは、ブナ科クリ属の落葉樹。
 9月〜10月にかけ、実が熟成するとイガが裂開して中から果実が1,3個現れます。
イガが自然に落下したら栗の実を取り出し収穫します。
 くりの品種は40種ほどありますが多く作られている品種は、
筑波、丹沢、銀寄せ、利平などです。
 

1絵手紙くりキャプチャ






kurochann1 at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月26日

絵手紙シリーズ        秋の味覚・あけび

  アケビは、つる性の落葉植物で雑木林などに自生しています。
10月頃になると卵形の細長い果実が熟し、表皮がパックリと開く。
半透明のゼリ-状の果肉があらわれたら果肉を取り出しそのまま生食で食べます。
小さな種子は、スイカの種と同様、食べないで吐き出してください。

 アケビには葉っぱが3枚のもの(三葉アケビ)と5枚のもの(五葉アケビ)があります      1絵手紙あけびiキャプチャ

      アケビが熟し、果肉(ゼリー状)が食べれます。
3-あけびiキャプチャ



kurochann1 at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)