2008年01月

2008年01月31日

絵手紙シリーズ      ,気兇─ ´⊇刀魚

 ヽ┝蟷罅 ―作・さざえ(栄螺)
1-絵手紙 さざえ.JPG
 魚屋さんで「サザエ」を見かけましたので絵手紙のモチーフ用に2個(200円)買う。「アワビ」もありましたが高価なので手がでませんでした。
 定番はつぼ焼きですが刺身もいいですね。


  サザエには、タウリンやカリウムが多く含まれ、ナトリウムの排泄作用もあるので血圧の上昇を抑えてくれます。サザエご飯もおすすめです。

          絵手紙 習作・ さんま(秋刀魚)
2−絵手紙秋刀魚.JPG3−絵手紙秋刀魚.JPG
秋刀魚の干物、これは熊野市遊木町の知人からのいただいたものです。
 秋刀魚の丸干しは、遊木港で水揚げされ、現地で加工されたものが一番おいしいですね。オススメの海産物です。一度お試しあれ!




kurochann1 at 21:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年01月28日

◆ヽ┝蟷罐轡蝓璽此     ´ヾ海軍繊´△佑海笋覆

                 ヽ┝蟷罅 ―作・干し柿
1−干し柿.JPG2ー干し柿.JPG3ー市田柿.jpg






 干し柿は、自分で作ったことはありませんが冬のお茶菓子に最適ですね。
柿は、干し柿にするとビタミンCはなくなりますがビタミンAが増えるそうです。食物繊維も豊富にあるとか。
一日に2個まで、それ以上はタンニンの作用で鉄分の吸収を妨げるのおすすめできません。何事もほどほどがよいですね。
 干し柿の最高級品は、堂上蜂屋柿です。詳しくは
思い草さんのブログをご覧ください。堂上蜂屋柿は一個千円からあり、一箱(10個入り)です。お歳暮の贈答用で引っ張りだこだそうですよ。

        絵手紙  習作・ネコヤナギ(猫柳)
5-絵手紙ねこやなぎー.jpg6−ねこ柳.JPG ネコヤナギは、別名「狗尾柳」(えのころやなぎ)。        ヤナギ科の落葉樹で各地の川沿いに生えている。早春に葉に先立って、密生した絹状の毛に覆われた花穂つける。花期は3~4月。名の由来は猫のしっぽに見立てて名付けられたそうな。 絵手紙のネコヤナギは生花用のものをモチーフにしました。


   メイン・ブログ「よろ爺の気まぐれ旅日記」はこちらからご覧ください。↓
         http://blog.livedoor.jp/kurochan117_net/ 

kurochann1 at 21:25|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年01月23日

番外編     メジロの訪問

                 |舂匹靴離瓮献
1-メジロ.JPG2−メジロ.JPG3−メジロ.JPG



 

       ◆.瓮献蹇Ε▲縫瓠璽轡腑
newimage1.gif2-mejiro newimage1.gif メジロが庭のミカンを目当てに時々やってきます。
外敵(ヒヨドリ)を警戒しながらせわしげに餌を啄ばんでいます





      メイン・ブログ「よろ爺の気まぐれ旅日記」はこちらからご覧ください。↓
         http://blog.livedoor.jp/kurochan117_net/



kurochann1 at 18:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月22日

絵手紙シリーズ  .▲献汽い療濂蝓´▲蹇璽箜

ヽ┝蟷罅―作・アジサイの冬芽
1−絵手紙 アジサイの冬芽.JPG
 絵手紙のモチーフは、身の回りにいくらでもあると先生からいわれています。春を待っている新芽も、アジサイ、牡丹、モクレンなど。モチーフは四季の花や果物・根菜類でなくともよいとか。魚貝類、花瓶、食器類、人形、動物、昆虫、人物・・・色々ありますね。

アジサイの新芽も虫眼鏡で観察すると葉脈もはっきり見られ、春の息吹を感じとることができます。

絵手紙用紙は牛乳パックの再生紙を使いました。



絵手紙 習作ローヤ(老爺)柿
2−絵手紙 ローヤ柿.JPGローヤ柿.JPG ローヤ柿は、カキノキ科の落葉高木、中国原産。品種改良が進み、新種が生まれています。
実の大きさは2cmぐらい、鑑賞用で盆栽に仕立てられますが食べられません。
 絵手紙の左上にモチーフのローヤ柿を写してあります。



kurochann1 at 16:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月15日

番外編      絵手紙 デコポン


ヽ┝蟷罅―作・デコポン
2-絵手紙デコポン.JPG 
 デコポンは、清見オレンジとポンカンを交配して育成された交雑種。外見はいびつで見た目はよくないが糖度が高く食味にも優れている人気種のミカンです。



kurochann1 at 17:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年01月12日

番外編      絵手紙 円空・護法神像

ヽ┝蟷罅―作・円空仏像(護法神像)
1-絵手紙 −円空仏像.jpg
 円空上人(1632〜1695)は、江戸時代初期の僧で美濃国(岐阜県羽島市)に生まれる。各地を行脚しながら生涯に約12万体の仏像を彫ったといわれています。

 円空仏像の魅力は、素朴で荒削りながらやさしさにあふれています。羽島市にある
中観音堂十一面観音像や長間薬師寺薬師如来像などを拝顔するとその柔和さに心打たれます。

←護法神像(長間薬師寺)は、羽島市観光協会のパンフレットに掲載されていた写真をみて絵手紙に描いてみました。いかつい顔をしていますが菩薩像などを守る守護神です。

   わが母の 命に代る 袈裟なれや
         法のみかげは 万代をへん 
(定本円空上人歌集)



kurochann1 at 15:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年01月11日

番外編      絵手紙 椿ほか

ヽ┝蟷罅―作・侘助ツバキ
1-絵手紙 椿.JPG
 ツバキの花は、絵手紙のモチーフとしてよく描かれます。ツバキは品種も色もさまざまです。ワビスケには、白ワビスケ、紅ワビスケ、太郎冠者、胡蝶ワビスケ、数奇屋ワビスケなどがあり、古くから茶花として好まれています。




絵手紙 習作・菜の花2ー絵手紙 菜の花.JPG3−菜の花.JPG      ↓素材
 
菜の花は、一般にはアブラナ(油菜)を指します。
この菜の花は、近くの菜園で見かけました。品種は”チンゲンサイ(青梗菜)”のようです。



kurochann1 at 15:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年01月10日

番外編      絵手紙 紅梅

々版澆硫竺
1-絵手紙ー紅梅.JPG
 半紙に筆で構図を描きそのあと彩色しました。
下絵の紅梅絵手紙は、細部の書き込をせず、大まかに雰囲気を出すようにしました。




絵手紙 習作・紅梅
2ー絵手紙ー紅梅ー.jpg 梅は、バラ科の落葉喬木、中国原産。日本には8世紀半ばに渡来した。花は五弁で、香りがあります。色は紅、白、薄紅で一重、八重咲きがある。
 
 梅は,花を観賞するほか果実は梅干しや梅酒などに利用します。効用としては、疲労回復、殺菌効果、整腸作用、食欲増進などがよく知られています。

       
東風(こち)吹かば にほひおこせよ
             梅の花 主なしとて 春な忘そ  (菅原道真)
 


kurochann1 at 15:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月09日

番外編      絵手紙 林檎(リンゴ)ほか

ヽ┝蟷罅―作・ヒイラギモチ     ↓素材
1-赤い実.JPG5-ヒイラギモチ.JPG葉腋に赤い実をつけたこの木は、ヒイラギモチ(流通名クリスマスホーリー)葉先に強いトゲがついています。
モチノキ科の常緑低木、原産地は中国。



             絵手紙 習作・りんご       ↓素材〔ふじ)
3−絵手紙リンゴ.JPG2ー絵手紙リンゴ.JPG4−リンゴ素材.JPG 






リンゴはバラ科の落葉果樹、ヨーロッパ中部から南東部が原産地。明治初期に渡来後、品種改良され優秀なリンゴが作出されました。
 ふじ、つがる、陽光、千秋、紅玉、世界一、祝、王林、国光、  ゴールデンデリシャス、などの品種あります。
 リンゴの果皮には様々な色が入り混ざっています。赤、紅、橙、黄、青草など・・・絵手紙を描くようになってから果物や野菜、花などのモチーフをよくみるようになりました。


kurochann1 at 12:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月07日

番外編      犬山成田山 初詣

                            仝せ垣田山 本殿
1−犬山成田山.JPG2ー犬山成田山本殿.JPG 年初めの混雑を避け、今日犬山成田山に初詣に行ってきました。参拝客はボツボツ。前年のお札と破魔矢を納め、今年一年の健康をお祈りしてきました。お札と破魔矢も新しい物を仕入れる。
 境内に四季桜が咲いていました。桜の小枝におみくじが結んでありました。
無粋なことをする人がいるものですね。

                         犬山成田山の四季櫻
3−犬山成田山の四季さくら.JPG4−四季さくら.JPG5−四季さくら.JPG

kurochann1 at 20:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)