2010年04月

2010年04月29日

絵手紙シリーズ          真ツブ貝(北海道産)

絵手紙のモチーフ・ツブ貝
2ツブ貝 002
 法螺貝に似たツブ貝は、絵手紙のモチーフ用に
魚屋さんで入手しました。
ネットでツブ貝のことを調べていたら、この貝の
唾液線に毒素(テトラミン)が含まれ、この部分を
食べると「視覚異常・めまい・吐き気などの中毒
症状を起こすことがあるので調理前に唾液線
(アブラ)を取除き十分水洗いしてください。」と
注意書きがしてありました。 

 魚屋さんでは一言も貝の毒素のことや調理時の注意について説明は
一切ありませんでした。内臓も食べない方がよさそうですね。

    ツブ貝の唾液線を食べると食中毒を発症するので取除いて食べましょう1−絵手紙・ツブ貝

kurochann1 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月27日

水墨画シリーズ(43)       習作 秋篠寺・技芸天    

技芸天ー 
 技芸天絵図は、水墨画教室の先輩からお手本をいただき描きました。
秋篠寺の技芸天立像は、ふっくらした優美な顔立ちの仏像で諸芸成就や福徳円満のご利益があるそうです。


奈良 秋篠寺 技芸天・重文
 (天平時代)

 

       技芸天のやさしいお顔の上半身イメージ像です。
水墨画・秋篠寺・技芸天ー



kurochann1 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

絵手紙シリーズ          スズメ(雀)

 
 早朝から「チュンチュン」と騒がしいね。繁殖期がきたのでしょう。
 屋根瓦の狭い隙間に巣づくりをはじめたようです。
以前、フン害に困りまして営巣場所あたりに目玉などを取付けたが効果はありませんでした。
 試しに釣り糸を張ってみようかなと思っています。

1−絵手紙・すずめ 001







kurochann1 at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月24日

絵手紙シリーズ          タケノコ(筍)

       孟宗竹のタケノコ                 絵手紙のモチーフ 
1−絵手紙・たけのこ2ーたけのこ












 このタケノコは地元の方が朝掘りしたものを買い求めました。
 孟宗竹は、土から顔を出した直後のものが苦味やアクが少なくて美味しいが写真のタケノコは掘り出しが遅かったようですね。
 煮物やタケノコご飯にしていただきます。


kurochann1 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月23日

絵手紙シリーズ          藤

1-絵手紙・藤














 
 鉢植えの藤が咲いてきました。品種はよくわかりせんがヤマフジ系のようです

 藤は、マメ科つる性の落葉樹、園芸品種を加えるとかなりの数になります。つるが右巻きで花房が長いノダフジ系(長崎一歳、九尺フジ)と左巻きで花房の短いヤマフジ系(紫花美短、白花美短)に大別されます。

 藤の花は、てんぷらや湯がいて三杯酢に、新芽もゆでて和え物や炒め物にして食べることができます。お試しあれ!   

      絵手紙のモチーフ 鉢植えのフジです。
2ー藤














kurochann1 at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月21日

絵手紙シリーズ          ミヤコワスレ(都忘れ)

1-絵手紙・都忘れ 都忘れは別名野春菊、キク科の多年草で江戸時代から栽培されています。
小菊に似た薄紫色の花を咲かせます。ピンク系の品種もあります。



   ピンク色の品種
2ー都やすれ

kurochann1 at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月18日

絵手紙シリーズ          エビネラン(海老根蘭)

1-絵手紙・エビネ2ーエビネ











↑タカネ:ジエビネ+キエビネの自然交配種

鉢植えニオイエネ
3−ニオイエビネ 003











 庭植えのエビネラン(タカネ)が咲いてきました。
エビネは、ラン科の多年草、原種は各地に自生するジエビネ、キエビネ、キリシマエビネなどがある。
鉢植えのニオイエビネは、蕾が膨らみあと数日で開花するでしょう。
 


kurochann1 at 16:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年04月17日

春の花便り             高遠城址公園のコヒガンザクラ(小彼岸桜)

1-高遠城址公園の桜 0333−高遠桜 032










 4月14日(水)パソコン仲間(17名)と「高遠城址公園の桜見物とイチゴ狩り」バスツァーに参加しました。お花見は好天気に恵まれ、途中渋滞することもなく駐車場に着きました。公園内は昼時には各地から繰り出した花見客で大賑わい。花より団子で気分もルンルンの楽しいお花見でした。
 
    高遠城址公園のコヒガンザクラは満開、ごゆっくりご覧ください。


2−高遠桜 066

kurochann1 at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月15日

絵手紙シリーズ          春の山菜・イタドリ

2−イタドリ2010 04 15 002 イタドリが新芽をだしてきました。春の山菜のひとつであるが、イタドリを食べる方は少ないようですね。
タデ科の多年草、別名スイカンボ、荒地や土手などに生えています。

 新芽のてんぷらや茹でてアク抜きしたものを煮物にしたり、味噌汁の具にして食べます。、

    春の味 新芽のてんぷらは酸味がやわらぐので美味しい。
1−絵手紙・イタドリ2010 04 15 001

kurochann1 at 16:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月12日

絵手紙シリーズ          フキノハナ(蕗の花)

1-絵手紙蕗の花2010 04 12 001
 摘みわすれたフキの薹がたって花が咲いてきました。
蕗の薹(ふきのとう)は、春の山菜のひとつ。花芽がつく前の物が食べごろ。独特の苦味と香りがあり、てんぷらや蕗味噌にすると美味しい。


 「蕗の薹の 舌を逃げゆく にがさかな」 

              高浜虚子       


kurochann1 at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)