2015年09月

2015年09月26日

絵手紙シリーズ        秋の味覚・あけび

  アケビは、つる性の落葉植物で雑木林などに自生しています。
10月頃になると卵形の細長い果実が熟し、表皮がパックリと開く。
半透明のゼリ-状の果肉があらわれたら果肉を取り出しそのまま生食で食べます。
小さな種子は、スイカの種と同様、食べないで吐き出してください。

 アケビには葉っぱが3枚のもの(三葉アケビ)と5枚のもの(五葉アケビ)があります      1絵手紙あけびiキャプチャ

      アケビが熟し、果肉(ゼリー状)が食べれます。
3-あけびiキャプチャ



kurochann1 at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月21日

絵手紙シリーズ        ブドウ

    実りの秋、ブドウは,ブドウ科のつる性果実、原産地は中近東方面とか。
日本に渡来した外来種は、シルクロードから中国経由で奈良時代と言われています。
 現在栽培されている品種は50〜60種、スーパなどの店頭で見かけるのは
あか系(甲斐路)、くろ系(巨峰)、みどり系(マスカット)など5〜6品種ぐらいでしょうか?

              ブドウの品種名は不明です
1−絵手紙ぶどうキャプチャ


kurochann1 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月01日

絵手紙シリーズ        イチジク(無花果)

 イチジクは、クワ科イチジク属の果物。古来から不老長寿の果物と呼ばれ、
ています。そのほかアケビ科の「むべ」にも不老長寿の伝説があります
 原産地はアラビア南部、日本には江戸時代(寛永年間1624〜1643)に
中国経由で移入されました。 
無花果の漢字は、花を咲かせず実をつけることに由来しています。
  
 果実は、生食のほか乾燥品、濃縮果汁、パウダーなどに加工して利用、そのほか
イチジクには整腸作用があり、乾したものは漢方薬として使われています。

機欒┝蟷罐ぅ船献キャプチャ


kurochann1 at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)