絵手紙シリーズ      千切り絵による絵手紙絵手紙シリーズ      キンシバイ(金糸梅)

2008年06月20日

絵手紙シリーズ      薬師如来像

ヽ┝蟷罅  ―作・薬師如来坐像
1-絵手紙・円空仏(薬師如来).JPG
円空仏・薬師如来坐像(北名古屋市西春町 平田寺蔵)
28.8cm、寛文末期(〜1673)
2−円空仏・薬師如来像ー.jpg
薬師如来は、東方浄瑠璃界の教主。現世で疾病・災禍などで悩む衆生の救済、また医薬の仏として信仰されてきました。

 この円空仏は、両手に薬壷(やくこ)を持つ単独像として祀られている。通常、薬師如来は日光菩薩・月光菩薩を脇侍仏とした薬師三尊像が安置される。


kurochann1 at 10:07│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 思い草   2008年06月20日 19:11
木喰仏お思い出しています。円空さんも大好きです。
2. Posted by 思いつくまま   2008年06月21日 07:43
以前何度か母に連れられて名古屋池下のお薬師さんえ
行ったことを思い出します
今は岡崎地方で一畑山薬師寺としておおきくなって居りますが・・・・
厄病の救世主で薬壺を手にしていらしたとは初めて知りました
3. Posted by 「愚意鑿」   2008年06月24日 17:38

病気の時に縋る薬師様は昔から一番の頼りだったのでしょうね。
西武新宿線に「新井薬師」と言う駅が有ります。
「新井薬師」の息子と中学の同級生だったのを思い出しました。でも行った事は有りません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
絵手紙シリーズ      千切り絵による絵手紙絵手紙シリーズ      キンシバイ(金糸梅)