黒田乃生研究室 Cultural Landscape Lab.

筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻黒田研究室のブログです。文化的景観、名勝などの風景が研究対象です。主なフィールドは世界遺産の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」、「石見銀山遺跡とその文化的景観」です。地域のかたとかかわりながら調査をしたり、ワークショップをしたりします。

白川村で12月に実施するほうきづくりワークショップの準備をしました。芸術専門学群の速水さん、ゼミからは王佾さんが一緒に作業しました。写真は重要文化財遠山家住宅に展示してある脱穀機を使っているところです。 夏に収穫して干しておいたコキアの葉を脱穀機で除去して ...

石見銀山の大森にある重要文化財熊谷家住宅では「パンと昭和展」を開催しています。神奈川大学の青木先生による電極式パン実験に参加しました。大正から昭和初期にかけて実際に使われたパン焼き器を復元したものです。今も同じ原理でパン粉が作られているそうです。パンを取 ...

大田市立大田小学校の5年生に修士1年の深田さん、王さん、イさんが世界遺産の授業をしました。 授業は深田さんが中心になって進めました。ワークシートや授業の内容は、今回新しく深田さんが準備しました。 近くの国の世界遺産では王さんが四川省のジャイアントパンダ保 ...

10月はじめにソウルに行きました。前半はソウルで開催された韓中日ランドスケープ国際会議に参加し、 後半は修士1年のイさんが研究対象地を案内してくれました。写真は昌徳宮です。たくさんの観光客で賑わっていました。宗廟です。あいにくの雨でしたが、こちらも国内外か ...

9月22日にTGSW(Tsukuba Global Science Week)で1年生の王佾さんが"The Influence of Building a new socialist countryside onTraditional Cultural Villages in China"というタイトルで研究発表をしました。中国の農村集落保全の現状と課題について英語で発表と質疑を行 ...

↑このページのトップヘ