黒田乃生研究室 Cultural Landscape Lab.

筑波大学大学院人間総合科学研究群世界遺産学学位プログラム黒田研究室のブログです。地域のかたとかかわりながら調査をしたり、ワークショップをしたりします。主なフィールドは世界遺産の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」、「石見銀山遺跡とその文化的景観」です。まちづくり、コミュニティ、農村や茅葺きに関心がある学生を募集しています。

修了生の八木原さんが日本ミュージアム・マネージメント学会賞を受賞しました!受賞タイトル:体験型展示ディスプレイを活用したワークショップの開発および実践〜夏休みこども自由研究「江戸の朝、江戸の夜」を事例として〜八木原さんは黒田ゼミを修了後、博物館で学芸員と ...

名城大学で開催された日本造園学会全国大会でゼミから3名の研究発表と1名のポスター発表がありました。山口さんは「片倉工業とグンゼにおける器械製糸工場の事業転換と跡地利用」の発表をしました。李珣媄(イスンミ)さんは「韓国における世界文化遺産の緩衝地帯の設定と ...

昨年博士号を取得された山口利光さんが、日本造園学会奨励賞(研究論文部門)を受賞しました!「器械製糸工場の跡地利用を中心とする製糸業の変遷に関する一連の研究」が評価されました。おめでとうございます! ...

世界遺産の五箇山相倉集落で田植えをしました!黒田ゼミの学生3名と、ほかのゼミから1名が参加しました。平地域づくり協議会は相倉で「世界遺産で米づくり」を実施し、地域外から棚田オーナーやボランティアを募って田植えと稲刈りをしています。黒田研究室は棚田オーナー ...

文化的景観論で、非常勤講師の柴原先生が白川郷をテーマに授業をしてくださいました。ご自身の体験から白川村を俯瞰して、地域の未来について大切な示唆を与えてくれました。現場の生の声の迫力が学生にも十分伝わったと思います。ありがとうございました! ...

↑このページのトップヘ