横浜港・風堤防 Blog

主に短竿を用いたヘチ釣りの釣行記や音楽等、しょうもない雑感を綴っています。 2011年1月から登場させた愛犬アンジーにより最近は犬ブログと化しています。

水変わる。


数は出ないものの、安定して釣果を得ることができていた黒鯛が、このところまったく釣れなかった。

せっかくのよい潮回りなので、期待をして出かけても、連敗を重ねるのみ。
酸欠気味なのか、大量のカニが堤壁の水面上にびっしりとしがみついているし、なにより魚の姿が殆ど見えない。
潮色も安定せずなんともおかしな感じが続いていたのであった。



angie(8084)_R


「今朝はダメでも夕方ならよいかも?」とか、「今日がダメならまた明日!」みたいな感じで、仕事の終わった後や、宿直や休みを絡めて4日間に5回の釣行とかアホなことをしたものの、怒涛のアタリボーズが続いていたのでありました。

よかった点といえば、いつもの釣り場がダメなので、これまで気になっていた場所をリサーチしてみる気持ちになったことでしょうか。



angie(8074)_R

こんなとことか・・・



angie(8021)_R

こんなとことか・・・結構あちこち回りました。
どこでやっても全然アタらないんですけどね。
まあ、タイミングもあるんでしょう。


ランガンするにもポイントからポイントの移動とか、クルマを停めてから釣り場までの移動時間とか、移動時間のほうがずっと長くなってしまいそうなんですけど、アクセス方法とかを把握していれば、役に立つこともある・・・と思いたい。



angie(8043)_R

angie(8042)_R

ついでにという訳ではないんですが、なんとも懐かしい釣り場で竿を出してみたりしましたけども、「よく来たね」みたく釣れてくれるほど甘いもんではありませんでした。
それはもう清々しいまでにアタリボーズ。
なんやねんw。


まあいいや。
潮が入れ替わって落ち着けばまた黒鯛は釣れるはず。
そのためには竿を出し続けねば・・・と、あきらめずに竿を出し続けていた某日。



angie(8076)_R
↑どうせ今日もボーズだろ・・・という中、あっさり釣れた。

頭でっかちのブサイクちゃんですが、まったくアタリのない状態が続いていたので嬉しいことこの上なし。

その後、浅場の障害物に付着しているツブを悠々と食っている2匹の良型黒鯛を発見。
シュバッ!と仕掛けを飛ばしてエサを放りこむとパクっ!
アワセもそのままに、このまま一気に空気を吸わせてしまおうと、魚の頭をこちらに向けた瞬間スポっ!と針ハズレ。

くそ〜〜〜っ!久しぶりにアツい。アツいぞ。



angie(8078)_R

angie(8079)_R

平場の浅ダナで釣れてくれた1枚は、いつも挨拶する漁師のお父さんの食卓へ。
「頂戴」とかじゃなく、「もらう」というのがカッコいいじゃないかw。

他にも1度アタリがあったものの、ヘタクソゆえにスカッと空振り。
どうやら魚も戻ってきて、活性もよいようなので粘るか迷ったんですけどね。
この日はもうとにかく疲れていたので帰ることにしました。

最後に、先ほど浮いている黒鯛をバラシたところをもう一度みてみよう・・・と、そっと覗き込んでみると、濁りでよくわからないが少し深いところにデカい魚が泳いでいる。
まあ、アレはたぶんアレかアレなんだろうけど・・・と、先ほど同様、仕掛けを飛ばしてエサを投入。



angie(8080)_R

やっぱり・・・的なゴイニーちゃん。

黒鯛と一緒で、ゴイニーちゃんも食い気があるときは簡単なんですが、ダメなときはまったくエサに見向きもしてくれないんですよね。

という訳で、相変わらず課題は残るもののお魚が戻ってきてくれたので嬉しい限りです。
今後が楽しみですね。



angie(8093)_R

では、昼から殆ど寝っぱなしのコイツを傍らに宿直勤務がんばりまっす。

んじゃんじゃっ!



ランキングに参加しています。

にほんブログ村

最近の音楽&釣り活動。

間にあえよバカって・・・・・・w。

BlogPaint


という訳で、古くからのバンド仲間で、先輩でもあるヨーランが、セッションバンドをやるというので、目黒ライブステーションまでのこのこと出かけてきました。
このブログを訪れてくれる方はまずわからないと思うのだが、水津さんというカメラマン&イベンターで、その世界では有名な方がいて、この日はその水津さんとゆかりのあるミュージシャンが集まって誕生日を祝うというイベントで、毎年行われている。



angie(8073)_R
↑満員御礼&大盛り上がり。ただし年齢層は高いw。

ちなみにギターを弾いていたのはこのブログではお馴染みの「中古釣具ブローカー」Wさんで、ベースを弾いていたのはこれまたお馴染み、三茶DFGのナベ
ドラマーは元ノヴェラ、アクションの西田さん他、「なんでこんな沢山おんねん」という大所帯バンドでしたw。
思いの他見知った顔が多くて、もう20年ぶり?なんて人もいて楽しかったなあ。
ヨーラン、招いてくれてありがとう。



てなワケで、最近はお友達のライブを見に行ったり、楽器をいじったりという機会が増えたものでチョボチョボとやっているんですが、やっぱりこのブログは「釣り」と「三女」がメインなワケで。




だからという訳じゃないんですが・・・買っちゃった・・・・。


angie(8070)_R

メールで届く、あの「好みのモノをお知らせシステム」みたいのってなんなんですかね?
「半額!」とか、そういうのに弱いんですよ。僕。



angie(8069)_R

angie(8068)_R

で、本当はタモの柄だけ買おうと思っていたのに、調子に乗ってタモジョイントやら枠まで買っちゃった・・・。
まあ安かったしいいんですけどね。
サイズ選びに迷った挙句注文したタモ枠に装着されているネットは結構浅めの作りなので、黒鯛はともかく大型の長物を掬うには少し不安があるんですが、頭さえ突っ込んでしまえばなんとかなるだろう。
このネットにはラバーがコーティングされていて魚に優しそうな所がいい感じです。



angie(8081)_R


柄の寸法はこれまでメインで使ってきたタモの柄より長いんですが、折りたためるのでコンパクト。
フック付きで腰のベルトにぶら下げることができるので納まりもよさそうです。



angie(8066)_R
↑ちょっと迷惑そう・・の図。



にほんブログ村
せいぜい沢山掬いたいな!と思います。




やっとの川開き。


夏の間は三女のお風呂の頻度が増える。

本来、イヌという生き物はお風呂に入れなくてもよいなどという話もあったりするようなのだが、そこは同じ屋根の下で生活している以上そうも言っていられない。

で、この入浴頻度というのは室内で飼育しているイヌの場合、概ね月に一回程度ということらしいが、寒い冬季は少なめに月1回弱。
暑い時期は皮膚のトラブルも増えるので、月に2回〜週1回というのが我が家のパターンだ。




angie(8036)_R
↑お〜!向かってる〜!アソコに向かってるよ〜!の図。



「どうせお風呂に入れるならば、その前に目いっぱい汚したっていいじゃんか。」

そんな理由で、我が家の場合はお風呂の前にワイルド?な遊びをすることが多いんですが、なにより暑いこの時期にめっちゃ暑がりの毛むくじゃらを連れての遊びといえば水遊びしかないでしょう。



angie(8035)_R


という訳でやってきたのは近くの川。

夏の間、多い時には毎週のように泳ぎに来るのだが、今年は異様に暑すぎてやめたり、行ける時が雨天だったりしたもので、やっとの本年度初泳ぎ。
朝からくもりがちで、午後から雨の予報だったんですがなんとか雨が降り出す前に楽しめそうです。

「言っておくが、帰ったら風呂だからな。」



angie(8033)_R

angie(8030)_R

angie(8031)_R


早朝からムシムシと暑い中、水の中に入るのはやっぱり気持ちがいい。
鮎釣りをしている人の邪魔にならないよう、瀬から流れに身を任せて延々と流されてみたり、ボール遊びをしたり。
疲れて一休みしようと河原に座り込むと、湿度の高い風も妙に心地よかったりするんだな。

「ところでしつこいようだが、帰ったら風呂だからな。」



angie(8027)_R
↑泳ぎつかれておっさんの腕にしがみつくの図。

元来、水鳥の回収を目的に作出されたと言われるレトリバーは泳ぎが巧みだ。
おっさん、こうみえても子供のころから泳ぎは得意なのだが(うお座だからね?)、流れを縦横無尽に泳ぎ回る三女とは比較対象にもならない。
くそお。だてに水かき持ってないな(個体差があるかもしれません)。


さて。そろそろ帰って風呂に入れるか・・・。

ワイルドな遊びなので、帰りも一人と一匹、びしょ濡れのままクルマに乗り込むのが我が家流。
シートが濡れるとか、汚れるとか気にしてたらイヌとの生活はできないと思う(人によるw)。



angie(8046)_R
↑帰り道のこのテンションの低さよ。

泳ぎ疲れなのか、それとも満足して放心しているのか?
さてはて、帰宅後のお風呂をどう回避しようか?と考え込んでいるのか・・・。



angie(8045)_R
↑毎度のパターン、「お風呂イヤイヤ」の図。


だーーーーっ!早く入って楽になれっ!



ランキングに参加しています。

にほんブログ村
お風呂あがって乾かした後は爆睡したので、釣りにでかけたお休みでした。

地堤防の魅力。


7月5日(火)は宿直勤務明け。

少し仮眠を取ってから、今となってはホームグラウンドとなった感のある近くの釣り場まで、夕マヅメの黒鯛を狙いにでかけてきました。



angie(8025)_R
↑うん。いいね。

僕のヘチ釣りは子供の頃から地回りばかりです。

前々から言っているように、本当は沖堤防に通いこんでみたいという思いも強いんですが、我が家にはそれを許さぬ事情がある訳で・・・。



angie(8008)_R
↑コレが事情の本人w。

我が家の場合、最低でも1日2回の散歩が必須なんですよ。
これは、家の中で排泄をしたがらないことが大きな理由の一つでもあるので、雨だろうが台風だろうが出かけます。
で、ごはんは1日3回(前は2回だった)。

散歩やごはんの時間というのは、あまりきちんとはしていませんが、空腹になると吐きやすいのと、排泄も我慢しすぎないよう、あまり間隔が空きすぎないように注意してるんです。

となると・・・・あまり長時間の留守はできないということになるんですね。



angie(8024)_R
↑2枚目。うんうん。いいねいいね。

当然の事ですが、渡船を利用して沖堤防に行くときには、その渡船店のシステムに従わなければなりません。
朝マヅメを狙いたくとも、6時が最初の船ならばそれに従う他ないし、12時半に帰りたくとも、船が迎えに来なければ帰れないワケで。
そもそも2時間程度の釣りをするために毎回渡船代を支払える程裕福でもないし。

その点、行きたいとき、行ける時にささっと出かけてささっと帰ってこられる地回りの釣りは「時間に追われている感」がなくてよいんですね。

加えて、沖堤防は一級ポイントかもしれませんが、入れ替わり立ち代わりにように多くの人に攻められています。
そう考えると、「釣りやすい」という点でも地回りにアドバンテージがある場合も多いように思いますね。
気軽に来れる釣り場ならば、仮に狙いたかったポイントに先行者が居たとしても、「また次くればいいか」ってなりますしね。



angie(8023)_R
↑ラインが見辛くなったころに滑り込みセーフの3枚目。

ちなみにこの子はタバコのフィルターで釣れました。



という訳で、この日も「3時間ワンセット(行き帰りの所要時間込み)」のお気軽な釣りを満喫できたのでありました。
はっきりいって出来すぎですねw。






そして今朝・・・・。



angie(8020)_R


実は昨夕、釣り場に向かう途中に、かねてから気になっていた場所の下見をしていたんです。

下見というのは、釣り場の環境ももちろんですが、釣り場までのアクセス方法も重要なトコロだったりします。
どうやらこの釣り場は近くに駐車場がないため、住宅街をテクテク歩かなくてはならないようですが、「黒鯛が居る感」はプンプンしたので、後は竿を出すだけ。来るしかないでしょう!とい感じです。

浅場の沖にストラクチャーがバコバコある所だったので久しぶりに長竿の出番ですわ。
ミチイトやハリスも太目を選択しました。



angie(8022)_R
↑なんなんすか?・・・・この小躍りしたくなる感じw。


あ。そうそう。

近場で竿を出すようになって密かに楽しいのが、黒鯛を釣り上げた時の周りの人の反応だったりします。

「釣れる」ということがわかってしまうと、話を広めてしまう人が少なからず出てきますので、釣った魚は目立たぬようにしてすぐに逃がすようにしているんですけどね。
「すごい!」とか「こんなのがいるんだ〜」とか言われるとねえ・・・・・エヘエヘあはは・・・・。


・・・・・・やっぱり悪い気はしないワケですよ。うんうんw。


という訳で、狙い通りに釣果を得られた幸せを感じながらクルマへ戻ったんですが、どうやら駐車場へ向かう道が通学路になっているみたいなんですね。
うじゃうじゃと多数の学生とすれ違うんですわ。

そして、彼らの目が・・・・・・・。

ベスト+短パン+ギョサンという正装に加え、タモと竿を片手にテクテク歩くおっさんを見る目つきが・・・。

・・・・・・・・・・・・・変人を見る目つきなんですわ。


めっちゃ恥ずかしい・・・・。





「・・・・・・・なんかの撮影・・・・?」


ちげーよっ!w


ランキングに参加しています。

にほんブログ村
どんな撮影やねんw。

東京湾落とし込みバトル2016。

今年もヘチ釣り師の祭典に参戦。
木更津まで行ってまいりました。



angie(8018)_R

angie(8017)_R


今年も募集開始早々、あっという間に定員に達したというバトル。
例年より少し早めに到着した会場には馴染みの釣り人も沢山。
これまでご挨拶もできずにいた方とお話できたりできたしたのでよかったかなあと。


しかし・・・・めっちゃ暑い・・・。



angie(8016)_R

angie(8015)_R


あまりに暑いので、沖のほうが風があるだろうと早々に渡堤。

選んだ堤防はA堤。
特に理由はないけれど、どうやら人が少ないらしいということだったのでね。



angie(8014)_R
↑そして帰港の図(はやっ!w)


前日までは絶好調とのことだったんですけどね。
2度ほどアタリはもらえたんですが、掛ける事はできませんでした。



angie(8013)_R

angie(8012)_R


帰港後は和やかなムードの中、結果発表と表彰式などなどが行われました。

前日との落差がすさまじいと思われていたんですが、それでも全体で45枚ほどの釣果があった模様で、優勝された方は4枚とのこと。
皆さんさすがですね。

入賞された皆様、おめでとうございました。
遠くからいらした皆さま、お疲れさまでした。
それから、毎年運営を行って楽しませてくださる関係者の皆様、今年もお世話になりました。
また来年よろしくお願いいたします。ぺこりっ!



angie(8019)_R


ところでチミ・・・。

バトルの受付に向かっている最中、郡さんに拡声器で呼ばれてな。
「アンジーパパー」って。

今回は他にも色んな人が「ワンちゃん可愛いですね。」とか、「アンジーちゃん元気?」とか声をかけてくれてな。
なんか、ひそかに有名じゃんか。



angie(8011)_R


その調子であのじいさまに負けないよう頑張れや。←何を?w


ランキングに参加しています。

にほんブログ村

Profile
  • ライブドアブログ