工房 黒船屋

その人形には色彩(いろ)が溢れています。愛が溢れています。

PC・・・かなり重症みたいです!

故障中のPCは福岡の息子へ託していますが、かなり重症のようです。

この更新は古いPCで行っているのですが・・・とても重くてイライラしな

がら書き込みしています。(多分、前回までの字詰めとは違って、とんで

もない所で行が変わっているのではないでしょうか?笑)


結局、年内に予定してた自店での「作品展」は中止せざるをえなくなり、

来年2月〜3月の『おひなまつり』に協賛の作品展が、「工房 黒船屋」と

しての最初の『作品展』となります。

1ケ月間開催の超ロングラン公開となりますので、頑張って制作しない

といけないのですが・・・二人共疲労困憊で、どうなる事か?・・・・・と、

チョット心配です。

今更ジタバタしても仕方ないので、ボチボチやって行こう!・・・と気持ち

を切り替えたところです。

何はともあれ、作品自体が少し変わって来た事だけは確かなので、「ど

れどれ、どんなん!?」みたいな感じで見に来て頂けたら幸いです。


それにしても、PC早く直らないかなぁ〜。って言うか、直ると良いんだけ

ど!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

パソコンの故障

DSC03953


突然のパソコンの故障によりブログの更新ができなくなっております。
回復次第更新いたしますので復旧までしばらくお待ちください。

13日に終了した《イベント》ですが、とても綺麗だったのでUPします。

この数か月 いろんな事が有り過ぎて、先生も私も疲れがピークに達した様です。

今思えば、今年1月開催した『大阪 高島屋』の作品展を最後に、デパートでのイベント

を全てストップしてて正解だったね!・・・と、二人でいつも話してるんですよ。

でなければ、今頃こんなにユックリ休む事は出来ないし、父が倒れた9・10月はイベン

トの真っ盛りでどうなっていた事か?・・・・・。

とにかく今は、 来年2月15日から始まる『日田おひなまつり』協賛の《ギャラリー連》

での作品展に向けて、焦らず急がず、落ち着いて作品作りに取り組むだけです。



既に終了した日田の一大イベント・・・『千年あかり』が11〜13日まで、『天領まつ

り』が12〜13日に行われました。

特に『千年あかり』は回を追う毎に賑わいを増し、今年は3日間 天気にも恵まれて、10

万人を超す見物客で大賑わいでした。

丁度「すみちゃん」と「かずボン」が曾爺ちゃんに顔見せに来てたので、ママと先生と

私を含めた5人で『千年あかり』をナント《三連ちゃん》で見に行きました。


DSC07748


「すみちゃん」と「かずボン」も楽しんでます!

DSC07749


DSC07750


DSC07751


これは「ステンドグラス」みたいでとても綺麗でした。

DSC07752


DSC07756


二人で仲良く《ハート》の中へ・・・

DSC07758




DSC07759


DSC07760


DSC07761


こちらは毎年好評の日田林工の生徒諸君の作品です。

DSC07764


DSC07765


「すみちゃん」とってもご機嫌でした!

DSC07766


早いもので、あと一週間後は12月となります。

わ〜っ、あんまりゆっくりも しとかれませんね! 頑張らなくっちゃー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

久し振りにユックリ出来ましたぁ〜。

退院して家に戻って来た父も だいぶ日常の生活に慣れて来たので、7日の定休日は二人

で大宰府まで出かけました。

久し振りのドライブ。天気も上々で快適な休養日となりました。


大宰府の参道は相変わらずの人混みで凄い賑わいです。中国や韓国の観光客で溢れてい

ました。


DSC07741


圧倒的に中国からの観光客が多くて、けたたましい会話のやり取りが耳に飛び込んで来

ます。中にはレンタルの着物(かなり派手目の着物を着てるので、日本人ではないとス

グに分かります)を来て数人で闊歩してるグループも見かけました。


DSC07744


境内では、大輪の珍しい菊の花を献花して恒例の『品評会』が催されていました。

二人とも菊の花はあまり好みではないので、見るとは無しに前を通り過ぎたのですが、

初めて見る様な大輪の菊の花にビックリ!


DSC07745


暫くぶりに来た大宰府の本殿では、少しばかりのお賽銭を投げ入れて、たくさんの願い

事をして来ました。(笑)


DSC07747


りっぱな本殿ですねぇ〜! どうか願い事が叶います様に・・・。

DSC07746


お土産に父の大好きな「梅が枝餅」を買って帰りました。


◎いろいろと有り過ぎて、《制作する時間が無い》《作品が出来ない》《企画していた

『自宅展』がやれない》・・・と、ナイナイ尽くしが続きましたが、12日にもう一度

父を病院へ連れて行った後はやっと制作する時間が出来るので、「心機一転」二人で制

作に没頭致します。

※嬉しい事に10日、山口・井筒屋の美術画廊担当者の方から「12月中旬頃から『お雛

様』を展示したいので数組送って頂けますか?」・・・とお電話がありました。

こういうお話は本当に励みになりますね! よっしゃー、頑張って作るぞ〜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『工房 黒船屋』模様替えした店内の《ビフォー・アフター》をUP

『黒船屋』店内の模様替えをした事をお知らせしましたが、ビフォー&アフ

ターのアフター画像をアップしてませんでした。

本日、模様替え前の写真と共に画像アップ致します。


◎先ずは入口から奥方向を写した写真。《ビフォー》


DSC07697


◎そしてコチラが模様替えした現在の写真です。

奥の間仕切り壁を取っ払ったので、見通しが良くなりました。


DSC07724


◎次にテーブルのある奥の部屋から入口を写した写真です。《ビフォー》

DSC07696


◎模様替え後は、仕切り壁が無くなりスッキリしました。

ラタンの椅子を無くした事で・・・コチラも広い空間が出現。


DSC07726


◎以前の中央部分は、不要なイスとテーブルでゴチャゴチャしてましたが・・・・・

DSC07698


◎ネイビーブルーの「収納スツール」に替えた事で広々スペースが生まれました。

スツール内には「昔帯」が綺麗に収納されています。

下の画像、右側の飾り棚のガラス部分も、透明だったガラスに先生がすりガラス風の

シールをキレイに貼って、直接人形が見えない様に目隠ししました。


DSC07725


DSC07728




◎病院から帰って来る父の部屋も、住みやすくなる様に先生が模様替えをしました。

朝日の差し込む窓際に、炬燵とテレビを配置してくつろげる様に・・・。


DSC07731


通路側の窓際には店に置いていたラタンの「応接セット」を置いて、訪ねて来た友人と

語り合えるスペースを設けました。(とは言っても、この歳になると訪ねて来る友人も

ほとんどいませんが・・・)


DSC07738


室内に観葉植物があった方がいい・・・と、先生と『グッデイ』へ出かけた御年97歳の

お爺ちゃん。まだまだ元気です!


DSC07736


そのうち「グラウンドゴルフ」を再開するかも?・・・。

DSC07735


◎4歳と2歳の曾孫に再び会える日を楽しみにしている曾爺ちゃんです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『日本一の大名膳』を食べました!

最近近くに出来た『三男坊』という店のお昼のサービスランチが凄い!・・・と評判な

ので早速行って来ました。

日田駅のすぐそばにあるお店は、以前『茜』という居酒屋でしたが・・・綺麗にリニュ

ーアルされていて良い雰囲気のお店になっていました。

お昼はサービス価格の1,500円(税込)という『日本一の大名膳』がコチラです。

DSC07710


※ちなみにメイン料理が「肉料理」と「魚料理」に分かれていて、上が「肉」の方で、

下が「魚の料理」となっています。

DSC07709


『日本一の大名膳』のお品書きです。

DSC07708


◎食後のコーヒーはセルフで飲み放題!

但しお昼限定で、夜は2,500円(税込)になるそうです。


他にお昼の食事はこんなメニューもありました。

DSC07707


◎飲み物のメニューはコチラです。

DSC07703


※とにかくお昼がお得です! 日田へお越しの節は一度お試し下さい。

運ばれて来るお膳の凄さに圧倒されますよ!

新鮮なお刺身と海鮮汁が美味いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

またまた《大掃除》で〜す!

15日の更新を最後に長〜い沈黙を続けていましたが、父の入院中に部屋の掃除をやりま

した。退院して帰宅後を快適に過ごせるように・・・。

それからが大変。先生の掃除癖に火がついてしまって・・・ず〜っと工房とギャラリー

の大掃除でした。


◎コチラが大掃除前のギャラリーです。

DSC07697


DSC07698


DSC07696


※この状態がもうすっかり様変わりしてしまいます。

画像は後程・・・お楽しみに!

大変だったのは、黒船屋の備品類の整理でした・・・・・ホェ〜!

「桐箱」「屏風」「小道具」・・・その他 たくさんの備品類を整理整頓して見やすく、

分かり易い場所へ全て入れ替えました。

DSC07699


DSC07700


DSC07701


※チョット長くなりそうなので、今日はここまで!

いろいろあって大変だったので疲れが出たのでしょうか!?10月23日頃から右足の腿

の所に「神経痛」が出だしたので痛さをこらえてたところ・・・出たー!「帯状疱疹」

が太腿の裏にバァーッと!

痛いのなんのって、夜眠れないくらいの神経痛が・・・

治療を始めて10日目・・・いくらか痛みはひきましたが、今度は痒みが・・・。

気長に治してゆくしかありませんね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

来年の「おひなまつり」目指して「人形制作」してますよー!

父の緊急入院で残念な事に出来なくなった秋の『新作展』ですが、来年の「おひなまつ

り」に向けて作品制作はボチボチですが進めています。

小型のお雛様セット『豆田雛』の小道具からほぼ出来上がったモノをご紹介します。

とりあえず6組分を作ってみました。コチラで〜す!


DSC07686


◎小さな「鏡台」です。石粉粘土とバルサ材で制作しました。

大きさは五円玉と比較して見て下さい。(左右=3cm  高さ=5cm程)


DSC07687


◎箪笥は石粉粘土とワイヤーを使って制作。

DSC07688


◎ひし餅も石粉粘土とバルサ材に着色。

DSC07689


◎重箱は石粉粘土で・・・仕上げに朱色の紐で結びます。

DSC07690


◎鯛を載せる漆盆・・・バルサと粘土を使って制作。

DSC07691


ここまでは先生から「OKサイン」が出ましたが、次の鯛はボツとなりました。理由は

「リアルすぎる」のと「大きすぎる」事。


DSC07692


何しろプレゼンで見せたのがコレでしたから・・・

「生臭さが匂ってきそう・・・」と言われてしまいました。

それに、お雛様に比較してやはり大きすぎますね! 次は干菓子の落雁みたいに可愛く

作ってみましょう。


DSC07693


◎最後はぼんぼりです。石粉粘土とワイヤー、ビーズを使いました。

仕上げは和紙の覆いを付けて完成。


DSC07695


◎見本の「お雛様」です。実際の出来上がりは手作りなので、いろんな姿のお雛様が出

来ると思います。


DSC07694


今年はいろいろな出来事があって、なかなか思う様に人形制作が出来ませんでしたが、

今後はマイペースで 気に入った作品をボチボチ作って行こう!・・・と思っていますの

で、よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

驚異の回復力

9月29 ・ 30日と「死の淵」を彷徨った父でしたが、手術が上手くいって黄泉の国へ行

く事だけは避ける事が出来ました。

しかし、10日間程は危険な状態が続く・・・という事なので兄弟 ・ 親戚には即 連絡

をする事に・・・。

一時的に ろれつが回らなくなり、おかしな話をする・・・などがあって心配しました

が、HCUに入って8日目、《 驚異の回復力》で食欲も旺盛、リハビリで自立歩行する

事も出来るほどに回復。 これには私たちもビックリ! (御年97歳ですよ!)



面会に「いの一番」に駆け付けてくれたのは娘家族でした。 義父 ・ 義母のお二人も

病院まで来て下さったのですが、血縁で無い・・・という事でHCUにいる父には面会出

来ず仕舞いで、大変申し訳ない事をしました。

8日に運動会を控えたすみれちゃんでしたが、天気も悪そうなので しばらく曾じぃちゃ

んの様子を見てくれる事に決定!(私も久し振りに孫たちに会いました)


※一貴くんはチョット見ない間に男らしい顔つきになってました。


DSC07634


※お姉ちゃんのすみれちゃんは、なるほど・・・だいぶお利口さんになってます。

DSC07685


仲良し姉弟はとっても可愛くて、いつまで見てても楽しいですね。

DSC07659


※大阪と佐世保にいる弟家族が父の見舞いに駆け付けて来て、我が家は人だらけ。

9日、父の面会が終わった後、大人10人、子供4人が一堂に会しての晩餐会を挙行。久

し振りに盛り上がりました。


DSC07633


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

3年前にご依頼頂いた人形・・・先日ようやくお納め出来ました。

2011年10月11日に日田市を観光に来られた際、『吉祥天女』をお求め頂いて以降、作

品展の度に《御売約》を頂いている大切なお客様がいらっしゃいます。

奈良県のM様です。

初めて九州を遠く離れて、見知らぬ大阪で開催した 4年間で5回の『作品展』では、知

名度も無く数字も上がらず、肩身の狭い思いをしつつ会場に立っている時、顔見知りの

方がご来場下さった時の嬉しさは言葉に表せない程の感激を覚えました。

なかでもM様は、作品展の度にお忙しい中を奈良から駆け付けては《御売約》を頂き、

本当に感謝の気持ちで一杯です。

そんなM様に3年前、ご自身の着物と帯を使って「人形を制作して欲しい」・・・と、

思い入れの有る着物と帯をお預かり致しました。

制約の無い、全て「お任せ」の人形だったのですが、それゆえに思い悩み、プレッ

シャーを感じて、なかなか手が付かない状況に陥って・・・3年が経ちました。


これを何とか打破しよう・・・と先生が一念発起(少々大袈裟ですが)

3年越しにようやく出来上がった人形が下の画像です。


◎『 好 日 』  全身像


DSC07616




DSC07600




DSC07605




DSC07606




DSC07604


※写真をお送りしていたところ、父の面会に行く途中で「地味な着物だったのですが、

華やかな感じに作って頂いてありがとうございます」と、大変お気に入りのご様子で安

堵致しました。

さ〜て、もう1体・・・こちらは約7年程前から頼まれている『似顔人形』が残ってるの

ですが、これが出来たら依頼品は全て無くなるので、先生もプレッシャーから解放され

ストレス無く新作に取り組めるのですが・・・

今後はプレッシャーの生じる「依頼作品」はお断りして、制作してて楽しい作品創りに

徹したい・・・と思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

父の病気

97歳になった今まで、病気らしい病気と言えば〔胆石の手術〕と〔酷い下痢症状による

20日間の入院〕くらいしか記憶に無い父ですが・・・28日の午後7時頃、油汗を流して

苦しそうにしてるので、歩いて1分程の救急病院へ連れて行きました。

その日は一旦家に戻りましたが、翌日検査を受けた結果「心筋梗塞」と判明。

すぐさま救急車で済生会病院へ搬送されました。

急を要する状態・・・という事で〔心臓カテーテル〕の手術を受け一命はとりとめたも

のの、高齢による合併症などもあり、予断を許さない状態が続いています。


1〜2日と術後の経過はまずまずで安心してたのもつかの間、4日には〔脳梗塞〕の様な

症状も出て来て、ろれつが回らない状態です。

薬の副作用や、一時的なショックでこの様な症状が現れる事もあるそうなので、後は先

生と父の生命力にお任せするよりほかありません。

これまであまりに健康で元気だったので、こんなに弱り切った父の姿を見るのはとても

悲しくて忍びないものです。(看護師さんが優しい・・・と言ってた父が「ウチに帰り

たい」とダダをこねる様になりました)


娘が曾孫二人を連れて面会に来たのですが、14歳以下の子供は「感染症」などの関係で

面会出来ず、ろれつの回らない父が涙を流しながら手を合わせて「一度だけ会わせて下

さい」と何度もお願いしてた・・・と先生から聞いた時、私も涙が出ました。

頑張れ!親父。『100歳のお祝い』をするんだ・・・と言ってたろ! 一般病棟へ戻れ

たらいくらでも「すみれ」と「一貴」に会えるんだぞ! ガンバレー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎この秋に計画していた「黒船屋ギャラリー1 ・ 2 階」を使っての『新作展』は諸事情

により開催が出来なくなりました。心待ちにして下さった皆様には大変申し訳ございま

せんが、来春2〜3月に開催の『日田おひなまつり』会場でお会い出来る日を楽しみにし

ています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

愛知県のT様へ・・・『源氏雛』の画像をアップ致しました。

大変遅くなりましたが、『源氏雛』の新作が2組完成致しましたのでブログでご覧下さ

い。( どちらかお気に入りのお雛様がございましたら、お取り置き致しておきます)


◎展示例  (写真の付属品全てを桐箱に収めたセットです) お名前は裏書致します。


DSC07620


◎上から俯瞰した状態の画像です。

DSC07621


【 源氏雛 A 】  ※ご売約済み(ありがとうございました)

◎女雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。


DSC07622


DSC07623


◎男雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07625


DSC07626




【 源氏雛 B 】  ◎女雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07627


DSC07628


◎男雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07629


DSC07630


※以上2組の源氏雛ですが、ご検討の上 お報せ頂けると幸いです。よろしくお願い致し

ます。(サイズは今井様にお届けした人形と同サイズです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

いろいろありすぎて 更新が出来ませんでした。

またまた長い事 更新が途絶えてしまいました。この間、嬉しかった事、とても心配した

事、楽しかった事、プレッシャーを感じた事・・・いろいろありました。

一番心配した父の病気・手術・・・経過も落ち着いたので、明日からボチボチ書いて行

こうかな・・・と思います。

大変ご心配をお掛けしましたが、元気にしてますのでご安心下さい。

それでは皆さん、明日のブログ是非見て下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

素敵なビストロ《 2FACE PORTA 》をご紹介します。

皆さんコンニチワ! 早速ですが 昨日お約束していた素敵な《ビストロ》をご紹介致し

ます。

お店の名前は、《 2FACE PORTA 》=ツーフェイス・ポルタ

黒船屋の前の県道を豆田町とは反対方向へ、ゆっくり歩いて6分程の所。「天領日田 洋

酒博物館」の真向かいに今月9月1日にオープンしたばかり。


◎先ずは外観からご覧頂きます。 

驚くなかれ、製材を除く 設計・施工はほとんどオーナーシェフのUさんが一人でされた

んだそうです。( 1 ・ 2階共に道路側にテラスが設けられていますが、コチラは喫煙の

為のスペースだそうです。従って、2階の窓に見える部分はオープンとなってます)


DSC07583


古民家を上手くリノベーションして造られていますが、その手腕には驚かされるばかり

です。


DSC07580


入口上部の立派な梁も昔のままに上手く利用してますね。

古風なドアがいい味出してます。さぁ、中へ入ってみましょう!


DSC07582


下の画像は、1階奥のトイレの前から入口付近を写した写真です。

右側に見える「手作り」の衝立の奥は3つのテーブル席がありますが、お客様がお食事

中だったので写せませんでした・・・残念!

左側、ガラス戸の奥は2階へ上がる階段スペースとなります。

随所に下げられた小さめのシャンデリアが素敵ですね!

左側の手前には2人掛けのテーブル席が見えます。写真には写っていませんがカメラを

持って立っている私の左側にはこじんまりとした座敷スペースもあります。(この後の

写真でご覧下さい)


DSC07569


座敷の向かいはカウンター席と厨房となってます。

一人で来られたチョイ飲みのお客様に打って付けのお席。チーズをかじりながらワイン

を飲んで、シェフと語らう・・・あ、シェフは忙しくてお話は無理かも? カップルで

どーぞ。

ちなみに、黒板に書かれた「本日のおすすめ」・・・一番下にある『たっぷりサラダと

お魚のカルパッチョ』は私もお薦めの一品です。


DSC07568


ハイ、こちらがご紹介のカワイイお座敷です。

この席は最高4人まで。 奥にポッコリお腹の男性が見えてますが実は私です。こちら

は2人席となってます。


DSC07567


◎次に2階をご案内します。

ビールサーバーのある壁の向こう側に階段があります。

この空間もとてもお洒落ですねぇ〜!


DSC07565


階段を上がった所から奥を写しました。

梁が素晴らしいですね! 実際はこの梁の下に天井板が張られてたそうなので、随分天

井が低かったんですね。元は子供部屋だったそうです。

このインテリアは梁を残した以外、全てオーナーシェフの手作りだそうです。凄い!


DSC07566


椅子を除く、テーブルも衝立もオーナーの手作り。開店を夢見ながら作業をしてた時が

一番楽しかったそうです。(私には出来ません。ペンキ塗りで4日も掛かる人ですから

・・・)


DSC07561


この写真いいでしょう! 先生もお気に入りの空間みたいですよ。

「こんな風にした〜い!」と言ってました。

突き当りに見えるドアが2階テラスへ出るドアとなります。格子使いがニクイですね。


DSC07560


ハイ、2階のテラスです。お食事後の一服をココで・・・。煙を燻らせながらコーヒー

を一口。通りを歩く人々を観察するのもいいですね。(私はタバコを吸えませんので

・・・)  左手に「洋酒博物館」の看板が見えます。


DSC07563


さぁ、お料理です。この日は軽めに済ませたのでたくさんご紹介出来ませんが・・・ま

ずは先ほどお薦めしたカルパッチョです。

ボリュームがあって、お魚がとても新鮮なんです。

2度来たのですが、アラカルトを数品注文して二人で頂きました。今度はコースを食べ

てみたいと思います。(事前予約が必要です)お得なのは「飲み放題コース」=お客様を

ご案内した時に挑戦しようと思ってます。


DSC07571


サザエのお造りとツルムラサキ添え・・・美味しかったです!

DSC07572


トマトとチーズがたっぷりのパスタ。(名前がわからなくてスイマセン)

DSC07574


メインディッシュがこちら。ポークとレタスを野菜たっぷりのソースとともにクレープ

状の皮に包んで頂きます。2人で食べてもボリューミーで美味しく頂きました。


DSC07577


またまたお気に入りのお店が一つ増えました。

女性の方には特にお薦めしたいお店です。今回写真を撮ってませんが、オーナーシェフ

もイケメンの素敵な男性です。

本当はあまり教えたくないお店なのですが・・・長く続けて欲しいお店なのでご紹介し

ました。

最後に《 2FACE 》=二つの顔・・・の意味をオーナーに聞いたところ、以前 30代

の頃に12年間やっていた最初のお店《 TAO 》と、40代になって心機一転 満を持し

てオープンした《 PORTA 》・・・この足跡を《二つの顔》として店名に残したの

だそうです。

ここに来るまでの時々を一生懸命・大切に過ごして来た・・・そんな思いがひしひしと

伝わって来てとても感動しました。 「ポルタ」ますます気に入ったなぁー!



DSC07585


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382



素敵な『ビストロ』がオープンしました!

9月1日、黒船屋から徒歩6分ほどの所にイタリアン&フレンチの素敵なビストロがオー

プンしました!

実は既に2度お邪魔してるのですが・・・オーナーシェフのUさんにブログアップの許可

を頂いて無かったのでアップ出来ませんでした。

昨日 快くOKを頂きましたので、明日画像満載の更新をしたいと思います。

オーナーの手作り感あふれる店内と、見た目も美しく 豪華で美味しい・・・しかもリー

ズナブルなお料理。

どれを取り上げても幸せ感いっぱいの可愛いお洒落なお店です。

きっと、日田市の人気店に成る事請け合い!

明日の更新をお楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

久し振りに『アンティーク帯』の買い出しに行きました。

特に必要という訳ではなかったのですが、《1日臨時休業》を決め込んで柳川まで「ア

ンティーク帯」の買い出しに行って来ました。

台風16号が2日後位に大分最接近・・・という事ですが、この日は秋晴れのとてもいい

天気。絶好のドライブ日和です!

片道約2時間のドライブはミーティングに最適な時間。最近起きた出来事やこれからの

方向性、新作人形の事など話は尽きません。

この日は土曜日なのに渋滞も無く、いつもより10分程早く着きました。

今日の仕入れは『吉祥天』に着せる衣に適した、古〜いイエロー系の織の細かい帯地と

限定。(これがなかなか無いんですけどね!)

さぁ、レッツゴー!


あまり期待はしてなかったのですが、今回は古い明治時代の丸帯を半裁にした「作り

帯」がたくさん揃ってました。

色・柄の似通ったモノが多いので厳選して、12本のアンティーク帯を購入。

画像の12本です。


DSC07549




DSC07550




DSC07551




DSC07552


本当はもう少しイエロー系のモノがあったらベストだったんですがねぇー!

でも今回は良いモノが手に入りました。(ラッキー!)

この日の昼食は いつもの『千十』ではなく、久留米市内の『ジョイフル』で済ませ・・

その後は これまた久し振りに、友人の「泉ご夫妻」がやってる『夢工房』へ行きまし

た。本当に久し振りだったので かなり長い時間お邪魔して、モノ作りにまつわる話が尽

きません。

ご主人の泉さんは私と同じ年で、「流木アート」や「ジェムストーンアクセサリー」を

一回り年下の奥様は「アクセサリー」や「彫刻看板」を主体に色々面白いモノ作りを

やってます。

流木に興味を示した私が、「シーグラス」の事を話題にしたところ・・・ご主人が帰り

にお土産と言って、「シーグラス」を手渡してくれました。

ほら、とても綺麗でしょ!


DSC07553




DSC07554




DSC07555


奥様からは庭に咲いていた白い「ジンジャー」の花と、おすそ分けの「お菓子」を頂い

て帰路へ・・・。泉さんありがとう!また来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

書きたくない!・・・けど、書かなきゃいけないので・・・

ペンキ塗りの事をアップしてから9日が過ぎてしまいました。

書きたい事は色々あるのですが・・・あまり書きたくないのに どうしても避けては通れ

ない出来事があったので、ここまで更新が延びてしまいました。


ペンキ塗りが終わった翌日(4日)の夜 先生が福岡から戻って来たのですが・・・・・

翌朝、出来上がりの状態を見てから開口一番「天井の廻縁の塗りがチョット雑ねぇ!」

開口二番「窓側の壁の色とだいぶ違うから、この際そっちも塗ろう・・・」

私はしばらくの間、ペンキ塗りなどしたくないので無言でいると、「あ いいよ、私が

一人で塗るから」    「やったー!」

だけど、最低でも2日はかかるので、またアレコレ手伝わされるんだろーなぁ?


仕事始めに手伝ったのは、タンスの移動と新しいペンキを1缶買って来る事。

その後は工房で「小道具作り」に没頭してました。


午後4時が過ぎて、「そろそろ夕食の買い出しに行って来るかな!」(注:忙しい先生の

代わりに毎日の食事は私が作ってます。自分で言うのもナンですが・・・一流のシェフ

です!)と、出かける用意をしてる所へ先生が2階から降りて来ました。

「塗り終わったよ!」  「へぇ! 塗り終わったって、まだ4時間しか経ってないよ」

「でも塗り終わったから・・・ちょっと見て!」 言われるままに付いて行くと・・・


DSC07542


ひぇーーー、綺麗に出来てる!(注:画像は養生などの後片付けを終えて先生が写し、

「ブログに載せて・・・」と渡してくれた写真です)

確かに一面少ないのと、鴨居の部分が無い・・・という事実はありますが、それにして

も私が4日もかかったのにわずか4時間で終わらせるとは・・・一ぺんに自信喪失してし

まいました。


DSC07543


DSC07544


DSC07545


これならギャラリーとして、ここで作品展をやってもgoodです。

後は階段のある部屋の壁だけですが、先生がそのうちに「ここだけ少し違う色で塗ろう

かな?」と言ってました。

それにしてもこの差はナンなのだ!《オレ、まるでダメじゃん!》


DSC07546


そんなこんなで、更新が随分遅れてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

《ノルマ》の『ペンキ塗り』やりましたぁ〜!

先生の不在中に課せられた《ノルマ》の一つ・・・『二階・真ん中の部屋のペンキ塗

り』を実行する事にしました。

29日・ 30日の2日間で終わるだろう!・・・と、高を括っていたら トンデモナイ、な

んと4日間も掛かってしまいました。

アサヒペンの水性『スーパーコート』ツヤ消し・・・というペンキを塗ったのですが、

ツヤ消しだからなのか、下地の化粧ベニヤ板のせいなのか?!ペンキはのびない、ロー

ラーで何度塗っても塗りムラがあるんです。(でもやるしか無い!)


◎進行状況をご紹介致します。

最初の1日目は塗り面の掃除と養生、隅部分の筆塗りだけでで終わりました。(ここまで

は楽勝、余裕の1日。終わった後のビールが美味い!)

窓側の部屋は先生が数年前に塗りました。(少しクリームがかったバニラホワイトです)


DSC07521


DSC07524


DSC07522


DSC07527


DSC07528


◎隅っこの筆塗り部分はローラー処理が出来ないので、かなり入念にやりました。大変

だったのは「鴨居」の部分。筆塗りだとムラになるので、最後はローラーを駆使して塗

りました。

ベニヤの継ぎ目も筆でキッチリと!


DSC07529


DSC07534


DSC07533


DSC07535


DSC07536


◎2日目からローラーを使っての本塗り。

これで楽勝・・・と思ったのが浅はかでした。

ぜんぜんペンキがのびないんです。

1.6リットルの缶がたちまち空っぽに・・・・・

この日はペンキの終わりと同時に終了。(なんかビールが凄く苦い・・・)

◎3日目・・・塗りムラが気になるので、何度も何度も繰り返し塗り続けます。

何度塗ってもムラが気になります。A型だからでしょうか?

キリが無いので午後6時をもってこの日は終了。

◎4日目・・・今日で最後。塗り残し、気になる部分すべてに手を入れて完了。


DSC07537


DSC07539


DSC07538


DSC07541


DSC07540


◎むせ返る様なペンキ臭の中、その夜は窓を開け放って眠りに就きました。

翌朝、養生を全て取り除いて部屋を見回すと・・・「わぁ〜いいなぁ〜〜!」

「これで黒船屋の1〜2階を使って作品展が出来るぞ!」

きつかったけど ペンキ塗りして良かったなぁ〜!・・・と心から嬉しくなりました。

でも、しばらくは「ペンキ塗り」したくないです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

早々に来年度の『お雛様』ご予約の第一報を頂きました。

昨日、新作の『豆田雛』の事を話しながら夕食をとっていると携帯が鳴りました。

着信のお相手は3年前に『源氏雛』をご購入頂いた愛知県のT様からです。

黒船屋のブログをご覧になって、来年度の「お雛様」制作がスタートした事を知りお電

話下さった様です。


T様ご自身も「古布」を使ったお細工物等の教室を主宰されてる講師の方ですが、ネッ

トで黒船屋の『お雛様』を見つけ、娘さんに誕生したお孫さんに『源氏雛』をプレゼン

トされました。

また、昨年暮れには教室のお弟子さんにもご紹介して頂き、本当に有り難く心から感謝

しています。

今回は、息子さんにお子さんが誕生されるそうで、本来ならばお嫁さんのご実家から

「お雛様」を贈られるのですが、是非とも黒船屋の『源氏雛』をプレゼントしたい

・・・と、早々のご注文を頂きました。

※下の画像は、2014年からバージョン変更した『源氏雛』。(見本の為の一組在庫分)


11月25日のブログA


◎女雛のお顔 拡大画面

11月25日のブログC


◎男雛のお顔 拡大画面

11月25日のブログB


小さいけれど、アサリの稚貝で手作りした『貝合わせ』が雰囲気を醸し出しています。

11月25日のブログD


桐箱入り、お子様のお名前と生年月日を蓋に裏書き致します。

11月25日のブログE


「コンパクトで小さなお雛様」が脚光をあびるようになり、黒船屋でも来年は更に小さ

な『豆田雛』制作に取り組んでいますが、自信を持って制作してきた『源氏雛』や『古

代雛』がこんなに早くご依頼を受けると本当にうれしくなります。制作にも力が入りま

すね。

T様、必ずや気に入って頂ける様な『源氏雛』を制作してお届け出来る様頑張ります。

ご注文本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ブログランキング】に参加しています。右側上段の「ランキングバナー」をクリック

して頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

夕食後にサイクリングに出かけました。

日田は今日も《超》の付く暑い一日でしたぁ〜!

買い物に行く途中で どこかのお店が、「目指せ! 最高気温40度」・・・の立て看板

を立ててる所に遭遇。(どうせ暑いんなら最高気温取っちゃえ!)と、思う気持ちもよ〜

く分かります。


父にあわせて早めの夕食を済ませた後 外へ出てみました。おりしも大きくて真っ赤に燃

える太陽が西の山目指して急降下しているところでした。

「あっ!夕日が沈むところをブログに載っけよう・・・」

デジカメをポケットにしまい、自転車に飛び乗ると障害物の少ない三隈川目指します。


DSC07496


もうすぐ三隈川。間に合うかなぁー!?

DSC07498


川まであと僅か・・・というところで、ああもう沈む!よし、ここで撮ろう。木工所の

工場の後ろの山に夕日が姿を隠そう・・・としています。


DSC07505


ズームして写します。

DSC07500


更に大きく!

DSC07501


午後6時46分・・・太陽は姿を隠してしまいました。

風もあって気持ちがいいので、このまま少しサイクリングしてみよう。

島内橋から見た『亀山公園』と『ホテル街』そして『三隈川』


DSC07507


もっと綺麗に見える対岸へとやって来ました。

ホテルには明かりが灯りはじめ・・・あっ、《遊船》がかなり出てますね!行ってみま

しょう。


DSC07509


5月中旬に行われる日田市最大の祭り『川開き 観光祭』 メインイベントの『大花火大

会』は2日間で一万発の花火がこの付近一帯から打ち上げられます。


DSC07510


もう少し暗くなると、かがり火を焚いた『鵜飼い船』が出て、屋形船(遊船)のお客様の

目を釘付けにします。


DSC07511


「銭淵橋」上から眺めた三隈川最高の景色です。ここから夕日を撮りたかったんですよ

(最高です)  是非、ご自身の目でお確かめ下さい。

この日は十艘の『遊船』が出てました。ひたには五十艘ほどの遊船があるそうです。

ユックリ時間をかけて回った45分間のサイクリング気持ち良かったです。


DSC07514


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング参加中!
Archives
  • ライブドアブログ