工房 黒船屋

その人形には色彩(いろ)が溢れています。愛が溢れています。

『終わりました〜!』1ヶ月間のロングラン作品展が無事終了。

1ヶ月間の長いなが〜い「作品展」が今日で終わりました!

「あれっ!どうしたの?」というくらい静かな最終日でしたが、おかげで着々と後片付

けが出来ました。

ぴったり4時に入り口を閉めて片付けがスタート。先生の弟と幼馴染の女性がお手伝い

をしてくれたので、午後7時には会場内はな〜んにも無い状態。

掃除も綺麗に出来ました。

その代わり、工房内はこの状態です。


DSC00062


明日から引き続き工房内の整理整頓が始まります。

とにかく今夜は「居酒屋」でお疲れ様の打ち上げで〜す。

ご来場いただきありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

今年は『古代雛』・『源氏雛』が好評です!

前回の更新から4日ほど過ぎてしまいましたが、この間も2組と3体の人形が黒船屋を巣

立って行きました。

中でも一番嬉しかったのが下の画像の人形たち。

昨年末までに3組制作した『源氏雛』3組のうちの1組です。

昨年は「お雛様」の人形が不振で、私は「お雛様はもっと減らしてもいいんじゃない

?」と提案したのですが、先生は頑なに「古代雛と源氏雛は最低3組づつ作るよ」と聞

き入れませんでした。

ところが、『古代雛』は作品展前に2組が売れ、つい先日最後の1組が売約となりまし

た。また『源氏雛』も1組目が期間の前期に売約となり、2組目の下の人形が昨日 朝倉

市のY様にお買い上げ頂きました。解らないものですねぇ〜。

先生の閃きは素晴らしい! いつも当たるので驚きです。

Y様を会場へ連れて来てくれたのは小郡市のT様。

T様は10年程前に、久留米岩田屋で開催した作品展で『源氏雛』を購入して頂いた方

で、それを見たY様が「私もこんなのが欲しい!」というので連れて来て下さったのだ

そう。(じわ〜っと涙が出そうになるくらい嬉しいお話です)

T様、本当にホントに有難うございました。


DSC00046


DSC00045


会場内の「癒しと祈り」の人形たちを見ている内に、どうやらT様も「ラクシュミー」

が欲しくなった様で、お買い求め頂きました。散財させてしまって申し訳ありません。

DSC00055


DSC00056


T様、Y様 本当にありがとうございました。いつまでもお傍に置いてお楽しみ頂けたら

幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『古代雛』最後の一組が「売約済」となりました。

父の手術も無事終わり 今日からリハビリが始まりました。

「若い良い先生で、マッサージが気持ちいい〜!」と大変喜んでいました。

作品展の方は・・・朝からシトシトと憂鬱になるほどの氷雨が降り、会場に行くのも

「気が重たいね」と、二人で話てたくらいでした。

先生の運転する車で会場まで送ってもらい、私は準備の為そこで降り、「雨で少ないだ

ろうから友達のお店をチョット回って来ていい?」と、先生は車で何処かへ?


準備がほぼ終わって、やれやれ・・・と思いコーヒーを飲んでると、階段を上って来る

音がして3組のカップルがお見えになりました。

6名のお連れ様かと観察してると、どうやら3組別々の様です。

やがて2組は会場を後にしましたが、一番年上と思われる私と同年配のお客様だけが残

り、なおも熱心に見入っているのでお声がけしてみました。

すると先方のご主人が、「このお雛様はチョット珍しいですね。中国風の衣装や冠を付

けている!」と言われたので、「コチラは『古代雛』というお雛様で、日本の文明や文

化は多くが大陸から伝来したものが多いので、あえてこういう感じに制作しました」・

・・とお答えしたところ、「いやぁ、感心しました。私たちの心にビンビン伝わってき

ます」と、大変嬉しいコメントを頂きました。


DSC00035



◎女雛 《 拡大画像 》


DSC00033



◎男雛 《 拡大画像 》


DSC00034



今日は何もかもが解決して とても良い日なので、この「お雛様」を頂きます!」と、突

然ご主人が言い出しました。

とりあえず お座り頂いてお話を伺うと、最初に奥様が『古代雛』を見られて「素敵なお

雛様ね」と気に入られたのだそうです。日頃人形などには興味を示した事など無いご主

人も、奥様から言われるままに人形を見てたところ、その顔が、衣装が、装身具が心に

響いて来たそうです。

今年制作した3組の『古代雛』。私と先生の思い入れも大きく、大好きな「お雛様」の

ひとつでした。

実は奥様がかなり重いご病気で闘病されてたのですが、それがこの度完治されたのだそ

うです。

奥様が優しい笑顔で見つめられているのを見て、「よし、これを退院祝いにプレゼント

しょう!」と決められたそう・・・なんとも優しいご主人ですね。

「おひなまつり」の為に買うのでもなく、急いで飾るわけでもないので、作品展が終了

した後で工房の方へ取りに見えられることとなりました。


DSC00032


※『古代雛』は前にも書いた様に大変好きなモチーフなので、これからも顔を変え、衣

装・装身具等を変えて制作を継続して行きます。

中津市からお越し頂いたF様ご夫妻、誠にありがとうございました。

会期中、大事にお預かり致します。再会を楽しみにしています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

父の手術が無事終わりました。

2月25日、 自転車を杖代わりにおして豆田町で開催中の「作品展」を見に来てくれた

99歳の父が、その夜自室で転倒して大腿骨を骨折した事はすでにお知らせ済ですが、今

日3月5日にチタンを埋め込む手術を行いました。

午後1時30分、病室を出て手術室へ向かいます。耳元で「じゃー、頑張って!」と一声

かけて送り出しました。

直前に麻酔科の先生の説明がありましたが、「以前102歳のおじいちゃんに麻酔をかけ

たけど2番目に高齢です。凄いですよねぇ〜」と言われたのが頭に残っています。


DSC00001




DSC09998


談話室でテレビを見ながらウトウトし始めた頃、看護師さんから声を掛けられました。

「手術が終わりましたので、担当の先生から説明があります」・・・促されて先生の元

へ向かいます。1時間程度の手術が無事終わった事。来週からベッドから起き上がる為

のリハビリをやる事。次の段階として、離床へむけての本格的なリハビリを始める事。

また高齢なので、無理なリハビリは避けて「車いす」の練習をする事・・・などの話が

ありました。

午後5時30分過ぎに「作品展」会場から戻った先生も駆け付け、手術が無事終わった事

を知り喜んでいました。

新作人形の評判が良いらしく、先生からの報告を聞いて看病疲れも薄らいで来ました。

手のひらサイズの吉祥天『合掌』が数体売約になったようです。

とにかく、手術が無事終わって一安心しました。

DSC09915


※一番下の人形が評判の良い人形です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

豆田の名物行商人『綿吉さん』をご存知ですか?

どうやら3月3日の「ひなまつり」は雨模様のようですが、皆さんは『天領日田 おひな

まつり』期間中の土・日のみ、《午前中1時間・午後1時間》の限定で豆田の街並みに出

没する名物行商人『綿吉さん』をご存知でしょうか?

手っ甲脚絆に編み笠のいでたちで、饅頭やお菓子を売り歩いてますが、気軽にガイドを

やったり一緒に写真に納まったり・・・と、豆田では超有名人なんです。

また、黒船屋の良き「支援者」で、町行く人々に「作品展」を見る様に勧めたり、道案

内をしてくれたり・・・と、大変お世話になっています。


DSC00008



普段は自宅の『嶋屋本家』でお土産品の販売をしたり(こちらは奥様が常駐)、向かいの

『石丸金物店』で、こんな「竹籠」や「曲げわっぱの弁当箱」を売ってます。


DSC00026



3月1日は土・日ではありませんでしたが、この出で立ちで会場に顔を出してくれたの

で、記念の1枚を撮る事が出来ました。


DSC09992



この日 行商してたのが、ナント下駄の形をした「下駄ラスク」


DSC00005



お茶と一緒に食べたところ、とても美味しかったです!(茶器は小鹿田焼き)


DSC00006



小鹿田焼きと言えばもう一軒、豆田町への入り口となる港町の「無料駐車場」そばにあ

る、『小鹿田焼き 大原』さんも黒船屋の良き「理解者」です。

車を停めて、これから豆田へ行く人々すべてに「黒船屋の人形は一見の価値があります

よ。是非、見に行って!」と、勧めてくれてます。お二人に感謝!ありがとうございま

〜す。


DSC00009


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

24日夜10時過ぎ・・・父に突然のアクシデントが!

22日の4時過ぎ「デイサービス」の送迎車に送ってもらって、父が会場へやって来まし

た。一通り会場の人形を見て回り、開口一番「今年の展示が一番いいバイ。一回じゃ見

終わらん!」と褒めてくれました。この日は先生の運転する車に乗って帰宅。

先生の作る人形に特別な思い入れを持つ父が、2日後の24日(日) 再びひょっこり姿を現

しました。聞けば自転車を杖代わりに押して来たのだそう。(元気いいなぁ〜!)


DSC09997


差し入れのミカン1ネットを手渡すと、今回はじっくりと1点1点見て回りました。

DSC09996


その足取りは、とても99歳とは思えないほどしっかりしています。

DSC09999


この後、あのアクシデントが起こるなど誰が思うでしょうか。

DSC09998


その夜 10時を少し回った頃、父の居る居室の階下で食器の洗い物をしていた先生が、

大きな音と共に父の「アイター!」という声を聞きつけスグさま2階へ行って見ると、

父が倒れ込んで呻いていました。

呼ばれるままに2階へ駆け上がり、どうしたのか訳を聞いてみると・・・蛍光灯を消す

為ヒモに手を伸ばしたところ、バランスを崩してそのままドスンと尻餅をついたそうで

す。とても痛そうでしたが 日曜日の夜なので、その夜はシップ薬を貼って休ませまし

た。

翌朝、痛みはひくどころか更に増した様で 階下へおろす事すら出来ないので、救急車を

呼んで目の前に見える「日田中央病院」へ搬送。

レントゲン、CTスキャンの画像を見た結果『右大腿骨骨折』転位している骨を骨折前の

状態に戻して、チタンで骨折部を内固定する手術を行った後、離床を図る・・・ため2

〜3ヶ月の入院予定。と、診断が出ました。

2〜3ヶ月と言えば・・・あれほど楽しみにしていた「百歳の誕生日」は病院で! と

いう事になるのかぁ〜。

それよりなにより、先ずは3月5日に予定されてる手術を無事乗り切れる様祈るばかり

です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『黒船屋』だけを目指してやって来られたお客様・・・感激!

会場内がほぼ満員に近い状態になったお昼過ぎ、昼食を中断した先生が熱心に見入るご

夫婦に近づいて話しかけました。すると奥様が、「ここだけを目指して行橋から来まし

た」と答えられたそうです。

聞けば、日頃から黒船屋のブログを見て下さっているそうで、昨日アップした25枚の写

真も見られたようです。

いくつかお気に召した人形があった様ですが、「最初は小さなお人形から・・・」と、

おっしゃる奥様に「どうせなら一番好きな人形にすれば!」と、ご主人がアドバイス。

そしてナントご主人からのプレゼントという形でご購入して頂きました。

◎コチラが行橋から来られたMご夫妻です。(とっても魅力的で素敵なご夫婦です)


DSC09993



お求め頂いたお人形 『吉祥天立像』

なぜか日田「ダンワラ古墳」から出土した『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』を持ってます。


DSC09969


先生が包装している間に、お二人とお話して分った事は・・・「どうして黒船屋のブロ

グを知ったのですか?」の問いに、最初は『ちりめん遊び うさぎ』さんの作品が大好き

でブログを見ては楽しんでいたそうです。そのうさぎさんのブログにある時「黒船屋」

の紹介が載ったので、検索して以降 時々見てくれてたのだそうです。

ここで「うさぎ」さんの名前が出て来たのでビックリ!

今回、数名の友人のお店や作品を紹介する小さなコーナーを設けたのですが、その中に

「うさぎ」さんのカワイイ『お座りうさぎ』を飾ってたんです!

M様は「うさぎ」さんのブログにコメントしたい・・・と思いながら出来ない自分が歯

がゆいと言っていました。また、うさぎさんの作品も欲しいけどコンタクトも取れない

・・・と。紹介して頂いた私の方が先にお会いする事になって、なんだか「うさぎ」さ

んに申し訳なくって! 「うさぎさんはとても優しいイイ人ですから勇気を出してコメ

ント入れて見て下さい」と言っておきましたよ。


いろいろお話した後で、「やはり最初に欲しいと言ってた『吉祥天・合掌』も頂きま

す」と、コチラもご購入下さいました。

そう言えば、「うさぎ」さんも昨年この会場へ来た時、この合掌吉祥天をお求め下さい

ましたよね。仕事部屋にとても素敵な感じに飾ってくれてました。

ブログで紹介してくれた「うさぎ」さん、そして今回ご購入頂いた行橋のM様ご夫妻へ

心から「ありがとうございます」と感謝のお礼を申し上げます。

日曜日の今日は今までにない大勢のお客様がご来場下さいました。ブログで紹介したM

様以外にも作品をご購入下さったお客様がおられます。本当にありがとうございました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

ギャラリー内の写真をアップしま〜す。

1ヶ月のロングラン開催となる この作品展も今日で早10日目。会期の三分の一が過ぎて

しまいました。

ようやく心に「ゆとり」が出て来たので、ここらで会場内の画像をアップしたいと思い

ます。

全ての作品はとても紹介出来ないので、25枚の写真を簡単にタイトルだけ付けてアップ

しますね。

◎それでは最初に、会場となる『日本丸館』の全景をご覧下さい。

18代続く老舗の薬舗です。三階は「天守閣」になっていて、日田の町360度見渡せま

す。


DSC09903 (1)



向かって右側が「ギャラリー連」への入り口となってます。


DSC09902



今回は先生の発案で、ギャラリーの案内板の下にピンクの「くろふね屋」の看板を取り

付けました。


DSC09904



土足のまま階段を上がると・・・そこが会場です!


DSC09905 (1)



スタッフのいるスペースから会場内の全景を写した画像です。


DSC09892 (1)



階段を上がった左手が「新作」の小品コーナーです。


DSC09894



中央の2台のガラステーブルも「新作」の小品と「お雛様」の小品コーナーとなってま

す。


DSC09913 (1)



右手は大型の「お雛様」コーナー。中央にある「お雛様」は『神像雛』です。

下の画像は『神像雛』の女雛の拡大画像です。


DSC09914


DSC09978



こちらは、毎年人気のある『源氏雛』のセット。桐箱入りでジャスト10万円。

もう一組、お顔の違うタイプもありますよ。


DSC09984



コチラはお道具も全て黒船屋手作りの『豆田雛』。全て台に接着してるので出し入れ簡

単。ホコリを払うブラシもついてます。 桐箱入りで5万円。


DSC09981



手のひらサイズの民芸調の「お雛様」は『吉祥雛』 桐箱入りで2万円。

※両側の「お膳」と「鏡」のお道具は付いてません。


DSC09980



黒船屋で一番大きな『神像雛』  ※もちろん非売品となってます。


DSC09897



2体の『吉祥天半跏思惟像』と右上が『神功皇后』。左下は『木之花咲耶毘売』

左側上段の『吉祥天』は《売約済》となってます。


DSC09898 (1)



そして初日に《売約済》となった『吉祥天半跏思惟像』


DSC09884



左手の『吉祥天』コーナーです。 一番手前は『吉祥天立像』


DSC09926



中央のガラステーブル。新作の『吉祥天』小品と『お雛様』の小品が並んでます。


DSC09895 (1)



中型と大型の『吉祥天』と『パネル絵』のコーナーです。

初日にパネルの『飛天』が出てしまいました。


DSC09900



今年も設けた、『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』コーナー。古代日田の女神様、『久津媛』も

一緒に・・・。


DSC09899



そして私が制作した『飛鳥の調べ』コーナーです。

下の3体は《売約済》となった人形。


DSC09901


DSC09911


先生お気に入りの新作人形。真ん中の人形は《非売品》となってます。

DSC09909


小品の『吉祥天』コーナー。立像のみ《売約済》となってます。

小品の《吉祥天》合掌は、桐箱入りで・・・1体1万円となってます。(残り3体)


DSC09915



人気の高いこの吉祥天《合掌》は、先生のお気に入りです。


DSC09925



最後の作品『吉祥天』坐像も「癒される〜」と、評判が良いのでホッ!としています。


DSC09924


この他にも、「おいらん」や「大正ロマン」といった人形がありますので、是非興味の

ある方はお運び頂けると幸いです。   最終日は3月14日までとなってます。

会場でお待ち申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

2日目に起きた《 超嬉しかった事 》

早いもので豆田での作品展が始まって既に4日が経ちました。

初日良いスタートが切れた事をお伝えした後 更新が止まってしまいましたが、会場内の

最後の仕上げを夜遅くまでやったり、ご売約頂いた人形の梱包・発送を行ったりと、忙

しい毎日を過ごしてました。


さて前回のブログで、 2日目に《 超嬉しい出来事が起きました! 》と書いたところで

終わってましたが、続きを書きたいと思います。

◎1月13日のブログで、福岡から工房へ来られたご夫婦が、来年完成する新居(お話を聞

くと大変な豪邸です)の玄関スペースに黒船屋の人形を飾りたい・・・と、涙が出る様

な嬉しいお話をして下さいました。しかも飾りたい人形は、これまで黒船屋が何体も制

作して来た竹久夢二の代表作で黒猫を抱いた『黒船屋』だというのです。

昨年の作品展で売約となり 現在はありませんが、時間はたっぷりあるので頑張って制作

します・・・とお受けしました。

そのお客様が2日目に会場へ来られたのですが、仕事で来れなくなったご主人の代わり

に、身長が170cmもある超美貌のモデルの様なお嬢様を伴って・・・・・。

奥様も髪型が少し変わってたので最初は全く判りませんでした。

その後 先生がお相手してるうちに「あの時のお客様」と判り、吉祥天の事や黒船屋の人

形制作に着手した事を告げると、お客様から意外な言葉が・・・・・

あの日、黒船屋を出てご自宅へ帰り着いた後も、工房で見た『吉祥天半跏思惟像』が頭

から離れず、気になってネットで検索して見たら、その発祥・プロフィール・姿かたち

・・・どれをとっても素晴らしく、玄関を飾るには大正ロマンの『黒船屋』より幸福を

もたらす『吉祥天』の方が良いのでは・・・と思う様になったのだそうです。

勿論ご主人も賛成され、奥様にご一任という事で。

会場に展示の2体と私が工房から持って来た2体と合計4体の中から、お二人が共にお気

に召された1体をご購入というとんとん拍子の決着となりました。


DSC09875


お人形は光や灯り、また見る角度・位置からどのようにでも表情が変わるので、いろい

ろ試されて見て下さい。


DSC09884


DSC09879


電球色や台の高さでも、こんなに感じが変わって来ます。

DSC09880


DSC09881


福岡のT様本当にありがとうございました。

会期中はお預かりし、会期終了後 銅板に彫金風の装飾を施した装飾金具を台座に取り付

け、お引渡し致します。本当にサプライズな出来事で嬉しかったです。ありがとうござ

いました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

スタートは好調!・・・お客様に感謝です!!

「おひなまつり」初日の15日は小雨のそぼ降るあいにくの天気。

会場の展示もまだ完全に終わってない状態の中、入り口に《 吉祥展 》の垂れ幕を掛け

てるところへ二人連れのご婦人が「見せて下さい」と階段を上って行きました。

私も垂れ幕を掛け終わってすぐさま2階へと向かうと、お二人はしゃがみこんで熱心に

「お雛様」に見入っていました。

お話を伺うと・・・3年前にこの会場で「源氏雛」を見て、お孫さんが出来たら「こん

なお雛様を買ってあげたい」・・・と思い続けていたそうです。

そして念願の女の子が誕生! 作品展の開催を待って初日に友人を伴い久留米市から駆

け付けて下さったのだそうです。

自分的には「古代雛」が気に入ったのだそうですが、お孫さんにはやはり可愛い方が良

いだろうと、名古屋在住の娘さんへスマホで画像を送ったところ、人形のお顔・全体の

雰囲気・サイズ等、全てに満足・・・という事でご購入頂きました。


DSC07773


心配だった初日のスタートも、オープンしてスグに商い成立とまずまずの出だしで

「ほっ!」としたところへ、昨年初めて黒船屋の作品展をご覧になった八代市のお寺の

ご住職ご夫妻が今年は初日に来場。( 昨年は『黒船屋』をご購入下さいました )

昨日出来上がり、持って来たばかりのパネル人形『 飛天 』を即決でご購入下さいまし

た。あまりに早いご決断だったのでカメラで写す事さえ忘れていました。

二人でハラハラドキドキしながら迎えた作品展初日は、やり残した準備の仕上げも出来

ないくらい嬉しく忙しい一日となりました。

そしてナント・・・二日目となる16日は、思いもかけない超嬉しい日となりました・・

・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

今日から豆田町日本丸館2階『ギャラリー連』で作品展が始まります。

おはようございます!

作品が間に合わずバタバタしてましたが、とうとう2月15日を迎えてしまいました。


DSC09075


今年は新作で会場をいっぱいに・・・と思ってたのですが、色々ありまして制作時間を

とられてしまいました。

それでもあと少しで「完成」という作品も多いので、期間中にボチボチ展示して行きま

す。「癒し」と「祈り」の新作人形を見に是非、会場へ足をお運び頂けたら幸いです。


◎会期=平成31年2月15日(金)〜3月14日(木)

◎会場=日田・豆田 日本丸館2階【ギャラリー連】

※午前10時30分〜午後5時まで開場

※お問い合わせは、《日本丸館》0973-23-6101  《携帯》090-9079-6382


DSC09120


DSC09121


皆様のご来場、心からお待ちしています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『新作人形』・・・完成品ではありませんがアップします!

先生が留守の間に新作の何体かを公開しようかな?

まだ完全に出来上がった作品はありませんが、後は仕上げを待つだけの状態です。

完成品以外をアップすると嫌がるけれど、忙しくてブログを見る暇もないし、パソコン

扱えないし、何てったって15日になれば皆さんに公開する事になる人形なんだから・

・・な〜んて言い訳したりして!

◎今回のメインタイトルは《 吉祥展 》 サブタイトルは「祈りと癒しの世界」です。

という事で、最初に紹介するのは『ラクシュミー』 ラクシュミーは元ヒンズー教の女

神様で、ヒンズー教・最高神の一人「ヴィシュヌ」の妻とされ、美と富と幸運そして豊

穣を司るという。

やがて仏教に取り入れられ、吉祥天と名が変わり 毘沙門天の妃で、鬼子母神を母に徳叉

迦龍王を父にするとも云われる。(その昔、江戸時代以前は『七福神」の一人だった)

吉祥とは繁栄・幸運を意味し、幸福・美・富を顕すという・・・今展のテーマには正に

ぴったりの女神様です。

※ 型取りではなく、1体1体手作りした一点ものです。 高さ=約16〜17cm


DSC09814



次は中国の夫人俑を参考に、古墳時代の壁画も加味して制作した『女神像』立像3体。

仕上げはアンティーク布を貼るのか?、着色するのか? (私には解りません!?)

見た方の心を癒してくれると良いのですが・・・。

※ こちらも一点ものです。  高さ=約22〜22.5cm   (左端は非売品になるかも?)


DSC09821



最後は『お多福」さん。( お亀 )とも言う。

「アメノウズメノミコト」に由来するとも云われる。神楽面として福神系。

福を呼ぶ面相として喜ばれる。

以前、試作で制作した小さな人形がとても好評だったので、少しだけ制作しました。

※ アンティーク布貼  ( 小 ) 高さ=約9cm ( 大 ) 高さ=約14cm  《一点もの》
 

DSC09822


※ 昨年みたいに直前になって「インフルエンザ」に掛からないよう気を付けなくっちゃー!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

          創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

工房が少しだけ広くなりました!

9・10・11日と三連休になるので、作品展前の一番忙しい時ですが先生は娘の育児サ

ポートで福岡へ行きました。13日から豆田のギャラリーの展示が始まるので、12日の

夕刻に戻って来る予定です。


工房内を少しでも広くしたい・・・・・と以前から考えてた先生が、長年愛用して来た

「工業用ミシン」を手放す事にしたようです。


DSC09785



ミシンは今も使うのですが、デニムの様な分厚い生地は縫う事が無いので 新しくポータ

ブルミシンを購入。これで充分です。

愛用してた「工業用ミシン」は先生の友人が欲しがっていたので差し上げたのですが・

・・そこは先生の事、綺麗に掃除して綿埃や折れ針は全て取り除き、ピカピカにして送

り出しました。おまけに先方の都合の良い日に数時間掛けて使い方の指導まで!・・・

あの人らしい((´∀`))

ミシンがある時はこんな状態でしたが・・・・・


DSC09784



ミシンが無くなった現在はこ〜んなにスッキリしました。

今は先生の後ろを通って、材料や資料を取りに行く時もラクラク通れます。


DSC09798


今度は私が処分されない様にしっかり働こう〜っと!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

頼りになる『ケアマネージャー』さんです!

月・水・金曜日と週3回「デイサービス」へ行く父が、25日の金曜日は「風邪をひいた

からいかん!」と言い出しました。

とりあえず介護施設へ《 休みます 》の電話を入れ、「起きれたら病院へ行こうね」と

言ってしばらく様子を見てましたが・・・風邪をひいてるようにも見えません。

「ははぁ〜、休みたいので仮病を使ってるな!」と思い、その日は病院へも行きません

でした。

土曜日はほとんど寝たきりで、食事もいつもより軽めにとってましたが、日曜日は布団

を自分であげ、こたつに入ってテレビを見てたので安心してたのですが・・・・・

午後からまた布団にもぐり込んで「ノドが痛いがねぇ〜」と訴えます。市販の感冒薬を

飲ませ寝かせておきました。

その日の夕飯は「 肉 」だけ残してキレイに食べたのですが、そのあたりから異変が起

きたのです。

「明日は迎えが来るから戦争に行かにゃー!」とか「坊さんはいつ来るとか・・」など

変な事ばかり口走ります。「もう今夜は早く寝らんね」とテレビを消しました。

すると仕方なくゴソゴソとこたつから出て布団に入ったので、もう寝たものと思ってた

のですが・・・・・私も休もうと隠居部屋の階下にあるトイレへ行くと2階からテレビ

の音が漏れて来ます、夜中の2時近くなのでビックリして2階へ駆け上がると・・・なん

とこたつに入ってテレビを見てるではありませんか。

事情を説明して早々に寝かせました。


翌朝、月曜日なので「デイサービス」に行けるかどうか聞きに行くと・・・頭からスッ

ポリ布団を被って寝てました。声を掛けるとおそるおそる顔を出して、私だと分かると

安心した様で一気にしゃべり始めました。訳の分からない事ばかり・・・。

介護施設へ電話して「ケアマネージャー」を呼び出し、今日の欠席と父のおかしな状況を

伝えると、「そうですか。多分『せん妄』という状態になったのであって、認知症では

無いと思います。高齢者に表れる病気で、数時間で元に戻る事もあれば一週間程症状が

続く時もありますが一過性のものです。お昼過ぎに少し時間が取れるので伺いますね」

と頼もしい返事。

すぐにネットで『せん妄』を検索した結果、まさに父の症状とピッタリ!

そう言えば、2年前に「心筋梗塞」で入院した時もこんな状態になって驚いた事があり

ました。(その時は看護師さんに幻覚を見る事がある・・・と聞いてました)

若いのにもの凄く頼りになる、『ケアマネージャー』さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

2度ある事は3度ある! あったんです!!

昨日の嬉しさも冷めやらぬ翌12日の午前中、ドアが開いて赤ちゃん1名を含む4名連れ

のご家族がご来店されました。

お母様は大牟田から、その娘さんご夫婦は山口から待望の愛娘「衣音」=いとチャンを

伴って、黒船屋を目指してやって来られたのだそうです。

お母様は10年程前に豆田町の『ギャラリー連』で、娘さんご夫妻は数年前に直接黒船屋

で創作人形を見た事があるそうです。

「女の子が誕生したら黒船屋のお雛様を・・・」と思い続けていたそうです。嬉しいで

すね!

作品展も近づいて来たので、2階の一室に「お雛様」を並べ、セットの確認を済ませた

ばかりのところでした。

お薦めの手ごろなサイズの「お雛様」3組程を展示してお見せしたところ・・・お二人

共少し渋めの『古代雛』がお気に召した様です。

娘さんが収納棚に立てかけていた、レリーフの『吉祥天』も気になった様で一緒にお買

い求め下さいました。

桐箱の蓋に「衣音ちゃん」のお名前と生年月日を裏書きして梱包お渡し致しました。

この日は天ヶ瀬温泉でご一泊されるそうです。〔 親子水入らず、いいなぁ〜〕

◎ご購入頂いた『 古代雛 』と『 吉祥天 』のパネル人形。


DSC09769



◎『 古代雛 』の拡大写真   ※コチラは一年を通して飾れます。

〔※あらあら、早くお見せしようと慌ててディスプレイしたので、屏風が天地逆に飾っ

てました。拡大写真を見て気が付きました。  O様、ゴメンナサイ!〕


DSC09770



◎優しいパパとママに抱かれて微笑む衣音ちゃん。(ウチの蓮くんに似てる〜!)


DSC09763


可愛らしくて優しくて、健やかにスクスクと育つ事をお祈りしています。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

奇跡が起きました!!!

商店街のイベントも無事終了した11日の午前中の事。

工房で人形作りをやってると、ドアの開く音がして先生の友人が来訪。

お茶を飲みながら二人で昨日の『十日えびす』の事など話してるようでした。

私は軽く声を掛けて買い物へと出かけたのですが・・・帰ってみるとビックリ!仰天。

ナント先生の友人が 私の制作した人形『飛鳥の調べ』をえらく気に入ったそうで、「欲

しいんだけど?」と言うんです。

そりゃあ〜、買ってくれるのはとても嬉しい事だけど、一から十まで自分一人で制作し

た人形が売れるなんて、過去に3〜4回あったかなかったか!?しかもナン千円程度の人

形だったけど、今回のは時間も掛かったし、思い入れもあり自分でも気に入っているの

で、万は少し超えるけど・・・値段を言った途端に「えーーーっ、高〜い!だったら要

らない」なんて即答されたらハートがズタズタになっちゃうじゃん!・・・な〜んて

思ってるところへ、ご本人から「これはセット売りなの? 個別売りは出来るの? 1体

20,000円位するのかしら?」と矢継ぎ早に質問して来るので・・・「いや、20,000

まではしないけど、まぁ人形によって少し変えてみようかな?・・・と」言ったところ

で、「じゃぁ、下さい。3体もう決めてるの」とお気に入りの3体をピックアップして

台座へ並べました。

◎1体目は《 琵琶 》を弾く楽士


DSC09657



◎2体目は《 楽太鼓 》を叩く楽士


DSC09655



◎3体目は《 にょうはち 》を打ち鳴らす楽士 (右端最後列)=シンバルみたいな楽器


DSC09666


※1体1体が桐箱入りですが、3体がセットアップ出来る「台座」を手作りして差し上げ

る事にしました。【 どひゃーっ!これは正に奇跡としか言いようがありません! 】

ただし、今回 新作の作品があまり多くないので、《 売約済み 》の札を付けて期間終了

まで展示お預かり・・・とさせて頂く事にしました。

えっ、いくらで売ったのかって?・・・それは会場で確かめて下さい。()

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

最後の『十日えびす』市、無事終了しました。

東京から帰省して38年。家業は婦人服店から人形工房に変わりましたが、商店街活動も

理事長まで経験して一生懸命やって来ました。

大型店が進出して来て組合員も減少するなか、商店街に最後まで残ったイベントがこの

「十日えびす」でした。

福笹作りの為の笹取りや、福引・餅巻き・甘酒ふるまいといったイベントにも組合員が

皆で一丸となって取り組んで来ました。

近隣のお客様にも愛され、支持されて来た事業だっただけに寂しさも残りますが、商店

街の事情を考えれば致し方無いことだと思います。

31歳だった私も現在は69歳となり、事業の一つ一つが苦になる事もしばしばです。

福引コーナーのチーフとして、今日は最後の楽しい思い出作りに徹します。


DSC09744


DSC09745


DSC09743


DSC09741


DSC09748


9時30分からの神事。 10時イベントスタート。

毎年1200本用意してた福笹も今年は笹の出来が悪く800本に減少。

午後3時の終了まで皆でイベントに一生懸命頑張りました。

後片付けの後の「反省会」で飲んだお酒はとても美味かったです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

作品展の「ダイレクトメール」が出来ました。

1月7日、東京からダイレクトメールが届きました。

昨年から佐々木さんにお願いして、データをパソコンから送って印刷してもらってます

が、これが安くて速い!( 今までは何だったの?)って言う感じです。


DSC09782


昨年は余裕があったので、300枚手書きであて名書きしましたが、今回はそんな時間が

ないので、100枚だけダイレクトメールを出しました。

ご案内が届かない方も多いと思いますが、このブログをご覧になってください。

・・・っていうか、これクリックしても拡大出来ませんねぇ〜?

◎会期は、2月15日〜3月14日まで  am10:30〜pm5:00

◎場所は、豆田町・日本丸館2階 『 ギャラリー連 』です。


DSC09781


1ヶ月のロングラン開催です。

皆様のお越しをお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『新年会』は、久し振りの大人数でした。

新年三が日は、だいたい3家族がバラバラに来て大変なので、今年は二日の午後1時に集

まってね〜。・・・と 連絡していたら、息子を筆頭に、一番下の10歳違いの弟、甥の

家族、姪の家族、先生の弟まで総勢13名となりました。(内、子供2人。すみれちゃん達

は、パパの実家へ行ったので今回は来れませんでした)

皆がそれぞれに、缶ビールやお酒・ワインなどをたくさん持って来てくれたので、飲み

物は飲み放題!

すみちゃんのパパが暮れに、でっかい『 タラバガニ 』を3肩もお歳暮で送ってくれたの

で、超豪華な新年会になりました。


DSC09731


最後の家族が家を出たのが午後9時。

なんと、8時間にも及ぶ楽しい「新年会」となりました。

今年はじいちゃんが4月で100歳になります。

「金婚式」の時は知らない内に、自分でたくさんの人を招待して、私達二人でとても大

変な思いをしたので、今度はこじんまりとやる様にしています。(本人はバ〜ッとやり

たいようだけど!?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382

良い事おこりそうな予感が・・・・・

新年あけましておめでとうございます。

元号が変わる新しい年も 昨年に変わらぬお引き立てとお付き合いをよろしくお願い申し

上げます。


新年のあいさつが大変遅くなってしまいましたが、本当に忙しくてバタバタしていたん

です。作品展の新作が思う様に出来ずイライラし、商店街のイベントに手を取られ、頼

もしい限りだった先生が《負のスパイラル》にハマり込んで・・・(これが一番ショッ

クでした!)・・・もう 私まで落ち込みそうでした。


でも、ブログには更新こそしませんでしたが 年末をまじかにして、少しずつ明るい兆し

が見えて来たんです!

それは先生に いつものような《 前向きな姿勢 》が戻って来た事。

「新作が出来そうなメドが付いたから明日から頑張る!」・・・と。

そう言った翌日、これまであまり来客の無かった(あくまでもお客様です。友人たちは

頻繁に来てましたから・・・)工房にご夫婦のお客様がご来店されました。

お話を伺うと、新築されるお宅の玄関に黒船屋の創作人形を飾りたいと思ってるそう

で、その人形も『黒船屋』という・・・竹久夢二作の絵で有名な、女性が黒猫を抱いて

る人形です。

最初に黒船屋の人形を見たのは、日田の琴平にある「大正ロマンの旅籠 かやうさぎ」

だそうで、その後 昨年3月に開催した豆田町での作品展で『黒船屋』の人形を見られた

ようです。

この時の人形は熊本県八代市のお寺さんにご購入頂いたのですが、「新築の玄関に黒猫

を抱いた大正ロマンのお人形を飾りたい!」・・・という気持ちが強くなりご来店下さ

ったそうです。

先生の気持ちがプラス思考に変わった翌日の事だったのでもうビックリ!

今回の作品展には間に合いませんが、是非 良い作品を作ってご連絡致します・・・と、

お伝えしました。( 2月 15日からの作品展にはご来廊下さるそうです)

嬉しいお話を頂いて 気分よく孫達のお世話をサポートするため福岡へ出かけた翌日、ま

たまた嬉しいお客様がご来店。

出かける前に先生がウィンドウの人形を、帯地を使わない「新作の人形」に置き換えて

行ったのですが・・・、ナント通りすがりの女性が「素敵なお人形ですね!売ってるん

ですか?」と、尋ねて来られました。

価格も分らないし、販売してもよいのかも分からないので、電話で聞いた後「出来たば

かりの人形で?????円だそうですが・・・」と伝えると、即決でご購入下さいまし

た。「通りすがりで暮れでもあるので、1月になって来ますので、売約済みにしておい

て下さい」と、名前とご住所を書かれてお帰りになりました。

下の画像がお求め頂いた人形です。

◎この人形は2作目です。( 1作目は昨年の作品展に「試作品・非売」で展示したとこ

ろ、千葉県の女性が大変気に入って下さってご購入下さいました)

※ちなみに市内のお客様です。


DSC09775 (1)
DSC09779 (1)


なんだか立て続けに嬉しい事が起こってますが、来年は良い事が起こりそうな予感がし

て来ましたよ〜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング参加中!
Archives
  • ライブドアブログ