工房 黒船屋

その人形には色彩(いろ)が溢れています。愛が溢れています。

究極のコクキレ『アサヒ ザ・ドリーム』のキャンペーン応募に3回当選!

今 人気のラクビー選手、五郎丸さんのCMでご存知かと思いますが、アサヒビールの

《究極のコクキレ!》アサヒ ザ・ドリームが最近良く当たるんです。

PCでアサヒビールのメルマガ会員になってるので、いろんなビールの試飲キャンペーン

メールが送られて来ますが、「アサヒ ザ・ドリーム」に関しては3月から5月の3ヶ月間

で3度も当選しました。


DSC07226


3度目は25日に「アサヒ ザ・ドリーム(缶350ml×3本)」が届きました。

メルマガ会員なので、『コクキレ』と打ち込んでクリック3回するだけで完了。

関連企業の「ニッカ」や「カルピス」、「三ツ矢サイダー」・・・その他のビールキャ

ンペーンにも応募していますが、当選するのはナゼか「アサヒ ザ・ドリーム」だけ。


DSC07227


応募がカンタンなので、これからもドンドン応募しますからヨロシクお願いしま〜す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

新酒4本《利き酒会》・・・単なる「飲み会」ですが(笑)

『川開き観光祭』で町中が賑やかな22日の午後4時。

作品展を介して友人となったKさんが、小郡から《新酒》を携えてやって来ました。

恒例となった小郡・森山酒造の「月の桂 蔵出し新酒 利き酒会」をやる為に・・・。

以前は年に一度の「飲み会」だったのですが、ここ2〜3年は新酒にこだわらず2回の開

催になりました。

今年あたりからおそらくもう一度増えて3回の開催になるのでは?・・・というくらい

楽しい飲み会です。


DSC07224


今回 持参して頂いた新酒は、《月の桂 かすみ酒》《月の桂 吟醸 大古酒》《純米 月

の桂 初搾り生》《月の桂 しぼりたて生原酒》 の4本。

※写真に収める前に《初搾り生》は少しだけ「利き酒」をやってしまいました(笑)。


◎《かすみ酒》は、ブルーの瓶に白濁したにごり酒が上品に収まった、まさに《かすみ

酒》のネーミングがしっくりの逸品。

アルコール分17度以上18度未満。深い芳醇な甘さが後を引きます。 製造年月

2016.3月 容量 720ml


◎《大古酒》濃いオリーブグリーンの瓶が高級感を醸し出す吟醸酒。

酒米=山田錦  アルコール分18.4度。精白歩合60%。 口に含んだとたん頷いてし

まう納得の味。 日本酒度 +6  製造年月2016.3月 容量 720ml


◎《初搾り生》オリーブグリーンの小瓶が可愛い純米原酒。

酒米=夢一献(100%)  アルコール分15度以上16度未満。精米歩合60%。

口当たりの優しい ついつい盃が進む後引き酒。

日本酒度+2  製造年月2016.4月 容量 500ml


◎《しぼりたて生原酒》茶色の瓶に収められた熱処理をしていない生の酒。

アルコール分19度。若々しい新酒の香り、芳醇な味わいが喉の奥まで沁みわたります。

麹の香りが最高!今回私が一番に推した新酒です。

日本酒度−3.8   製造年月2016.3月 容量720ml

DSC07225


肴は私が2時間ほどかけて作った手料理。(といっても大した料理ではありませんが・・

・・・) 4時から8時過ぎまで楽しい時間を過ごした後、9月の再来を約束してKさんは

小郡へと帰られました。ありがとうKさん、また会う日を楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

5月16日以降に起きた事をまとめてみました!

またまた1週間近く更新が途絶えてしまいました。


日田市は昨日・今日と、一大イベント『川開き観光祭』で凄く賑わっていますが、そん

な喧騒とは関係なく私たちは静かな日々を過ごしています。

工房内もまたまた先生の病気が始まって、少しですがイメージチェンジを図りました。

どうです? 何となく前よりもスッキリ見えるでしょ!

実は木製の収納タンス類を処分して、アクリルの収納ケースに替えちゃったんです。

でっぱりが無くなったので、ホントにスッキリ広く見えます。


DSC07216

※スッキリ、綺麗に見えないのは・・・私の机の上。(ゴチャ ゴチャ)

先生の机上はとても綺麗に整理整頓されてるのに・・・・・。


DSC07217

クリアケースなので中が見えて便利ですね。

DSC07218

いやー本当に綺麗になりました。最初はブスブス言ってた私もこれには脱帽!

DSC07219

これで仕事もドンドンはかどる事でしょう。・・・という訳でもないでしょうが、先生

が『大正ロマン』の人形を2体制作しました。後は仕上げが残ってますが・・・。

もう1〜2体制作してから、お客様へ連絡する様です。


DSC07220

私は・・・というと、とりあえず石粉粘土で『吉祥天』を作っています。高さ17cmほ

どの立像ですが、台座に蓮弁を付けたら造形部分は終わり。後は着色となります。

さてさて、出来上がりはどうなります事やら・・・?


DSC07221


◎『第一回 全国創作人形公募展』は、6月4日(土)のホテルが取れなかったので、5・6

日の一泊二日で行く事にしました。残念ながら時間的に「開展セレモニー」「表彰式」

「歓迎レセプション」には出席出来ませんが、5日は広島市内の繁華街にホテルを取っ

たので、二人で広島の夜を楽しんで来ます。(97歳の父が心配なので一泊で良かった!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

ミニマリストになりたい先生が買ってしまった《ヘンなモノ》

今月7日に行った、『古代裂』購入の際に先生がチョット変わったモノを買ってしまっ

た・・・とお伝えしましたよね。ミニマリストを目指す先生がナニを買ってしまったの

か?・・・とくとご覧下さい。(本物のミニマリストなら買わないと思うんだけど?)


◎まず最初は、急須とお茶碗。(ホントに急須は好きなんですねぇ!?)

その前にも『ギャラリー風』で黒い焼き物の急須を買ったんですが・・・どうやら使い

勝手が良くなかったみたいです。あれはあれで見てて癒されるからイイんですと!

この形のモノは家に「景徳鎮」の急須があるんだけど・・・・・。


DSC07207


◎続いてはナンだかよく解らない素焼きの花瓶風のモノと、焼き締め風のミニ盆栽鉢? 

それに南洋木材をくり抜いて作った、中央に象嵌まで施している正体不明の台?(ちな

みにこの台は1枚しか無かったのですが50円でした)


DSC07209


◎コチラが使用例なんだって!フ〜ン・・・っていう感じなんですけど・・・。

皆さんはこんなの欲しいと思いますか?


DSC07211



◎次は唯一私も欲しかった、メイドイン・タイランドのティースプーン4本。4本しか無

かったんです。1本50円と超破格値でした。


DSC07212


◎コレは、景徳鎮のホタルのティーカップ用にしました。

DSC07214


◎ミニマリストを目指すわりにはなんじゃこりゃ・・・みたいなモノを時として買って

しまう、少し風変りな先生です。一緒になって40年が経つのに未だに理解できないとこ

ろがたくさんある人です。(あ、アチラさんもそう思ってるかも知れませんが・・・)


※今回買い物をした所は、柳川市のお花亭近くにある『チャンティック』というチョッ

ト変わったリサイクルの雑貨屋さん。面白いモノがとても安く手に入りますよ。(ただ

し、変わったモノ好きさんに限りますが・・・) 今日ご紹介した9点の品物・・・全部

まとめて1,500円で購入しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

寿三郎さんの「創作人形公募展」・・・秀作賞を頂きました。

辻村寿三郎人形館主催の《第一回全国創作人形公募展》・・・一次選考はパスしたので

すが、本選考発表の12日にはとうとう連絡無しに終わりました。

それでも入選はしたのだから、憧れの「寿三郎人形館」に一か月間展示してもらえるだ

けでも幸せです。

その12日の3時過ぎ、先生は「一貴くん」のお世話をする為に福岡へと向かいました。

13日が幼稚園の遠足の日で、すみれちゃんとママが動物園へお出かけするからです。


14日の午前、手作りの「ポスト」の中に見覚えのある封筒が届けられていました。

寿三郎人形館からの封書です。

前回は「一次選考合格」のお知らせだったので、サクラの抜型のペタックシール型切手

だったのですが、今回はミッフィーのシール切手でした。

「ああ、入選止まりのお知らせだな!」と思いながら封を開けると・・・表彰について

の事が書かれていました。


大賞、準大賞をはじめ、名士賞が13賞程あったのですが、その他に「秀作」と「佳作」

という賞があり、先生の作品が「秀作」に選ばれてました。

ついては6月5日の表彰式にご出席下さい・・・とも書かれてました。

早速 電話で知らせると、とても喜んで「今、作りたいモノがいっぱいあるから私頑張

る!」と頼もしい言葉が返って来ました。

それに比べると私なんかナ〜ンニモ浮かんで来ないんだもんね!(悲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

時代裂を求めて柳川へ行って来ました。

7日の土曜日、お店をお休みして久し振りに《時代裂》を求めて柳川へとドライブして

来ました。

愛車ラパンが調子悪いので、馴染みの中古車ディーラーへお願いして代車をお借りしま

した。(三菱のワゴン車ですが・・・よく分かりません。車にはホント興味無いんです)

天気も良いし絶好のドライブ日和です。

ナビが付いてたのでONにしてみたのですが・・・説明書を読んで無かったので、これ

もよく分かりません(笑)。道順は知ってるので、アナウンスされる方向とはことごとく

反対方向を走り続けました。

久し振りの柳川でしたが、何軒か回ったお店の方の話では地震の被害に遭ったそうで、

TVのテロップにちょくちょく出てた日田市よりも酷かった様です。

2時間位かけて6本の帯と2着の着物をゲットしました。


お昼はいつもの『千十』で「刺身・天ぷら定食」を食べて、これまたいつもの『チャン

ティック』で先生が面白いモノを買ってました。(チャンティックはリサイクルの器や

雑貨が凄く安く買えるんですよ! 今度先生の買ったモノを紹介しますね)


という事で、ゲットした《時代裂》をアップ致しま〜す。

夜に写したので画像が綺麗に撮れてませんが・・・お許し下さい。



DSC07194




DSC07196




DSC07197




DSC07199




DSC07200




DSC07201


6本の帯のうち4本は明治時代の丸帯と、それを使い易い「作り帯」に加工したモノです

これらは、多分『吉祥天』の着物に変身するのだと思います。



DSC07202


コチラは着物。こんなに小さな「矢飛白」柄はあまり無いので、人形にピッタリでしょ

飛白ではありませんが・・・・・。


DSC07203


着物は、次に制作予定の『大正ロマン』の人形に着せる様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『パネル絵 吉祥天』」・・・お気に召した様で安心しました。

豆田町・《ギャラリー連》の作品展でご依頼を受けていた『パネル絵 吉祥天』が完成。

お知らせしたところ、5月3日に早速ご来店下さいました。

ご依頼品に関しては実物を見て頂くまで心配が付きまとうのですが、お客様のお姉様に

ご購入頂いた作品をお借りして、出来る限り同じような作品に出来上がる様制作したの

で、見たとたんお気に召して頂きました。


DSC07192


お顔は同じ作者が制作してもなかなか同じ様に出来ないのですが、それぞれのお顔を気

に入って頂けたので安心しました。


DSC07191


この新作の『パネル絵』はとても楽しく制作しているみたいなので、これからもいろん

なポーズの作品が出来るのでは・・・と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

ゴールデンウィーク・・・息子が久し振りに帰って来ました。

ゴールデンウィークの5月1日、久し振りに息子が帰って来ました。

日頃 お土産など持って来た事の無い奴が、「コレ、おじいちゃんに。それからコレは

チョット早いけど母の日のプレゼント」・・・と言って紙袋を手渡してくれたのでビッ

クリ!

嬉しさのあまり、先生がすぐさま開封すると・・・中から出てきたのは《マテウスのロ

ゼ・スパークリングワイン》と《ワイングラス》1個。プラス《ビターチョコレート》

1箱と《レーズンサンドクッキー》1箱。 どれも先生の好きなモノばかりです。

「何日かお世話になるんで、一緒にお酒でも飲もうか・・・と思って!」

いやぁ、実に泣かせるセリフです。大した金額じゃないのですが、先生大感激でした。

その夜は勿論 三人で「飲み会」をやったのですが、気が付いてデジカメに収めた時は

こんな状態になってました。(明け方5時少し前に就寝となりました)


DSC07186


レーズンサンドクッキーは私も大好きなので、翌日早速頂きましたが・・・ホワイト

ショコラクリームにラム漬けレーズンがたっぷり混ぜ込まれていて、とてもおいしかっ

たですよ。

DSC07188


昨夜の内にマテウスはすっかり空になってました。ごちそうさま、またお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

二人とも風邪をひいてしまいました。・・・・・開店休業で〜す!

先生が福岡から戻って来たのは20日の夜でした。

とても疲れた様子で咳もしています・・・また風邪かな?!

どういう訳か、福岡から帰って来た時はいつも風邪をひいてるんです。

用意していた夕食を済ませると、(幸いな事に食欲はありました。赤ワインを少し飲み

ながら、ゆっくりと時間をかけてですが・・・)「今日はもうお風呂に入らないでスグ

寝るね」・・・と、寝床についてしまいました。


翌日はあまり体調が良くなさそうでしたが、仕事が遅れているから・・・と、大正ロマ

ン人形の頭作りにとりかかりました。

思いがけず気に入った頭が早く出来たので、早速着物の色合わせを・・・とアレコレ

引っ張り出してはボディに当てていましたが、「ここまで出来たから今日はもういい

ね!」と、二階へ上がってしまいました。

やはり、相当疲れている様です。


22・23・24日と工房には入るものの制作意欲は湧かない様で、終日本を読んだり二階

で横になったり・・・を繰り返す毎日。「病院行ったら?」と言っても、「ウ〜ン・・

・」と生返事ばかり。

この日から私も咳が出る様になり・・・どうやら風邪がうつった気配が・・・!

25日私の咳が激しくなる(参った!)


26日、ようやく先生が病院行きを決意。「薬 多めに貰って来て!」

病院へ行って安心したのか? 先生の表情に安ど感が。 元気も出て来たみたいだ!

なにより ご飯がおいしいと言う。本調子で無い証拠に「ワインはいつもより苦い」と、

言って少ししか飲まなかった。


27日、今日はだいぶ体調が良くなって来た様だ。「さぁ、作らなきゃー」と大正ロマン

の頭作りの再開だ。

万全の状態とは程遠い体調ですが、こうしてまた二人での人形制作が始まりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382 

本選考に向けて・・・本日、『寿三郎人形館』へ送り出します。

相変わらず余震が続いていますが、最近は八代市周辺の揺れが酷い様に感じます。

この地震はアチコチ場所を変えて来るので、とても不気味で怖いです。

さて 5月2日の本選考へ向けて、4月25日必着の締切日に間に合う様に送らなければ

いけない人形ですが、いろいろあって19日には発送出来ませんでした。

昨日は友人からの電話で長話(地震の事)になったり、ART BOXから校正のPDFが送信さ

れて来たりで、バタバタしてたのと・・・先生に内緒で自分のパート部分に少し装飾を

施していました。

ホントに内緒でやっちゃったので、後で凄く怒られるか、はたまた褒められるのか?

私的には、とても良くなった・・・と思うので褒めてもらえる?!と思うのですが・・

・・・・・・・・・・・?????(わからん、チョット怖い!)


とりあえず、今日の午前中に出せる様 荷造りして、デジカメに収めたのですが、またま

たPCが言う事を聞かなくなったので、今回は画像の無い更新となってしまいました。


どうか、今夜も明け方まで地震が来ません様に・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

またまた凄い地震がありました。怖いなぁー!

16日午前1時25分・・・マグニチュード7.1、最大震度6強という、とてつもなく大き

な地震が観測されました。のちに気象庁は、14日の地震は本震では無く、コチラが本震

である・・・と発表を訂正したほどです。

この時、日田市は5強というこれまで体感した事の無い様な揺れを感じ、その夜はまん

じりともしない朝を迎えました。

なんとこの地震では、遠く山形県中山町でも震度1を観測したそうです。

明けて17日は、次はいつ来るか・・・という怯えと共に1日を過ごしましたが、体に感

じる様な地震はありませんでした。

揺れの無い安堵の生活に気が緩みかけて来た頃、福岡にいる先生から、「だんだん地震

が大分に近づいてるから油断したらダメよ〜。揺れたらじぃちゃん連れて前の駐車場に

避難してよ!」と、きつく言われたのに「はいはい」と生返事・・・・・。


夕食が済んで、テレビを見ながら明日発送する公募展の人形を入れるダンボールの準備

をしてるところへ突然・・・ガタ ガタ ガタと揺れだしました。「ヤバイ!」と思いつ

つスグには動けずに様子をみてると・・・10秒程で収まりました。テレビのテロップで

震源地が熊本県阿蘇地方・・・とだけ出て、しばらく後に最大震度5度強。マグニチュ

ュード=M5.8 各地の震度は5強が阿蘇市と産山村、ほかに竹田市でも5強を観測・・

・と出ました。

ちなみに日田市は震度4でした。

この地震でも広範囲で揺れが感じられ、九州全土。並びに愛媛県でも震度3を観測。

広島・岡山でも震度2の揺れを観測した様です。

更に震度1になると、島根・鳥取・兵庫といったところまで・・・・・。

わー、今夜もまんじりともしない夜になりそうだな〜!(どうせ、3時過ぎまでは起きて

るけどね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

黒船屋《最新ニュース》をお知らせ致します。

『黒船屋最新ニュース』の更新をやってる所に大きな地震が起きてビックリしました。

ブログを止めてしばらくTVを見ていましたが、最も強い揺れを観測した熊本県益城町で

は震度7の揺れ・・・と、かなり大きな地震です。詳細は朝になってみなければ分から

ないでしようね。(黒船屋は被害にあってませんのでご安心を!)

今も余震は続いていますが、地震を気にしながら『黒船屋最新ニュース』を更新したい

と思います。



『黒船屋最新ニュース』 Vol.1

《第1回 全国創作人形公募展》・・・・・の件

昨年暮れに、広島県三次市にある「辻村寿三郎人形館」より《第1回 全国創作人形公募

展》の募集要項と参加申込用紙が送付されて来ました。

私達のような「ポーズ人形」を創る人形作家にとって、神様みたいな寿三郎さんが審査

をされる公募展、しかも第1回目の公募展です。

応募資格は、ジャンルも素材も・・・プロ・アマチュアも問いません。

どうしようか?・・・出してみたいね!  と、二人で話していましたが、この10年間

どのコンテストにも公募展にも出品した事は無く、無所属を通して来たので、結局出品

しない事に決めました。

ところが新年の年賀状の中に、人形作家として大先輩でもあり、9年前に初めてお会い

した時、行橋からタクシーを飛ばして日田まで会いに来て下さったバイタリティーに溢

れた松本勝子先生からのモノがあり、「6月に寿三郎展と公募展があります。インター

ネットで見ると分かると思います。ぜひ出品して下さい」と、出品要請がありました。

たくさんのお弟子さんがおられるのに、82歳になられた現在も寿三郎さんを師事する為

に神戸から東京へ通われる行動力と弛まぬ研鑽には脱帽するばかりです。

更に2月に入ると、少しも動き出しそうにない私達の事が分かったかの様に、「ぜひ挑

戦されてみませんか!ガンバッて出品して下さい」と、書かれた手紙と共にあの募集要

項と参加申込用紙が同封されてました。

素敵な先生から二度までも要請を受けて出品しないのは先生に対して失礼です。

ようやくウチの先生が重い腰を上げました。これから新作を作るのは不可能です、二人

で検討して最も作りたい人形『吉祥天半跏思惟像』の完成作品3体の中から・・・下の

画像の人形をチョイスして写真撮りし、第一次選考締切日の7日必着にギリギリ間に合

う4日に投函しました。


DSC03996


この人形がベスト・・・という訳では無いのですが、私達には見えないナニかを持って

いるのか、多くのお客様を魅了した人形で涙を浮かべてたお客様もチラホラ。


DSC03953


サクラの形に抜型された82円切手が貼られた封書が届いたのは4月11日の事でした。

やりました! 第一次写真選考通過の知らせです。

一応プロですから、一次選考くらいは通過しないと・・・とは思っていたのですが、

やっぱり嬉しいですね。ホッとしました。

次は人形を送ってからの本選考開始が5月2日から・・・。12日に審査発表があるそう

です。もう一次通過したからイイ・・・と、思いつつもチョットどきどきしますね。

良いお知らせが出来そうな時は大々的に更新致します。(笑)



『黒船屋最新ニュース』 Vol.2

《ART BOX》・・・・・の件

東京の新宿に「ART BOX インターナショナル」という、アートに関する 出版・エー

ジェント・公募・Web連動でアーティストのサポートをする会社があるのですが、そこ

から今度『Handmade Creators File』という本を出版するにあたり、出展作家を募る

為の出品要項が送られて来ました。

実を言うとこういったサポート会社の勧誘で一度失敗してるので、(そう、あの赤坂サ

カスでの展覧会)そうは問屋が・・・といった感じで中を見たところ、【御招待】の3文

字が目に飛び込んで来ました。

要は、あなたの作品1点〜5点を見開き2頁に掲載した本を出版します。つきましては掲

載料86,400円がかかるところですが、あなたは御招待作家ですので掲載料は頂きませ

ん。ただし、掲載料免除につき、贈呈本はございません。・・・・・つまり、出来上

がった本は買って下さいね!・・・という商法。

定価が2,200円+税だから、2,376円。刊行前に特別予約割引注文を賜ります・・・と

書いてある。

有名作家なら丸々一冊、自分の作品を収めた作品集を出せますが、二流、三流の貧乏作

家さんにはそんなの到底無理ですよね! そこで登場するのがこのサポート会社。

「招待作家」で持ち上げ、掲載料無しで嬉しがらせ、最後は「本たくさん買ってね!」

と、いう構図なんだけど・・・そりゃー乗りますよねぇ。作家である以上、自分の作品

が載ってる本は欲しいモン。お客様には「私の作品が載ってる本ですが、よろしかった

ら差し上げます」・・・って、言ってみたいじゃーないですか。

もうひとつ、掲載作家さんだから「特別予約割引注文」賜ります・・・の下り。

定価からいくら安くなるのか書いてないし、この「予約」というのがミソ。出来上がり

を見て注文するんじゃないんですね。でも買っちゃうんだよね〜。買う人はナン十冊も

買うと思いますよ。300頁の本なので、100〜150人くらいの作家さんだと思うけど、

中には本当に有名な作家さんもチリばめるところが憎いですね。

こんなに書くと良くない会社みたいに思われるかもしれませんが、私は今回ホントに感

謝しています。サポート会社さんがあるから、私達みたいな売れない作家でも自作が何

点か掲載された本を持つ事が出来るんです。

ART BOXさん今回はありがとうございます。刊行される日を楽しみに待っています。




さて、最後のお知らせです。

『黒船屋最新ニュース』 Vol.3

《ジャパン エキスポ》・・・・・の件

既に3回出品して、恒例となりました『ジャパン エキスポ』へ今年も出品が決まりまし

た。日田市内の商社、『OTOGINO』さんが今回も黒船屋の花魁2体をパリへ連れて

行って下さいます。

1回・2回と同じく、花魁に決定しました。

下の2体の花魁が7月の4日間、パリでセンセーションを巻き起こしてくれるとイイナ!

新作の花魁がなかったので、2年前の山口井筒屋の作品展に登場した2人にパリへ行って

頂きます。

物語性を出す為に今回は配役名を変えて、吉原の「扇屋」で熾烈な一番手争いを繰り広

げた、あの有名花魁にしました。

そう、無敵の筆頭呼び出し《花扇》と、萬年二番手呼び出しに甘んじた《滝川》のご両

人です。


P3090026



コチラが筆頭呼び出し『扇屋 花扇』


DSC05967



此方二番手呼び出し『扇屋 滝川』


DSC05968



お二人とも渡仏中は仲良くして下さいよ! くれぐれも梅木さん、矢野さんにはご迷惑

をかけない様にお願いしますよ。フランスへ行く前にチョットだけエステサロンでも

行っときますかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

九州地方で強い地震がありました。

14日午後9時26分頃、熊本を震源とする強い地震がありました。

TVでも各局で報道番組が組まれてたのでご存知の方も多いでしょうが、熊本県益城町で

震度7の揺れを観測。

日田市でも震度4の揺れ・・・とテロップに出ていました。

心配して下さった方からお電話を頂き、大変ご心配をお掛けしましたが、数字に出た程

の揺れは感じませんでした。現在も間断なく余震が続いていますが、最初の揺れほどの

モノではありませんのでご安心ください。

ご心配頂きましてありがとうございます。心から感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

軽石盆栽が花を付けました。

3月13日のブログで紹介した「スミレ」と、もうひとつ名前を書いて無かった2つの

『軽石盆栽』・・・覚えていますか?

その名無しの雑草に、3月も終わりに近い頃4本の塔が立ちました。

そのうち3本は、もやしみたいに貧弱だったのでハサミで切っちゃいましたが・・・

2〜3日前から小さな薄紫色の花が咲きだしました。

あまりに可愛い、可憐な花なのでアップしますね。


DSC07169


先生に名前を聞いたところ、「ジュウニヒトエ」というシソ科・キランソウ属の多年草

だそうです。


DSC07167


和名は、花の咲く様子を宮中の女官などが着る十二単に見立てたものだそうで、俳句の

季語は春である・・・と書かれていました。

なるほど、十二単を着た女官が侍っているようにも見える・・・。


DSC07170



コチラはすみれちゃんが居た時に、一緒に散歩に出かけた折に採取して来たコケ類の仲

間?  透き通った緑色がとても綺麗だったので持ち帰りました。


DSC07171


名前はまだ解っていませんが、これからネットで調べてみようと思います。

DSC07172


きれいだなぁ〜!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

開房10年間の歩み・・・そして11年目から黒船屋は生まれ変わります!

これまで私の頭の中では、2004年2月に工房を開設したので、今年12年目を迎えるの

だとばかり思い込んでいました。

しかし、先生の忠告でそれは誤りである事が判明。確かに工房の看板みたいなモノは掲

げたのですが、人形制作で生計を立てて行く事に自信を持てなかった私は、店舗の三分

の一を婦人服店として残し、営業を続けていました。

それから8ケ月後の2005年10月、黒崎井筒屋6階ギャラリーでの作品展後に家業を完全

に畳み、創作人形工房 黒船屋に専念したのです。


DSC03953


◎1987年に先生が婦人服店の家業の傍ら、コツコツと独学で古布を使った人形作りを

開始致します。人形作りを始めて12年後の1999年、東急ハンズが開催していた『第13

回 ハンズ大賞』に初出品で初入選を果たす。

この時はとても嬉しくて、高校1年(娘)と3年(息子)になる子供たちをを伴って親子4人

で東京まで見に行ったものです。

しかしながら私たちの喜びは会場に入ったとたん脆くも崩れ去ってしまいました。

あまりに会場内の雰囲気とはかけ離れた黒船屋の人形達。

そう、そこは木工を主体とした作品や実験的な作品のオンパレード。

創作雛人形を主力とした8体の人形は、肩身の狭い思いをしながら只じっと座ってるだ

けでした。

それ以後は勿論再出品もしませんし、何処かの会に所属する事も無く、頑なに無所属を

押し通して来ました。


◎2003年、実に人形作りを初めて17年後に先生がポツリと・・・「福岡の画廊で作品

展をしてみたい!」と言いました。

10年ほど前から私が何度も言ってた時は首を縦に振った事の無い先生が・・・・です!

二人で福岡の画廊を何軒も見て回り、最終的に新天町の『ギャラリー風』を選定。


◎2004年.1月 新天町『ギャラリー風』にて記念すべき第1回目の「初個展」開催。

今でもハッキリと覚えていますが、慣れない展示で作業が大幅に遅れ、入口付近でお客

様が「まだか、まだか?」と、騒ぎ出したのです。

見かねたオーナーの奥様が、「後できちんと並べ直す事にして、取りあえず現状で見て

頂きましょうよ」とシャッターを開けました。

驚いた事にお客様はきれるどころか、次から次に吸い込まれる様に狭い会場に入って来

ます。

『ギャラリー風』をご存知の方はお判りでしょうが、左右に並べた展示台の人形をご覧

になっているお客様のお尻とお尻がごっつんこ状態。

今なら考えられない事ですが、展示作品中 販売可能な人形は約半数。後の半数はこの

17年間に制作した、稚拙だけれど思い入れの多い《見てもらうだけの人形》達でした。

嬉しい誤算とは正にこの事でしょう! この日、夕刻に日田へ帰って人形制作を続ける

予定になっていた先生は・・・かなり早めに日田へ戻り、翌朝 画廊のオープンに間に合

う様に、父と二人で両手に人形を詰め込んだ大きな紙袋をぶらさげ高速バスに乗って画

廊へ戻って来ました。(結局、先生は日田へ戻る事なく最後まで常駐する事になります)

こうして記念すべき第一回目の個展は、《ビギナーズラック》を象徴する形で大成功の

うちに幕を閉じたのでした。

この年は他に、10月 福岡・直方市 『ギャラリーのぐち』にて作品展

       11月 福岡・京都郡 『ギャラリーみどりの館』にて作品展

と、初年度に3回の作品展を行っています。 2005年以降は下記の通りです。


◎2005年.1月 天神・『ギャラリー風』にて第2回個展

      2月 自店ギャラリーにて『新作雛人形展示会』開催

     10月 黒崎井筒屋 6階ギャラリーにて作品展

      黒崎井筒屋展終了後、家業を畳み夫婦で『創作人形工房黒船屋』に専念。


◎2006年.1月 天神・『ギャラリー風』にて第3回個展

        創作市場・別冊『瞳』No.2に作品【雛人形】が掲載される

      3月 日田・豆田町『ギャラリー連』にて初の地元展(3週間)


◎2007年.1月 天神・『ギャラリー風』にて第4回個展

      2月 創作市場・別冊『瞳』No.3に作品【羽根突き】が掲載

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(3週間)


◎2008年.1月 岩田屋久留米店 本館8階にて作品展

      1月 天神・『ギャラリー風』にて第5回個展

      1月〜3月 みやこ町『ぎゃらりー花野』 《お雛まつり展》参加

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(3週間) 

      6月 天神・『ギャラリー風』にて《ドリーム★ドール展》第6回個展 


◎2009年.1月 岩田屋久留米店 本館8階にて作品展

      1月 天神・『ギャラリー風』にて第7回個展

      1月 創作市場・別冊『瞳』No.4に作品【享保雛・女雛】掲載

     2月 熊本・鶴屋百貨店 東館3階にて作品展

     2月 大分・トキハデパート 5階にて作品展

     2月〜3月 岩田屋久留米店 本館8階にて作品展(作品のみ)

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(1ヶ月間)


DSC03960


◎2010年.1月 小倉井筒屋 本館6階 《イベントステージ》にて作品展

      2月 天神・『ギャラリー風』にて第8回個展

     2月 岩田屋久留米店 本館8階にて作品展

     2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(3週間)

     3月 福岡・大丸 第1回『日田展』に雛人形出品


◎2011年.1月 小倉井筒屋 本館6階 《イベントステージ》にて作品展

      1月〜2月 天神・『ギャラリー風』にて第9回個展

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(1ヶ月間)

      6月 宇部井筒屋 4階「 画廊 」にて作品展


◎2012年.1月 天神・『ギャラリー風』にて第10回個展

      2月 山口井筒屋5階 『美術ギャラリー』にて作品展

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展

      3月 古布に魅せられた暮らし〔其の十四〕

       「人形作家にクローズアップ」で4頁にわたり紹介掲載

     5月 『TBSドールショー』に吉祥天5体出品 《赤坂サカス》

      7月 創作市場 48 『古布・縮緬に遊ぶ』

       《吉祥天半跏思惟像》掲載

    12月 渋谷・東急本店6階 〔特設ステージ〕にて作品展


◎2013年.1月 高島屋大阪店6階 〔特選ギャラリー〕にて作品展

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(3週間)

      5月 山口井筒屋5階 『美術ギャラリー』にて作品展

     10月 大阪・阪急うめだ本店7階 〔コトコトステージ74〕にて作品展

     11月 福岡・岩田屋本店 新館5階〔ジャパンステージ〕にて作品展


◎2014年.1月 高島屋大阪店6階 〔特選ギャラリー〕にて作品展

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(3週間)

     4月 山口井筒屋5階 『美術ギャラリー』にて作品展


◎2015年.2月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展(1ヶ月間)

      2月 日本丸館〔隠宅〕にてコラボ展★シルクロード-祈り-★

      5月 高島屋大阪店6階 〔特選ギャラリー〕にて作品展

    11月 福岡・岩田屋本店 新館5階〔ステージ#5〕にて作品展


◎2016年.1月 高島屋大阪店6階 〔特選ギャラリー〕にて作品展

      2月〜3月 豆田町『ギャラリー連』にて作品展


       一 以上10年間の作品展スケジュールでした一


※11年目を迎えた2016年は、新たに『工房 黒船屋』として創作人形を主力に、様々な

作品創りに励んで参りますので、これまで同様に暖かく見守って頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382


『神像雛』・・・最新の画像をアップ致しました。

3月30日のブログで、N様にご購入頂いた『神像雛』の画像2点を掲載したのですが、

後日ブログを見た先生から「あんな古い写真は載せないで!」・・・とダメ出しが出て

しまいました。

お渡しする前日に先生が《資料》として撮っていた画像があるので再度アップしたいと

思います。


DSC03931


★ 女雛 ★

DSC03937


DSC03942


★ 男雛 ★

DSC03936


DSC03934


◎やっぱり制作者が写した写真は人形といえども「笑み」がこぼれるんですね!

DSC03940


画像のアップが済んで「ホッ!」としました。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

N様ご夫妻が『神像雛』を受け取りにご来店されました。

去る27日の日曜日、『神像雛』をご購入頂いた福岡県のN様ご夫妻が お雛様を受け取り

にご来店されました。

今一度、一式で展示した『神像雛』をご覧になって頂いた上で、お求め頂く事に決定!

本来ならば、長年お勤めされた職場が定年となる来年にご購入の予定だったのですが、

それまでに売約済となる恐れがあるから・・・と、1年前倒しでご購入頂いたのでした


◎ 女雛 ◎


DSC05978


◎ 男雛 ◎ 

写真では笏(しゃく)がありませんが、お渡しする際には笏が付いてます。

(どちらも明治時代の古い丸帯を使用したお雛様です)


DSC05979


しばらくお話しした後は、お二人を日田の隠れスポット「琴ひら温泉郷」へご案内しま

した。此処は琴ひら温泉『ゆめ山水』を核とした一大温泉レジャー施設で、露天風呂や

家族風呂からなる『ゆめ山水』の他、大正ロマンの隠れ宿『かやうさぎ』、雄大な自然

のロケーションを取り込んだ庭が素晴らしい、そば処 游食庭『琴ひら』、どっしりと落

ち着きのある古民家を移築した焼き肉専門店『すみ火(か)』等があり、静かでゆっくり

とした時間を過ごせる 知る人ぞ知る隠れスポットとなっています。

(写真は、かやうさぎ の玄関前に立つN様ご夫妻)


DSC07142


この施設には、オーナーにご購入頂いた黒船屋の人形が数体展示されていますが、今度

新たに建てられた『かやうさぎ』の洋館には、黒船屋の人形を展示出来るコーナーを設

けて頂きました。人形を希望されるお客様には販売が可能ですので、フロントへお尋ね

下さい。

ご案内する道すがらにお聞きして分かった事ですが、N様は既に『かやうさぎ』にご宿

泊した事があり、とても良い所ですね・・・と喜んで下さいました。今 琴ひらは、桜や

レンギョウといった花々が咲き乱れ、この上なくいい気分になって幸せでした。

N様、末永くお傍に飾って可愛がって下さいね。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

先生の《お気に入り》がまた一つ増えました!

福岡へ行く前の話ですが、「リサイクルショップでいいもの見つけたんだけど、一緒に

見て欲しい」と言われ、いつもの「Re.プラス」へ行きました。

それは先生の好きそうな「丸テーブルと椅子2脚」のセット。

一見「きつつきマーク」の製品か?と思いましたが、メイドインジャパンでは無く日本

の企業がベトナムで製造した製品でした。

しかし、寄木創りのとてもしっかりしたモノでプライスもナント5,800円と破格・・・

そのまま愛車ラパンに積み込んで持ち帰りました。


DSC07069


「大正ロマン」人形の展示台としても使えそうですね。

先生はここでモーニングコーヒーを飲むのだそうです。(勝手にドーゾ!)


DSC07068


26日の午後3時過ぎに、すみちゃん・かずボン・ママ・先生の4人がウチに到着しまし

た。 さぁ、数日間はテンテコマイの毎日が続くぞー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

すみれちゃん・・・4歳の誕生日

3月20日は すみれちゃん4歳の誕生日でした。

20日の午前10時に日田を出ましたが・・・この日は三連休の中日で高速道路は大渋滞

1時間近く遅れて、すみれちゃんのおうちへ到着!

ジィージとバァーバは既に到着してました。

みんなでお昼ご飯を食べた後、ハッピーバースデーのセレモニー。

この時のすみれちゃんの衣装は、「アナと雪の女王」のドレス姿・・・・・(これは

バァーバからのプレゼントでした)


DSC07072


例によって、すみれちゃんのポージングが始まります。

最近は、やってるうちにだんだん興に乗り、片足上げたり 阿波踊りみたいだったり

・・・と、度が過ぎる傾向があるようです。


DSC07079


4歳になったので、少しはお姉ちゃんらしくなったかな?・・・と思ったのですが、

まだしばらくはママをイライラさせそうな気配ですよ。


DSC07128


一方の一貴くんは、前回会った時の《癒しのかずクン》とは少し違った雰囲気が・・・

なんだか《ワンパク坊や》になりかけ・・・みたいな風貌に・・・?!

上唇の青いシミ状のモノは、サインペンが付いたものです。


DSC07101


横顔なんか、ママのお兄ちゃんの小さい頃にソックリです!

DSC07106


カメラを向けるとこんなひょうきんな表情をしてくれました。

あ〜ぁ、みずっ鼻が乾いてカサカサになっちゃって。

「ママ」以外の単語も話せるようになり、自我意識も芽生えて・・・「人まね小ざるの

ジョージ君」みたいでとっても可愛かったです。


DSC07116


姉弟、とても仲良く元気に過ごしてるので安心しました。

春休みのうちに数日間日田へ来るそうなので、また会える日を楽しみに待ってます。


DSC07126


日田へ帰って来たら、何処へ連れて行こうかなぁ〜?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

帰宅後、最初に始めた仕事は《発送》です。

22日夕刻に父と二人だけで日田へ帰って来ました。

先生は小郡市からのお客様がご来店予定の(26日・27日)以前に戻るようです。

すみれちゃんの誕生日の模様は後日書く事にして、今日は私が帰宅後最初にやった仕事

を紹介致します。


最新作の『豆田雛』の発送前の「お色直し」と、お道具の追加、そして久留米のH様宛

お送り致しました。

福岡へ行く前にお道具の下に敷いていたフェルトを剥がし、薄い橙色の帯地に貼り替え

スッキリさせました。

後列に箪笥を一つ増やし、写真では8個になっている貝合わせを10個に増やす事に。

犬筥も一回り大きくしたので華やかになりました。


DSC07070


お雛様のお顔も少し手をいれて、太刀や扇の飾り紐を付け替えました。

(ここまでは福岡へ行く前に出来上がっていたのでとても楽でした)


DSC07064


ようやく届いた桐箱(これはりっぱな桐箱です)に箱書きをして・・・さぁ、完成です。

DSC07131


お客様が梱包を解いた時にワクワクする様に心を込めて梱包します。

H様が気に入って下さると嬉しいのですが・・・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング参加中!
Archives
  • ライブドアブログ