工房 黒船屋

その人形には色彩(いろ)が溢れています。愛が溢れています。

大型のお雛様『古今雛』をお届けに行って来ました。

作品展会期中に2度も見に来て下さった市内のお客様がいました。

最初はご家族3人で、2度目は奥様お一人で・・・・・

以前から「黒船屋」のお雛様が欲しくて、お孫さんが産まれた時は《必ず》と思ってた

そうです。

最初にご来廊された時、先生との話の中で・・・「今後 大きなお雛様を作る事はない」

・・・と聞き、ご家族で話し合ってご購入を決断されたようです。

作品展終了後、3組ある『古今雛』をご家族で見て貰った上で決めて頂きました。


◎ご夫婦が揃ってご在宅の26日 日曜日、お届けに伺いました。

市内のT様宅にお届けした『古今雛』がこちらです。


DSC08106



◎女雛、男雛ともに高さ=32cmほどの大型のお雛様です。

男雛の衣装は明治時代の丸帯を使用、女雛の袖には鳳凰を手刺繍しています。


DSC08107



◎『古今雛』をご購入下さった、T様ご夫妻です。ありがとうございました。


DSC08110



◎ビックリしたのは、私たちが9〜10年ほど前にたくさん制作した、ハマグリの『お椀

雛』があった事。しばらく会えなかった身内に会った様な、懐かしくて嬉しくて・・・

・・。

T様も驚かれてましたが、なんでも親戚の方に頂いたのだそうです。感激ですね!


DSC08116


私たちが訪問する日が決まってから、T様は飾られていた「お雛様」をそのままの状態

で残していてくれました。とても素晴らしい「七段飾り」のお雛様です。

「平安寿峰」作の京雛でした。

※平安寿峰は昭和11年、京都市出身の人形師で、日本画・洋画を学び、後の人形作りに

大きな影響を及ぼす事となります。

昭和60年、高円宮家に雛人形を御嘉納し、皇室後嘉納京雛司となります。

又、雛人形の衣装に初めて「金彩」、「刺繍」を取り入れる等、裂地の追及に怠らず、

その色彩感は京人形師随一と称されています。

現在80歳。24歳になる娘さんの初節句に奥様のご実家から送られたこのお雛様は、寿

峰さんが50代半ばの全盛期に制作された「お雛様」なんですねぇ!


DSC08108



◎一体一体のお顔が全部違っていて、綺麗で上品なお顔立ちをしています。

衣装もさすが京都の人形師らしく、金襴など使わずに落ち着いた色調で、京人形師随一

というのも頷けます。

現在、三段飾りで80〜100万円程するので、七段飾りのお雛様では・・・・・?


DSC08118



最後に一つだけT様にお願いが・・・・・京人形と分かったからには、これから飾られ

る時は・・・男雛と女雛を入れ替えて飾られてはいかがでしょうか?(勝手なお願いで

申し訳ありません)


DSC08114


※高名な京人形師のお雛様と一緒に飾られた黒船屋の『古今雛』もきっと喜んでいる事

でしょう。 私たちもとても幸せな気持ちで家路につきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房 黒船屋 電話 090-9079-6382
 

『日本丸館』(にほんがんかん)のこと・・・

『天領日田 おひなまつり』に協賛・・・というかたちで、工房 黒船屋が12年の長きに

渡り、お雛様を中心とした「和人形展」を開催して来た『ギャラリー連』は豆田・上町

通りに建つ『日本丸館』の2階にあります。(2階 格子窓のある部分です)


DSC07954

ギャラリーの入り口は向かって右側、立派な門構えのある方から階段を上がった2階で

す。以前は三十三畳の大広間だった所をフローリングにして、土足のまま上がれるギャ

ラリーへと変貌しました。

芸術を愛し、豆田町の発展を願う 現当主の英断のもとに生まれたギャラリーなのです


◎創業は安政二年(1855年)、岩尾家に300年来伝わる家伝薬に目をつけ開業。

明治20年、15代 昭太郎がその家伝薬に朱色をかけ、日の丸をイメージする「日本丸(に

ほんがん)」として販売開始、爆発的な売り上げをしめす。

しかし、時代の波により原料仕入れが困難となり、昭和40年代に製造を中止、90余年

の歴史に幕を閉じた。

その後も薬販売のみを続け、平成5年3月 資料館『日本丸館』をオープンする。

現在は岩尾まゆみ氏が第18代当主として重責を担っている。


◎それではご一緒に入館致しましょう!

入館料=大人350円  団体は15名以上で300円  ※「日田町歩きマップ」「おいで

ひた」の《共通クーポン券》利用で50円引きとなります。


DSC08075


◎先ずは昔の「家財道具」等からご覧ください。

DSC08070


DSC08071


DSC08072


DSC08073


◎木造四層三階建ての館内には昔の薬やお雛様がたくさん展示されています。

DSC08066




DSC08067




DSC08068


◎明治から継ぎ足しされて来た屋敷内はまるで迷路のよう・・・

案内役の私にも此処が何階なんだかよく解りません。


DSC08069


◎コチラの階段が展望楼へと誘います。

右手、格子の奥は物置となってるようです。


DSC08062


◎あらら・・・折角の展望楼からの眺めですがピントがブレてますね!

これは先生の写した写真なので私の責任ではありません。念のため・・・


DSC08063


DSC08064




DSC08065


◎二階から中庭を望みます。

DSC08058


◎廊下は松の一枚板を使った豪華なもの。途中左手にある渡り廊下は、これまた豪華な

『隠宅』へと続きます。


DSC08059




DSC08060




DSC08061


◎この和室は隠宅の二階です。中へは入れません。

DSC08057


◎松の廊下の右手には「百歳雛」をはじめとする人形や「祝い膳」のしつらえ等が展示

されています。(中央が『百歳雛』です)


DSC08053


DSC08045


◎十八代も続く立派なお屋敷内にある『ギャラリー』で作品展が出来る私たちはナンと

いう幸せ者でしょう。感謝の気持ちで一杯です。

『日本丸館』に興味を持たれた方は、「日本丸館」で検索して見て下さい。

古い貴重な写真が満載の癒される「ホームページ」ですよ!

※実際にご自分の目でご覧になる事をお薦め致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

豆田町での作品展は盛況のうちに終了致しました。

1ヶ月に及んだロングラン開催の『作品展』も昨日14日無事終了いたしました。

気がかりだった「営業成績」も 目標ラインはオーバーして、まずは安堵しました。

新しい作品の評判が良く、ご売約頂いた作品は全て新作ばかりだったので、《明るい未

来がやって来そう!》・・・そんな予感がして、制作意欲が湧いて来ました。


DSC07905


会期中にご注文頂いた作品も数点あるので、先ずはそちらをこなしてから新しい作品作

りにチャレンジして行きたいと思います。

全国の方々のご来場誠にありがとうございました。又たくさんの方から「お褒めの言

葉」や「励ましの言葉」を頂き有難く厚くお礼申し上げます。


次は黒船屋自店ギャラリーでの作品展を考えていますので、開催の節は《ブログ》にて

お知らせ致します。

◎次回お会い出来る日を楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 090-9079-6382

作品展も残り3日間となりました。

書きたい事はたくさんあるのに、連日休み無しの応対に疲れて更新が途絶えてしまい、

申し訳ありません。

今日はそんな出来事の中から抜粋してご紹介致します。


◎2月24日・・・・・福岡からM様ご夫妻が泊りがけでお越しになりました。

お客様からお友達(飲み仲間)になったご夫婦です。毎回美味しいお酒を差し入れして下

さいますが、今回は京都の《コウノトリ》というレアなお酒。(一升瓶で!)

とても美味しいお酒でした。ありがとうございます。

勿論、その夜は居酒屋からカラオケスナックへ梯子しました。


DSC07985


※M様ご夫婦とは、4月も日田で「飲み会」をやる予定です。


◎3月4日・・・・・小郡のK様(こちらの男性も、お客様から友人になった方)がご来

廊。

いつもの様に蔵出しの「新酒」を携えて来られました。当然 夜は『黒船屋』にて《利き

酒会》・・・最終の高速バスでお帰りになりました。


DSC07983


※画像は二本の蔵出し「新酒」です。


◎翌日5日は晴れの日ですが、肌寒い一日となりました。それでも豆田の町は沢山の人

で溢れています。

会場となった『日本丸館』です。格子戸のある2階が『ギャラリー連』です。


DSC07989


DSC07987


※町中、中国語や韓国語が飛び交ってます。


今展でとても好評の『パネル人形』ですが、試作品以外の作品が無くなったので、11

・ 12 日の土 ・ 日に間に合うよう先生が頑張って最新作1枚を完成させました。


DSC08006


DSC08007


※11日、たくさんのお客様に見て頂きましたが、評判は上々です。


◎お昼過ぎに着物姿の七人の女性が上がって来られ、会場内が華やかになりました。

何方から来られたのか伺うと・・・地元日田や福岡、遠くは東京から見えられたそう

で、豆田町の「着付け教室」の催し場から地元の女性の案内で来廊されたようです。


DSC07995


DSC07996


DSC07997


DSC08001


日本女性の着物姿・・・いいですねぇ〜。ご来場ありがとうございました。


◎どの作品展会場でもダントツの一番人気は『ラクシュミー』ですが・・・。

今回も3体の新作人形全てが大好評です。数日前に『ラクシュミー』立像が売約済みと

なりました。(福岡市内のお客様で会期中の展示をお許し頂きました)


DSC08008


DSC08009


DSC08010

※大変うれしい事に、最初にご予約頂いた『ラクシュミー』坐像も、会期中の展示を

お許頂いた事により、同様の人形2体のご注文を頂く事が出来ました。


※また、癒しの人形『掌 吉祥天』も制作した3体が完売。その後、ご予約3体の注文も

頂き大感激しています。


DSC08012


DSC08013



◎ここまで書いてきた中で最も嬉しい出来事は・・・・・

下の画像の『古今雛』を日田市内のお客様がとても気に入って下さり、ご購入を決めて

くれた事です。

『古今雛』は工房にあと二組あるので、作品展が終了したのちご来店頂き、お決め頂こ

う・・・と思っています。


DSC07922


DSC07921


◎2017年の『作品展』も残り3日間となりました。今日12日は良い天気に恵まれそう

なので、最後まで頑張りたいと思います。お近くの皆さん! ぜひ一度お運び頂きたく

・・・お待ち申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話090-9079-6382

後半戦を迎えるにあたって、今夜は居酒屋で景気付け!

去る24日は、福岡からのお客様Mご夫妻と市内の居酒屋へ繰り出しました。

いつもは『かやうさぎ』の様な高級なお宿に宿泊されているのですが、今回は駅前のビ

ジネスホテルにお泊り頂いて、近くの居酒屋で「飲み放題コース」にチャレンジ!・・

・・・と言う、私たちのライフスタイルに合わせて頂きました。

その後は、黒船屋近くの「カラオケスナック」で二次会をやって、《お開き》となった

のですが・・・先生が酔ってしまって「ポーチ」を失くしてしまい大変でした。

とは言っても 大したモノは入って無くて、老眼鏡と化粧品くらいだったのですが・・・

26 日作品展会場を閉めて家に帰り着くと、ドアに「バッグありました」と、スナック

のママさんからのメモが貼ってありました。

お気に入りの「メガネ」だったので先生大喜び! めでたし めでたし。


28日 中日を終えたところで 売り上げ的にはまだまだですが、作品的には評判が良いの

で「飲みたいね!」という事で、三軒隣の居酒屋『 泪 橋 』へ行きました。

メニューはいつも定番化しているので、今夜は少し替えて・・・・・


◎先ずは『タコ刺し』から


DSC07978



◎定番の『海鮮サラダ』・・・凄いボリュームに圧倒されます。海鮮もたくさんです。

飲み物は先生が「コップ酒」の熱燗。 私はサッポロ黒ラベルの瓶ビールを2本。


DSC07977



◎続いて『アスパラガスの天ぷら』と『山芋スライス』・・・アスパラガス最高!


DSC07979



◎やっぱり頼んでしまった定番の『焼きそば』・・・日田の焼きそばはB級グルメです


DSC07980



◎〆は、先生が『サケ茶漬け』 私は『おにぎりセット』で明太と梅。

写真撮る時には先生が既に箸を付けていたので、キレイではありませんが・・・(笑)


DSC07982


ご馳走様〜、とても美味しかったです。

4月22日頃に、先のMご夫妻と『 泪 橋 』で「再度飲みましょ〜!」と約束してるので

すが・・・美味しいお酒が飲める様に、後半戦を頑張らなくちゃー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

たくさんのお客様に ご来廊頂きました。

5日目となる最初の日曜日はたくさんのお客様が会場に足を運んで下さいました。

バージョン変更の為 今年で制作ストップを予定していた、可愛いタイプの『源氏雛』は

今年も好評で、山口井筒屋に展示中の1組を除いて全て「ご約定済み」となりました。

誠にありがとうございます。(大人仕様の『源氏雛』は2組の在庫がございます)

来年度は更に新しい形の『源氏雛』を制作して発表したいと思っています。

※下の画像が1組を除いて「売約済み」となった『源氏雛』です。


DSC07773



同じく人気のある『ラクシュミー』シリーズ3点からも、昨日コチラの1体が福岡へ行く

事になりました。

ラクシュミーがあまり制作出来なかったので、お求めのお客様にお願いして、もう少し

の間 展示させて頂こうか?・・・と考えています。


DSC07933



その他 初めての試みとして制作した、手のひらサイズの『吉祥天』がとても好評で、こ

の5日間で制作した3体全てが完売。他にも2体の「おまかせご注文」を賜りました。

とても励みになります。


DSC07935



◎ほかに「パネル人形」や『豆田雛』もご好評を頂き嬉しく思っています。

特に「パネル人形」の『 飛 天 』は人気があって、そのうち黒船屋を飛び出す事にな

るかも知れません。

月曜日からまた空模様が悪くなるようなので、先生は福岡へ孫の守に出かけますが、22

日からは再び会場へ詰めますので御用のある方は22日以降のご来廊をお勧め致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

作品展《会場内のディスプレイ》写真をアップしました。

作品展が始まって「あっ!」という間に4日が過ぎてしまいました。

今日は最初の日曜日を迎えます。きっと凄い人出になる事でしょう!?

とりあえず今はとても疲れているので、まだアップしていなかったディスプレイの画像

だけを載せる事にします。

詳細は1ケ月間あるので、ボチボチやって行きたいと思います。


◎それではご覧下さい。


DSC07954


DSC07956


DSC07955


DSC07957


DSC07908


DSC07909


DSC07912


DSC07952


DSC07938


DSC07939


DSC07945


DSC07919


DSC07905


DSC07906


DSC07922


DSC07921


DSC07924


DSC07932


DSC07930


DSC07928


DSC07915


DSC07936


DSC07918


DSC07910


DSC07929


DSC07911


DSC07913


DSC07933


DSC07934


DSC07935


DSC07947


DSC07941


DSC07940


DSC07944


DSC07943


DSC07948


DSC07949


まだまだ会場内は満足のいく状態とはなっていないので、少しずつ変えて行きたいと思

います。

それでは、一旦 「オヤスミナサイ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

今年はこんな感じにレイアウトしました。

13日は、展示什器のレイアウトをやりに、早めに昼食を済ませ正午きっかりに会場入

りしました。ここ数年同じレイアウトが続いてるので、先生のたっての希望で少し変え

てみる事に・・・。

先生の弟も手伝ってくれたので以外にスムーズに早く終わりました。


◎什器を並べただけの状態はこんな感じになります。


DSC07894


DSC07895


DSC07896


DSC07897


DSC07898


DSC07899



◎一旦工房へ戻って、展示する人形や備品・付属品を揃え、車の通行量が少なくなる午

後6時過ぎに運搬を始めました。

13回目ともなると要領も良くなって、これまでは3〜4往復してた搬送がわずか2往復で

終了。(とは言っても後から積み忘れがかなり出て来るのですが・・・)

あまりに早く済んだので、本日はここまで・・・の予定を変更して、運び込んだ人形を

とりあえず置くだけ置いてみよう・・・と実行したのが下の画像です。


※あくまでも「置いて見ただけ」の画像ですので・・・・・


DSC07900


DSC07901


DSC07902


DSC07903


DSC07904


今日も午後から、今度はゆっくり時間をかけて納得のゆく作品展になるよう頑張ります

(昨日は早々と久留米から見に来て下さったお客様がいました。15日からですのでよろ

しくお願い致します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

本日午後1時から会場設営を行います。

本日午後からいよいよ会場設営を始めます。まずは展示台の配置を決めて、交通量の少

ない夜間に人形の運び込みを完了します。

明日14日は丸一日かけて人形のディスプレイを終わらせ・・・と言ってもこれがベスト

!・・・という事は無いので、人形の入れ替え・置き換えは絶えず行いますが・・・。

現在も進行形で一生懸命制作中なので、たくさんの方に見て頂けると嬉しいです。


◎展示作品の一部です。


DSC07887


DSC07773


DSC07041


DSC03953


DSC07813


ここでは写真をアップしてませんが、大型の雛人形も多数展示しますのでお楽しみに!

それでは2月15日の午前10時30分に豆田町・日本丸館2階 / 『ギャラリー連』でお待ち

しています。 (最終日は、3月14日・午後4時までの入場、となります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

最新作『ラクシュミー』3体の画像アップです!

大変遅くなりましたが、3体の『ラクシュミー』と、ミニサイズ『吉祥天』1体、同じく

ミニサイズの『男神像』1体をアップ致します。

ミニサイズの2体は完成前に一度アップしてるので、「ああ、あの人形ね・・・」と思

われる方もいると思います。


◎先ずは『ラクシュミー』から・・・・・

3体を並べてみました。


DSC07886



◎中央の立像は、高さが37cmあります。八頭身のスラリとしたプロポーションです。

私の感想ですが、写真より実物の方がかなり美人です(笑)。


DSC07887



◎コチラの坐像は、高さ22.5cm、左右が18cmです。立像の顔と似通った面立ちと

なってます。


DSC07878



◎3体目の座像は、高さ23cm、左右が18cmです。前の2体より若い『ラクシュミー』

です。いづれも焼き桐の台が付属品として付いてます。


DSC07884



◎続いてミニサイズの『吉祥天』

高さ=14cm、 左右=12cmです。 付属品として焼き桐台と小さな一輪挿しが付き

ます。


DSC07892



◎同じくミニサイズの『男神像』

高さ=13cm、 左右=13cmです。 付属品として焼き桐台と小さな一輪挿しが付き

ます。


DSC07891



※この後も、手のひらサイズの『吉祥天』3体、パネル人形『吉祥天女』1枚がほぼ完成

しています。

期間中もボチボチ制作して行きますので、2月15日からの作品展でお待ちしております

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

作品展が8日後に迫って来ました。(汗)

13日の展示会場作りまで1週間となりました。14日に人形のディスプレイをやって、い

よいよ15日から『天領日田 おひなまつり』に協賛という事での同時開催となります。

気になる人形の方ですが、「お雛様」はまだ公開してない人形がかなりあるので大丈夫

なのですが、人気のある『吉祥天』シリーズの人形がチョット少ないかな?・・・・と

いった感じです。

そんな中、先生が頑張って『ラクシュミー』=座像2体、立像1体を作り上げました。

画像は後程・・・という事にして、次は新作『豆田雛』を複数組完成させる予定です。

会場オープンまでには、《見応えのある展示会》・・・をお見せ出来る様に頑張ります

ので、是非とも1ケ月間の会期中にご来廊下さいね! お待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

『天領日田 おひなまつり』協賛 黒船屋『創作人形展』へのお誘い

前回の更新から早16日が過ぎてしまいました。

次から次にいろんな雑用が出来て、思う様に作品が出来ません。2月15日から始まる

『天領日田 おひなまつり』協賛の作品展・・・・・大丈夫かなぁ?

先生と二人して かなり焦っていますが、ここまで来たら、もう焦っても仕方ありません

ねぇ! 1ケ月間ぶっ通しでやるんですから気に入った作品をコツコツ制作して行くだ

けです。DMも出来てたのにまだアップしてませんでした。

正直なところ、今までのダイレクトメールに比べるとあまり出来が良くなかったので、

遅れてしまったのですが・・・・・


DSC07856


◎左側の小さなお雛様・・・『豆田雛』(桐箱入りセット)は、今回の一押し作品なので

頑張って制作しました。

お道具は全て黒船屋の手づくりですよ!

※スケジュールは下記をご覧ください。


DSC07857


◎アップするのにどうしてこんなヨレヨレのDMを選んでしまったんでしょう!

やはり焦っていて心にゆとりが無かったんでしょうね。

他に、お雛様は勿論 人気の『ラクシュミー』シリーズは今 先生が連日奮闘して制作し

ていますので、会期中は是非会場に遊びに来て下さいね。


◎昨年暮れに『源氏雛』をお求め頂いた愛知県のT様が ご友人をご紹介下さって、同じ

く『源氏雛』をご購入頂きました。作品展前に《初荷》を出荷出来る喜びを味わう事が

出来て、大変幸せでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

今年も『十日えびす市』が無事に終了しました。

1月10日は毎年恒例となっている我が商店街の『十日えびす市』が行われました。

市営駐車場の一部を借りて開催しますが、年々店舗数が減って来て、13年前に私が理事

長をやってた年は30店舗ほどあった組合員が、現在はわずか12店舗となり、風前の灯

火状態となってます。

それでも規模を縮小しながら、組合員が一丸となって続行!

福引券2枚付き(1本200円)の《 福笹 》を800 本用意。 事前に商店街各店でバラ撒

いた、合計2,500枚の福引券を持ったお客様が狭い「特設会場」に長蛇の列を作って並

びます。


DSC07838


DSC07839

温かい「甘酒」が振舞われ、お客様も美味しそうに飲んでます。

DSC07840


9日から日田入りしていた、孫の「すみちゃん」「かずボン」も福引を楽しみました。

DSC07842


今回で2度目となるすみちゃんは、慣れた手つきで「ガラポン」を回して、大当たり1回

を含む当たりが続出。 


DSC07843


始めての経験となる かずボンはチョット不安気?・・・で見ています。

DSC07844


緊張の面持ちで回した結果・・・「小当たり」が1個出て、先ずは無難な福引デビュー

を果たしました。


DSC07845


おじいちゃん(私です)の為に、缶ビールをゲットしてくれました。

DSC07846


闘い終わって、共に勝利のVサイン!

DSC07848


お家へ帰って、戦利品を前に曾祖父ちゃんと記念撮影・・・・・

「大当たり」の恵比寿お神酒一升瓶を前に満面の笑みがこぼれるすみちゃんです。


DSC07854


今年は良い年になるよ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

2017年は《良い年》になりそうな予感がしますよ〜!

昨年暮れに3点の『パネル人形』と1体の『ラクシュミー』、2体の『吉祥天』を制作し

ました。

かねてからご依頼をお受けしていた、福岡のH様が作品を見にご来店されるからです。

いつもの事ですが、ご依頼品をお見せする時はとても緊張します。( これでOKが出る

か? 気に入って頂けるか?・・・と)


29日のお昼少し前にH様が、ご主人と男児のお孫さんを伴ってご来店されました。

ご注文を受けていたのは、『パネル人形』が1点と『ラクシュミー』 1体。それにお友

達がミニサイズの『吉祥天』を1体の全部で3点でした。


◎先ずは『パネル人形』から・・・


DSC07826

『 飛 天 』です。


DSC07827

拡大画面でどうぞ! 新年のごあいさつで登場した作品です。



◎次に笛を持った『 吉祥天 』

娘さん宅の新築記念に玄関の壁に飾る「パネル人形」をプレゼントしたい・・・と、お

約束してたようで、縦型のコチラの作品を即決で決めて下さいました。


DSC07834




◎蓮を持った『 吉祥天 』・・・は、以前ご来店の際に50%出来ていた作品を見て頂い

たのですが、パネルが小さかったので大きくした2点を制作しました。


DSC07828




◎そして『 ラクシュミー 』です。

この人形も70%ほど出来ていたのをお気に召されてご注文頂いたので、コチラに関して

は心配してませんでした。


DSC07817


もちろん、大変お気に召されたようで安心致しました。

DSC07818




◎最後にミニサイズの『 吉祥天 』

DSC07835


手のひらサイズの小さな吉祥天です。

思わず手を合わせたくなる・・・それでいて宗教臭を感じさせない、そんな人形を制作

したい・・・と、想い 作った人形です。


DSC07822

小さいけれど、優しいお顔をしています。

ご来店時にコチラの人形は100%完成していませんでした。

ご一緒出来なかったご友人の委任を受けて、H様が迷う事無く決めた人形がコチラです


DSC07836

H様と同じアンティーク帯と布を使った「吉祥天」です。

工房 黒船屋となる2017年の最初に発表する作品が、なんと2016年の年の瀬にお買い

上げ頂けるとは・・・こんな幸先の良い出だしが出来るなんて最高に幸せです。H様あ

りがとうございました。

2017年はなんだか良い年になりそうな予感が致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

明けまして おめでとうございます。

新しい年が、皆様におかれましては素晴らしい幸運の年となります事をお祈り申し上げ

ます。

黒船屋の昨年は、思う様に制作が出来ず、はがゆい思いをした悔いの残る一年となって

しまいましたが、昨年暮れあたりから少し風向きが変わって来た様に感じます。


DSC07823


本年より、《 工房 黒船屋 》と店名も変更し、上の画像『 飛天 』のように上昇気流

に乗ってみたいと思います。

また、「お多福」さんの様に多くの福をかき集めたいですね!


DSC07805


先ずは2月15日から3月14日までの1ケ月間に及ぶ、地元 豆田町 日本丸館2階・『ギャ

ラリー連』における新作展。

それから、昨年出来ずじまいに終わった自宅 ギャラリーを解放しての『作品展』も時期

は未定ですが開催したいと思っております。

新生なった『 工房 黒船屋 』を本年もよろしくお願い申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

お待たせしました! 新作の『豆田雛』で〜す。

アレコレと検討を重ねてようやく完成いたしました。

下の画像が最終的に《ゴーサイン》が出た新作『豆田雛』です。

◎先ずは全貌を正面から・・・・・


DSC07809


※前回の試作品と比較すると・・・

DSC07779


いかがでしょうか?だいぶ華やかさが出て来たでしょう! 特に内裏雛の座台に貼った

アンティークの「丸帯」が映えてます。


◎次に俯瞰して上から見た画像です。


DSC07810

※このレイアウトに決めるまでに時間が掛かってしまいました。


◎続いて、お雛様のアップ画像です・・・・・


DSC07811

※小さいけれど、アンティーク帯の「着物」を着せてますよ。特に男雛は帯刀させ、

凛々しく見える様に・・・。


◎最後は少し斜め横からの画像です。

傍にグリーン系の小さな観葉植物(アジアンタム・エスターなど)を添えたら更に見栄え

がしますよ。 これぞコンパクト「お雛様」の決定版!


DSC07813

◎台座のサイズが横29cm 奥行20cm 厚み1.5cm・・・とコンパクトなので手軽に

どこにでも飾られ、桐箱付きなので収納も楽々です。

このお雛様の一番の特徴は・・・すべての「お道具」が、木材・粘土・貝などの天然素

材を使った『黒船屋』の手作り・・・だという事。 しかも全品貼り付けなので、お手

入れが超簡単。付属の「ブラシ」でサッサッとほこりを払うだけです。

※既に第一作、第二作の2組が山口井筒屋に展示中ですので、お近くの方は是非 実物を

ご覧になって下さい。

★価格は桐箱付きのセット価格で、54,000円(税込)  ※ただし、工房及びネットで

ご注文頂いたお客様には50,000円+送料でお求め頂けます。

※お気に留められた方は下記へお電話して下さい。よろしくお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

2017年・新作『豆田雛』が間もなく誕生します!

新作の『豆田雛』ですが、次から次にアイデアが湧いて来て、なかなか難航していま

す。昨日も小道具の「絵巻物」や「貝桶」を制作して、レイアウトしては・・・喧々

諤々議論を戦わせてどちらも譲りません。(こういう事は今までに無かった事態です。

でも、とても良い事だと思ってます)

そんな中、『山口井筒屋』の美術画廊担当者の方から、作品催促のお電話を頂いてしま

いました。

「納得のいく作品をお送りする為にアレコレ手直ししているので、あと1〜2日待って頂

けますか?」と尋ねると、「そういう事なら幾日でもお待ちしますので出来上がり次第

送って下さい」・・・と、嬉しいお返事を頂きました。

その後も、島根県から来られて『かやうさぎ』に宿泊されていたお客様2名が来店さ

れ、『吉祥天半跏思惟像』を「素晴らしい!」と褒めて頂き、とても励みになりまし

た。

また、1月7日にお送りする事になっていた 愛知県のT様からもお電話があり、ご友人が

お雛様を見せて欲しい・・・と言われるので、年内に届くように送って頂けますか・・

・といった嬉しいお電話が相次ぎました。(なんだか楽しい店休日でした)


※下の画像は試作品の『豆田雛』です。 この後、ずいぶん変わりました。

まもなく完成品をアップ致しますね!


DSC07779


◎25日・26日と、可愛い孫に会える日が今から楽しみです。

25日には、「貝合わせ」に使う貝の稚貝を拾いに、孫たちを初めての海へ連れて行く予

定です。風邪でもひかせたら大変! 寒くない様にたくさん着せて行かなくちゃー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

PCが治りました!

福岡の息子に修理を頼んでたPCが無事手元に帰って来ました。

打ち込んでたIDやパスワードが全て消えてしまっているので、覚書のノートを見ながら

打ち込んでいるのですが・・・2つ程パスワードが違ってるみたいで開かないものがあ

りました。(まあ、これくらいの事で済んだので息子に大感謝です)



◎2017年度、最初の『ひな人形』をご注文頂いた 愛知県のT様からお電話を頂き、1月

7日着でお送りする事になりました。

9日の大安の日にお孫さんへプレゼントされるそうです。

おめでとうございます。・・・それから本当にありがとうございました。

※下の画像がお送りする『源氏雛』です。

桐箱の蓋にお名前とお誕生日を裏書きして、しっかり梱包してお送り致します。


DSC07773




DSC07777




◎次は新作の『豆田雛』です。鯛も可愛らしく作り直して、こんな風になりました。

ただし、写真を撮り終えた後で、先生のダメ出しが出て、もっと華やいだ感じになりま

すよ!(ボンボリなんかは全く違うモノになりそうですね)


DSC07779


※また、こういうレイアウトで、新春第一弾のDMにも登場致します。

DSC07785


来年の《新春スケジュール》DMは写真が2点です。

もう一つの人形は『お福さん』・・・コチラはまだ試作品ですが、作品展までにはかわ

いらしい人形になってお目見えする予定です・・・・・お楽しみに!


DSC07805


※父が「デイサービス」へ通う事になりました。

25日は、1泊ショートステイをお願いして、すみちゃん、かずクンに会いに行って来ま

す。私は1泊どまりで帰りますが、先生は数日ママのサポートをやって来る様です。

先生も可愛い孫たちに会ってパワー全開になると良いのですが・・・すごく疲れて帰っ

て来たりして…笑!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

PC・・・かなり重症みたいです!

故障中のPCは福岡の息子へ託していますが、かなり重症のようです。

この更新は古いPCで行っているのですが・・・とても重くてイライラしな

がら書き込みしています。(多分、前回までの字詰めとは違って、とんで

もない所で行が変わっているのではないでしょうか?笑)


結局、年内に予定してた自店での「作品展」は中止せざるをえなくなり、

来年2月〜3月の『おひなまつり』に協賛の作品展が、「工房 黒船屋」と

しての最初の『作品展』となります。

1ケ月間開催の超ロングラン公開となりますので、頑張って制作しない

といけないのですが・・・二人共疲労困憊で、どうなる事か?・・・・・と、

チョット心配です。

今更ジタバタしても仕方ないので、ボチボチやって行こう!・・・と気持ち

を切り替えたところです。

何はともあれ、作品自体が少し変わって来た事だけは確かなので、「ど

れどれ、どんなん!?」みたいな感じで見に来て頂けたら幸いです。


それにしても、PC早く直らないかなぁ〜。って言うか、直ると良いんだけ

ど!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

パソコンの故障

DSC03953


突然のパソコンの故障によりブログの更新ができなくなっております。
回復次第更新いたしますので復旧までしばらくお待ちください。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング参加中!
Archives
  • ライブドアブログ