工房 黒船屋

その人形には色彩(いろ)が溢れています。愛が溢れています。

今年も『十日えびす市』が無事に終了しました。

1月10日は毎年恒例となっている我が商店街の『十日えびす市』が行われました。

市営駐車場の一部を借りて開催しますが、年々店舗数が減って来て、13年前に私が理事

長をやってた年は30店舗ほどあった組合員が、現在はわずか12店舗となり、風前の灯

火状態となってます。

それでも規模を縮小しながら、組合員が一丸となって続行!

福引券2枚付き(1本200円)の《 福笹 》を800 本用意。 事前に商店街各店でバラ撒

いた、合計2,500枚の福引券を持ったお客様が狭い「特設会場」に長蛇の列を作って並

びます。


DSC07838


DSC07839

温かい「甘酒」が振舞われ、お客様も美味しそうに飲んでます。

DSC07840


9日から日田入りしていた、孫の「すみちゃん」「かずボン」も福引を楽しみました。

DSC07842


今回で2度目となるすみちゃんは、慣れた手つきで「ガラポン」を回して、大当たり1回

を含む当たりが続出。 


DSC07843


始めての経験となる かずボンはチョット不安気?・・・で見ています。

DSC07844


緊張の面持ちで回した結果・・・「小当たり」が1個出て、先ずは無難な福引デビュー

を果たしました。


DSC07845


おじいちゃん(私です)の為に、缶ビールをゲットしてくれました。

DSC07846


闘い終わって、共に勝利のVサイン!

DSC07848


お家へ帰って、戦利品を前に曾祖父ちゃんと記念撮影・・・・・

「大当たり」の恵比寿お神酒一升瓶を前に満面の笑みがこぼれるすみちゃんです。


DSC07854


今年は良い年になるよ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

2017年は《良い年》になりそうな予感がしますよ〜!

昨年暮れに3点の『パネル人形』と1体の『ラクシュミー』、2体の『吉祥天』を制作し

ました。

かねてからご依頼をお受けしていた、福岡のH様が作品を見にご来店されるからです。

いつもの事ですが、ご依頼品をお見せする時はとても緊張します。( これでOKが出る

か? 気に入って頂けるか?・・・と)


29日のお昼少し前にH様が、ご主人と男児のお孫さんを伴ってご来店されました。

ご注文を受けていたのは、『パネル人形』が1点と『ラクシュミー』 1体。それにお友

達がミニサイズの『吉祥天』を1体の全部で3点でした。


◎先ずは『パネル人形』から・・・


DSC07826

『 飛 天 』です。


DSC07827

拡大画面でどうぞ! 新年のごあいさつで登場した作品です。



◎次に笛を持った『 吉祥天 』

娘さん宅の新築記念に玄関の壁に飾る「パネル人形」をプレゼントしたい・・・と、お

約束してたようで、縦型のコチラの作品を即決で決めて下さいました。


DSC07834




◎蓮を持った『 吉祥天 』・・・は、以前ご来店の際に50%出来ていた作品を見て頂い

たのですが、パネルが小さかったので大きくした2点を制作しました。


DSC07828




◎そして『 ラクシュミー 』です。

この人形も70%ほど出来ていたのをお気に召されてご注文頂いたので、コチラに関して

は心配してませんでした。


DSC07817


もちろん、大変お気に召されたようで安心致しました。

DSC07818




◎最後にミニサイズの『 吉祥天 』

DSC07835


手のひらサイズの小さな吉祥天です。

思わず手を合わせたくなる・・・それでいて宗教臭を感じさせない、そんな人形を制作

したい・・・と、想い 作った人形です。


DSC07822

小さいけれど、優しいお顔をしています。

ご来店時にコチラの人形は100%完成していませんでした。

ご一緒出来なかったご友人の委任を受けて、H様が迷う事無く決めた人形がコチラです


DSC07836

H様と同じアンティーク帯と布を使った「吉祥天」です。

工房 黒船屋となる2017年の最初に発表する作品が、なんと2016年の年の瀬にお買い

上げ頂けるとは・・・こんな幸先の良い出だしが出来るなんて最高に幸せです。H様あ

りがとうございました。

2017年はなんだか良い年になりそうな予感が致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

明けまして おめでとうございます。

新しい年が、皆様におかれましては素晴らしい幸運の年となります事をお祈り申し上げ

ます。

黒船屋の昨年は、思う様に制作が出来ず、はがゆい思いをした悔いの残る一年となって

しまいましたが、昨年暮れあたりから少し風向きが変わって来た様に感じます。


DSC07823


本年より、《 工房 黒船屋 》と店名も変更し、上の画像『 飛天 』のように上昇気流

に乗ってみたいと思います。

また、「お多福」さんの様に多くの福をかき集めたいですね!


DSC07805


先ずは2月15日から3月14日までの1ケ月間に及ぶ、地元 豆田町 日本丸館2階・『ギャ

ラリー連』における新作展。

それから、昨年出来ずじまいに終わった自宅 ギャラリーを解放しての『作品展』も時期

は未定ですが開催したいと思っております。

新生なった『 工房 黒船屋 』を本年もよろしくお願い申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

お待たせしました! 新作の『豆田雛』で〜す。

アレコレと検討を重ねてようやく完成いたしました。

下の画像が最終的に《ゴーサイン》が出た新作『豆田雛』です。

◎先ずは全貌を正面から・・・・・


DSC07809


※前回の試作品と比較すると・・・

DSC07779


いかがでしょうか?だいぶ華やかさが出て来たでしょう! 特に内裏雛の座台に貼った

アンティークの「丸帯」が映えてます。


◎次に俯瞰して上から見た画像です。


DSC07810

※このレイアウトに決めるまでに時間が掛かってしまいました。


◎続いて、お雛様のアップ画像です・・・・・


DSC07811

※小さいけれど、アンティーク帯の「着物」を着せてますよ。特に男雛は帯刀させ、

凛々しく見える様に・・・。


◎最後は少し斜め横からの画像です。

傍にグリーン系の小さな観葉植物(アジアンタム・エスターなど)を添えたら更に見栄え

がしますよ。 これぞコンパクト「お雛様」の決定版!


DSC07813

◎台座のサイズが横29cm 奥行20cm 厚み1.5cm・・・とコンパクトなので手軽に

どこにでも飾られ、桐箱付きなので収納も楽々です。

このお雛様の一番の特徴は・・・すべての「お道具」が、木材・粘土・貝などの天然素

材を使った『黒船屋』の手作り・・・だという事。 しかも全品貼り付けなので、お手

入れが超簡単。付属の「ブラシ」でサッサッとほこりを払うだけです。

※既に第一作、第二作の2組が山口井筒屋に展示中ですので、お近くの方は是非 実物を

ご覧になって下さい。

★価格は桐箱付きのセット価格で、54,000円(税込)  ※ただし、工房及びネットで

ご注文頂いたお客様には50,000円+送料でお求め頂けます。

※お気に留められた方は下記へお電話して下さい。よろしくお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

2017年・新作『豆田雛』が間もなく誕生します!

新作の『豆田雛』ですが、次から次にアイデアが湧いて来て、なかなか難航していま

す。昨日も小道具の「絵巻物」や「貝桶」を制作して、レイアウトしては・・・喧々

諤々議論を戦わせてどちらも譲りません。(こういう事は今までに無かった事態です。

でも、とても良い事だと思ってます)

そんな中、『山口井筒屋』の美術画廊担当者の方から、作品催促のお電話を頂いてしま

いました。

「納得のいく作品をお送りする為にアレコレ手直ししているので、あと1〜2日待って頂

けますか?」と尋ねると、「そういう事なら幾日でもお待ちしますので出来上がり次第

送って下さい」・・・と、嬉しいお返事を頂きました。

その後も、島根県から来られて『かやうさぎ』に宿泊されていたお客様2名が来店さ

れ、『吉祥天半跏思惟像』を「素晴らしい!」と褒めて頂き、とても励みになりまし

た。

また、1月7日にお送りする事になっていた 愛知県のT様からもお電話があり、ご友人が

お雛様を見せて欲しい・・・と言われるので、年内に届くように送って頂けますか・・

・といった嬉しいお電話が相次ぎました。(なんだか楽しい店休日でした)


※下の画像は試作品の『豆田雛』です。 この後、ずいぶん変わりました。

まもなく完成品をアップ致しますね!


DSC07779


◎25日・26日と、可愛い孫に会える日が今から楽しみです。

25日には、「貝合わせ」に使う貝の稚貝を拾いに、孫たちを初めての海へ連れて行く予

定です。風邪でもひかせたら大変! 寒くない様にたくさん着せて行かなくちゃー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

PCが治りました!

福岡の息子に修理を頼んでたPCが無事手元に帰って来ました。

打ち込んでたIDやパスワードが全て消えてしまっているので、覚書のノートを見ながら

打ち込んでいるのですが・・・2つ程パスワードが違ってるみたいで開かないものがあ

りました。(まあ、これくらいの事で済んだので息子に大感謝です)



◎2017年度、最初の『ひな人形』をご注文頂いた 愛知県のT様からお電話を頂き、1月

7日着でお送りする事になりました。

9日の大安の日にお孫さんへプレゼントされるそうです。

おめでとうございます。・・・それから本当にありがとうございました。

※下の画像がお送りする『源氏雛』です。

桐箱の蓋にお名前とお誕生日を裏書きして、しっかり梱包してお送り致します。


DSC07773




DSC07777




◎次は新作の『豆田雛』です。鯛も可愛らしく作り直して、こんな風になりました。

ただし、写真を撮り終えた後で、先生のダメ出しが出て、もっと華やいだ感じになりま

すよ!(ボンボリなんかは全く違うモノになりそうですね)


DSC07779


※また、こういうレイアウトで、新春第一弾のDMにも登場致します。

DSC07785


来年の《新春スケジュール》DMは写真が2点です。

もう一つの人形は『お福さん』・・・コチラはまだ試作品ですが、作品展までにはかわ

いらしい人形になってお目見えする予定です・・・・・お楽しみに!


DSC07805


※父が「デイサービス」へ通う事になりました。

25日は、1泊ショートステイをお願いして、すみちゃん、かずクンに会いに行って来ま

す。私は1泊どまりで帰りますが、先生は数日ママのサポートをやって来る様です。

先生も可愛い孫たちに会ってパワー全開になると良いのですが・・・すごく疲れて帰っ

て来たりして…笑!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

PC・・・かなり重症みたいです!

故障中のPCは福岡の息子へ託していますが、かなり重症のようです。

この更新は古いPCで行っているのですが・・・とても重くてイライラしな

がら書き込みしています。(多分、前回までの字詰めとは違って、とんで

もない所で行が変わっているのではないでしょうか?笑)


結局、年内に予定してた自店での「作品展」は中止せざるをえなくなり、

来年2月〜3月の『おひなまつり』に協賛の作品展が、「工房 黒船屋」と

しての最初の『作品展』となります。

1ケ月間開催の超ロングラン公開となりますので、頑張って制作しない

といけないのですが・・・二人共疲労困憊で、どうなる事か?・・・・・と、

チョット心配です。

今更ジタバタしても仕方ないので、ボチボチやって行こう!・・・と気持ち

を切り替えたところです。

何はともあれ、作品自体が少し変わって来た事だけは確かなので、「ど

れどれ、どんなん!?」みたいな感じで見に来て頂けたら幸いです。


それにしても、PC早く直らないかなぁ〜。って言うか、直ると良いんだけ

ど!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         工房 黒船屋 電話 090-9079-6382

パソコンの故障

DSC03953


突然のパソコンの故障によりブログの更新ができなくなっております。
回復次第更新いたしますので復旧までしばらくお待ちください。

13日に終了した《イベント》ですが、とても綺麗だったのでUPします。

この数か月 いろんな事が有り過ぎて、先生も私も疲れがピークに達した様です。

今思えば、今年1月開催した『大阪 高島屋』の作品展を最後に、デパートでのイベント

を全てストップしてて正解だったね!・・・と、二人でいつも話してるんですよ。

でなければ、今頃こんなにユックリ休む事は出来ないし、父が倒れた9・10月はイベン

トの真っ盛りでどうなっていた事か?・・・・・。

とにかく今は、 来年2月15日から始まる『日田おひなまつり』協賛の《ギャラリー連》

での作品展に向けて、焦らず急がず、落ち着いて作品作りに取り組むだけです。



既に終了した日田の一大イベント・・・『千年あかり』が11〜13日まで、『天領まつ

り』が12〜13日に行われました。

特に『千年あかり』は回を追う毎に賑わいを増し、今年は3日間 天気にも恵まれて、10

万人を超す見物客で大賑わいでした。

丁度「すみちゃん」と「かずボン」が曾爺ちゃんに顔見せに来てたので、ママと先生と

私を含めた5人で『千年あかり』をナント《三連ちゃん》で見に行きました。


DSC07748


「すみちゃん」と「かずボン」も楽しんでます!

DSC07749


DSC07750


DSC07751


これは「ステンドグラス」みたいでとても綺麗でした。

DSC07752


DSC07756


二人で仲良く《ハート》の中へ・・・

DSC07758




DSC07759


DSC07760


DSC07761


こちらは毎年好評の日田林工の生徒諸君の作品です。

DSC07764


DSC07765


「すみちゃん」とってもご機嫌でした!

DSC07766


早いもので、あと一週間後は12月となります。

わ〜っ、あんまりゆっくりも しとかれませんね! 頑張らなくっちゃー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

久し振りにユックリ出来ましたぁ〜。

退院して家に戻って来た父も だいぶ日常の生活に慣れて来たので、7日の定休日は二人

で大宰府まで出かけました。

久し振りのドライブ。天気も上々で快適な休養日となりました。


大宰府の参道は相変わらずの人混みで凄い賑わいです。中国や韓国の観光客で溢れてい

ました。


DSC07741


圧倒的に中国からの観光客が多くて、けたたましい会話のやり取りが耳に飛び込んで来

ます。中にはレンタルの着物(かなり派手目の着物を着てるので、日本人ではないとス

グに分かります)を来て数人で闊歩してるグループも見かけました。


DSC07744


境内では、大輪の珍しい菊の花を献花して恒例の『品評会』が催されていました。

二人とも菊の花はあまり好みではないので、見るとは無しに前を通り過ぎたのですが、

初めて見る様な大輪の菊の花にビックリ!


DSC07745


暫くぶりに来た大宰府の本殿では、少しばかりのお賽銭を投げ入れて、たくさんの願い

事をして来ました。(笑)


DSC07747


りっぱな本殿ですねぇ〜! どうか願い事が叶います様に・・・。

DSC07746


お土産に父の大好きな「梅が枝餅」を買って帰りました。


◎いろいろと有り過ぎて、《制作する時間が無い》《作品が出来ない》《企画していた

『自宅展』がやれない》・・・と、ナイナイ尽くしが続きましたが、12日にもう一度

父を病院へ連れて行った後はやっと制作する時間が出来るので、「心機一転」二人で制

作に没頭致します。

※嬉しい事に10日、山口・井筒屋の美術画廊担当者の方から「12月中旬頃から『お雛

様』を展示したいので数組送って頂けますか?」・・・とお電話がありました。

こういうお話は本当に励みになりますね! よっしゃー、頑張って作るぞ〜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『工房 黒船屋』模様替えした店内の《ビフォー・アフター》をUP

『黒船屋』店内の模様替えをした事をお知らせしましたが、ビフォー&アフ

ターのアフター画像をアップしてませんでした。

本日、模様替え前の写真と共に画像アップ致します。


◎先ずは入口から奥方向を写した写真。《ビフォー》


DSC07697


◎そしてコチラが模様替えした現在の写真です。

奥の間仕切り壁を取っ払ったので、見通しが良くなりました。


DSC07724


◎次にテーブルのある奥の部屋から入口を写した写真です。《ビフォー》

DSC07696


◎模様替え後は、仕切り壁が無くなりスッキリしました。

ラタンの椅子を無くした事で・・・コチラも広い空間が出現。


DSC07726


◎以前の中央部分は、不要なイスとテーブルでゴチャゴチャしてましたが・・・・・

DSC07698


◎ネイビーブルーの「収納スツール」に替えた事で広々スペースが生まれました。

スツール内には「昔帯」が綺麗に収納されています。

下の画像、右側の飾り棚のガラス部分も、透明だったガラスに先生がすりガラス風の

シールをキレイに貼って、直接人形が見えない様に目隠ししました。


DSC07725


DSC07728




◎病院から帰って来る父の部屋も、住みやすくなる様に先生が模様替えをしました。

朝日の差し込む窓際に、炬燵とテレビを配置してくつろげる様に・・・。


DSC07731


通路側の窓際には店に置いていたラタンの「応接セット」を置いて、訪ねて来た友人と

語り合えるスペースを設けました。(とは言っても、この歳になると訪ねて来る友人も

ほとんどいませんが・・・)


DSC07738


室内に観葉植物があった方がいい・・・と、先生と『グッデイ』へ出かけた御年97歳の

お爺ちゃん。まだまだ元気です!


DSC07736


そのうち「グラウンドゴルフ」を再開するかも?・・・。

DSC07735


◎4歳と2歳の曾孫に再び会える日を楽しみにしている曾爺ちゃんです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

『日本一の大名膳』を食べました!

最近近くに出来た『三男坊』という店のお昼のサービスランチが凄い!・・・と評判な

ので早速行って来ました。

日田駅のすぐそばにあるお店は、以前『茜』という居酒屋でしたが・・・綺麗にリニュ

ーアルされていて良い雰囲気のお店になっていました。

お昼はサービス価格の1,500円(税込)という『日本一の大名膳』がコチラです。

DSC07710


※ちなみにメイン料理が「肉料理」と「魚料理」に分かれていて、上が「肉」の方で、

下が「魚の料理」となっています。

DSC07709


『日本一の大名膳』のお品書きです。

DSC07708


◎食後のコーヒーはセルフで飲み放題!

但しお昼限定で、夜は2,500円(税込)になるそうです。


他にお昼の食事はこんなメニューもありました。

DSC07707


◎飲み物のメニューはコチラです。

DSC07703


※とにかくお昼がお得です! 日田へお越しの節は一度お試し下さい。

運ばれて来るお膳の凄さに圧倒されますよ!

新鮮なお刺身と海鮮汁が美味いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

またまた《大掃除》で〜す!

15日の更新を最後に長〜い沈黙を続けていましたが、父の入院中に部屋の掃除をやりま

した。退院して帰宅後を快適に過ごせるように・・・。

それからが大変。先生の掃除癖に火がついてしまって・・・ず〜っと工房とギャラリー

の大掃除でした。


◎コチラが大掃除前のギャラリーです。

DSC07697


DSC07698


DSC07696


※この状態がもうすっかり様変わりしてしまいます。

画像は後程・・・お楽しみに!

大変だったのは、黒船屋の備品類の整理でした・・・・・ホェ〜!

「桐箱」「屏風」「小道具」・・・その他 たくさんの備品類を整理整頓して見やすく、

分かり易い場所へ全て入れ替えました。

DSC07699


DSC07700


DSC07701


※チョット長くなりそうなので、今日はここまで!

いろいろあって大変だったので疲れが出たのでしょうか!?10月23日頃から右足の腿

の所に「神経痛」が出だしたので痛さをこらえてたところ・・・出たー!「帯状疱疹」

が太腿の裏にバァーッと!

痛いのなんのって、夜眠れないくらいの神経痛が・・・

治療を始めて10日目・・・いくらか痛みはひきましたが、今度は痒みが・・・。

気長に治してゆくしかありませんね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

来年の「おひなまつり」目指して「人形制作」してますよー!

父の緊急入院で残念な事に出来なくなった秋の『新作展』ですが、来年の「おひなまつ

り」に向けて作品制作はボチボチですが進めています。

小型のお雛様セット『豆田雛』の小道具からほぼ出来上がったモノをご紹介します。

とりあえず6組分を作ってみました。コチラで〜す!


DSC07686


◎小さな「鏡台」です。石粉粘土とバルサ材で制作しました。

大きさは五円玉と比較して見て下さい。(左右=3cm  高さ=5cm程)


DSC07687


◎箪笥は石粉粘土とワイヤーを使って制作。

DSC07688


◎ひし餅も石粉粘土とバルサ材に着色。

DSC07689


◎重箱は石粉粘土で・・・仕上げに朱色の紐で結びます。

DSC07690


◎鯛を載せる漆盆・・・バルサと粘土を使って制作。

DSC07691


ここまでは先生から「OKサイン」が出ましたが、次の鯛はボツとなりました。理由は

「リアルすぎる」のと「大きすぎる」事。


DSC07692


何しろプレゼンで見せたのがコレでしたから・・・

「生臭さが匂ってきそう・・・」と言われてしまいました。

それに、お雛様に比較してやはり大きすぎますね! 次は干菓子の落雁みたいに可愛く

作ってみましょう。


DSC07693


◎最後はぼんぼりです。石粉粘土とワイヤー、ビーズを使いました。

仕上げは和紙の覆いを付けて完成。


DSC07695


◎見本の「お雛様」です。実際の出来上がりは手作りなので、いろんな姿のお雛様が出

来ると思います。


DSC07694


今年はいろいろな出来事があって、なかなか思う様に人形制作が出来ませんでしたが、

今後はマイペースで 気に入った作品をボチボチ作って行こう!・・・と思っていますの

で、よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

驚異の回復力

9月29 ・ 30日と「死の淵」を彷徨った父でしたが、手術が上手くいって黄泉の国へ行

く事だけは避ける事が出来ました。

しかし、10日間程は危険な状態が続く・・・という事なので兄弟 ・ 親戚には即 連絡

をする事に・・・。

一時的に ろれつが回らなくなり、おかしな話をする・・・などがあって心配しました

が、HCUに入って8日目、《 驚異の回復力》で食欲も旺盛、リハビリで自立歩行する

事も出来るほどに回復。 これには私たちもビックリ! (御年97歳ですよ!)



面会に「いの一番」に駆け付けてくれたのは娘家族でした。 義父 ・ 義母のお二人も

病院まで来て下さったのですが、血縁で無い・・・という事でHCUにいる父には面会出

来ず仕舞いで、大変申し訳ない事をしました。

8日に運動会を控えたすみれちゃんでしたが、天気も悪そうなので しばらく曾じぃちゃ

んの様子を見てくれる事に決定!(私も久し振りに孫たちに会いました)


※一貴くんはチョット見ない間に男らしい顔つきになってました。


DSC07634


※お姉ちゃんのすみれちゃんは、なるほど・・・だいぶお利口さんになってます。

DSC07685


仲良し姉弟はとっても可愛くて、いつまで見てても楽しいですね。

DSC07659


※大阪と佐世保にいる弟家族が父の見舞いに駆け付けて来て、我が家は人だらけ。

9日、父の面会が終わった後、大人10人、子供4人が一堂に会しての晩餐会を挙行。久

し振りに盛り上がりました。


DSC07633


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

3年前にご依頼頂いた人形・・・先日ようやくお納め出来ました。

2011年10月11日に日田市を観光に来られた際、『吉祥天女』をお求め頂いて以降、作

品展の度に《御売約》を頂いている大切なお客様がいらっしゃいます。

奈良県のM様です。

初めて九州を遠く離れて、見知らぬ大阪で開催した 4年間で5回の『作品展』では、知

名度も無く数字も上がらず、肩身の狭い思いをしつつ会場に立っている時、顔見知りの

方がご来場下さった時の嬉しさは言葉に表せない程の感激を覚えました。

なかでもM様は、作品展の度にお忙しい中を奈良から駆け付けては《御売約》を頂き、

本当に感謝の気持ちで一杯です。

そんなM様に3年前、ご自身の着物と帯を使って「人形を制作して欲しい」・・・と、

思い入れの有る着物と帯をお預かり致しました。

制約の無い、全て「お任せ」の人形だったのですが、それゆえに思い悩み、プレッ

シャーを感じて、なかなか手が付かない状況に陥って・・・3年が経ちました。


これを何とか打破しよう・・・と先生が一念発起(少々大袈裟ですが)

3年越しにようやく出来上がった人形が下の画像です。


◎『 好 日 』  全身像


DSC07616




DSC07600




DSC07605




DSC07606




DSC07604


※写真をお送りしていたところ、父の面会に行く途中で「地味な着物だったのですが、

華やかな感じに作って頂いてありがとうございます」と、大変お気に入りのご様子で安

堵致しました。

さ〜て、もう1体・・・こちらは約7年程前から頼まれている『似顔人形』が残ってるの

ですが、これが出来たら依頼品は全て無くなるので、先生もプレッシャーから解放され

ストレス無く新作に取り組めるのですが・・・

今後はプレッシャーの生じる「依頼作品」はお断りして、制作してて楽しい作品創りに

徹したい・・・と思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

父の病気

97歳になった今まで、病気らしい病気と言えば〔胆石の手術〕と〔酷い下痢症状による

20日間の入院〕くらいしか記憶に無い父ですが・・・28日の午後7時頃、油汗を流して

苦しそうにしてるので、歩いて1分程の救急病院へ連れて行きました。

その日は一旦家に戻りましたが、翌日検査を受けた結果「心筋梗塞」と判明。

すぐさま救急車で済生会病院へ搬送されました。

急を要する状態・・・という事で〔心臓カテーテル〕の手術を受け一命はとりとめたも

のの、高齢による合併症などもあり、予断を許さない状態が続いています。


1〜2日と術後の経過はまずまずで安心してたのもつかの間、4日には〔脳梗塞〕の様な

症状も出て来て、ろれつが回らない状態です。

薬の副作用や、一時的なショックでこの様な症状が現れる事もあるそうなので、後は先

生と父の生命力にお任せするよりほかありません。

これまであまりに健康で元気だったので、こんなに弱り切った父の姿を見るのはとても

悲しくて忍びないものです。(看護師さんが優しい・・・と言ってた父が「ウチに帰り

たい」とダダをこねる様になりました)


娘が曾孫二人を連れて面会に来たのですが、14歳以下の子供は「感染症」などの関係で

面会出来ず、ろれつの回らない父が涙を流しながら手を合わせて「一度だけ会わせて下

さい」と何度もお願いしてた・・・と先生から聞いた時、私も涙が出ました。

頑張れ!親父。『100歳のお祝い』をするんだ・・・と言ってたろ! 一般病棟へ戻れ

たらいくらでも「すみれ」と「一貴」に会えるんだぞ! ガンバレー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎この秋に計画していた「黒船屋ギャラリー1 ・ 2 階」を使っての『新作展』は諸事情

により開催が出来なくなりました。心待ちにして下さった皆様には大変申し訳ございま

せんが、来春2〜3月に開催の『日田おひなまつり』会場でお会い出来る日を楽しみにし

ています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

愛知県のT様へ・・・『源氏雛』の画像をアップ致しました。

大変遅くなりましたが、『源氏雛』の新作が2組完成致しましたのでブログでご覧下さ

い。( どちらかお気に入りのお雛様がございましたら、お取り置き致しておきます)


◎展示例  (写真の付属品全てを桐箱に収めたセットです) お名前は裏書致します。


DSC07620


◎上から俯瞰した状態の画像です。

DSC07621


【 源氏雛 A 】  ※ご売約済み(ありがとうございました)

◎女雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。


DSC07622


DSC07623


◎男雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07625


DSC07626




【 源氏雛 B 】  ◎女雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07627


DSC07628


◎男雛=上・全体像  下・お顔の拡大画像です。

DSC07629


DSC07630


※以上2組の源氏雛ですが、ご検討の上 お報せ頂けると幸いです。よろしくお願い致し

ます。(サイズは今井様にお届けした人形と同サイズです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

いろいろありすぎて 更新が出来ませんでした。

またまた長い事 更新が途絶えてしまいました。この間、嬉しかった事、とても心配した

事、楽しかった事、プレッシャーを感じた事・・・いろいろありました。

一番心配した父の病気・手術・・・経過も落ち着いたので、明日からボチボチ書いて行

こうかな・・・と思います。

大変ご心配をお掛けしましたが、元気にしてますのでご安心下さい。

それでは皆さん、明日のブログ是非見て下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382

素敵なビストロ《 2FACE PORTA 》をご紹介します。

皆さんコンニチワ! 早速ですが 昨日お約束していた素敵な《ビストロ》をご紹介致し

ます。

お店の名前は、《 2FACE PORTA 》=ツーフェイス・ポルタ

黒船屋の前の県道を豆田町とは反対方向へ、ゆっくり歩いて6分程の所。「天領日田 洋

酒博物館」の真向かいに今月9月1日にオープンしたばかり。


◎先ずは外観からご覧頂きます。 

驚くなかれ、製材を除く 設計・施工はほとんどオーナーシェフのUさんが一人でされた

んだそうです。( 1 ・ 2階共に道路側にテラスが設けられていますが、コチラは喫煙の

為のスペースだそうです。従って、2階の窓に見える部分はオープンとなってます)


DSC07583


古民家を上手くリノベーションして造られていますが、その手腕には驚かされるばかり

です。


DSC07580


入口上部の立派な梁も昔のままに上手く利用してますね。

古風なドアがいい味出してます。さぁ、中へ入ってみましょう!


DSC07582


下の画像は、1階奥のトイレの前から入口付近を写した写真です。

右側に見える「手作り」の衝立の奥は3つのテーブル席がありますが、お客様がお食事

中だったので写せませんでした・・・残念!

左側、ガラス戸の奥は2階へ上がる階段スペースとなります。

随所に下げられた小さめのシャンデリアが素敵ですね!

左側の手前には2人掛けのテーブル席が見えます。写真には写っていませんがカメラを

持って立っている私の左側にはこじんまりとした座敷スペースもあります。(この後の

写真でご覧下さい)


DSC07569


座敷の向かいはカウンター席と厨房となってます。

一人で来られたチョイ飲みのお客様に打って付けのお席。チーズをかじりながらワイン

を飲んで、シェフと語らう・・・あ、シェフは忙しくてお話は無理かも? カップルで

どーぞ。

ちなみに、黒板に書かれた「本日のおすすめ」・・・一番下にある『たっぷりサラダと

お魚のカルパッチョ』は私もお薦めの一品です。


DSC07568


ハイ、こちらがご紹介のカワイイお座敷です。

この席は最高4人まで。 奥にポッコリお腹の男性が見えてますが実は私です。こちら

は2人席となってます。


DSC07567


◎次に2階をご案内します。

ビールサーバーのある壁の向こう側に階段があります。

この空間もとてもお洒落ですねぇ〜!


DSC07565


階段を上がった所から奥を写しました。

梁が素晴らしいですね! 実際はこの梁の下に天井板が張られてたそうなので、随分天

井が低かったんですね。元は子供部屋だったそうです。

このインテリアは梁を残した以外、全てオーナーシェフの手作りだそうです。凄い!


DSC07566


椅子を除く、テーブルも衝立もオーナーの手作り。開店を夢見ながら作業をしてた時が

一番楽しかったそうです。(私には出来ません。ペンキ塗りで4日も掛かる人ですから

・・・)


DSC07561


この写真いいでしょう! 先生もお気に入りの空間みたいですよ。

「こんな風にした〜い!」と言ってました。

突き当りに見えるドアが2階テラスへ出るドアとなります。格子使いがニクイですね。


DSC07560


ハイ、2階のテラスです。お食事後の一服をココで・・・。煙を燻らせながらコーヒー

を一口。通りを歩く人々を観察するのもいいですね。(私はタバコを吸えませんので

・・・)  左手に「洋酒博物館」の看板が見えます。


DSC07563


さぁ、お料理です。この日は軽めに済ませたのでたくさんご紹介出来ませんが・・・ま

ずは先ほどお薦めしたカルパッチョです。

ボリュームがあって、お魚がとても新鮮なんです。

2度来たのですが、アラカルトを数品注文して二人で頂きました。今度はコースを食べ

てみたいと思います。(事前予約が必要です)お得なのは「飲み放題コース」=お客様を

ご案内した時に挑戦しようと思ってます。


DSC07571


サザエのお造りとツルムラサキ添え・・・美味しかったです!

DSC07572


トマトとチーズがたっぷりのパスタ。(名前がわからなくてスイマセン)

DSC07574


メインディッシュがこちら。ポークとレタスを野菜たっぷりのソースとともにクレープ

状の皮に包んで頂きます。2人で食べてもボリューミーで美味しく頂きました。


DSC07577


またまたお気に入りのお店が一つ増えました。

女性の方には特にお薦めしたいお店です。今回写真を撮ってませんが、オーナーシェフ

もイケメンの素敵な男性です。

本当はあまり教えたくないお店なのですが・・・長く続けて欲しいお店なのでご紹介し

ました。

最後に《 2FACE 》=二つの顔・・・の意味をオーナーに聞いたところ、以前 30代

の頃に12年間やっていた最初のお店《 TAO 》と、40代になって心機一転 満を持し

てオープンした《 PORTA 》・・・この足跡を《二つの顔》として店名に残したの

だそうです。

ここに来るまでの時々を一生懸命・大切に過ごして来た・・・そんな思いがひしひしと

伝わって来てとても感動しました。 「ポルタ」ますます気に入ったなぁー!



DSC07585


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         工房 黒船屋 ☎ 090-9079-6382



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング参加中!
Archives
  • ライブドアブログ