度重なる浸水と白アリによる被害は思った以上に酷く、ファサードのデザイン変更等も

あり、請求金額は当初の見積もりを少しオーバーする金額となりました。

それでも私たちの用意した《予算》内で大切な『我が家』を救う事が出来、希望通りの

『お店』が出来上がった事に心から感謝しています。

ただ一つ残ってる内装の「タイルシート」貼りだけは、見積もりに提示された「タイル

シート」が好みに合わなかったのと、タイルシートを貼る為にやらなければならない

「コンクリート打設」が26万円程度かかるという事で、貧乏工房の黒船屋では手が出せ

ず・・・・・自分達の手でやる事に決めました!


◎下の画像が以前貼ってあった3層の「塩ビタイル」を剥がした状態の写真です。

至る所に「亀裂」と「デコボコ」があり、これでは新しい「塩ビタイル」は貼る事が出

来ません。


DSC08814


DSC08812



下の画像は先生と二人がかりで「コンクリートモルタル」を塗ってる途中の写真です。

まだ全面は塗り切れてませんが、「亀裂」と「デコボコ」はかなり解消されました。


DSC08829



画像左下の黒っぽいモルタルは最初に塗った、亀裂や段差を直すために厚めに塗った

「ボンド入りセメント」

明るいグレーのモルタルは、「乳化系樹脂」の粉末を混入した粒子の細かい仕上げ用の

セメントです。


DSC08826



右側の塗り残しは明日の仕事。更にもう一度デコボコを直す作業をやります。

9日は10・11・12日の三日間、日田市で行われる『千年あかり』と『天領まつり』を

楽しみにしている、二人の孫とママを迎えに先生が福岡へ・・・・・。

その日のうちに、とんぼ返りで日田へ戻って来ます。

残った私は、乾いた部分から「スクレイパー」と「荒いサンドペーパー」でコンクリー

トのデコボコを限りなく平らに、「塩ビタイル」がキレイに貼れる様に頑張ります!


DSC08827




ほら!仕上げをやれば「塩ビタイル」がキレイに貼れそうになってるでしょ?

26万円を浮かせるために掛かった費用は、「ボンド入りセメント」25kg×2袋、「ポリ

マーミックス」25kg×2袋、「吸水調整剤・ハイフレックス」1kg×1瓶、新たに購入し

たコテ1個・・・・・の計¥8,251だけ。

床材として貼る「塩ビタイル」は、市内のDIYで見つけた「お気に入り」をネットで安

く購入しました。


DSC08828


「ドゥ イット ユアセルフ」・・・・・お店作りの仕上げは自分たちの手でやってみる

事にしました。(塩ビタイルやカーペット貼りは、三度の食事よりスゴ〜ク好きな方が

ウチにはいますので!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             工房 黒船屋 ☎090-9079-6382