新年あけましておめでとうございます。

元号が変わる新しい年も 昨年に変わらぬお引き立てとお付き合いをよろしくお願い申し

上げます。


新年のあいさつが大変遅くなってしまいましたが、本当に忙しくてバタバタしていたん

です。作品展の新作が思う様に出来ずイライラし、商店街のイベントに手を取られ、頼

もしい限りだった先生が《負のスパイラル》にハマり込んで・・・(これが一番ショッ

クでした!)・・・もう 私まで落ち込みそうでした。


でも、ブログには更新こそしませんでしたが 年末をまじかにして、少しずつ明るい兆し

が見えて来たんです!

それは先生に いつものような《 前向きな姿勢 》が戻って来た事。

「新作が出来そうなメドが付いたから明日から頑張る!」・・・と。

そう言った翌日、これまであまり来客の無かった(あくまでもお客様です。友人たちは

頻繁に来てましたから・・・)工房にご夫婦のお客様がご来店されました。

お話を伺うと、新築されるお宅の玄関に黒船屋の創作人形を飾りたいと思ってるそう

で、その人形も『黒船屋』という・・・竹久夢二作の絵で有名な、女性が黒猫を抱いて

る人形です。

最初に黒船屋の人形を見たのは、日田の琴平にある「大正ロマンの旅籠 かやうさぎ」

だそうで、その後 昨年3月に開催した豆田町での作品展で『黒船屋』の人形を見られた

ようです。

この時の人形は熊本県八代市のお寺さんにご購入頂いたのですが、「新築の玄関に黒猫

を抱いた大正ロマンのお人形を飾りたい!」・・・という気持ちが強くなりご来店下さ

ったそうです。

先生の気持ちがプラス思考に変わった翌日の事だったのでもうビックリ!

今回の作品展には間に合いませんが、是非 良い作品を作ってご連絡致します・・・と、

お伝えしました。( 2月 15日からの作品展にはご来廊下さるそうです)

嬉しいお話を頂いて 気分よく孫達のお世話をサポートするため福岡へ出かけた翌日、ま

たまた嬉しいお客様がご来店。

出かける前に先生がウィンドウの人形を、帯地を使わない「新作の人形」に置き換えて

行ったのですが・・・、ナント通りすがりの女性が「素敵なお人形ですね!売ってるん

ですか?」と、尋ねて来られました。

価格も分らないし、販売してもよいのかも分からないので、電話で聞いた後「出来たば

かりの人形で?????円だそうですが・・・」と伝えると、即決でご購入下さいまし

た。「通りすがりで暮れでもあるので、1月になって来ますので、売約済みにしておい

て下さい」と、名前とご住所を書かれてお帰りになりました。

下の画像がお求め頂いた人形です。

◎この人形は2作目です。( 1作目は昨年の作品展に「試作品・非売」で展示したとこ

ろ、千葉県の女性が大変気に入って下さってご購入下さいました)

※ちなみに市内のお客様です。


DSC09775 (1)
DSC09779 (1)


なんだか立て続けに嬉しい事が起こってますが、来年は良い事が起こりそうな予感がし

て来ましたよ〜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382