商店街のイベントも無事終了した11日の午前中の事。

工房で人形作りをやってると、ドアの開く音がして先生の友人が来訪。

お茶を飲みながら二人で昨日の『十日えびす』の事など話してるようでした。

私は軽く声を掛けて買い物へと出かけたのですが・・・帰ってみるとビックリ!仰天。

ナント先生の友人が 私の制作した人形『飛鳥の調べ』をえらく気に入ったそうで、「欲

しいんだけど?」と言うんです。

そりゃあ〜、買ってくれるのはとても嬉しい事だけど、一から十まで自分一人で制作し

た人形が売れるなんて、過去に3〜4回あったかなかったか!?しかもナン千円程度の人

形だったけど、今回のは時間も掛かったし、思い入れもあり自分でも気に入っているの

で、万は少し超えるけど・・・値段を言った途端に「えーーーっ、高〜い!だったら要

らない」なんて即答されたらハートがズタズタになっちゃうじゃん!・・・な〜んて

思ってるところへ、ご本人から「これはセット売りなの? 個別売りは出来るの? 1体

20,000円位するのかしら?」と矢継ぎ早に質問して来るので・・・「いや、20,000

まではしないけど、まぁ人形によって少し変えてみようかな?・・・と」言ったところ

で、「じゃぁ、下さい。3体もう決めてるの」とお気に入りの3体をピックアップして

台座へ並べました。

◎1体目は《 琵琶 》を弾く楽士


DSC09657



◎2体目は《 楽太鼓 》を叩く楽士


DSC09655



◎3体目は《 にょうはち 》を打ち鳴らす楽士 (右端最後列)=シンバルみたいな楽器


DSC09666


※1体1体が桐箱入りですが、3体がセットアップ出来る「台座」を手作りして差し上げ

る事にしました。【 どひゃーっ!これは正に奇跡としか言いようがありません! 】

ただし、今回 新作の作品があまり多くないので、《 売約済み 》の札を付けて期間終了

まで展示お預かり・・・とさせて頂く事にしました。

えっ、いくらで売ったのかって?・・・それは会場で確かめて下さい。()

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382