先生が留守の間に新作の何体かを公開しようかな?

まだ完全に出来上がった作品はありませんが、後は仕上げを待つだけの状態です。

完成品以外をアップすると嫌がるけれど、忙しくてブログを見る暇もないし、パソコン

扱えないし、何てったって15日になれば皆さんに公開する事になる人形なんだから・

・・な〜んて言い訳したりして!

◎今回のメインタイトルは《 吉祥展 》 サブタイトルは「祈りと癒しの世界」です。

という事で、最初に紹介するのは『ラクシュミー』 ラクシュミーは元ヒンズー教の女

神様で、ヒンズー教・最高神の一人「ヴィシュヌ」の妻とされ、美と富と幸運そして豊

穣を司るという。

やがて仏教に取り入れられ、吉祥天と名が変わり 毘沙門天の妃で、鬼子母神を母に徳叉

迦龍王を父にするとも云われる。(その昔、江戸時代以前は『七福神」の一人だった)

吉祥とは繁栄・幸運を意味し、幸福・美・富を顕すという・・・今展のテーマには正に

ぴったりの女神様です。

※ 型取りではなく、1体1体手作りした一点ものです。 高さ=約16〜17cm


DSC09814



次は中国の夫人俑を参考に、古墳時代の壁画も加味して制作した『女神像』立像3体。

仕上げはアンティーク布を貼るのか?、着色するのか? (私には解りません!?)

見た方の心を癒してくれると良いのですが・・・。

※ こちらも一点ものです。  高さ=約22〜22.5cm   (左端は非売品になるかも?)


DSC09821



最後は『お多福」さん。( お亀 )とも言う。

「アメノウズメノミコト」に由来するとも云われる。神楽面として福神系。

福を呼ぶ面相として喜ばれる。

以前、試作で制作した小さな人形がとても好評だったので、少しだけ制作しました。

※ アンティーク布貼  ( 小 ) 高さ=約9cm ( 大 ) 高さ=約14cm  《一点もの》
 

DSC09822


※ 昨年みたいに直前になって「インフルエンザ」に掛からないよう気を付けなくっちゃー!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

          創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382