4日目の朝、「今日はたくさんの人が来てくれる予感がする」と先生がポツリと一言。

予感は的中! 開場と同時に切れ目なく大勢の方にご来場頂きました。

そんな中、ひと際会場を華やかにしてくれたのが、毎年「おひなまつり」の時期にお世

話になっているギャラリーのオーナーから届けられた、チョット珍しいお花です。

原種は菊だけど 和でもなく洋でもない その生花は、オリエンタルなムードの人形にピ

ッタリとマッチングして、どこへ置いてもイイ感じ。


DSC00734


DSC00684


日田ではあまり見かけない風貌のお花屋さんが届けてくれたのですが、ギャラリーのオ

ーナーがDMを持参して「この作品に合うお花を・・・」という事で、お花屋さんがチ

ョイスしたお花なんだそうです。

頼む方と頼まれた方双方の《 感性 》に脱帽です。



そして今日も又 ご売約を頂きました。

久留米ナンバーの車から降りて来たご婦人二人連れ。

開口一番、「このお人形を見に来ました」と、DMのヒロインを指さしました。

「あ〜、『シルクロード』・・・結構評判良いなぁ〜!?」

2階にいる先生にバトンタッチしました。



かなりの時間が過ぎて、先生からお呼びが掛かりました。

ご婦人のお一人から『シルクロード』のご注文を受けたようです。

注文制作はプレッシャーを感じるから、これからはお引き受けしない。

と、ブログに書いたばかりですが、この人形はこれからドンドン制作したいタイプの人

形なので、同じテイストの人形を何体か制作の後 ご連絡をする・・・という形でお引き

受けしました。


DSC00739 (1)


DSC00675 (1)


DSC00674


そしてもう一体は、驚いた事に私の制作したコチラの人形。

『縄文の風』シリーズから「貝を持った縄文人」


DSC00773


DSC00801


自分の制作した人形が、2度も続けて売れるなんてビックリです。

お客様をお見送りしても尚、喜びが冷めやらぬ内に・・・近くの居酒屋『泪 橋』の大将

が見に来てくれました。

一通り見た後で、いたく感激した面持ちで「これ、インスタグラムに投稿してもいいで

すか?」  「えっ!うれし〜、お願いします!」 「明日 写真撮りに来ます」

やったー!  一日も祝杯あげたけど、今夜も「泪橋」で乾杯だな!!・・・という事

で、明日は泪橋の事を書こう〜っと。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         創作人形工房黒船屋 ☎ 090-9079-6382