2011年08月17日

地元クルマ仲間と伊豆・箱根・道志ドライブ

夏休み恒例の地元クルマ仲間とのドライブに行ってきました。

DSCN0631


右のLotus ExigeSには、オーナーのmagblueさんとFD乗りのチィ(イースーチィのチィ)さん。チィさんのFDは夏眠中ためナビシート。

私は左のSkyactiv DEMIO。いろいろあって昨日からうちにいます。 

かれこれ20年以上一緒に走っている地元の走り仲間です。


集合場所の箱根道の駅から伊豆スカイラインで亀石峠へ、一般道で修善寺の街を抜けて西伊豆スカイラインへ。

街中の暑さが嘘のように、高原はカラッと乾いた空気が気持ち良いです。

DSCN0647

土肥の街に降りて、いつもの鮨屋さんへ。

DSCN0652

上にぎり

DSCN0655


絶品きびなご寿司

DSCN0657

戸田の漁港で土産の干物を購入。

DSCN0659

戸田の海。

DSCN0660

沼津の街から御殿場・山中湖を経由して、いつもの道志の温泉へ。

DSCN0666

道中の車内では、昔一緒に走ったころのクルマ話に花を咲かせました。

昔から走り慣れた箱根・伊豆のワインディング、美味しい食べ物とキレイな景色、源泉かけ流しの最高の湯を楽しみました。

DSCN0637

今回のドライブをSky DEMIOで行ったのは、前日mzaDaディーラーでデミ男のオイル交換をしていた時の営業さんとの会話がきっかけです。

ク『どう??売れてます??』

営『もうSky DEMIOが売れまくりですよ!!』

ク『そう!!でも実際どの位走るのかな??あと走りはどうなんだろう??』

営『じゃ明日一日じっくり乗ってみてくださいよ。』

ク『ええっ???』

デミ男を置いて、Sky DEMIOで帰宅・・・。

●レポート

今回のドライブの条件

)榮の走行距離:353km
内容:高速1割、一般道3割、ワインディング6割
条件:エアコンON、タイヤ空気圧は前半=指定値F2.6、R2.2、箱根以降F2.4、R2.1※後述

Sky DEMIOとても良いです。
乗りだした瞬間にわかるボディのシッカリ感と、やや固めの脚まわりでとてもキビキビ走ります。
CVTはちょっと感覚的に慣れが要る感じですが、街中や高速を走る分にはまったく気になりません。
デミ男の車検に向けて、次の候補の筆頭になりました。

以下、燃費と走りに関するまとめです。

★燃費

燃費ですが、街中で渋滞にハマったりしても15km/Lを切ったことはありませんでした。
そして低負荷低回転な高速や郊外の道になると30km/Lを表示することもしばしば・・・。

以下、すべてSky DEMIOの《区間燃費計》での測定結果です。

ヽ甲罅頁拡餬弃してデミ男の感覚でビュンビュン走る)=16.2km/L
高速(西湘バイパス 90~110km巡航 遅めのクルマはパスする等普通の走り方)=26.8km/L
→100km時のエンジン回転数は1800~2200位(CVTのため変動あり)と驚きの低さ
いつもの山坂道(箱根新道〜伊豆スカイライン〜西伊豆スカイライン 軽く流す程度)=16.5km/L
す抒案始(道志みち 山中湖〜奥相模湖への信号なしの郊外道路をゆるゆる走る)=28.6km/L
ゥ函璽織襦淵ソリン満タン法による計測)=16.65km/L!!!!!!  
→この内容を《普通に走ってこの結果》は驚きです。また単なる試乗車なためアライメントも??です。正しく調整すれば大幅アップも見込めるでしょう。

★走り

しっかり感たっぷりのボディと脚まわりでとてもキビキビ走るSky DEMIO。フワフワした感じがまったくなくハンドリングもとてもシャープでいい感じでした。
しかし最初なんとなく『昔のDWや今のデミ男(DY)の方が元気かも・・・。』と思いました。これは車重やエンジンパワー・特性といったものよりもCVTの影響が大きかったようです。ドライブの後半にはCVTの特性も理解してきましたが、やはり《アクセルを踏んでからグッとくるまでの時間》はCVT独特の感じがありますね。
郊外道路や高速道路ではまったく違和感は感じないけど・・・。まぁこれはSky DEMIOというよりCVT車ということでの話になります。
Sky DEMIOの新エンジンは、特にトルクがどうとか回転がどうとかって印象が残らないほど普通です。普通のガソリンエンジンで、これだけの燃費をたたきだすのに《普通》なのって凄いと思います。
足周りは高速でのドッシリ感はクラスを越えた安心感を感じました。そしてワインディングでのハンドリングも軽快でいい感じです。しかしちょっとだけ気になったのが《メーカー指定のタイヤの空気圧》です。F=2.6、R=2.2。ドライブの当日朝に冷間でこの数値に合わせて走りだしたが、高速・ワインディングで明らかにフロントのグリップが足りない印象になってきました。そこでフロントを-0.2、リヤを-0.1してみたところ、グリップ感が見違えるようにアップし、乗り心地も向上して好印象となりました。
このあたりはやはり燃費を意識しての数値なのでしょうがないのでしょうが、空気圧を落とした後の走りが素晴らしく激変したため、ちょっと気になるところです。

Skyactivテクノロジーに基づき軽量化や空気抵抗にも手が打たれているSky DEMIO。我が家の家グルマとしての用途(毎日の買い物・送迎と年に数回の高速ロングドライブ)にはとても適したクルマだと思いました。

今乗っているデミ男の車検の期間が年内(点検と勘違いしてました)なので、年末に出てくるアクセラSky activやDE DEMIOの1.5等いろいろ比較検討してみたいと思います。


kurohachi8 at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ