採掘場跡の思い出・・・。

まず最初に目に入ったのは流砂。

採掘場跡と言う名前にふさわしく、何かの施設。

しかし、その施設は明らかに稼働していない。

施設内を縦横無尽に走り、おそらく燃料や冷却水などが流れていた配管は
途中で途切れており、中から砂が流れている。

もともとそういうものであったようにも見える。

もしかしたら、最初から施設内の砂を集めて施設の外へ出すという
シロモノだったのかもしれない。
pso20170318_211140_001

そう言えば施設の床が見えている場所もあったように思う。

アレだけの砂がずっと流れ続けているのだ。

普通に考えたら床なんか、
とっくの昔に埋もれて見えなくなってしまっているはずだ。

やはり、なんらかの手入れがされているのかもしれない。

惑星リリーパでは主人がいなくなっても機械だけが残り、
ある程度は管理がされているようだった。

自動的に掃除をやる機械があってもおかしくない。

ココからココまでと言う範囲が決められているために
床が見える範囲が限られているのかなぁと思った。

だとするとココの住人がいた時から、この星は砂に覆われていたのだろうか?

想像が膨らむ。


施設の重要度も気になるところだ。

明らかに今までより高性能な機甲種が出てきている気がする。

銃を乱射しつつ、走り回るディンゲール。

バーナーで剣に炎を付加するヤクトディンゲール。

バリアを張るヴィントバルガー等々。

明らかに今までに見た機甲種より装備が良い。

動きのバリエーションも豊かだ。

考えてみれば資源を採掘する場所である。

その重要度はかなり高いだろう。

ダーカー達のような敵対する存在がいた場合、
ココを守れるかどうかが勝敗を分ける可能性も高い。

そう考えると機甲種の強さも納得がいった。

個人的には惑星リリーパの中で一番好きなステージだったりする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


まぁ要するに私、ロボより獣の方が好きってだけなんですけどね。

さて・・・お次は海底。

海の底とは思えない極彩色の空間。

出てくるエネミーもカラフルでどことなく、愛嬌がある。

実は私がやり始めた時、最終ステージだった事もあり、
最後っぽいものを想像していたら肩透かしを食らった記憶がある。

しかし、それは私が勝手な予想をしていただけ。

ステージだけを見た場合、嫌いじゃない。

特にタロベッコが走り回る姿は何度見ても癒される。

倒された時の変な音も好きである。

スイッチを押すとステージの水位が変わり、敵の挙動が変わるというのも面白い。

この辺りになると急ぎ足で駆け抜けてしまった印象が強いが
結構好きなステージだったりする。


海底以降のステージは正直、そんなに思い出はない。

やはりキャラが強くなるに従い、ステージの方も
駆け足でやるようになってしまったからだろう。

そんな訳でステージの思い出はコレでおしまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


もしかしたら今度はボスエネミーの思い出が始まるかも・・・。

誰得か知らないけど。

投票所?2
良かったら投票お願いします