ロックベアと言えば、最初の森林ステージのボスです。
来いや!ロックベア

大抵の人は最初に戦ったボスになるんではないでしょうか。

最近はそうでも無いのかもしれませんが・・・。

私にとっては最初に戦ったボスでした。

PSO2を初めて、最初から順番にクライアントオーダーをこなしていき・・・。

森林探索が出来るようになるまで、
今からでは考えられないほどの時間をかけた気がします。

一つ一つのクライアントオーダーが新鮮でしたし、
次に何が待ち受けてるかドキドキしました。

そして、ついに森林地帯の自由探索が出来るようになり、
最初のボスと戦えるようになった時、ドキドキは頂点に達しました。


私は初代PSOが大好きでした。

初代PSOで最初のステージのボスに会った時も本当にドキドキしたものです。

果たしてPSO2の最初のステージのボスはどうなのか?

技術的には進歩して、初代より凄いモノが出てくるに決まってます。

しかし思い出には、最初の衝撃には、違う価値があります。

ソレを塗り替えるのは並大抵の事ではありません。


果たして勝つのは新しいモノか思い出か?


そんな期待と不安でいっぱいになった気持ちを胸に
私は森林探索に出かけたのです。


・・・なんか、最深部に行くまでも無く、
途中でロックベアが乱入してきたんですけれども・・・!


えぇ!?

何これ?

多分あなたがロックベアですよね?

最後の最後で待ち受けてるはずのボスさんですよね?

えぇ~・・・!

途中で出てくるの~?

凄い度肝を抜かれたわ!

心の準備が全く出来てない!

えぇ~・・・!!

盛り上がりも何もないじゃん!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ロックベアと私は、そんな感じの初対面でした。

当時の私はガッカリしてものでしたが、今、考えてみると
アレはアレで良かったのかもなぁと思います。

途中の雑魚敵を倒していき、最後の最後にボスを倒す。

そんな固定概念をロックベアはアッサリ破壊してくれました。

途中で乱入してくるボス。

そんな予測不能な驚きと楽しさこそがPSO2の冒険なのだ
と教えてくれました。

あの時の驚きと衝撃は初代の思い出と比べても全く遜色はありません。

初代とは違う、新しいPSO。

それを見せつけてくれたロックベア。

突然、目の前に現れて見つめ合ったあの瞬間。

未だに私の心の中に残る一場面です。

投票所?2
良かったら投票お願いします