ページの1/3へ
ページの2/3へ

黒羊のPSO2堪能記録

PSO2をやって、起きた事や思った事を書いていくブログです。

2015年09月

徐々に上げてけば最終的に高いハードルも跳べる・・・かも

個人的に参加するハードルが高いと思われるシンボルアート(以下SA)作成会。

SAを作るだけで結構ハードル高い気がするのだが、捻りの効いたお題に5分の制限時間。

はっきり言って、出来る人のほうが少ない気がする。

実際、私は5分になってからまともにSAを完成させる事が出来てない。

SAを作る人は多ければ多いほど楽しいと思うのだが、現状だとやってくれる人は少ないだろう。

なので今後は5分はあくまで目安程度にして、
SAが作った人がいたら時間に関係なくSAを出してもらう形にしたい。

早い人がいれば、その分、待ち時間は減るし、そのSAについて話してるうちに
他の人はSAを作れるという寸法である。

作るのが遅い人は早い人のSAをあまり見れないという欠点はあるが、
そこは後からもう一度見せてもらうとかでフォローすれば一応は大丈夫じゃないかと思う。

やはりSAを作るからには完成品を見せたいし、制限時間にソレほど拘る必要は無い気がする。

もちろん反対意見があれば変えるつもりだが、今後は基本的にコレで行きたいと思っている。


しかし、それでもまだまだハードルが高いだろうと考えた新企画。

SAしりとり。

私としてはかなりハードルを下げたつもりだったのだが、
やらない人にとってはまだ高かったらしい。

静さんに相談してみたら、スタート地点が分からないから無理と言われた。

そう言われて最初にSAを作った時の事を思いだした。

なんだか、やたらと苦労した気がする。

パーツを置くだけで一苦労。

サイズを変えたり、カラーを変えたりしたのに最終的に操作を間違えて
何もしてないのと同じ状況になったりした。

だからこそ最初に作ったSAは私にとって思い出深いし、お気に入りだったりするのだが
あのハードルを越えられない人がいるのも良く分かる。

私のSA

しかし、興味があるのなら是非やって欲しい。

そんな訳で本当にSA作成のスタート地点の操作説明を作ってみた。

興味があるけど良く分からないという人は見てみてほしい。

本当にスタート地点の説明だから期待しないでね~。


そんな訳で新イベント「SAしりとり」をやりたい。

雑談メインのゆるい企画にするつもりなので皆さんお気軽に参加してください。


日時は未定だが、場所は共通シップのチャット推奨ブロックにしようかと思っている。


これで作ってみた人がSAしりとりの方に出てくれて、最終的にSA作成会にも出てくれるのが理想です。

少しでも負担を減らした・・・もとい、少しでも犠牲者を増やした・・・もとい!戦友・・・もとい!

少しでも道連れを増やせたらなぁと思っての行動です。他意はありません!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


無くて良いのか?・・・私よ・・・。続きを読む

新企画を考えました~!

お陰様でシンボルアート(以下SA)作成会は好評だったと思う。

まぁ私が主催者な意味がどこにあったのかはともかく、楽しかったので次回も是非やりたい。

しかし、やっていて思ったのは、とにかくハードルが高いと言う事だ。

SAをやってない人がやれるような企画ではない気がする。


そんな訳で、まずはSAに親しんでもらう企画を考えた。

名付けて「SAしりとり」

まぁ私が偶然知った遊びに「お絵かきしりとり」と言うのがあるので、それの丸パクリである。


名前で何となく察しがつくと思うがSAでしりとりをやっていく遊びだ。

しかしコレ、実はSA作成がメインではない。

メインは雑談である。

具体的に例を挙げて説明していこう。

まず私がこんなSAを作った。

pso20150923_072026_013

ソレを受けてグッジョブさんがこんなSAを作った。

pso20150923_071505_000

見た私は唖然。

何しろ私は普通にリンゴのSAを作ったつもりだった。

つまり「ご」から始まる何かのSAをグッジョブさんが作ってくれると思っていたのだ。

それなのにグッジョブさんの作ったSAは数学の記号のルートにしか見えない。

どう言う事だ?と首を傾げてしまうのも無理はない話だろう。


そして雑談スタート。

何だ、コレ?から始まり、私の作ったものとどう繋がるんだと嘆き、
グッジョブさんからヒントをもらおうと躍起になる。

実はコレこそがこのしりとりの醍醐味だと私は思っている。

自分としてはこういうものを描いた、と思っていても違うふうに解釈される事がある。

もしくは正しく理解されていても、そこから想像もつかないものを描かれる事がある。

何種類かの解釈が出来るSAが出たりもする。

それを繋げるために雑談をするのだ。

あーだ、こーだと皆で話し合うのだ。

むしろ雑談のきっかけとしてSAを作ると言っても良いかもしれない。

なので上手いSAを作る必要は無い。

どっちかと言うとクイズを出す感覚でSAを作ってもらいたい。

すぐに分からない方が面白い。

そういう意味でグッジョブさんのSAは完璧だった。

グッジョブさんには一通りコンセプトを説明しておいたのだが
まさかココまで完璧な返しをしてくれるとは思わなかった。


答えが分からず、モヤモヤしてる人もいるだろうからヒント。


「英語」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



分かっただろうか?


グッジョブさんの方ではなく私の方のSAを英語で読む。


それだけの事だが、分からなかった人も結構いたのではないだろうか。


分かる人が分からない人に小出しにヒントを出していく。

SAしりとりはそんな遊びだ。


しかし、まさにそういうのを出して欲しかったというのをポンと出してくれるグッジョブさん。

相変わらずグッジョブです!!

もっと凄いぞ!おじいちゃん!

前回ロックベアに体力が激減するリミットブレイク(以下リミブレ)を使い
ナックルの裏拳と通常攻撃のみで挑んだおじいちゃん。

ビックリした!いきなり目の前に腕が!

上手くも無いのに全ての攻撃をスウェーで避けようとする私。

当然のように吹っ飛ばされる。

普通なら即座に戦闘不能になるところだが、ソコは我らがおじいちゃん。

一瞬だけとはいえロックベアの攻撃に耐え、根性を見せてくれた。

しかし、おじいちゃんはまだ本気を出してはいなかった。

調子に乗って再挑戦してみたのだが、ソコでおじいちゃんはさらなる奇跡を
私に見せてくれたのである。


まぁ最初は普通に森林探索をして最深部にいるロックベアのところまで辿り着いた。

途中、邪魔が入る事も多いのだが、
その時はロックベアとおじいちゃんの戦いを邪魔しようとする輩は全く現れなかった。

まるでロックベアとの戦いだけに集中させようとしているみたいだった。

私としても望むところである。

前回、果たせなかったリミブレ裏拳でのロックベア討伐。

今度こそやり遂げてみせる!

そう思い、ロックベアと対峙。

リミブレ発動。

適度に距離を保ちながらロックベアの攻撃を避け、体勢を崩したところに裏拳を決める。

経験を積んだ分、前回よりも良い戦いが出来たと思う。

しかし、リミブレ中は比喩でなく一撃が命取りである。

油断せず戦わなければ。

そう思っていたのだが、やはり私の腕前では全ての攻撃を避けきるのは難しかったらしい。

前回と同じようにロックベアの攻撃に吹っ飛ばされるおじいちゃん。


・・・終わった。


そう思った瞬間、奇跡は起こった。

なんと、体力がゼロになった瞬間。おじいちゃんの体が光り、体力が全回復したのだ。

マグと言う装備品にエネルギーが残っていれば低確率ではあるがそう言った事は起きるらしい。

しかし、その時マグのエネルギーはゼロ。

つまりマグが復活させたわけではないのだ。


まさか。

まさかおじいちゃんが!?

だとしたら凄い!

凄いぜ、おじいちゃん!

私は感動に打ち震えた。

前回、無理だった戦闘不能になるダメージを根性で耐える行為。

今回はソレを成し遂げただけでなく、何と体力を回復までしてみせたのだ。

コレを奇跡といわずして何と呼ぶ!?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・バグ?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


野暮な事を言ってはいけない。

凄いぞ!おじいちゃん!

実は体力が激減するリミットブレイク(以下リミブレ)を使った上で
跳び蹴りと通常攻撃のみでロックベアを倒すと言う例のアレ

来いや!ロックベア

地味に達成してたりする。

盛り上がりも無く倒せてしまったので記事にするほどでも無いかと思い
今まで書いてなかったのだ。

今回なぜその事を書いたかと言うと、
ソレを達成したので今度は違うヤツで似たようなチャレンジをしたからだ。

リミブレを使用しナックルの裏拳と通常攻撃のみでロックベアを倒す。

使う武器が違うとやはり勝手が違う。

私だけかもしれないがロックベアの攻撃は溜めがあるものが多く、
ナックル装備時に使えるスウェーで避け難い印象がある。

そんな訳で勝てる気はしてなかった。

私としては裏拳でどの位のダメージが出るか知りたかっただけだった。

前回、書いたM.Pのダメージ比較。

ソレの影響でダメージ量に少し興味が出ていたのだ。

当ててみたところ、30000以上のダメージが出た。

他の人からすると大した事は無いのだろうが、
私としては大ダメージを与えられたなぁと言う感じだ。

さて目的は達した。

あとはどのくらい粘れるかだなぁ、何て事を考えながら戦闘続行。

それなりに戦ったのだがやはり裏拳を食らってしまった。

何しろ私は裏拳が当たりそうな時に後ろに逃げない。

上手くも無いのにスウェーで避けようとするから、当然の結果だった。

しかし、話はココから少し意外な展開を見せる。

おじいちゃんの体力が減らないのだ。

防御特化のM.Pならそんな事もあるのだが、
難易度スーパーハードにおいて、おじいちゃんでそんな事があるわけが無い。

どう言う事だ?

吹っ飛ばされた後、ヒラリと体勢を立て直し着地するおじいちゃん。

首を傾げていると、一拍遅れておじいちゃんの体力がゼロに。

「・・・馬鹿な」

そう呟いて倒れるおじいちゃん。

いや、むしろ今までの状況が変だったのよ。

何?その意外そうなリアクション?

・・・え?もしかして今のおじいちゃんが根性で耐えてたの?

耐え切れると思ったのに耐え切れなかったから意外なの?

だとしたら凄い!

凄いぜ、おじいちゃん。

言うまでも無いかも知れないが、
おじいちゃんは戦闘不能になるダメージを受けても耐えるスキルは取ってない。

純粋に根性で耐えていたのだ。

全く恐れ入る話である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・ラグ?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


野暮な事を言ってはいけない。

酷いぞ!M.P!

スキルツリーでスキルをどう割り振るかでキャラの強さや個性が変わってくる。

私のメインキャラであるところのM.Pは防御に特化したキャラにしたくて
ソッチ方面のスキルばかり取っていたのだが、これが強くない。

はっきり言って死なないだけで役に立たない。

そのため、高難易度の緊急クエスト等には行かずに人に迷惑をかけないようヒッソリと
限られた人達とのみプレイするようにしていた。

まぁしかし最近、少し高難易度のクエストにも行ってみたい気もしてきたし
周りの人達と遊ぶのにも強いに越した事は無い。

防御特化は趣味的に使うものとして
人と遊ぶ時は基本的に違うスキル振りにした方が良い気がしてきたのだ。

それでまぁ、ちょっと前にM.Pのスキルツリーを追加した。

わりと攻撃方面のスキルを取った一般的なやつにしてみた。

やってみるとやはり面白い。

予想はしてたが、防御特化の時とは比べ物になら無いくらい敵がすぐ死んでくれる。

そのわりに意外と死にやすくなってない気がしたし、純粋に強くなった感じだった。

そしてダメージ量の差と言うものに少し興味が出た。

防御特化のM.Pでどの位のダメージが出るか試してみた。

メインの職業はファイター、サブはハンター。

出す技は裏拳にしてみた。

何もしない状況でいきなり出してダメージは約8200。

スウェー後に出してダメージは約11000。

次に攻撃寄りにしたM.P。

何もしない状況でいきなり出してダメージは約11000。

スウェー後に出してダメージは約20000。

いきなり出した方はともかく、スウェー後だと二倍近いダメージの差がある。

なかなか違うものだと思いつつ、ついでにおじいちゃんとも比べてみようと思った。

M.Pは一応レベルはメインもサブも現在最高レベルである75にしてある。

おじいちゃんのレベルはファイターが63でハンターが47。

そんな状況だがどうなるだろうか?

好奇心でやってみた。

何もしない状況でいきなり出してダメージは約10000。

スウェー後に出してダメージは約15000。

体力が激減する代わりに攻撃力が増すリミットブレイクと言うスキルを使用してもう一回。

何もしない状況でいきなり出してダメージは約15000。

スウェー後に出してダメージは約23000。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


あれ?おじいちゃんの方が強いよ?

まぁリミットブレイクは使いどころが限られてるからなんだろうけど・・・。

おじいちゃんだって攻撃特化なわけじゃないのに。

ハンターのスキルを攻撃寄りにしただけじゃ不十分なのか?

どれだけ酷いんだM.P。

そんなところが大好き!

ソロで使っていこう!

ソロなら死なないのは大きなメリットだしね!

場合によってはこんなダメージの時もw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・ちきしょう。
サポリン参加中
最新コメント
メッセージ

誤字脱字の指摘などがありましたらコッソリどうぞ。   コッソリ直します。      あとリクエスト等もありましたらどうぞ。

名前
メール
本文
記事検索
バナー集




PSO2ブログ巡回屋
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PSO2
リンクフリーです
このブログはリンクフリーです。

このブログで使われているSS、イラスト、動画は全て(c)SEGAって事でよろしくお願いします~。
  • ライブドアブログ