ページの1/3へ
ページの2/3へ

黒羊のPSO2堪能記録

PSO2をやって、起きた事や思った事を書いていくブログです。

2016年02月

西遊記の話だったりジョ○の話だったりPSO2の記事かコレ?

私のブログとリンクさせてもらっているある人がPSO2のスクリーンショット(以下SS)で
「西遊記(一話二話三話四話)」を再現していた。

面白い事をしてるなぁと思って見ていたのだが、私のSS名作劇場に対するコメントでその人が
「流石元祖劇場モノを作った黒羊さん」と言っていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


うん?

元祖って?

もしかしてだけど、西遊記って私のSS名作劇場から派生して出来たの?


私のSS名作劇場から凄くまともになってる!

私がエネミーや赤コンテナを無理矢理に桃太郎だ赤ずきんちゃんだのと言い張っていたのに
コッチでは普通にキャラクターが役を演じてる!

なんというか私のアイディアのまともな部分だけを参考にして、まともな部分を進化させてる!


なんかこれを見ると、いかに私のSS劇場がクレイジーか分かってしまうなぁ・・・。


・・・まぁその人のやってるヤツを真似する事は出来そうに無いので
私は私のやり方でやるしかないのだが。


しかしSSの撮影技術やキャラクリが上手いからこそ出来る企画だなぁと思った。

見事なまでに西遊記のキャラを再現してる。

しかも表情のつけ方が見事だ。

特に感動したのがこの一枚。
ab5c8498-s


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・凄くない?

PSO2でこんな表情撮れたのね。

あまりに感動したので絵を描きたくなってしまった。

で、描いてみた。

順番に描いていこうという事でまずは孫悟空。

まずはこんな感じだったんだが、もとの表情豊かさに比べて少し大人しい気がした。
SD悟空

そんな訳でポーズを変えて表情をつけてみた。
SD悟空ポーズ表情変更

いかがだろうか?

個人的には孫悟空っぽさが前よりかは出せたかなぁと思っている。

次に猪八戒。

あまりに見事な表情だったのでソレを再現したかったのだが私の実力ではこれが精一杯。
SD猪八戒

そして沙悟浄。

初登場時の方。
SD沙悟浄ビフォー

そして最近。
SD沙悟浄アフター

・・・苦労してるね、沙悟浄。

そして三蔵法師。
SD三蔵法師
 

最後に全員集合。
御一行



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


あと、また違う人の話になるのだが、ある人がジョ○ネタの漫画をSSで作っていたので
勢いで私も絵を描いた。
空条キャス夫くん

それでその人に送ったら気に入って頂けたようで・・・なんと!

20160223163453292

これには感動してしまった。

私の悪ふざけをココまで進化させてくれるとは・・・。

お礼を言われたが、コチラの方がお礼を言いたい気分だった。

本当にありがとうございます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


次はもうちょっとまともな絵を描きます・・・。

イケメン?イケメンって何だ?

あるお人がブログでイケメンを作っていた。

イケメン・・・考えてみると私はそう言うキャラを作った記憶が無い。

男キャラで作ると言えばオッサンやらおじいちゃんやらおデブちゃんやら・・・。

私の好みがそう言うのだから仕方が無いのだが、美形じゃないキャラばかりだ。

味のある感じが好きなので、どうにもソッチに行ってしまう。

ソレに私は自分の審美眼に自信が持てない。

美形キャラを作るという事は自分の美的センスがそのまま出るという事だ。

誰が何と言おうと自分が良いと思うなら良いんだよ、と言う人もきっといると思う。

しかし、他の人から見て「うわぁ・・・」と言われるようなキャラを作ってしまったらと
考えるとやはり怖い。

自分のセンスが少数派だと自覚するのは何とも寂しいものだ。


だから私は逃げていたのかもしれない。


何となくそんな事を思って美形キャラを作ってみようかなぁと思った訳である。


まずは私の中で美形のイメージを固めてみよう。

美形、と聞いて最初に思い浮かぶものは何だろう?

ソコから私は考えてみた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・ファングバンサー?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・いや、冗談では無く本気で最初に思い浮かんだ。

最初に思い浮かんだものがコレという時点で、
私のセンスが絶望的である事がご理解いただけたかと思う。


・・・せめて人類にしてくれ・・・。

そう思い、自分の好きな美形を思い浮かべようとするが思い浮かばない。


思い浮かぶのは美形では無い人達ばかり。


考えてみれば私の好きなタレントさんやらキャラクターやらは美形じゃないのばっかりだ。


仕方が無いので適当にいじりながら作っていく事にしてみた。


・・・ふーむ。・・・美形・・・美形ねぇ・・・。
 
pso20160203_083740_007


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


pso20160203_085118_008

どうしてこうなった!?


いや好きだけど!

けっこう愛嬌のある感じで好きだけれども!!


気が付くと美形じゃないキャラを作ろうとしている自分に気付く。

全く恐ろしい。

根本的に美形が作れない性格なのか?私は?


しかし今回だけは美形キャラを作りたい!

なんとなくだが、ココで作らないのは逃げてしまった感じになる気がする。


そんな訳で頑張りました。

途中、種族を変えたりしながら頑張って・・・。


ついに完成させました!


言っておくけど本気で作ったのでギャグは期待しないでね!!

審美眼のある人からするとまだまだかもしれないけど私なりに全力は尽くした結果。

美形という事で年齢はあんまり若過ぎたり、逆に年寄りにならないように気を付けました!

そして美形でありながらも私が好きな感じにもなるようにもしました。

マイキャラになるわけだしね!

ソレがコチラ!
pso20160203_094224_000


ケモミミはなんとなく!


ちなみに作っただけ~。

どう考えても放置するだけだし、他鯖でイベントがあった時に実践投入しようかなと思っております!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


その時にはキャラ変わってるかもだけど。 

守るってドキドキね(2/2)

ただいま私の鯖に旅行に来てくれているヒーローさん。

先日お会いする事が出来たので、おすすめクエストをご一緒させてもらった。

火山洞窟探索と龍族生態調査、機甲種性能調査:採掘場跡の三つ。

火山洞窟はキャタドラン捕獲任務とゲル・ブルフが同時に発生したりして焦ったりもしたが
ソレ以外は複雑な地形で道に迷ったくらいで何事も無くクリア。
pso20160215_212526_000

・・・いや、道に迷ってんじゃん、と言う突っ込みは無用に願う。

それくらいは私にとって何事なかった範疇だ。


龍族生態調査は本当に何事も無くクリア。

そもそもこのクエストで大した事が起きた記憶が無い。

もともと凄い事が起きないようになってるクエストなのかな、と言う気がした。

その感想をヒーローさんに言うと

「ですね。こうしてマッタリとPSO2を楽しむのも良いものです」

とのお返事。

確かに、と思った。

ゆっくりとヒーローさんの雄姿を眺める事も出来たし・・・なんて事を思っていると
緊急事態発生のアナウンス。

どうやら採掘基地防衛戦・終焉をやるらしい。

私はともかくヒーローさんは緊急に行きたいのではないか。

そう思って聞いてみると昼間にガッチリ遊んだそうで私が行かないなら別に良い、との事。

マッタリした雰囲気だったのはそのせいもあったのかもしれない。


私としてはどんな冒険でも楽しいのだがヒーローさんは物足りないのではないか?


そんな心配があったのだが、そう言う事ならヒーローさんとしてもちょうど良かったのかもしれない。

安心して最後のお勧めクエスト、機甲種性能調査:採掘場跡を受けた。

このクエストも龍族生態調査と同じで大した事が起きないはずである。

ヒーローさんが強いおかげで難易度が高くても問題は無いし、マッタリと冒険しよう。

そんな事を思った。


・・・リリーパ族防衛任務が発生。

この任務、間違ってリリーパを攻撃するとリリーパが吹っ飛んで行ってしまい任務失敗になってしまう。

つまりヒーローさんがどんなに強くても私が失敗したら失敗するという事だ。


ヒーローさんはリリーパ好きだし、私だってリリーパを吹っ飛ばしたくはない。

それに勝手なイメージだが、ヒーローさんと一緒の時に誰かを守るという状況に何か燃えるものも感じる。


リリーパくん、君の事は私達が絶対守ってみせる!


そんな事を心の中で呟くと妙に気分が高まってくる。

コレは失敗したくない。


やべぇ、何かドキドキする。


一応任務は成功したが、予想以上にドキドキするクエストになってしまった。


どの位ドキドキしていたかと言うと、その後、難易度エクストラハードで行った
トレインギドラン討伐(二人だけ)よりもずっとドキドキしていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


いや、トレインギドランの時は私、安全なところから弓撃ってただけだしね。

ヒーローさん強かったっす~!

ヒーローさんと遊びました!(1/2)

ヒーローさん。

以前にやったSAしりとりと言うイベントにて、
予定にはなかったのに司会役を自ら買って出てくれた素晴らしいお人である。

誰かが司会役をやってくれないとイベントが大変な事になりそうだったと言う
私の酷い進行っぷりはともかくとして、本当にお世話になった大恩あるお人。

その人が今、鯖旅行中にて私の鯖にいらっしゃってくれてたりする。

お忙しい方だし、私のプレイ時間も減り気味な今、上手く遊べるか不安なところもあったが
先日遊ぶ事が出来た。

まずやったのはその日のおすすめクエスト。

火山洞窟探索と龍族生態調査、機甲種性能調査:採掘場跡の三つだった。

難易度をどうするか聞いたところ、ヒーローさんは即答で

「すぐ終わってしまうのでスーパーハードでジックリ行っても大丈夫ですよ」

と答えてくれた。

何と心強いお言葉。

確かにブログの記事を読んでる感じから察するにヒーローさんは相当な腕前だと思う。

その人にかかれば今言った三つのクエストなどすぐに終わってしまうだろう。

ヴォルドラゴン相手にヒィヒィ言ってる私とは比較にならない。

そもそも私と比較できる人がいるかどうかが疑問ではあるが。


今回は冒険に行くと言うよりヒーローさんの雄姿を眺めに行くと言う感じだろう。


そんな事を思いながら火山洞窟探索へ。

pso20160215_212552_001

ヒーローさん強い!

武器を変えながら流れるような動きでエネミーを倒していく。

ヒーローさんにお任せすると言われたので私が行き先を決めているものの
イメージ的には私は後をついていってる感じだ。

強いだろうとは思っていたので驚きは無いが、実に安心感がある。

コレなら何があっても大丈夫だろう。


・・・そう思っていたのだが。


キャタドランさんが乱入。

しかも捕獲任務。

ソレと同時にゲル・ブルフさんも登場。

迎撃できない、逃げ回るしかない方のヤツ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


えっと訂正。

捕獲任務とゲル・ブルフが同時にしなきゃいけない状況になったら大丈夫じゃないかも。


とりあえず時間いっぱい逃げてゲル・ブルフがいなくなるのを待つ。

当然だがその時間の分捕獲任務の制限時間が減る。

それに他の人は大抵捕獲任務を無視してエネミーを倒してしまうので
ヒーローさんがどうするのかなぁと思っていたら、ちゃんと捕獲するつもりのようだった。

流石ヒーローさん、与えられた任務は着実に遂行する。

そんな人じゃないかなぁとは思っていたが、予想通りで少し嬉しい。

ヒーローさんがキャラドランを捕獲装置まで誘導。

そしてそのまま装置の効果範囲内に引きつけているので私が端末を操作。

私の操作は慣れてないせいか少しゆっくりめだったと思うのだが、
キャタドランは効果範囲から出る様子は無い。

見事なまでにヒーローさんがその場にキャタをくぎ付けにしてる感じだった。


捕獲任務完了。


面倒臭い時はエネミーを倒しちゃう事も多いので捕獲任務に成功する事は案外少ない。

しかし、実のところエネミーが転送される感じとかの演出は好きだったりする。

だから嬉しい。


「お見事です!」

ヒーローさんからもそんな声をかけてもらって、さらに嬉しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


明らかにお見事なのは私じゃなくてヒーローさんでしたけどね。






続く。

思い出を撮影しよう!

もうだいぶ前の話になってしまうが、フローズンシューターを入手した直後のお話。

入手した直後から思っている事があった。

初代PSOの時に愛用していた武器、フローズンシューター。

ちょうどその時、レベルアップクエストにて同じく初代からのエネミーである
ガル・グリフォンと戦えた。

そして、初代のレイキャシールの格好も出来るのスーツもあるので疑似的に
初代の戦いを再現できる!

コレはもうスクリーンショット(以下SS)を撮るしかないだろう。


さて難易度はどうしよう?

ノーマルはエネミーが弱すぎて、ちょっと攻撃しただけでも倒してしまう。

ベリーハードだと逆に私の方が危ないかもしれないので、ここはやはりハードが妥当だろう。

ハードだったらダメージが少ないし間違っても戦闘不能になる事は無いだろう。


途中のエネミーをちゃっちゃと片付けてガルグリさんと撮影会とシャレこもう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


そんな事を考えていた時期がありますた。


いや確かにダメージは少ない。

ダメージが1とかがほとんどで、どんなにボンヤリしていても戦闘不能になる事は無いと思われた。


でもさ~、戦闘不能にならないだけなのよね~。


凄い、凄いよ。

さっきから何も出来ずにやられ続けてるだけだよ。

まるでお手玉のようだよ!

地面に落ちるのすら許されない感じね!


あら凍った。
pso20151213_185438_008

初代フローズンシューターはいきなり自分が凍ったりする武器だったから懐かしいなぁ~。

コレはコレでSSに撮っておこう。

思い出の一枚って感じね。

傍から見たらただの凍ってるだけのSSだけど。


アンガが大変なのは予想だったりだったから、むしろ楽だった気もしたが、まさかドラゴン・エクスと
ナイトギアさん相手にココまで苦戦するとは思いませんですた。


でもまぁ、とりあえずガルグリさんのところまで辿り着く事が出来た。

ココからが本番だ!

撮って撮って、撮りまくるぞ~!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


pso20151213_192321_045
pso20151213_193212_085pso20151213_193214_087
pso20151213_193244_099pso20151213_193248_101
pso20151213_193609_131pso20151213_193627_135


うーん。


なんか難しい・・・。

そもそもフローズンシューターとガルグリフォンのどっちかを撮ると言うならまだしも
両方を綺麗に撮る、というのが無理がある気がするなぁ。

フローズンシューターを手前に大きく写して奥にガルグリさんが理想だけど
そんなに上手く撮る事なんて出来ないしなぁ・・・。

どうすれば良いんだろうか・・・。


あぁでもない、こうでもないとしばらく試行錯誤していた。


もう一回やるのも面倒なので、出来れば今回で納得のいくようなSSを撮りたい。

そう思っていたのだが、そうもいかない事情が発生した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・おちっこちたい・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


最初は我慢していたが、どんどんしたい気持ちが大きくなってくる。

どうにか上手く撮りたいのだが、そんな状況では上手く撮れるはずが無い。


どんどん我慢できなくなってくる。

私は何と戦っているんだろうか?


結局、我慢しきれなくなってガルグリさんを全力で倒し、トイレに駆け込んだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


我ながら酷い。

ゴメンよ、ガルちゃん・・・。
サポリン参加中
最新コメント
メッセージ

誤字脱字の指摘などがありましたらコッソリどうぞ。   コッソリ直します。      あとリクエスト等もありましたらどうぞ。

名前
メール
本文
記事検索
バナー集




PSO2ブログ巡回屋
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PSO2
リンクフリーです
このブログはリンクフリーです。

このブログで使われているSS、イラスト、動画は全て(c)SEGAって事でよろしくお願いします~。
  • ライブドアブログ