ページの1/3へ
ページの2/3へ

黒羊のPSO2堪能記録

PSO2をやって、起きた事や思った事を書いていくブログです。

2016年07月

勝手に「チームたいやき強化週間」

実は先日のジョ〇風記事で描かせてもらった「チームたいやき」さん達。
行くぞ!

その中のお一人にブログのコメントで「一番ジョ〇風が似合いそう」と
言ってた人がいました。

その人の事も描かせてもらいましたよ~! 
リアル事情
 
腕だけですが!!


・・・いや話の都合上、しかたなかったんや・・・。


しかし、ソレじゃあんまりだと思うので描いてみました。

はい、コチラ。
スイックさん
もとになった記事はコチラ。 
(事後承諾になってしまいますがリンクさせて頂きました)

しかしまぁ今週は、勝手に「チームたいやき強化週間」だった感じですな~。

チームたいやきさんのブログはコチラ!
ダークファルス【三足わらじ】
ダークファルス【曙の夜明け】

最近、お忙しいようですが応援しております~! 

返事のタイミング

ある日、惑星さんに誘われて、難易度スーパーハード(以下SH)の
アドバンスクエストに行ってみた。

実のところ、シップ3のキャラで行くのはSHのアドに行くのは二回目。

最初は惑星さんのほかにもう一人、前にイラストで書いたこのお方も一緒だった。
善さん・真の姿

当時、私はSHのアドにギリギリで行けるレベル。

サブに至ってはソレ以下のレベルだった。

そんな状況であの厳しいアドバンスクエストをやるなんて・・・。

そんな事を思っていたのだが、やってみたら、ま~二人が強い。

私が戦闘不能になる暇なんか無い。

瞬く間にエネミーが消え去っていくので本当にコレ、SHのアドか?と
疑ってしまったほどだった。

そんな訳で二回目の時は油断しきっていた。

どんなクエストだろうと惑星さんがいれば楽勝だろう。

むしろやられる方が難しい。

そんな事を思って雑魚集団を見つけたら何も考えずに突っ込んでしまった。

まぁ結果はお察しの通り。

漫画の新キャラとかの強さを見せるためだけに出てくる雑魚のように一瞬でやられた。

本来SHのアドとはそういう難易度のはずである。

私一人だったら一つ下の難易度のベリーハードですら同じ事が起きるだろう。

さすがの惑星さんも、一人ではこの私をフォローしきるのは無理だったようだ。


そんな感じで最初っから酷いスタートをきってしまったが、その後は順調。

私も不用意に敵集団に突っ込む事をしなくなったので惑星さんもフォローできたのだろう。


エネミーをサクサク倒し、PSEバーストが発生した。
pso20160530_221348_001

PSEバースト。

未だに良く分かってないが、とにかくソレが終了するまではエネミーが湧き続ける。

当然、経験値やアイテムがたくさん入手できるボーナスタイムだ。

しかし、そうは言ってもエネミーが一杯と言う状況は、私にとって凄い危険な状況だ。

エネミーが多いという事は惑星さんもフォローしきれない可能性が高い。

気を抜けば即座にやられてしまうだろう。

かと言って逃げ回ってばかりと言うのもせっかくのPSEバーストが無駄になる。

出来るだけダメージを受けず、出来るだけエネミーを倒す!

ソレだけに集中しよう!


そう思っていたら太陽さんがチームチャットにてこんな事を言ってきた。

「チェインなんてなかったんや・・・」

チームの人に向けてのチャットなのだが、明らかに私に向けての言葉。

なぜならその日、私のブログでチェインが上手く出来なかった事を書いたばかりだったからである。


おそらく私の記事を読んでの発言。

嬉しい!

私の記事を読んで感想を言ってくれるとは・・・。

余裕があるならすぐにでもお話がしたいところだった。


だが、そんな余裕は無い。

あるわけがない。

ポコポコと湧くエネミーに囲まれて必死に戦っているのだ。

しかも油断したら速攻でやられてしまう難易度で。

申し訳ないが返事はPSEバーストが終わってからにさせてもらおう。

PSEバーストが終わったら声をかけて感想を聞こう。

そう言えば太陽さんはチェインを使ってるのだろうか?

そもそもガンナーをやってるところを見た事が無かったような気もする。

なんだかんだ言って太陽さんと一緒に冒険した事は数えられるほどしかないし
まだまだ分からない事だらけだ。

この機会に色々聞いてみよう!

PSEバーストが終わったら!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・終わらねぇ・・・!!


人数が少ない時のPSEバーストは敵がそんなに湧かず、すぐに終わる印象だったのだが
こういう時に限って、いつまで経っても終わらない。


onemore!

onemore!!


チャットログを見直したら、少なくとも6分はPSEバーストが続いていたらしい。

太陽さんの呟きから終了した時の呟きまでが6分。

太陽さんが呟く前からPSEバーストは始まっていたので本当は8分位だっただろうか。

体感的にはもっともっと長い時間に感じた。


その後、返事はしたものの、バーストの時間の長さに話が行ってしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


明らかにタイミングを逃しましたな~。

白雪姫の感想とか色々

前回、SS名作劇場「白雪姫」をやらせてもらった。

まぁ一言でいうと出落ちの連続みたいなキャスティングだったかなと思う。

いつもの事かもしれないが。


最近、ちょっと出演者がエネミーばかりになっていた気がするので
M.Pやおじいちゃん、フレンドさんにまで協力を頼んでキャラ多めでやってみた。

今までに比べると普通になったのではないだろうか?


・・・そうでも無い?


もう何が普通で、何が普通じゃないか良く分からない。

SS名作劇場をやってる時点で普通じゃないのだから当たり前か・・・?


それはともかく、今回のキャスティングはほとんど悩む事無くキャスティングできた。

M.Pが鏡なのも、おじいちゃんが王子様なのも、白雪姫がギグル・グンネガムなのも
お妃さまがネプトキャタドラーサなのも一瞬で決められた。

白雪姫が毒リンゴを食べて倒れるシーンはグンネさん以外出来ないだろうというはまり役だし
お妃さまのヒステリーもネプトキャタドラーサが適役だったと思う。

鏡役は長槍さえ持っていれば誰だって良かったのだが、M.P以外には思い浮かばなかった。

まぁおじいちゃんはおじいちゃんなので王子様役だろう。

どんな役をやらせても安心の万能選手である。


唯一、悩んだのは変装した後のお妃さまだ。

最初は魔法使いのおばあさんだった気がしていたので「魔法使い」から連想して
魔法少女のコスでフレンドさんに出てもらおうかなぁと思ったのだが
良く考えたら「リンゴ売りの老婆」であって「魔法使い」じゃなかった気がした。

そのためどうすれば良いのか分からず、悩んでしまった。

その時、フレンドさん、友人、アイドルさんがいたので少し相談し
皆さんに色々コスチュームを考えてもらった。
pso20160611_123706_007
pso20160611_123959_010
pso20160611_124006_011
pso20160611_123700_006

実のところリンゴ売りの老婆という点から言えばアイドルさんのコスがシックリきてる気もしたのだが
オカメのインパクトに勝てなかった。
pso20160611_123722_009

Lちゃん最初に見せてもらってからインパクト最強の座を譲った事は無い素敵アイテムである。

実際、私のSS名作劇場はピッタリくるキャラを普通に使う事はそんなに無いので
まぁ変装してる感じは出ている気がするし、良いんじゃない?くらいの軽い気持ちで採用した。

後悔はしていない。

しかし毒リンゴを食べさせるシーンでフレンドさんに協力してもらったのだが、コレは苦労した。

私のSS撮影が上手くないせいなのだがどういう感じに撮るのが一番良いのか分からず
色々撮って、結局ほとんどを没にせざるを得なかった。

その節はフレンドさん、ご迷惑をおかけしました。

本当にありがとうございます!!


そんなこんなで完成したSS名作劇場「白雪姫」どうだっただろうか?

楽しんでいただけたら幸いである。


実は私の中でやりたいヤツはコレで一通りやってしまった。

今後、何か思い浮かばない限り、SS名作劇場はやらないと思うのだが、やってほしいものや
アレなら面白いものが出来そうというものがあったら是非ともコメントしてもらえると嬉しい。

コメントしてくれたからと言って、出来るとは限らないのだが、
現状だと切っ掛けが無い感じなので、作る切っ掛けとして何か欲しいというのが正直なところだ。

なんともハードルの高い事を言ってる気がするが、
好きな昔話を言ってみる程度の気持ちで書いてもらえたら幸いです。

皆さんのコメントお待ち申し上げております。

SS名作劇場「白雪姫」

昔々あるところに悪いお妃さまがいました。
pso20160611_190136_000

お妃さまは自分の美しさだけが何よりも大事で
毎日魔法の鏡に向かって問いかけます。

「鑑よ、鏡。私は美しいかい?」
pso20160611_190358_020

「はい、お妃さま。今日も美しゅうございます」
pso20160610_213559_035

「世界で一番美しいかい?」

当然、お妃さまは鏡が肯定してくれるものと思っていたのですが
鑑の答えは違っていました。

「いいえ、お妃さま。世界で一番美しいのは白雪姫です」
pso20160609_223101_003


「なんだってぇ~!!」
pso20160611_190206_006

お妃さまは怒り狂い、手下を使って白雪姫を殺そうとしました。

しかし白雪姫のあまりの美しさに手下は殺す事が出来ず、
森の奥へと追いやる事で殺した事にしてお妃さまに報告しました。
pso20160610_212739_007

お妃さまはその報告に満足して、鏡に問いかけます。

「これで世界で一番美しいのは私だろう?」
pso20160611_190417_027

しかしココでもお妃さまの期待は裏切られました。

「いいえ、お妃さま。世界で一番美しいのは白雪姫です」
pso20160611_191903_077

以前と同じ事を繰り返す魔法の鏡。

白雪姫は森の奥で七人の小人と出会い、仲良く暮らしていたのです。
pso20160611_191417_067

怒り狂ったお妃さまは今度は自分がリンゴ売りの老婆に変身し・・・。
pso20160611_130927_049

白雪姫に毒リンゴを食べさせたのでした。
pso20160611_130929_050
pso20160611_130617_037

毒リンゴを食べた白雪姫はパッタリと倒れ、深い深い眠りについてしまいました。
pso20160611_192205_099
pso20160611_192207_100
pso20160611_130649_044

嘆き悲しんだ小人たちは通りすがりの王子様に白雪姫を助けてほしいと頼み込みます。
pso20160611_191804_071

その頼みを聞いた王子様が白雪姫にキスをすると・・・。
pso20160611_191934_082

白雪姫は眠りから覚め、その後、王子様と幸せに暮らしたのでした。pso20160611_192122_090

めでたし、めでたし。
pso20160611_192323_103
 

日本人の魂は私にはまだ早いようです

そんな訳でおじいちゃんにフンドシを買ってあげた。

やはり古式ゆかしい日本人ならフンドシの一つも持っていて然るべきである。

大分前になってしまうがあるお方もふんどし姿のおじいちゃんを見たいと言っていたので
この前、再販が来た時に買ってみたと言うわけだ。

ちなみに私が勝ったフンドシ、愛着度だか何だかが設定されてるヤツで着続けていると
スタージェムか何かが貰えるらしい。

貰えるものなら貰っておきたい。

根っからの貧乏性だからね、私は。

そこまで考えて、ふと思った。


どこで着たら良いの?


裸同然よ?

おじいちゃんよ?


笑ってもらえたらまぁ良いが、誰か不愉快な思いをする人がいてはいけない。

不特定多数の人がいるところではまず着れそうにない。

マイルームとかなら着てても良いだろうが、私はそんなにマイルームにジッとしてる事は少ない。

なんだかんだ言って暇さえあれば冒険をしてる男なのだ。

下手の横好きというヤツだが私は冒険が大好きなのだ。

しかし冒険中でも見知らぬ誰かと会う危険がある。

クエストを受注する時、マルチにも制限をかける鍵をかければ出来るは出来るだろうが、
なぜ私はフンドシでプレイするためだけにソコまでしなくてはいけないのかと言う気にもなる。

悩んだ末、結局シングルパーティーでしか出来ないクエストをしようと言う結論になった。

これで自分のパーティーをフレンドパートナーで一杯にすれば乱入される恐れも無い。

誰の目も気にする事なくフンドシスタイルを堪能できるというものである。

最初に言っていた日本人の魂から明らかに外れた小心っぷりだが、この際無視する。

だって恥ずかしいしね!


行くクエストはその日、お勧めされていた浮上施設の生態調査。

なかなかリゾート気分の出る素敵なロケーションである。

青い空。

青い海。

その中にある白い施設。

そこに生息する、目にも鮮やかな生物の数々。


・・・ふんどし姿のおじいちゃん。


完璧だ!


クエストとしてはエネミーを倒してポイントを稼いでいくだけのモノだから
ブログの記事にする事も無いだろうしスクリーンショットを撮る事も無いだろう。

ふっふっふ、完全犯罪とはこの事だぜ!

さーて、難易度はスーパーハードにしたから時間はかかるだろうが、
愛着度を上げるための行為でもあるので、時間はある程度かかった方が良い。

ノンビリとやっていこう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


タガミカヅチさんが出ました~。
pso20160514_212521_000


「きゃータガミさんのエッチー!」
pso20160524_215936_000
上のスクリーンショットはイメージです。


・・・ちくしょう。このタイミングで出るか・・・。

初対面から私をドキドキさせ続けてくれたタガミさんだが、ボーナスクエストで
会えるようになってから油断しきっていた。


今回もまたドキドキさせてもらったぜ。

まさかふんどし姿になった途端に出てくるとは思ってなかったですわ~。
サポリン参加中
最新コメント
メッセージ

誤字脱字の指摘などがありましたらコッソリどうぞ。   コッソリ直します。      あとリクエスト等もありましたらどうぞ。

名前
メール
本文
記事検索
バナー集




PSO2ブログ巡回屋
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PSO2
リンクフリーです
このブログはリンクフリーです。

このブログで使われているSS、イラスト、動画は全て(c)SEGAって事でよろしくお願いします~。
  • ライブドアブログ