ページの1/3へ
ページの2/3へ

黒羊のPSO2堪能記録

PSO2をやって、起きた事や思った事を書いていくブログです。

2016年12月

私の2016年・後半の振り返り

ブログの記事を読み返して2016年を振り返ってみよう。

昨日は前半をやったので今回は後半。

七月からになります。


七月の記事はロックフェスの記事が多いですな。

正直、イベントに興味ない人に申し訳ない感じで反省しました。

割と最近のイベント記事はコンパクトにまとめようとしております。

ロックフェス以外だと、ウォンドピアを目指した皆さんに関する記事でしょうか?

最初はイラスト付きだったんですが、コレだと言いたい事が伝わらないなと思い
イラスト無しの記事を追加したという記事です。


八月は私にとって今年のターニングポイントではないでしょうか。

まずオフラインイベントであるアークスフェスに行った事。

私のような人間にとってコレは相当な大事件。

電車に乗ったのが数年ぶりと記事にも書いてありましたし
次の日もバイトがある状況で良く行ったなぁと過去の私に感心してしまいます。

そして!

PSO2のゲーム内でもターニングポイントが!!

そう!

あの!!

Aランチャーリングが実装!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


うわぁ・・・なんだろう・・・。

私と他の人達との温度差が半端ない気がする・・・。

Aランチャー・・・面白いよ・・・。


九月は細目顔のキャラを作った事でしょうかね。

あとはAランチャーでタイムアタック(以下TA)ハルコタンに行って
ボコボコにされた漫画を描いてます。

この時はまさか自分がこんなにTAハルコタンをやるようになるとは
思ってなかったなぁ・・・。


十月はある人と偶然会った事が印象深いです。

別に声をかければ会ったり冒険したりする機会はあるのかもしれませんが
コミュ障のため、なかなか声をかけられず・・・。

そんな状況で会えて何かが垣間見えたのは貴重な経験でした。


十一月は何と言ってもAランチャーでTAハルコタンを始めた事でしょう。

最初は技も使ってたのに、それじゃAランチャーの意味ないじゃんと
途中からは通常攻撃のみになりました。

装備の強化を目指したり、自分の立ち回り方を考えたり・・・。

多分この先もこの時以上に頑張る事は無いんじゃないだろうか
と、基本的に面倒臭がり屋な私は思っちゃったりします。


十二月はその努力が報われた月でした。

装備強化したからってだけではなく、
あの時、私の中で何かが目覚めた気がしました。

伸び悩んでいたタイムが一気に縮まったのが何よりの証拠かと。

縮まり過ぎて今まで何やってたの?と言われそうで怖いけど・・・。

シップ7に新キャラを作ってイベントに出たのも良い思い出です。

コレで私はシップ3、6,7にそれぞれキャラを持つことになったわけですが、
バランスよく遊んでいけたらなぁと思っております。


とりあえず、記事を読み返して思ったのはこんなところでしょうか。

我ながら常道から外れ続けたプレイをし続けてますね。

そんな私ですが、今年も色々な人にお世話になりました。

このブログを見てくださってる方にも感謝を。

本当にありがとうございます!!

来年もよろしくお願いします。

それでは良いお年を~!!

私の2016年・前半の振り返り

私がリンクさせてもらっているブロガーさん達の何人かが
今年の振り返り記事を書いていた。

面白いと思ったので私も書いて見ようと思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


しかし覚えていない!


そんな訳でブログの記事を読み返して
2016年を振り返ってみようって記事になりました~!


2016年前半の振り返り。


来年、1月7日(土)20時半~B852でやる予定のSA伝言クイズ。

コレの第一回をやったのがほぼ一年前の今年の一月でした。

お試し版をやったのはクリスマス会でしたが、記事になったのはこれまた一月。

ペンタブを買ったのも、どうやらこの月だったようです。


二月で気になった記事と言えば、やはりヒーローさんが鯖旅行に来た記事でしょうか。

共通シップで会ってはいたものの、自分の所属シップで会うと
普通の冒険とか出来る事が段違いで面白かったです。

あと気になったのは弓でヴォルドラゴンを倒せた記事でしょうか?

傍から見たらどうって事ない事なんでしょうが、
何度もヴォルに返り討ちにされていた私は倒せた時、本当にガッツポーズを取りました。


三月の記事で一番思い出深いのはSA伝言クイズを他にやってくれた人がいたと言う記事。

私のイベントを他の誰かがやってくれる。

コレって凄い事だよなぁと思ったものです。

そんなSA伝言クイズ、来年1月7日(土)20時半~B852で(以下略)


私の初代PSOに対する思いの詰まった記事になっております。


四月はSA作成会にてゾンビラッピーが誕生したのが思い出深いです。

あれほど即興で皆さんが発展させていったシンボルアートは無かったと思います。

あと、シップ3のキャラを育て始めたのはこの頃だったらしいです。



その後、落とされる事が多くなったことを考えると、
やはりPCに無理させてたのかなぁと思います。

そして個人的に大好きなマイキャラのおじいちゃん

スーパーハード海岸に行くだけ三回分の記事を書けるのはおじいちゃんだけ!
(でもないかも)


六月は何と言ってもロックフェスの記事。

正直、このイベント自体はグダグダだったとは思うんですが、
それに応えてくださった方々がいて、ソレが本当に嬉しかったです。

実のところ、この時、本気でロックフェスを
私の最後のイベントにしようかと思ってました。

バイトが忙しかったこともありますし、他にも細かい要因は色々ありました。

私が初めて参加したイベントがロックフェスだったという理由もあります。
ロックフェスに始まり、ロックフェスに終わるってのも良いかなぁ
と思ったりしていたのです。

しかし、イベント参加者さん達が受け身ではなく、積極的に参加してくれている。

頑張ってくれている。

そう思ったら、私も頑張ろうかなぁと思えてきたので、
ロックフェスが私の最後のイベントにはなりませんでした。


改めて、イベントに参加してくださった方々に感謝を・・・。

本当にありがとうございました!


とりあえず記事で思い出す今年前半の振り返りでした~。

クイズ大会に出てみました!後編

先日、行われたイベント「アークス大忘年会」
865e2a10-s

その中の企画の一つにクイズ大会があった。

最初は割と軽い気持ちで参加してみるか~という気持ちだったのだが
いざ参加してみると予想以上の高難易度。

最初は比較的、簡単な問題だったはずなのにサッパリ分からない。

他の方々が正解してポイントを貯めていく中、
全くポイント数が変わらない私。

場違い感が凄い。

そんな状況の中、クイズは後半、上級編へと突入する。

さすがに上級編ともなると私以外の人達にとっても難しかったらしく
正解する人がガクッと減った。

初級では皆さん正解続きだったので、かなり知識はある人達なんだと思う。

その人達ですら苦戦する上級問題。

その難易度は相当なものだったと思う。

ちなみに私は初級でサッパリ分からなかったので
上級になったところで変化はない。

勘が当たれば正解し、外れれば不正解なだけだ。

四択問題だから運が良ければ当たる。


その中で唯一、苦戦する様子もなく正解し続ける人がいて
その人がダントツでトップの状況。

残りの問題がいくつかは分からないが、
この人の一位は揺るがないんじゃないかと思わせる独走っぷりだった。

しかし・・・ここで意外な展開。

その人を含め、参加者さんの何人かが違う企画のイベントに出るため
途中で退席してしまったのだ。

もちろん、その後のクイズに参加しないのだから、ポイントはそのまま。

それでもその人が優勝するんじゃないかと思われるくらいのポイントだったが
二位の人が頑張れば逆転する可能性も無くはない。

コレはなかなか盛り上がる展開・・・なのか?

トップの人が途中で抜けるという事がそもそも盛り下がるような気もするので
どう判断したら良いか分からない。

実際、このタイミングで見学者さん達が何人か違う場所に行ってしまったので
盛り下がったのかなぁとも思う。

しかし、二位の人が逆転するかもしれないと言う状況は
面白いと言えば面白いと思う。

そしてもう一つ。

地味に熱い展開を迎えている人間がいた。


誰あろう、私である。


実は私、上級問題になってから結構、勘が当たり、ポイントを稼いでいたのだ。

初級では最下位を独走していたのだが、
上級になってからじわじわとポイントを貯め、
トップの人が退席した時には上から数えた方が早い順位になっていた。

まさにミラクル。

残り五問の段階で、私の順位は四位にまで上り詰めていたのだった。

しかも三位の人も退席してるので抜く事も十分に可能。

かなりドキドキの展開だ。

三位以上になると賞品と賞金があったりする。

分かっている問題がほとんどないのに正解を重ね、
三位になって賞金を貰う・・・。

別に不正はしてないし、運も実力のうちだとは思うのだが、
やっぱり問題がある気がする。


そんなわけで正解したいのか、したくないのか
自分でも分からないまま残り三問のクイズをやった。


最後の問題を残して三位の人とのポイント差は一点。

最後の問題を正解したら、三位同士で追加のクイズをやってもらうらしい。

こうなったら、ソレもやってみたい気もする。

そして出された最終問題。

「一太郎チャレンジで3ペロ以上して失敗したのは次のうちどれ?」

「赤・闇のゆりかご
 青・ワイルドイースター
 緑・採掘基地:侵入
 黄・混沌まねく未知なる影」

うむ、あいかわらずサッパリわからん!

とりあえず勘で緑にしてみた。

正解は・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


青でした!


あぁ!

なんかガッカリしてるのか、ホッとしてるのか
自分でも良く分からない!


兎にも角にも!

兎にも角にも!!

企画者さん、ありがとうございました!

本当に、お疲れ様でした~!
続きを読む

クイズ大会に出てみました!中編

先日、行われたイベント「アークス大忘年会」
865e2a10-s

色々なイベントが行われたのだが、その中の一つにクイズ大会があった。

色々あって初、中級編クイズは開催されず、
上級、アルティメット編クイズの方だけ開催される事に。

正直、私が出て良いものではない気がしたが、流れで参加してみた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


後悔した。

他の人が正解してポイントを積み上げていく中、
私だけ動かないポイント。

場違い感が半端ない。


途中参加、途中退出も大丈夫そうだし、今からでも見学に回るか?


そんな事を思ったりもするが、いまさら見学に回るのも負けた気がする。

いや現在進行形でボロ負けしているのだが!


そんな私の葛藤をよそにクイズは続く。


相変わらず、さっぱり分からない・・・。

あ、コレ息抜きサービス問題だなぁと思う問題は流石に当てたが
ソレ以外は全滅状態だった。

私以外は当てたり外したりで、
バランスよく出題してるんじゃないかなぁと思った。

おそらくPSO2に詳しい人ならそういう感じなるような出題なのだろう。

改めて問題を考えた企画者さん凄い、と思った。


そんな事を思っていたら企画者さんがとんでもない発言をした。

「それでは初級中級編最終問題」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


マジですか?

まだ上級に行ってなかったの?

もうサッパリだったよ。

「フォトンブラスト[アイアス・ニフタ]を使えるマグの名称は?」

うん、最終問題もサッパリ分かんないし。

おいおい。

上級問題になったらどうなるんだよ?

「ロビー、ショップエリア、カフェにいるNPCと話し終えた時に「じゃあね」と言わないNPCは?」

・・・あぁ、うん。

こうなるのね。

ちなみに答えはクレシダらしく、親密度低:それじゃね

親密度中:バイバイ! 親密度高:またねー! と言うらしいです。

・・・確かにじゃあね、とは言ってない。

それじゃね・・・じゃあね。

言ってない・・・が・・・分かるか!!

ちなみに、フランカさんはEP3までは「じゃあね」と言ってないらしいですが
EP4から「じゃあね」って言ってるらしいです。 


もうこのレベルになると、さすがに分かる人が少なくなるのか
上級問題に突入してから参加者さん達の正解数がガクッと落ちた。

コンスタントに正解してるのは一人だけ。

何でこんなに分かるのか?と首を傾げてしまうほど正解している。

さすがに全問正解ではないが、二問に一問以上のペースで正解している。


・・・なんでこの人、よりにもよって私の隣にいるんだろう?


がんがんポイントを重ねるその人の隣にポイントが動かない私。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


逆転なるか!?(アルカイックスマイル)

クイズ大会に参加しました!前編

先日、行われたイベント「アークス大忘年会」
865e2a10-s

色々なイベントが行われたのだが、その中の一つにクイズ大会があった。

色々あって初、中級編クイズは開催されず、
上級、アルティメット編クイズの方だけ開催される事に。

正直、私が出て良いものではない気がしたが、流れで参加してみた。

初、中級編のクイズも無駄になるのもなんだし、ソッチもやろうかと
企画者さんが会話していたし、最初は簡単な問題が出る気がしていたし。

後半が地獄になるような気もしたが、それは考えないようにした。


そしてクイズが始まる。

ちなみにこのクイズ、答えに該当する色のボードを上げる
と言う形式で答えていくタイプのクイズだった。

最初は超初級の問題!と企画者さんが言いつつ第一問。

「PSO2のシリーズディレクターの名前は?」

「赤.木村裕也
 
青.木村祐也
 緑.結婚おめでとうございます会一太郎
 
黄.ライトニング菅沼」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

いや、実質二択なのは分かるんですが・・・。

・・・超初級?

・・・漢字・・・。

いかん・・・分からん・・・。

皆、分かるのかしら?


私はしょうがないので適当に青を上げてみた。


正解は赤。

上げた段階で周りの皆が赤だったので、そうだとは思った。


そして第二問。

「PSO2に出てくる『時空を超えて現れるラブリーキュートなマスコット』といえば?」

答えは当然ラッピー。

さすがにコレは私でも分かった。

参加者さん達はマトイとかガロンゴとかなすなかにしとか
色々、変な候補を上げていて面白かった。


正直ほっとしていた。

この位なら私でも分かったり分からなかったりのクイズかな?

そう思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ソレが間違いだと気づかされたのは四問目からだった。

「次のうち、PSE発生率が上昇しない天候は?」

分からん!

「採掘場跡タチウオのソテーを作るのに使わない素材は?」

知らん!

「ラッピーでもわかる!上達ガイドでラッピーの声をやっているのは」

え?ラッピー喋るの?

「次の武器、ルームグッズのレアリティを足すと?
 ラムダバイティガー+阿鼻+モダンシェルフ・Y=?」

分かる人いるの?

「マイル交換店員ムータン向かって右にいる店員は?」

もしかして最初の三問くらいで初、中級編のクイズ終わってた?

そう思ったりもするが、私以外の参加者さんは順調に点数を伸ばしている。

ポイントが動かないのは私だけだ・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


なんで・・・俺・・・ココにいるんだろう・・・?
サポリン参加中
最新コメント
メッセージ

誤字脱字の指摘などがありましたらコッソリどうぞ。   コッソリ直します。      あとリクエスト等もありましたらどうぞ。

名前
メール
本文
記事検索
バナー集




PSO2ブログ巡回屋
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PSO2
リンクフリーです
このブログはリンクフリーです。

このブログで使われているSS、イラスト、動画は全て(c)SEGAって事でよろしくお願いします~。
  • ライブドアブログ