2016年02月08日

誰も 都市居住評価センターの責任を問わない、不思議な話。

テレビ朝日・羽鳥慎一モーニングショーでの、不思議な話。

ル・サンク小石川後楽園が突然解約になった。


建築確認を都市居住評価センターから取り建築して建ったのだが、反対住民が審査請求をして 東京都建築審査会が出した結論は、2015年11月に建築確認を取り消した。

DSC02072











その理由は、避難階段が無いというのだ。

今まで高さ27mが認められていたのだが、建て直すとなると 新しく出来た文京区の高さ制限22mに引っかかって、同じ高さのマンションが建たないので解約となったのだ。

まあ建て直すにしても、今年の3月・4月には間に合わないから お子さんの入園・入学には間に合わないのだ。

もう 家・マンションを売った人もいて、大変な事態になったのだ。

DSC02073









DSC02074











どう見ても 避難階段の見落としは、都市居住評価センターの責任だと思うのだが、何処も 責任を取れと言わないのだ。

建設会社が責任を取れと言わないのが怪しい。

本当は 明らかにされない問題があるのではないか??

耐震が低いのに、無理矢理 都市居住評価センターに建築許可を出させたとか・・・・。

第二の姉歯事件になるので、東京都建築審査会も口をつぐんでしまったとか・・・・。

スタジオでも、誰も 都市居住評価センターの責任だと言わないのだ。

DSC02075









DSC02076









DSC02077











また妄想が始まった。


追加* 吉祥寺東町の法政跡地問題を考える というブログから・・・・。

指定確認検査機関の公正性

都市居住評価センター(UHEC(ユーイック))です。なお、この会社の株主には、長谷工以外に、大林組、鹿島建設、鴻池組、清水建設、大成建設、竹中工務店などのゼネコンが名を連ねています。


これじゃあ 購入者=.将来の居住者の為に・・・・ 安全安心のために、審査するんじゃないよね。

何か異常があっても、株主の圧力に屈するよねえ。

民営化失敗。

情報開示がされていないので、きっと 都市居住評価センター(UHEC(ユーイック))が建築確認した他の建物も 本来は 建てちゃいけないマンションじゃあなかろうか????

特に NIPPO 神鋼不動産のマンションは、違法建築なのか???

これは 杭打ち不正で 同じ会社は違法をやり続けていたのを、証明しているよ。

施工は安藤・間

設計は日建ハウジングシステム

建築主・売主 NIPPO 神鋼不動産

販売  三菱地所レジデンス(販売代理)・野村不動産アーバンネット(販売代理) 


設計した日建ハウジングシステムには、責任の一端はないのか??


日建ハウジングシステム は、あの スカイツリーを設計した会社 日建設計の子会社か??

資本金 2,000万円(株主:日建設計100%)

日建設計は、着いた雪が落下するスカイツリーの設計について 選出前は 新タワーデザインの監修者を安藤忠雄氏・澄川喜一 としていたのに、選出されると この2人を タワーデザインから排除し、日建設計の社員が設計したと叫び始めた会社。

なのに 日建設計は、今や日本で一番有名な 誇るべき そのスカイツリーの技術の成果をHPで誇らないという不思議な会社。

スカイツリーではなく 足元のスカイツリータウンが誇らしいのだ。

スカイツリーの設計に、何か??明らかに出来ない秘密があるのか??

なんか可笑しい会社。

旭化成みたいに、親会社として 前面に出て謝罪・補償に関わらないのか???

建築主・売主のNIPPO 神鋼不動産より、責任があると思うのだが??

kuroiamakitune at 03:16│ニュース | 社会
月別アーカイブ