ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    今年4月に女優の神田沙也加(30)と結婚した俳優の村田充(40)が24日、自身のブログを更新し、27日に初日を迎える舞台『囚人』をもって活動を休止することを発表した。

     村田は『囚人』が最後の仕上げになっていることを明かし、「突然のご報告となりますが私はこの『囚人』の千穐楽をもって活動を休止させて頂きます」と報告。「休養と 次なる夢への準備期間 そう捉えて頂ければと思います」とつづった。

     ファンに向けて「応援を下さる皆さんいつもいつも有難う御座います皆さんと共有をした思い出は私の財産です」と感謝し、「『囚人』良い公演にしますね」と呼びかけた。

     同公演は、27日から10月2日まで東京・下北沢駅前劇場で上演される。

    9/25(月) 21:48配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000352-oric-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170925-00000352-oric-000-6-view.jpg




    はてなブックマークに追加
     ビデオリサーチ社が年2回実施している『テレビタレントイメージ調査』の調査結果(2017年8月度)が25日、
    発表された。「女性タレント人気度」では女優の新垣結衣(29)が前回調査(17年2月度)の2位からランクアップし
    初の首位を獲得。昨年のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の大ヒットで初のTOP3入りを果たしたが、
    今年7月期のフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー』と話題作への出演が続き、初の栄冠に輝いた。

     男性タレント編では1位明石家さんま、2位阿部寛、3位マツコ・デラックスと上位陣の常連組が名を連ねた。
    そんななか、出川哲朗が32位から17位への大幅アップを実現。4月からテレビ東京系の冠番組
    『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』がゴールデンに進出、一時の“嫌われ者”イメージから変貌し、
    今やすっかり人気者の仲間入りを果たしている。

    ■「テレビタレントイメージ」2017年8月度調査結果 ベスト20

    ◆男性タレント人気度 ベスト20
    1位 明石家さんま
    2位 阿部寛
    3位 マツコ・デラックス
    4位 博多華丸・大吉
    5位 内村光良
    6位 イチロー
    6位 所ジョージ
    8位 サンドウィッチマン
    9位 阿部サダヲ
    10位 タモリ
    10位 岡田准一
    12位 福山雅治
    12位 大泉洋
    14位 さまぁ~ず
    15位 山田孝之
    16位 相葉雅紀
    17位 出川哲朗
    18位 タカアンドトシ
    18位 小栗旬
    20位 長瀬智也

    ◆女性タレント人気度 ベスト20
    1位 新垣結衣
    2位 浅田真央
    3位 天海祐希
    4位 綾瀬はるか
    5位 DREAMS COME TRUE
    6位 深田恭子
    7位 石原さとみ
    8位 渡辺直美
    9位 イモトアヤコ
    10位 北川景子
    11位 吉永小百合
    12位 いきものがかり
    13位 上戸彩
    14位 杏
    15位 いとうあさこ
    16位 米倉涼子
    17位 吉田羊
    18位 有村架純
    19位 石田ゆり子
    20位 ローラ
    20位 宇多田ヒカル

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000313-oric-ent



    はてなブックマークに追加
    2018年9月16日をもって引退する安室奈美恵が、11月8日にベストアルバム「Finally」をリリースする。

    本作には1992年のデビュー曲をはじめ、今年発売された最新曲、未発表の新曲などをCD3枚にわたり収録予定。アルバムはCD3枚組+DVD盤、CD3枚組+Blu-ray付属盤、CD3枚組盤、そして安室のオフィシャルファンクラブ「fan space」会員限定の特別盤が用意される。なお10月2日12:00までにファンクラブ限定盤を予約購入した会員には特典として中面ジャケットに購入者の名前と安室からのメッセージが印刷される

    9/22(金) 20:31配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000113-natalien-musi

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170922-00000113-natalien-000-0-view.jpg




    はてなブックマークに追加
    “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34=無所属)が、次期総選挙に出馬しない意向を固めたことが21日、本紙の取材でわかった。

    週明けの25日にも上西氏本人が記者会見を行う。

    橋下チルドレンとして注目を浴びたものの“国会サボリ疑惑”、最近ではJリーグ浦和レッズサポーターへの暴言ツイートで世間を騒がせてきたが、無念の不出馬を決めた現在は、修行僧のように自身の言動を反省しているという。

    一方で交際中の年上男性との結婚がこのほど決まったとの情報も…。前代未聞の“不出馬婚”の行方は――。

    「次の選挙は当選する確率が高い政党から出ます」(2017年7月19日の記者会見で)

    「私は死ぬまで政治家ですので、次の選挙も立候補します」(17年2月6日、映画「ウィーナー」のイベントで)

     こう言ってはばからなかった上西氏に議員バッジを外す時が来た。関係者の話を総合すると、上西氏は来月10日公示、22日投開票が濃厚な解散総選挙で、大阪7区(吹田市、摂津市)からの出馬を断念。すでに後援会や側近には伝えているという。

     上西氏は12年12月の衆院選で日本維新の会(当時)から出馬し、初当選。選挙時や当選後もツンデレな対応をしたことから女優の沢尻エリカ(31)に例えられ“浪速のエリカ様”と呼ばれたが、慎重なマスコミ対策と猫をかぶっていたせいもあって、意外にも“ブレーク”したのは2期目に入ってから。

     15年3月の“国会サボリ疑惑”の文春砲で渦中の人となり、維新の党を除名処分に。その後は開き直ったかのように、メディア出演やセクシー自叙伝の出版、最近では浦和レッズサポーターに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とつぶやき、大炎上した。

     他方で森友学園問題は地元大阪で起きた不祥事とあって、業者へのヒアリングや実地調査を精力的に行い、核心を突く事実を暴いた場面も。無所属ながらも国会で追及する野党勢をアシストし、結果的に安倍政権を追い込んだ立役者の一人だったともいえる。

     前出関係者によると、無所属の上西氏は「政治は政党が行うもの」という理念のもと、総選挙を見据え、水面下で複数の政党と接触。政党入りを模索していたが、残念ながら不調に終わってしまったという。

     不出馬を決めた上西氏は支援者の顔を思い出し、涙に暮れた。高校時代の憧れだった歌手・安室奈美恵(40)の引退発表と自らの引き際を重ね、感慨にふける場面もあったという。

     気になる今後については、すでに芸能事務所が獲得に乗り出しており、タレントや政治評論家として活動していく見込み。収録済みのテレビ番組は複数ある。情報発信も従来通り、ツイッターやインスタグラムで行い、機が熟せば政界への再挑戦も考えているという。

     プライベートでは、かねて交際中の年上男性との結婚がほぼ内定。当初は存在自体が怪しまれ、“エア彼氏説”も浮上していたが、フィアンセは羽賀研二受刑者(56)、もしくはショーンK(49)似のイケメンセレブ男性という。一部では「妊娠した」という情報も出回っている。上西氏に近い関係者は「政界引退ではないが、仕切り直そうということになった。本人も『私の故郷は永田町』と話している。将来的に人妻議員となって戻ってくればいい」と話す。

     25日に行う予定の記者会見では、不出馬表明のほか、これまでの言動に対する反省の弁も口にする。

    「あれだけ威勢のよいことを言っておいての不出馬ですから、批判は甘んじて受けると。己を見つめ直すために、四国八十八か所巡りを勧める声もある」(関係者)

    “政界の炎上クイーン”がいなくなるのは寂しいが、また新たなフィールドで活躍していくだろう。

    2017年9月22日 16時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13648723/



    はてなブックマークに追加
     おぎやはぎの小木博明(46)と矢作兼(46)が、歌手安室奈美恵(40)の
    電撃引退発表を受け、全盛期を過ぎても現役を続けるイチローやカズの「かっこよさ」について
    語った。

     おぎやはぎは21日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、
    安室が来年9月16日をもって芸能界を引退すると発表したことに触れ、矢作は
    「やっぱりかっこいいなぁ」と潔い引き際に感心。その一方で「安室ちゃんってほんとに将来、
    (松田)聖子ちゃんになる人だと思ってたの、唯一」と今後の活躍も期待していたとし、
    「プロなんだろうな。だから多分、自分の納得いかないことがあるともうダメなのかもしれない」
    と惜しんだ。

     「まだ動けるうちに惜しまれつつ引退する人と、最後までやる人といて、俺、昔は
    『結構まだできるのに』って思って辞めるのがカッコイイと思ってたの」という矢作。
    しかし最盛期を過ぎても現役を続けるイチローやカズの姿に、考えが変わったという。
    「2割台とか代打要員になるイチローなんか見たくない、と。あんなすごいヤツが。
    イチローとか完璧主義っぽいしさ、ストイックだし、まだ良い時に辞めるのかなぁって
    思ってたんだけど。カズとかイチローとか最盛期のすごさはないじゃん。
    でも超カッコイイじゃん」と現役を続けるかっこよさについて語った。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009373-nksports-ent



    はてなブックマークに追加
    女優の橋本環奈が20日、自身のツイッターアカウントを更新。雑誌のヘアアレンジ企画で撮影した“おでこ全開”のショットを公開し、
    ファンからは「でこ出し環奈可愛いじゃん」「どうしてそんなに可愛いの?」と絶賛のコメントが寄せられている。

     この日公開された橋本の写真は、頭にスカーフを巻き、おでこを露出したカット。写真と共に、「おでこ見せる事ないから恥ずかしい
    ですね… ははは。産毛が」とそのヘアスタイルについて感想を綴っている。

    http://www.crank-in.net/img/db/1216575_650.jpg

    http://www.crank-in.net/entertainment/news/51775



    はてなブックマークに追加
    [ 2017年9月22日 05:33 ]

    山瀬まみ骨折、全治3カ月…「志村どうぶつ園」収録前に転倒

     タレント山瀬まみ(47)が21日、東京・麹町の日本テレビのスタジオで転倒し、2カ所を骨折する全治3カ月のケガを負った。

     この日はレギュラー出演する「天才!志村どうぶつ園」の2週分の収録だった。関係者によると、山瀬は開始前にスタジオのセット裏で転倒。
    痛みを押して1本目の収録には参加したものの、終了後にタクシーで都内の病院に直行。検査の結果、右膝蓋骨(しつがいこつ)と左足第5中足骨の骨折で全治3カ月と診断された。

     手術の必要はないが、しばらく自宅で療養する。きょう22日放送のTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」(金曜前8・30)は出演を取りやめる。
    テレビ関係者は「車椅子を使った生活になるようで、今後の仕事にも影響が出そうです」と話した。


    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/22/kiji/20170921s00041000425000c.html



    はてなブックマークに追加
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/hochi/20170922hochi200_0-enlarge.jpg

     タレントの彦摩呂(51)が22日放送のテレビ朝日系「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(後7時)に出演し、今年7月の電気代を打ち明け、出演者の度肝を抜いた。

     彦摩呂は番組に“おデブ代表”として出演。おデブの悩みとして「夏は、エアコンをずっとつけ放しだが、暑い日が続いた今年7月の電気代は、独り暮らしなのに1か月5万6000円だった」と打ち明けた。

     その理由を「設定が22度なんですけど、ロケから帰ってきて、モワっとしてるのが嫌で…」と明かした。

    https://news.infoseek.co.jp/article/20170922hochi200/



    はてなブックマークに追加
    浜崎あゆみ、凋落しても変わらず女帝に君臨か スタッフは「罵詈雑言」封殺に必死?
    2017年09月22日 14時05分 日刊サイゾー
    記事まとめ
    浜崎あゆみはCD売り上げが低下、体重は激増しネットや週刊誌では"激太り"と揶揄される
    エイベックス・マネジメント社内で、浜崎は今なお“女帝”であり続けているという
    浜崎への批判が週刊誌に載ると、スタッフはネットニュースにならないよう電話するそう

    浜崎あゆみ「ホールツアー」に堕ちても変わらぬ女帝ぶり スタッフは「悪口記事」封殺に必死で……
    浜崎あゆみ
     2000年代には日本を代表する歌姫として、ミュージックシーンの頂点に君臨していた浜崎あゆみ。しかし、近年はCD売り上げが低下するとともに、体重も激増、ネットや週刊誌では“激太り”と揶揄される始末だ。
     さらに今年は「Just the beginning -20- TOUR 2017」と題して、全60公演に及ぶ長期間のコンサートツアーを行っているが、こちらはいわゆる「ホールツアー」。収容人数2,000人弱の会場が中心となっており、これまで少なくとも1万人規模のアリーナツアーを行ってきた浜崎にとっては、かなり小規模なツアーとなる。
    「規模が小さくなった分、これまで行けなかった地方にも行けるというメリットがありますが、ビジネスとして縮小しているのは事実。また、最近の浜崎は長年喉を酷使しているからか、歌唱力が著しく低下しているという問題もあって、長いツアーは相当きついはず。ヘタしたら、今回のツアーが最後になってしまうかも……との声も聞こえてきます」(音楽業界関係者)
     そんな浜崎だが、所属するエイベックス・マネジメント社内では、今なお“女帝”であり続けているという。
    「はっきりいって、ビジネス的には浜崎は完全に“お荷物”なわけですが、松浦勝人社長の肝いりでデビューし、長年会社を支えてきたアーティストとして、エイベックス社内では誰一人逆らうことはできません。04年にエイベックスのクーデター騒ぎがあったときも、浜崎が救う形で食い止めたということもありますし、社内では今でも松浦社長と肩を並べるほどの影響力があるようです」(同)
     そんな女帝だが、ネットでの評判が気になって仕方ないという。レコード会社関係者が裏側を暴露する。
    「ネットでは浜崎に対する罵詈雑言が飛び交っていますが、浜崎はそれらの批判にものすごく敏感らしいですね。ちょっとでも悪口が書いてあるのを見つけると、周囲のスタッフに『これどういうこと? どうにかならないの?』と文句を言っているとか」
     しかし、現場スタッフが削除することなどできるわけもない。とはいえ、雑誌などに浜崎の悪口が書かれているのを見つけたスタッフが、浜崎の目に入る前に“先手”を打つこともあるという。
    「たとえば、週刊誌に『あゆ激太り』なんていう記事が載っていたとすると、スタッフが編集部に連絡して、『どうにかネットニュースにならないようにしてもらえますか?』などと、お願いをしているらしいです。確かに、雑誌に書かれているだけではネットでも炎上しませんから、浜崎もそれなら気づかないということでしょう。とにかく、現場スタッフたちは、浜崎が気分を害することがないように右往左往しているようです」(同)
     女帝をお世話するスタッフたちの苦悩は、まだまだ続きそうだ。

    >>1

    記事URL貼り付け忘れてました。

    ソースです
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-102776/



    はてなブックマークに追加
     ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)が22日、スポニチ本紙既報通り、新たな芸能事務所にそろって所属することを発表した。事務所は、独立騒動の端緒となった元女性マネジャーのI氏が社長を務める「CULEN(カレン)」。一時は別々に活動していくともみられたが、独立から2週間で念願の合流を果たした。

     「カレン」は、I氏が昨年7月に中国系企業とともに設立した会社。I氏は同12月に社長に就任。タレントのマネジメント業を行う準備を進めていた。社員にはジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」時代にI氏の下で働いていたスタッフもいるという。当初は10月とみられた合流時期が早まったことに、関係者は「3人とI氏の思いがそれだけ強かった」と明かす。

     3人の窓口を務める弁護士によると、既に仕事のオファーも届いている。早ければ年内にも新規の仕事を始めることになる。

     3人の公式ファンサイトもこの日、スタートした。サイトのタイトルは「新しい地図」。「新しい地図」は英語で「NEW MAP」になることから、ファンの間では「新しいSMAPを表現しているのでは」などの声が上がった。東西南北を思わせるデザインの中でN、E、Wのアルファベットだけが裏返しになっている。「変わらないSMAPという意味では」との声も広がった。弁護士は「メンバーのアイデアを基に作ったデザイン」と説明している。

     朝日新聞と東京新聞の22日付朝刊には同様のデザインで、サイトを紹介する見開き広告も掲載された。両紙にはこれまでファンのメッセージ広告が掲載されており、その声に応えた形となった。サイトの動画では「逃げよう。自分を縛りつけるものから」などのメッセージが流れる。「新しい地図」名義のツイッターなどのSNSも開設。メンバー個々のSNSもスタートさせる予定という。

    2017年9月23日 07:50
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/23/kiji/20170923s00041000011000c.html

    関連記事
    元SMAP3人、新聞広告でファンに“返礼” 応援に「感謝の気持ち」発信
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/22/kiji/20170922s00041000113000c.html



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ