ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    2018年9月26日 6時0分

    【後藤真希/モデルプレス=9月26日】元モーニング娘。でタレントの後藤真希が26日放送の日本テレビ系バラエティ番組「今夜くらべてみました」(毎週水曜よる9時~)に出演する。


    2時間SPとなる今回は、「トリオ THE アイドルな女」をテーマに、後藤、松本伊代、王林(りんご娘)が登場。3人のプライベートを公開する。

    また、後藤に憧れる指原莉乃にはサプライズドッキリロケを敢行。偽のインタビュー取材を受ける指原の前に机の天板を破って突然後藤が現れる。はたして指原のリアクションは?

    ◆後藤真希の暮らしぶり&甥っ子も出演


    ゴールデンのバラエティー番組は6年ぶりの後藤が同番組初登場。「アイドルを目指す最初のきっかけが後藤真希」という指原は、「可愛さに目が慣れない」と冒頭からメロメロ。

    13歳でデビューして20年、現在33歳の後藤は4年前に年下の一般男性と結婚し、今では二児のママ。そんな夫との結婚前のお忍びデートの秘蔵写真を初公開。「ヤンチャな人のイメージがあったけどそうでもない」という後藤に全員が同意し、指原やSHELLYから「オシャレ!」「カッチリした人!」という印象が語られる後藤の夫の気になる姿とは?

    また夫が撮影した貴重な自宅映像も。白で統一したオープンキッチンで、すっぴんの後藤が手際良く料理を振る舞うレアな姿が。そんな中、料理の邪魔をしたり、グズり始める1歳の長男を大人しくさせる後藤のあやし方を「かわいい!」「面白い~!」とスタジオ中が絶賛する。

    さらに、俳優の甥っ子がスタジオに登場。幼少期から親子同然の距離感で可愛がってきた後藤は、なんと甥っ子が17歳になるまで一緒に風呂に入り、キスやハグのスキンシップも当たり前だという。「今でも(風呂に)入れますね!」とあっけらかんとした2人の様子にスタジオ騒然。そこで「お風呂に入浴剤は入れるの?」と徳井義実が聞けば、後藤輝基も「交替で湯船に入ったら後藤真希の“LOVE マシーン”が露わになるわけやん!」と風呂の様子を想像して暴走。さらなる後藤家の衝撃的なお風呂事情が明かされると、指原が「お風呂に関する決まりゆるすぎません?(笑)」と苦笑する。

    ◆青森のアイドル・王林も初登場


    青森県弘前市で結成されたダンス&ボーカルユニット「りんご娘」のリーダー・王林も初登場。「私たちのグループはみんなほんわか、みんな違う方向を向いて…」と迷走し、「一緒の方を向いてよ!(笑)」とツッコまれたりと、天然発言連発で笑いを誘う。また、地元ではレギュラー11本という売れっ子の王林に「すごい収入ちゃうの?」との質問が及ぶと「ライブとか歌とかそういうのひっくるめて月に○○万円」と月収をぶっちゃける。

    ◆渡辺直美の新居探し


    さらに番組では、渡辺直美の新居探しの企画第2弾も。番組で共演して以来大好きになり、連絡先を交換したほど気になって仕方がないという毒舌コメンテーター・古市憲寿、シビアに物件をチェックするセキュリティー番長・田中みな実とともに物件を巡る。

    港区の超高級タワマンの最上階ペントハウスでは、40畳を超えるリビングやメゾネットタイプの間取り、ロマンチックなベッドルームに渡辺と田中は大興奮。しかし、古市はストップウォッチを片手に共同玄関から自宅までの移動にかかる時間を計り、「知ってます?何分かかったか?」と早速面倒くささを発揮。

    また、夢のような空間でぶりっ子全開の妄想を繰り広げる田中に対し、古市は「嫌悪感は、ちょっと感じてます」と一刀両断。ここから「そんなの言われたの初めて!人生最大の侮辱!」とショックの田中と古市のバトルが勃発する。一方、大きな窓で大好きな東京タワーからスカイツリーまでを一望できる部屋に「TOKYOって感じ!うれしい!」と感動する渡辺だが、その購入価格に一同驚愕?

    続いて訪れた高級住宅街、目黒の超ゴージャスな一軒家はなんとテレビ初公開。先月リノベーションが完了したばかりの室内は、住人が自由にカスタムできるシンプルな造りで「木と白い壁が好き」という渡辺の理想にピッタリ。さらにキッチンからリビングまで広々とした空間に「最高かもしれない!」「別荘みたい!」と終始テンションが上りっぱななしの渡辺。ついには「2億切ったら即購入ですよ!」と宣言するが…。(modelpress編集部)

    【Not Sponsored 記事】

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15357291/



    はてなブックマークに追加
    酒気帯びとひき逃げなどの罪で、元「モーニング娘。」の吉澤 ひとみ容疑者(33)が26日午前、起訴された。

    また、事故直前に法定速度を26kmオーバーし、時速86kmで走行していたことが新たにわかった。

    吉澤 ひとみ被告は9月6日、酒気帯び状態で車を運転して、女性と男性に軽傷を負わせ、逃走した罪で26日午前に起訴された。

    警視庁が、吉澤被告の車のドライブレコーダーを解析したところ、事故直前には、法定速度60kmを26kmオーバーの時速86kmで走行していたという。

    また、事故前日の夜に酒を飲み、午前1時ごろに寝たと話し、逃げた理由については、「気が動転した」と供述している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00036746-houdouk-soci
    9/26(水) 15:08配信



    はてなブックマークに追加
    小籔千豊
    https://images.npn.co.jp/article/1/2/17/86763017.jpg


     2018年9月25日放送の『バイキング』にて、毎週火曜レギュラーとして出演していたお笑い芸人の小籔千豊が、この日限りをもってバイキングのレギュラーを卒業することを発表した。

     この日の放送の最後、MCの坂上忍から「長らく火曜バイキングを支えてくださった小籔っちが今日をもって卒業となります」と報告し、小籔も「ありがとうございました」と視聴者へ向けて挨拶した。

     小籔は『バイキング』には、番組開始当初の2014年4月から火曜日レギュラーとして出演。約4年半の長期レギュラーとなった。

     さて、改編期とは言え今回の突然ともいえる小藪の降板だが、一部業界の噂によると、今回の降板は、今年3月に金曜日MCを降板した雨上がり決死隊の一件が関係しているのではないかと噂されている。

     「『バイキング』は金曜MCの雨上がり決死隊が降板した後、誰も後枠に入っていません。本来の吉本興業であれば、吉本芸人が降板した後は後釜を用意するのですが、空白のままになっています。これは雨上がり決死隊の宮迫が不倫騒動で叩かれた際、坂上が同じ出演者である宮迫に対しフォローに入らず、逆に糾弾したことで番組に居づらくなり、吉本側も無鉄砲で何にでも噛み付く坂上を警戒していたためとされています」(某業界関係者)

     現に、小籔は『バイキング』における坂上の司会ぶりについて、AbemaTVでの生放送にて「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」と語っており、ベテランの小籔といえど、『バイキング』はかなりやりづらい仕事であったのは間違いないようだ。

     なお、ネットでは、今回の小籔の降板に対し「火曜レギュラーの中では弁が立つ人なので残念」「坂上さんに対しても真正面から意見が言える人だったので番組に必要な人材だと思っていた」と残念がる人も多い。

     今年に入り、レギュラーが続々と降板していく『バイキング』。果たして小籔の後釜には誰が就任するのか……?

    2018年09月26日 12時25分
    リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/86763017/



    はてなブックマークに追加
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180926/0018930.html
    09月26日 11時35分

    酒気帯びの状態で車で女性をはねてけがをさせ、そのまま逃げたとして逮捕された「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ容疑者が、26日、ひき逃げなどの罪で起訴されました。
    今後は公開の法廷で裁判を受けることになります。

    起訴されたのは、「モーニング娘。」の元メンバーで、タレントの吉澤ひとみ被告(33)です。
    起訴状などによりますと、今月6日の朝、東京・中野区東中野で酒気帯びの状態で車を運転し、横断歩道を渡っていた女性をはねてけがをさせ、そのまま逃げたとして、ひき逃げなどの罪に問われています。
    警視庁のこれまでの調べで、車の速度は時速86キロに達していたとみられ、呼気からは基準値の4倍近くにあたる0.58ミリグラムのアルコールが検出されたということです。
    調べに対し「自宅で夫と缶チューハイ3杯や度数の高い酒を飲んだ」と供述しているということです。
    略式ではなく正式に起訴されたことから、今後は公開の法廷で裁判を受けることになります。
    所属事務所は「担当者が不在で、起訴の事実についても事務所にまだ連絡がないため、把握していません」と話しています。

    関連スレ
    【速報】元モーニング娘。吉澤ひとみ容疑者をひき逃げなどの罪で起訴 東京地検
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537929487/



    はてなブックマークに追加
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180926-00549191-shincho-000-view.jpg


    「○○好き」を公言しているのに実はニワカだった……という芸能人は多いけれど、少なくとも本田翼(26)に関してはガチだったようだ。

     このたび開設したYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」に動画が初投稿されたのは、9月22日のこと。25日現在で再生数は約215万回、いわゆる“ファン”の数の目安となるチャンネル登録者は73万人である。事前にテスト配信して、YouTubeに登場することはアナウンスされていたとはいえ、これは驚異的な数字。21時におよそ2時間にわたって生配信を披露すると、視聴者は約14万人にも上った。今後は、不定期に動画を公開していく旨を明かしている。

     現在、チャンネルに上がっている動画は上記のテスト配信を編集したもので、編集も本田自らが行ったという。注目すべきは、本田の顔出しはないという点。殺人鬼と鬼ごっこをするサバイバルホラーゲーム「Dead by Daylight」をプレイする本田が“ギャー”“やだやだ!”と叫ぶ声とプレイ画面だけの2分の動画が、上記の数字を叩き出しているのだ。

     芸能人なんだし、YouTubeに登場すれば人気が出てあたりまえでしょ……と思うなかれ。

    「タレントがゲームの実況動画に関わること自体はそう珍しくありません。今年3月にケイン・コスギ(43)が『League of Legends』をプレイ配信したのは話題になりましたし、HKT48の宮脇咲良(20)も半年前からYouTubeにチャンネルを開設しています。ケインはYouTubeではなくTwitchという配信サイトでの公開で、これは視聴者数が世界一の1万人を超えた。一方で宮脇は、これまで15本を『ちゃんねる宮脇咲良』に投稿していますが、100万回再生を超えたのはゲーム内のダンスを踊っている内容で、プレイ動画そのものはせいぜい70万回再生。もちろん十分すごいのですけれど、AKBグループで3番人気の宮脇が顔出し配信してこの数字ですから、本田がいかに人気かが分かるでしょう」(芸能記者)

     その差はいかにして生まれるのか。

    「やっぱり本当にゲームが好きか、だと思います。ケインや本田はまえまえからゲーム好きを公言していて、プレイからも本気っぷりが分かってくる。その点、宮脇は戦略的というか、仕事でやっている感があります。ゲームと仕事でいえば、『OPENREC.tv』なるゲーム配信サイトが、吉本興業や松竹芸能といった芸能プロと契約したと先月報じられました。今後は“ゲーム実況タレント”が増えそうです。人力舎もそのひとつ。本田と同じタイミングでドランクドラゴンの鈴木拓(42)が『スプラトゥーン』をプレイしていました。“土俵”が違うとはいえ、こちらの再生数は1万回台……」(同)

     本田の所属するスターダストプロモーションも上記の契約を結んでおり、「ゲーム事業部」が発足。チャンネル開設には「そこの人に頼み込んで快諾していただいて叶いました」と経緯を明かしている。

    ■芸能人は受注産業

     こうした芸能人がゲーム実況につぎつぎと参入するこうした背景には、どんな事情があるのだろうか。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)の分析は、

    「なんといっても、ゲームをスポーツとして捉える『eスポーツ』の流行が背景にはあるでしょう。先のアジア競技大会でも種目になりましたし、東京五輪はともかく、ゆくゆくはオリンピックで採用される可能性もあります。プロのゲーマーが増えれば、同時に観戦もビジネスになるわけで、プロダクションが目をつけるのは納得です」

    >>2以降に続く

    9/26(水) 7:31
    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00549191-shincho-ent&p=1

    関連スレ

    【芸能】本田翼、ゲーム実況生配信が初回から14万人超えの人気 トラブルも“神対応”で乗り切る★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537661547/

    >>1 続き

     そこには、芸能界の構造も影響しているといい、

    「基本的にタレントや俳優は『受注産業』。ドラマやCMなどのオファーを受けなければ仕事はありません。その点、ゲームの実況はオファーがなくても、自分たちが主体的に生み出せる仕事です。ですので、今後は仕事の少ないタレントのゲーム実況が氾濫する事態となるかもしれません。ただし、本当にゲーム好きかを見抜く目を視聴者は持っている。事務所に言われて動画を投稿したところで『ビジネスでやっているだけ』と炎上して終わるでしょうね。その点、本田さんの動画を見ましたが、彼女は本当に好きなものをやっている感じで、ある種の純粋さが伝わってきました。それが皆に受け入れられた背景にあるのでは」

     女優として顔と名前が知られつつも、ゲーム実況できる程度にはヒマだったポジションも功を奏した……? それはさておき、これまでゲームYouTuberとして活動してきた人々は本田の登場に戦々恐々だという。
    .
    ■本田翼さん、堪忍してください。

     先の本田の動画のコメント欄には、〈応援してます〉〈めっちゃ可愛くて草〉といったメッセージに混じって〈女性YouTuber完全に終了のお知らせです〉〈顔出しでやられたら女性youtuberは終わりですねw〉といった投稿が。

    「すでに『本田翼さん、堪忍してください。』なんて動画も上がっています。投稿したのはある男性人気実況者で、内容はタイトル通りの嘆く自分を映したもの。要約すると、自分は10年間活動してきたが、本田に一発で視聴数記録が抜かれてしまったということです。まあこれは便乗したネタとしても、見栄えの良さで再生数を稼いできた女性YouTuberにとってみれば、本田翼という“プロ”に参入されては勝ち目はなく、このことを指摘する動画もまたYouTube上に散見されます。なにより芸能人が出てきたことでゲーム実況の世界にそれまでいなかった“一般人”が増え、これまで投稿者とファンが築き上げてきた文化が失われるのではと危惧する声もないわけではないのです」(ゲーム誌編集者)

     そういえば、安易に「コミケ」に参入しようとして炎上した女優もいた。第一印象は好感触だった本田だが、界隈の人々との付き合い方はくれぐれも慎重に……。



    はてなブックマークに追加
    若手イケメン俳優のなかでも際立ったバイプレーヤーぶりで注目を集める成田凌。昨年は『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)など連続テレビドラマ3本に出演し、今年公開の映画6本に出演、来年公開の出演映画3本もすでに発表されている活躍ぶり。その一方で、良くない評判も聞こえてくる。成田にインタビュー取材をしたことがある記者は明かす。

    「初めから機嫌が悪そうな表情でした。質問しても答えなかったり、反応が悪く黙りこんでしまったり。どうやら私だけでなく、他の取材でも態度が良くないらしいんです。関係者も20代の生意気な若者相手に、腫れ物に触るように気を遣って対応していました」

     演技以外の仕事に力を抜くタイプの俳優は少なくないが、取材だけでなく撮影現場での評判も良くないという。テレビ局関係者はいう。

    「場の空気を盛り上げようとか、周囲に対する気遣いができない人です。成田が現場に入ってくると、その場が静まり返ります。成田のデビュー作は地上波ではありませんが、フジテレビのインターネットチャンネルNEXT smartオリジナルドラマ『FLASHBACK』で、いきなり主演を務めました。これも、よくなかったのかもしれません。一見、若い頃の窪塚洋介を彷彿とさせるものがありますが、窪塚のようなカリスマ性はない。窪塚も若い頃は生意気で知られていましたが、それ相応に情熱もあったし、自分の考えをしっかり持ち、主演俳優の資質が備わっていました。一方、成田には魅力はありますが、これだけ現場の評判が悪いと、せっかく大きな事務所に入っていても、主演を張れるほどの大物俳優になることは期待できないでしょう」

     そんな成田は今月17日、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の完成披露試写会に出席したが、なぜか滝のような汗をかき、三島有紀子監督が作品のこだわりについて真剣に語っている最中に、おもむろにハンカチを取り出し、髪をかき分けながら汗を拭き大注目を集めた。

    「本人は『人前に出るの久しぶりだからかな~』と言い訳していましたが、いくら照明を浴びていたとはいえ、他のキャストはみんな涼しい顔をしているのに、ひとりで汗だくになっている姿は異様でした」(現場にいたスポーツ紙記者)

     成田は先月発売の週刊誌「フライデー」(講談社)で女優の戸田恵梨香とのセブ島旅行の写真が掲載されたばかりだった。

    「戸田との旅行写真について報道陣から聞かれるのではないかと思ったのでしょうか。だとすれば、かなり自意識過剰ですね」

     成田の所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツは、二階堂ふみや橋本愛など多くの人気若手俳優を抱えているが、テレビ局関係者は語る。

    「二階堂も共演者などとの熱愛報道が絶えませんが、あの事務所はタレントにレッスンはきちんとやらせますが、基本的に放任主義です。所属タレントたちの将来のためにも、仕事現場での振る舞いや、私生活での行動についても、もう少しきちんと教育するべきだと思いますが」

     これ以上成田の悪い評判が広がらないことを祈るばかりである。
    (文=編集部

    Business Journal2018年9月25日17時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_477961/?ptadid=



    はてなブックマークに追加
    2018-09-25 17:08
     今年1月に芸能事務所・フライングボックスから独立していた、女優の真木よう子(35)が、女優・長谷川京子、新垣結衣らが所属するレプロエンタテインメントとマネジメント契約を結んだことを25日、発表した。

     レプロの公式ツイッターでは「この度、レプロエンタテインメントは、真木よう子(そよかぜ所属)とマネジメント契約を締結しましたことをご報告させていただきます」と伝え「引き続き温かい応援をよろしくお願いいたします」とメッセージした。

    https://www.oricon.co.jp/news/2120229/full/
    (最終更新:2018-09-25 17:09)



    はてなブックマークに追加
    ※省略

    ■チャンスなのに仕掛けられない歯がゆさ
    .
     ビジネス的な視点で見れば、「安室さんが引退した今がチャンス」のはず。各社が勝負をかけて売り出しにかかり、メディアも安室さんに代わる“新・歌姫”を作るためのサポートをすると思いきや、そのような様子はほとんど見られません。

     消費者の新譜に対する期待感が薄れ、レコメンドされた曲を選ぶ傾向が強いこと。アルバムの曲をバラ売りされてしまうこと。ライブでの収入が中心となっていること。多くのアーティストが出演するフェスが浸透したこと。音楽番組が減っていること。
    .
     「新たな歌姫の誕生を阻む要素が多すぎるため、仕掛けられない」という現状があるのです。先月、ある音楽番組の男性スタッフと話したとき、「幅広い年齢層の人が『この人が出るなら絶対見たい』というアーティストはいませんね。みんな自分のファンに向けた商売になっているからライブ中心の活動になるし、国民的アーティストが生まれるのは奇跡に近い」と言っていました。

     また、見逃せないのは、“新星”が現れにくくなっていること。かつて宇多田ヒカルさんが彗星のように現れ、ファーストアルバムが初動売り上げだけで200万枚を超えるなど、センセーショナルなデビューを飾ったことを覚えている人は多いのではないでしょうか。それだけ1人のアーティストへの注目が集まったのですが、21世紀に入って以降、そのような現象は見られません。
    .
     現在は動画配信やSNS投稿など、デビューやプロモーションの入り口が増えて目や耳に触れやすくなった反面、アーティストの分母が増え、人々の嗜好も細分化して、「誰もが知り、誰もが好きな歌姫」が生まれにくくなりました。

     「ドラマや映画も社会現象になるほどのヒット作はなく、タイアップでの大ヒットは望めない」こと、「安室さんのようなファッションを絡めたビジュアル面の流行が生まれにくい」ことなども、音楽ビジネスを難しくしています。

    ■ゼネラリストでは歌姫になれない

     世間的な注目度が高いのは、単独ライブより多くのアーティストが集まるフェスであり、1時間のレギュラー番組より季節ごとの長時間特番。共存共栄と言えば聞こえはいいですが、実際は1組1組の収益やステータスは分散され、下がる一方という厳しさがあります。

     ビジネス的に見れば、「参入はしやすくなったが、競合は増えた」「市場規模は小さくなっているが、軌道に乗れば安定しやすい」「顧客満足に徹して稼いでいるが、できれば拡張性を見いだしたい」という状況。トップとニューカマーの差が少なくなっているうえに、その分布はニューカマーの近くに集中しているのです。
    .
     「ライブ以外でどう稼ぐか」「どうやってファン層を開拓するか」が課題の彼らは、映画やドラマなどの俳優、ナレーターやナビゲーターなどの声の仕事、文筆や芸術などの創作と、さまざまなジャンルに顔を出すようになっています。

     しかし、そのようなゼネラリストを目指すスタンスでは、安室さんのような国民的な歌姫になるのは難しいでしょう。安室さんは、「ライブでのトークをカットして歌とダンスのみで勝負」「テレビ番組には出演しない」というスタンスを貫くことでスペシャリストとしての存在価値を高めていきました。
    .
     ネットの発達で情報があふれる世の中になり、自らSNSで発信して親近感を武器にするアーティストが多い中、「歌と踊りだけに集中する」「ファンと一定の距離感を保つ」という独自の戦略をかたくなに貫いたのです。

     実際、「コアなファンを大事にしたい」とネットでのやり取りを重ねるアーティストほど、ファン以外の人々からは「絡みにくい」「迎合している」などと思われがちですが、安室さんは真逆。「コアなファンを大事にするけど、自分の意思は絶対に貫く」という毅然とした姿が、ファンはもちろんファン以外の人々からも、国民的な歌姫と認められたのです。

    以下見出しのみ 全文はソース先で

    ■「競争より共存」の意識がエンタメに影響

    ■エンタメに求められる競争とグローバル化

    9/25(火) 16:00
    東洋経済オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00239167-toyo-soci&p=1



    はてなブックマークに追加
    【ウエンツ瑛士/モデルプレス=9月25日】芸能活動を一時休業する俳優・タレントのウエンツ瑛士が、25日放送のレギュラーを務める日本テレビ系バラエティー番組「火曜サプライズSP」(よる7時~)にて、緊急手術を受けていたことを明かした。

    10月からイギリスへ留学をするため、9月末で日本での活動を休止することを発表しているウエンツ。この日の「火曜サプライズ」は最後の回となっていたが、VTR冒頭から不在。

    途中で合流したが、「実は留学のお供が見つかりまして…いぼ痔に…」と4年前に治療したいぼ痔が再発し、緊急手術を受けていたことを明かした。

    立っているのもやっとで歩けない状況だというウエンツは、「本当にただただごめんなさい」と共演者らに謝罪。ゲスト出演していた女優の木村佳乃は「じゃあ(いぼ痔の状況を)見てあげようか?」と提案し、場を和ませていた。

    10月から海外留学をするため、9月末で日本での活動を休止することを発表したウエンツ。

    「ロンドンで舞台に立ちたい」という夢を叶えるため、留学を決意し、期間は1年半を予定していることを明かしている。(modelpress編集部)

    2018.09.25 19:18
    モデルプレス
    https://mdpr.jp/news/detail/1794843



    はてなブックマークに追加
    https://images.npn.co.jp/article/1/2/49/95909549.jpg


     未成年女性との不適切な関係を『FRIDAY』(講談社)に報じられたバナナマンの日村勇紀について、ダウンタウンの松本人志が9月22日放送の『キングオブコント』(TBS系)で言及。日村をイジる場面が見られた。

     松本は番組冒頭の審査員紹介時に「特に今年はまた違う緊張感があるのは、もしかしたら日村さんがいるからなのかも」とイジり、日村はその場で「お騒がせして申し訳ございません」と頭を下げ笑いを誘っていた。

     これを受けネット上では「さすが松本、処理の仕方がうまいな」「日村も(16年前の不祥事を取り上げられ)とばっちりを受けたのだから良かったのでは」などと好意的な意見が出た一方で、「これは笑いにすることなのだろうか。被害者がうかばれない」「これは、むしろ『何も触れない』ことをしたくなかっただけなのでは」といった否定的な声も聞こえる。

     「女性への態度に関して言うと、過去には『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で千原ジュニアが明かした木村祐一の話が問題となりました。木村が女性を家に連れ込み、そうした行為に及ぼうとしたところ拒まれ、怒った木村が帰ろうとする女性に向かって凍った鶏肉を投げつけた、というものです。焦った女性が階段から転げ落ちるさまを、面白おかしく話していましたね。ただ、『テレビで笑いのネタとして話すことか』と一部のネット民から批判を浴びました。松本が直接関わった話ではありませんが、松本の番組は全般的に女性問題に関する意識が低いと言わざるを得ません」(芸能関係者)

     松本は最近『ワイドナショー』(フジテレビ系)で体罰を事実上容認するような発言をするなど、マッチョな発言が問題視されることが多い。だからこそ、今回の日村イジりも賛否両論となったのだろう。松本の笑いの処理の仕方はうまいとはいえ、それがコンプライアンス的に妥当なのかは、議論の余地があるところだろう。

    2018年09月25日 18時20分
    リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/95909549/



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ