ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    NEWS・加藤シゲアキが「SEALDs」へ「賛同」表明 アイドルの「政治的発言」にファンの反応は...
    2016/6/29 17:32

    安保法制を批判し、安倍政権への対決姿勢で知られる学生団体「SEALDs」(自由と民主主義のための学生緊急行動)について、
    ジャニーズの人気アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさん(28)が雑誌のインタビューで「賛同」を明言した。

    加藤さんのファンや「SEALDs」支持者の反応は......。

    ■奥田愛基「自粛ムードの中でこれ言うのめちゃくちゃ勇気いる」

    加藤さんが登場したのは、2016年6月27日発売の「朝日ジャーナル」(緊急復刊7月7日号)。
    佐藤修史・同誌編集長との対談の中で「SEALDsには、すごく賛同できます」と語り、

    「今から年金のことを考えろって言われても、40年後の未来なんてわからない、とにかく今を生きるしかない。
    若い人はそう考えていると思います。ただ。今をしっかり生きていこうとしている以上、
    極端な政治変革は受け入れにくい。SEALDsに賛同するのもその辺ですね」
    と賛同の理由を明かした。

    安倍政権を強く批判してきたSEALDsへの賛意は、政治的なスタンスの表明につながる。
    ただ、ツイッターでは
    「すっごくこの気持ちよく分かる」
    「シゲちゃんの凄さを感じた」
    「かっこいい、、、」
    とファンらしき人たちから称賛の声が相次いでいる。「シゲアキくん、それはないわ」といった声も
    一部あるものの、少ない印象だ。SEALDsの奥田愛基さんも6月28日、ツイッターで「ジャニーズ事務所なのに、
    自粛自粛ムードの中でこれ言うのめちゃくちゃ勇気いると思う。本当にこういうの嬉しい」と喜びの声を上げた。

    ■過去のアイドル発言には「浅い知識で政治を語るな」の声も

    加藤さんといえば、小説家として活動しているうえ、朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)にも
    コメンテーターで出演中だ。ジャニーズタレントの中でも「文化人」という位置付けが明確になりつつある。

    実際、インタビュー記事でもオバマ大統領の広島訪問や、元米海兵隊員の米軍属が沖縄で日本人女性の死体を
    遺棄した事件に触れ、「僕は(オバマ氏が)来ただけでも快挙だったと思う」
    「日本人だって、日本人をレイプすることがある。『米兵がやったから』というのはフラットな考え方とも
    思えません」と指摘。情報番組への出演で培ったコメント力を発揮している。

    「嵐」の櫻井翔さんや「NEWS」の小山慶一郎さん、「KAT-TUN」の中丸雄一さんをはじめ、
    近年多くのジャニーズタレントが報道番組にキャスター起用されている。
    ただ、今回の加藤さんのような、自身の政治的なスタンスに直結する発言はほとんど知られていない。

    影響力が大きいだけに、内容によっては厳しい批判を受ける可能性もあるからだ。
    「SMAP」の中居正広さんが14年6月15日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にゲスト出演した際、
    日韓関係の悪化について「(日本が)謝るところは謝ればいいんじゃないですか?」と発言。
    放送後に、「浅い知識で政治を語るな」とネットで批判された。

    SEALDsへの賛同を表明した加藤さんは、今後も政治的なトピックに関する発言を続けていくのか、
    それともブレーキがかかるのだろうか。

    http://www.j-cast.com/2016/06/29271050.html



    はてなブックマークに追加
    少し前に、ビートたけしがテレビ番組内で最近の若手芸人に対して苦言を呈したことが話題になった。
    礼儀を知らない若者は一般社会にも増えているという。真相を確かめるべく、読者のナマの声やマナーの専門家に話を聞いてみた。

    「芸能界もね、師匠と弟子の関係がなくなってきて、お笑い学校がメインになったときに先輩後輩の区別がつかなくなって、失礼な若手がいっぱい出てきているワケ」

    5月8日、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、たけしが吠えた。礼儀知らずの若手芸人が増えていると嘆いたのだ。

    「われわれは先輩後輩で育ってきているワケだから、どんなに売れていない先輩でも敬語を使ってお茶ぐらい出すっていうのが常識だったのに」

    吉本のNSCなどの養成学校から芸人になるのが普通になり、師匠のもとで修業するのは今や少数派。
    売れればいいという風潮を大御所が叱責した。挨拶すらまともにできない若手芸人もいるという。

    「お笑い芸人になりたての男の子と初対面で名刺を渡したら、彼はいきなり口に入れたんです。そしてムシャムシャと食べるフリを……。
    本人としてはボケのつもりだったのかもしれませんが、全然面白くない。ア然としてしまいましたね」(制作会社関係者)

    仕事相手にも無礼な振る舞いをする若手芸人がいるそう。

    「翌日の仕事場に集合する時間をLINEで伝えたときに、“OK”という絵文字だけを送ってきたり、打ち合わせを兼ねた食事をしたときも、
    ずっと携帯電話をいじっていたりと非常識だなと感じましたね」(放送作家)

    芸人に限らず、若者全体にダメ出しするのがロンドンブーツ1号2号の田村淳。

    《成人式なんてやめちゃえば? ~中略~ 荒れ狂う若者急増で全国的に廃止って流れでよくね? 個々でやれば♪》

    今年1月に茨城や沖縄の成人式で乱闘騒ぎがあり警察ざたになったことを受けてのツイート。
    若者を激励するために戦後に始まったという成人式の歴史をふまえながら、暴れるだけの儀式ならばやめたほうがいいと主張する。

    一方、ちょっと毛色の違う意見を持っているのが有吉弘行。ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、楽屋にしつこく挨拶に来る若手にブチ切れした。
    「有吉さんは楽屋挨拶をするのもされるのも大嫌い。前に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“芸人の新ルールを考えよう”という企画で、“さまぁ~ず以下の先輩には楽屋挨拶は必要ない”という提案をしていました。
    それでも挨拶に来る若手には、2度と来るな! と説教していますよ(笑)。そのせいか、最近では若手が楽屋挨拶をしなくてもいいという風潮になりつつありますね」(テレビ局関係者)

    現代の若者が礼儀知らずというのは本当なのだろうか。マナーに関する数々の著書を持つ、現代礼法研究所の代表・岩下宣子さんに話を聞いた。
    「昔より自分に自信がないのだと思います。それは心に余裕がないということ。他人に対する配慮ができなくなっているんだと思います。自分のことで精いっぱい。かわいそうだなと思います」

    かわいそうと言うのは、ゆったりとしていた昔に比べて社会がギスギスしているから。
    「メールをすぐに返信しなきゃいけないとか、LINEの既読スルーがいけないとか、大らかさがなくてお気の毒だなと思いますね。
    マナーって人に対する配慮なんです。思いやりなんです。大切なのは形ではなく心。

    “この人にはこうしておけばいいんじゃないか”と損得で考えてしまうのは礼儀ではなく、体裁ですね。たけしさんはそれが見えたから、つい指摘したんだと思います。
    多少マナー違反でも、誠意と思いやりがあればそんなに悪い気持ちにはならないと思います」(岩下さん)「

    >>2以降につづく

    週刊女性PRIME 6月27日(月)16時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00028669-jprime-soci

    有吉が若手芸人に苛立ったのも義務的に挨拶に来る姿勢を見抜いたからなのだろう。
    イマドキの若者の行動や言動をどう感じているか、『週刊女性』の読者ハガキで女性たちにもアンケートを取ってみた(有効回答数471人)
    。「若者の行動や言動を非常識だと感じますか?」という質問に「感じる」と答えた人が58%と過半数を超えた。嫌な思いをしたという声は多い。

    「挨拶をしない。年上でも普通にタメ口でしゃべるのはちょっと……」(40代/主婦)
    ローラをまねしているわけじゃないだろうけど、タメ口の若者は多いようだ。親がキチンと教えなければいけないという指摘もあった。

    「歩道でスピードを出して自転車を走る人がいるのですごく危ないし、歩きスマホでぶつかっても謝らなかったり」(30代/パート)
    歩きスマホと自転車の暴走への苦情も多かった。どちらも事故につながりかねない危険な行動だ。

    「電車の優先席に平気な顔をして座り、老人や妊婦を見ても譲ろうともしない」(60代/主婦)
    「電車の中でヘッドフォンから音が漏れているのは大迷惑!」(30代/会社員)

    公共交通機関でのマナーの悪さは、悪化の一途。

    「新入社員の身で上司よりも遅くギリギリの時間に出社して、自分から挨拶ができない後輩がいて非常識です」(30代/会社員)
    やはり若者のマナーが悪くなってきているように思えるが、礼儀正しく思いやりのある若者を見たという声も。

    「優先席でなくても老人に素早くシートを譲る方をよく見ます」(50代/主婦)
    優先席に居座る若者ばかりではないようだ。

    「私はコピーもパソコンも苦手なアナログ派。若い人によく教えてもらっていますよ」(60代/主婦)
    「道がわからず迷っていると、若い子がスマホで調べて教えてくれました。ほっこりです」(60代/主婦)

    デジタルの知識を活用するのは若い世代ならでは。立派な行いをする若者だってたくさんいるのに、礼儀知らずが目立ってしまう。彼らにはどうやって接すればいいのだろうか。

    「先に生きる人間としては、若い方に幸せに生きてほしいと思っています。若い人は年上の方に言われたら注意じゃなくてアドバイスだと受け取ってほしい
    大人の条件は、自分の感情をコントロールできること。マナーや礼儀は、先に生きている人が若者に教えてあげるのがいいですよね」(岩下さん)



    はてなブックマークに追加
    スポニチアネックス 6月29日(水)10時23分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000087-spnannex-ent
     人気コスプレーヤーの御伽ねこむ(20)が結婚したことが分かった。29日、自身のブログとツイッターで発表した。
    お相手は漫画家でイラストレーターの藤島康介氏(51)。

     「漫画家・イラストレーターの藤島康介さんと結婚しました」と報告。同時に「お腹に赤ちゃんがいます」
    と妊娠していることも明かし「びっくりさせてごめんなさい。大切に育てていきたいと思います。
    また皆さんの前にママレイヤーとして出れるように頑張りますので待っててください」とつづった。



    はてなブックマークに追加
     舛添要一氏(67)の辞職に伴う東京都知事選(7月14日告示―同31日投開票)で、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔(34)の父親で前総務事務次官の桜井俊氏(62)の出馬が28日、再浮上した。桜井氏はこれまで出馬を固辞しているが、関係者によると、自民党都連は官僚出身で行政経験が豊富な桜井氏を軸に、候補者を数人に絞り込んだという。都連は官邸や党本部とも連携し桜井氏擁立を目指しており、早ければ週内にも擁立する候補者を正式決定する方針だ。

    実務的かつ高い知名度 都知事選告示まで16日。「ポスト舛添」は週内に大きなヤマ場を迎えそうだ。

     関係者によると、自民党都連が27日に開いた幹部会合では、桜井氏の擁立を求める声が相次いだ。「政治とカネ」で2人続けて知事が辞職。都連内では「次は実務的な人」との意見が多数で、桜井氏を含む元官僚ら数人に候補を絞り世論調査を実施したところ、桜井氏への支持がトップだったという。アイドルグループ「嵐」の櫻井翔の父親で「知名度」の高さも要因の一つとみられる。

     都連は、できれば週内にも擁立する候補者を正式に決める方針。だが、本命の桜井氏はこれまで「出るつもりはない」と自身の立候補を否定している。果たして口説くことはできるのか。

    擁立の鍵は家族の理解 政治ジャーナリストの山村明義氏は、家族への配慮がネックになっているとみる。「退官の際、桜井さんは家族に1年休むと伝えており、都知事選出馬を理解してもらえるか」と指摘。7月10日の参院選特番に出演する息子の芸能活動への影響を最小限に抑えることも必要とした。

     選挙の準備時間が短くなる中で自公がしっかり支援態勢を作ることも条件となる。山村氏は「最終的には、かつての総務相で、桜井氏を高く評価している菅(義偉)官房長官が説得にあたるのでは」と推測。28日の閣議後、都連会長の石原伸晃経済財政担当相は安倍首相と会談しており、“説得役”の要請だったのでは、との見方も出ている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000230-sph-soci



    はてなブックマークに追加
    世間を騒がせた不貞騒動から3カ月。乙武洋匡氏が妻と別居し、離婚に向けて協議中であると6月下旬に一部週刊誌で報じられた。

    記事によれば、「6月上旬に妻から『耐えられない』と別居を提案され、現在は事務所に住んでいる」という乙武氏。
    4月の“謝罪パーティー”で夫を支える覚悟を気丈に語っていた乙武夫人の「絶縁宣言」に衝撃が広がっている。

    不貞騒動の影響から今夏の参院選出馬を断念し、メディア出演を控えていた乙武氏だが、
    妻が離れていったことで今後の活動方針に大きな変化が生まれるのではと指摘する声もある。

    「開き直って、今後はタレント路線に突き進むのではないでしょうか」と語るのは乙武氏と旧知のテレビ関係者だ。

    「騒動以降、乙武さんがテレビに出ないのは、もう一度政界進出を目指せる立場に戻るための“みそぎ期間”が必要だと考えていたからです。
    しかし、奥さんが離れていったことで『妻と一緒に再起を図る』というストーリーが崩れてしまった。
    こうなればいっそ真面目路線は捨てて、メディア出演を増やしたほうが将来の政界進出に向けて得策だと気づくはずです。
    彼は戦略的な人間なので、バラエティタレントとしてテレビに出演する路線に方向転換するはずですよ」

    再度、激動の様相を見せはじめた乙武氏の周囲。今後の展開を注視したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1153545/
    2016.06.29 05:59 アサ芸プラス



    はてなブックマークに追加
    大学生のみなさんは、最近テレビを観ていますか?
    朝のニュースをはじめ、ゴールデンタイムのバラエティ番組や音楽番組にドラマやアニメ、さまざまなジャンルで
    わたし達を楽しませてくれるのがテレビの魅力です。
    忙しいといわれている大学生は果たして1週間にどのくらいテレビを観ているのでしょうか? 現役の大学生に聞いてみました。

    ■1週間のうちテレビを何時間くらい観ていますか?

    第1位 1時間 67人(16.65%)
    第2位 2時間 38人(9.45%)
    第3位 3時間 36人(8.95%)
    第4位 5時間 35人(8.7%)
    第5位 10時間 27人(6.7%)

    なんと、あまりテレビをみていない学生がほとんどという結果に……! そもそも家にテレビがないという学生もいました。
    「若者のテレビ離れ」は本当なのでしょうか? くわしく理由をみてみましょう。

    ●第1位 1時間
    ・テレビよりもネットで情報を得るようになったため、週に1、2回ドラマや映画を見るためにしかつけなくなったから(女性/20歳/大学3年生)
    ・テレビより読書やYouTubeのほうがおもしろいから(女性/21歳/大学4年生)
    ・忙しすぎて日曜日の朝ごはんのときに少し見るだけだから(男性/19歳/短大・専門学校生)

    ●第2位 2時間
    ・ドラマを見るのが好きで木曜日夜8時からのはいつも観ていたから(男性/20歳/大学3年生)
    ・なるべく外出して家にいる時間を減らしている(女性/18歳/大学1年生)
    ・ラジオのほうが好き(男性/23歳/大学院生)
    ・高校受験を機に、テレビをあまり見なくなったから(女性/22歳/大学4年生)

    ●第3位 3時間
    ・大学が忙しく朝のニュースぐらいしか観られないから(男性/19歳/大学1年生)
    ・最近のテレビはあまりおもしろくない(女性/19歳/短大・専門学校生)
    ・学校の授業で忙しかったり、眠かったりするから(女性/18歳/大学1年生)
    ・家に帰ると、ご飯を食べて、お風呂に入ってすぐに寝てしまうから(女性/20歳/大学1年生)

    ●第4位 5時間
    ・ニュースとアニメくらいしか見ない(男性/19歳/大学1年生)
    ・授業とバイトで、朝のニュースくらいしか見ない(女性/21歳/短大・専門学校生)
    ・おもしろいテレビが少ないからあまり見ない(女性/22歳/大学4年生)
    ・平日は忙しくて疲れてるからあんまり見ないけど、休日とかはテレビをつけっぱなしにしている。作業用BGM代わりに(女性/21歳/大学3年生)

    ●第5位 10時間
    ・毎日、朝と帰ったときに見ている(女性/22歳/大学院生)
    ・1日2時間見ているかいないか(男性/22歳/大学4年生)
    ・時間はないけどアニメは欠かせないから(女性/22歳/大学4年生)
    ・アニメが好きなので毎日2時間見る時間を決めている(女性/21歳/大学3年生)

    ●その他・家にテレビがない。そもそもテレビがないし、特に魅力的な番組もないのでワンセグとかでも見ようとは思わない(女性/20歳/大学3年生)
    ・4時間。平日はそんなに時間がないが、休日は少しは時間があるから(女性/19歳/大学2年生)
    ・28時間。朝と帰宅後はだいたいテレビがついているから(女性/20歳/大学3年生)
    ・70時間。毎日たくさん見ているので具体的な時間はわからない(女性/20歳/大学2年生)

    パソコンやスマホが普及した今では、テレビよりYouTubeなどの動画やインターネットのほうがおもしろいという意見があがりました。
    また授業やバイト、サークルなどで忙しい大学生は家でのんびりする時間は少ないようです。
    一方、やっぱり好きなアニメやドラマは欠かさず観るという人もいました。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160627-24534377-mynavis



    はてなブックマークに追加
    オリコン 6月28日(火)11時0分配信

     女優で歌手の酒井法子(45)が28日、都内で行われた新スキンケアシリーズ
    『ORIGAMI(オリガミ)』の新商品発表会に出席。同ブランドで、2009年の覚せい剤事件から
    復帰後、初となるイメージキャラクターを務めることが発表された。

     酒井が持つ“大和撫子”のイメージや、中国での人気の高さが起用の決め手だという。
    赤のドレスで登場した酒井は「恐縮です」と照れながらも「イメージキャラクターにさせて
    いただき、のりピー、マンモスうれピー!」と“のりピー語”で喜びを爆発させた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000363-oric-ent
    画像
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20160628/2074135_201606280107480001467079691c.jpg

    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20160628/2074135_201606280107693001467079691c.jpg




    はてなブックマークに追加
    タレントの猫ひろし(38)がカンボジア代表としてリオデジャネイロ五輪に出場することが確実となった。
    国籍を変えての出場は世界的に見れば前例は多いが、日本ではまだ珍しいパターン。ましてや“同業者”だけにハイヒール・リンゴの胸中も複雑なようだ。

    ◇   ◇

    猫ひろしさん、他の国では結構あるじゃないですか国籍を替えてっていうの。日本人っていうのはこれ、違和感あるんじゃないですかね。
    結婚して国籍が変わってっていうならあると思うんですけど、オリンピックに出るために国籍を変えるっていうのは、日本は他の国ほど定着してないと思うんですよ。

    別にやったらあかんことをしてるとは思わへんし、でも何か…うまいこと飲み込まれへん感じがあるんですよ。
    オリンピックを見たときに猫さんを応援できるのか、できひんのかすごい微妙な自分がいるんですよ。

    猫さんが全然嫌いとかないし、ワハハ本舗でもすごい頑張ってはるし、芸人さんとしても好きなんですけど、このマラソンに関してはどうなんかと。
    「いや」とか「悪い」とか言えるほど確固たる信念もないんですけど、ストンと下に落ちないというか。応援したいけど、なんか素直に応援でけへん。

    見た目があまりにも違う場合は、例えばラモス瑠偉さんなんかそうですけど、ちょっと違和感があるというか…。
    日本人がベッチャリして同じ顔が多いから、なんかうーんってなってしまう。それと同じで猫さんがカンボジア人っていわれてもうーんって思ってしまうねんな。

    それは狭量やとは思うけど…。でもオリンピックに出たいという気持ちが強くて、
    オリンピックを第一に考えているということであればそれはいいと思うけど、みんなどう思ってるんやろって。

    日本人もそうなってきていると思うけど、それについて行けてない自分がいるんですよ。カンボジアの人は我らが代表って思うのかな。
    速いアスリートがいないから猫さんになるんでしょうけど、猫さんはカンボジア人になりたいわけじゃないじゃないですか。オリンピックに出たいんであって。
    そこのところがどうなんかなぁと。物事の善悪と、世の中の流れと常識がうまく体の中で落ちないんですよ。この話題。

    「参加することに意義がある」はもう死語で、この前も2億3000万円でしたっけ(※1)。
    コンサルタント会社に払ってて、それが高いんか、安いんかという話になって、スポーツ評論家の方は「そういうもんや」と。
    「『払わへん』って日本が言うのは勝手やけど、そうなったら日本でオリンピックなんかできない」と。そういうもんなんだと。

    まぁ、日本人は体格的にそんなにすごいアスリートが育たないじゃないですか。そんな中でみんなすごい頑張ってオリンピック出てるじゃないですか。そ
    う思ったら猫さんもオリンピック出ていいのかなとも思うんですけどね。

    (※1)東京五輪招致活動において、招致委員会側から国際陸連関係者に不正な送金があったとされる問題。
    招致委員会側は「招致計画作り、プレゼン指導、渉外アドバイスや実際のロビー活動、
    情報分析など多岐にわたる招致活動の業務委託、コンサル料などの1つであり、正式な業務契約に基づく対価」と説明した。

    デイリースポーツ 6月28日(火)11時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000035-dal-ent

    写真
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160628-00000035-dal-000-view.jpg




    はてなブックマークに追加
    覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優、高知東生(たかち・のぼる)容疑者(51)。
    逮捕のショックが尾を引くなか、今度は誰もが知る大物俳優に「逮捕秒読み」の衝撃情報が飛び交っている。

    内偵捜査を進めてきた警察当局は、すでに覚醒剤の使用に関する決定的な証拠を押さえたという。
    事態が弾ければ、芸能界を揺るがす大スキャンダルに発展するのは間違いない。

    清原和博・元プロ野球選手(48)、人気ミュージシャンのASKA(58)、
    元「歌のお兄さん」こと歌手の杉田光央被告(51)…。覚醒剤に溺れる有名人が後を絶たない。

    関東信越厚生局麻薬取締部に24日、逮捕された高知容疑者は26日、東京地検に身柄を送検された。
    都内の自宅からは覚醒剤を吸引する際に使用するとみられるストローが押収されており、常習性も疑われるという。

    警察当局が目下、徹底マークする大物俳優は、
    NHK大河ドラマの主演級でヤクザ映画にも出演。一般的にはさわやかなイメージで通っている。

    捜査関係者によると、覚醒剤の常習者として以前からリストに載り、ある薬物中毒者の逮捕をきっかけに
    改めて行動確認を行ったところ“クロ”となる証拠が続々と出てきた。条件さえ整えば、いつでも身柄を確保できる状況という。

    この俳優について、芸能事務所の関係者が興味深いエピソードを明かす。

    「清原さんが逮捕されて以降、各プロダクションは所属タレントに薬物使用者がいないか確かめるため、尿検査を行った。
    しかし、この俳優だけはかたくなに拒否したという。そのせいで、業界内でも怪しいと噂されるようになった」

    この俳優に近い芸能関係者は「大物すぎて誰も薬物について触れられなかったのが正直なところ。
    『もしかしたら』と疑っている関係者は多い」と話す。いさめる者がいなかったという点では、覚醒剤にのめり込んでいった清原元選手と似かよっている。

    ある芸能ジャーナリストは「10年ぐらい前、テレビ局の外で張り込み中に偶然、その俳優を見掛けた。実年齢より10歳以上も老け込んで見え、非常に驚いた。
    覚醒剤は効き目が切れると強烈な疲労に襲われるというが、乱用者だったとしたら合点がいく」と振り返る。

    覚醒剤と性行為には強い親和性があり、この俳優も行為中の使用が疑われている。

    「もともとサディスティックなプレイの嗜好の持ち主だが、薬のせいなのか、行為中に女性とトラブルを何度か起こしたことがある」(先の芸能関係者)

    捜査関係者は「薬物汚染の恐ろしさを社会に知らしめる意味でも、この俳優の存在は大きい。警察は絶対に所持、使用の現場を押さえて逮捕に持っていく。相当な意気込みだ」と語る。

    衝撃の逮捕再び-。その日は迫っている。

    2016.06.28
    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160628/enn1606281140004-n1.htm



    はてなブックマークに追加
    2016/06/28
    キンコン西野が芸人引退で絵本作家転身?「茶番」も賞賛の声殺到

    28日お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が芸人を引退し、絵本作家を本業にすることを発表した。

    ■好感度最低芸人への試練

    これは前日27日に放送されたテレビ番組『EXD44』(テレビ朝日)内の流れを受けて決まったこと。企画の趣旨は、西野のことが嫌いな一般人ふたりと対談するというもので、実際に現れたふたりは「芸人である西野が絵本を描くこと」への違和感を語った。

    西野はこれに対し、「芸人は仕事内容ではなく生き方の姿勢だ」などと語ったものの、まったく通じず。

    そのとき、西野は「ただ(自分が)嫌われているだけじゃね?」と気づいたそうで、北野武や明石家さんまと自身の圧倒的な好感度の差を悟った模様。

    そして、吹っ切れたように芸人引退と絵本作家への転身を決意した……というわけ。

    ■「茶番」の声も賞賛の声が相次ぐ

    あまりに良くてできたこの筋書きに、ネット上では「茶番」との声も出ている。しかし、炎上を巧みにネタにし、絵本の宣伝につなげる柔軟な姿勢には、賞賛の声が殺到しているようだ。

    たしかに、絵の才能もかなりのものに見える。絵本作家をとして活躍しても、なんらおかしくはないだろう。

    なお、アンケートサイト「マインドソナー」によると、「一度辞めた職場に入り直したことがある」、いわゆる出戻りの人は1割程度存在。

    なんとなく、彼もここに該当しそう(芸人に戻りそう)な気もするが、どうなるのだろうか。今後の活躍を見守りたい。
    http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/192553e5f9588297e07ebd1e3bbdaf5a.png

    http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/3f675602c2ceb4350b590c66102ab071.png

    http://sirabee.com/2016/06/28/138403/

    キングコング西野 LINE OFFICIAL BLOG
    http://lineblog.me/nishino/archives/4533459.html
    http://line.sp.blogimg.jp/nishino/imgs/b/c/bc2ec85b.jpg




    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ