ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    嵐・大野智(37)主演、Hey!Say!JUMP知念侑李出演の映画『忍びの国』がまだまだ熱い。今年7月1日に封切られ、公開2日間で動員40万4500人、興収4億8500万円という結果を残した同作。2017年を代表するヒット作といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せた。

     実は現在も「応援上映」という形で全国で上映が続いており、まだまだその勢いは止まらないよう。しかし、12月10日に福岡・大洋映画劇場で行われた上映が、ファンの物議を醸している。

     そもそも「応援上映」とは、映画の上映中に声援を送ることや、アフレコができる新しい映画鑑賞のスタイル。館内ではコスプレをしたり、サイリウムを振ったりして楽しむこともでき、「映画は静かに見るもの」という常識を覆したことが話題になった。今年4月に公開された木村拓哉主演映画『無限の住人』も、ファンの希望が叶い、7月に全国で応援上映が行われている。

    『忍びの国』も公開からしばらく経つが、ファンからの後押しもあり応援上映が決まったよう。しかし、大洋映画劇場での上映では一部のファンが下品な言葉を発したり、鑑賞を妨げるほど大声で叫んでいたというのだ。応援上映に参加したファンのレポートによると、登場人物が縄で縛られるシーンで「SMプレイが始まります!」との声が飛んだとか。
    また、セリフにファンの叫び声が被って聞こえなかったり、ただ雑談をしているだけの人もいたよう。ネット上には「今日の応援上映は最悪。1人の掛け声のおかげでとても気分悪い。こんな応援上映はダメだと思う」「応援上映なんてやっぱり行くんじゃなかった。ここまでひどいとは思わなかった」「あまりにもストーリーやセリフと関係ないこと言ったり、茶化してたりするのは、ちょっとどうかと思う……」との書き込みが。耐え切れず劇場から出てしまった、という人まで見受けられた。

     のちに、大声で叫んでしまったファンがTwitter上に現れ「不愉快な思いをさせてしまい、台無しにしてしまいました。ごめんなさい」と謝罪しているが、「どうやって取り返してくれますか? 私は、あなたのような人と同じ人を好きでいる事さえ恥ずかしいと思いました」「過去最悪の応援上映で非常に不愉快でした」などのリプライがついており、ファンの怒りは収まらないようだ。

     また、劇場内には「智ソロ希望 智ソロコン 智ソロアルバム」と書かれた自作の衣装を着て応援上映に参加したファンが4名ほどいたようで、これも物議を醸すことに。「わざわざこんなの作って恥ずかしい……」「これが大野担だと思われると迷惑」など、同じ嵐のファンから批判を集めている。

     このような一部ファンへの批判だけでなく、『忍びの国』の運営側にも非があると指摘する人もいる。というのも、今回応援上映が行われるにあたって「参加の心得」なる注意事項が公式サイトにて公開されたのだが、
    「突っ込み、歓声なんでもOKです」「嫌な言葉が飛び交っても、広い心で笑い飛ばしましょう」と書かれており、“なんでもアリ”な上に、「嫌な言葉」を聞いた側に寛容な対応を求めるような文章が書かれているのだ。「ファンも悪いけど、この書き方もどうかと思う」「そもそも注意事項がおかしい。これじゃ『嫌な言葉』を言ってもいいってことでしょ?」とのツッコミも飛んでいる。

     応援上映の“火付け役”と言ってもいい、アニメ映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の公式サイトでは、「むやみに叫ぶのはNG!」「過激な発言、ストーリーに関わるネタバレ等、周囲の方のご迷惑になるような行為や快適な鑑賞を著しく妨げる行為はご遠慮ください」などの注意事項が書かれており、確かに『忍びの国』との違いは一目瞭然。ファンのマナーを信頼した上での表記とも取れるが、福岡での上映で起こったことを考えると、運営側にも対策が求められそうだ。

     『忍びの国』の応援上映は年をまたぎ来年1月にも行われる予定。「自分だけが楽しい」ではなく、劇場にいる人が一緒に楽しめる空間になることを願うばかりだ。

    文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171212-00036087-dailynewsq



    はてなブックマークに追加
    GACKT(44)が18年の元旦に放送される『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)の中でX JAPANのYOSHIKI(52)と「最強タッグ」を組むことが、12日明らかになった。
    同番組は芸能人が食・音楽・映像などで一流品と安物を見分ける問題にチャレンジし、その正解数に応じて「一流」「二流」などランクを決めるという企画である。

    「GACKTは09年から17年まで(11年以外)毎回出演し、16年にチームを組んだKis-My-Ft2の北山宏光(32)と中山優馬(23)が不正解を出し、チーム戦での連勝記録は39連勝でストップ。
    しかし、個人成績ではいまだ不正解なしの51連勝を続け、それが番組の見所の一つとなっています。まさかの新相棒にSNSでも『ヤバすぎ!期待感高まる』『番組はマッチメイクを分かってる』
    『叶姉妹との対決が見たい』など放送を楽しみにする声が多数上がっていました」(週刊誌記者)

     画面を通してだけでは分からないが、他の出演者が軒並み不正解を連発する中、たしかにGACKTの正解率は群を抜いている。
    しかし、その反面、番組には当初から度々「やらせ」の疑惑が持ち上がってきたという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1384507/



    はてなブックマークに追加
    https://www.oricon.co.jp/news/2102139/full/
    2017-12-12 19:46

    ダウンタウンの松本人志、バナナマンの設楽統、小池栄子が来年1月2日放送のTBS系『クレイジージャーニー正月SP』(後11:25)の収録後、囲み取材に出席した。
    今回、芸能人初の“クレイジージャーニー”として登場した俳優・滝沢秀明の火山探検の模様に密着。
    その“ガチ”っぷりに松本は「すごい映像を見ちゃいました」とその迫力に圧倒された様子で語った。

    実は、プライベートでも世界各地の火山を探検するという超ハイリスクな趣味を持つ滝沢だが、今回は世界でも降り立った人が一桁しかいないバヌアツ共和国・アンブリム島のベンボウ火山にあるマグマに大接近。
    まるでSF映画のワンシーンのような映像に設楽は「“スペシャルに芸能人を持ってきた”じゃない…」と断言し、松本も「“クレイジージャーニー”を呼んだらたまたま芸能人だった」とこれまでの出演者に引けを取らない“クレイジー”ぶりに感心しきり。

    VTR内で過酷な状況でも堂々と構える滝沢を目の当たりにした松本は「動じない。あたふたしない。どこで学んだんだろう…」と目を丸くし、小池も「よくジャニーズの方が尊敬する人として滝沢さんのお名前が挙がるけど、すごく納得しました!」と同意。

    「なんか見せないけどマグマみたいなものが中にあるのかも。だから共鳴するのかも…」と分析して笑いを誘うと、松本は「急にここが火事になってもタッキーについていけばなんとかなる」と勝手に想像を膨らませていた。

    (続きはソースをご覧下さい)
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171212/2102139_201712120617070001513075764c.jpg




    はてなブックマークに追加
    サッカー元日本代表・岡野雅行にリアル「ROOKIES」秘話 映画化の価値あり!?
    2017-12-11 06:00 ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2102083/full/

    12月11日放送、テレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に、サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が“激レアさん”として出演(C)テレビ朝日
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171211/2102083_201712110658057001512939616c.jpg

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171211/2102083_201712110658124001512939616c.jpg


    サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が、11日放送のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』(毎週月曜
    後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に出演。サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにする、という『ROOKIES(ルーキーズ)』ばりの過去を持つ“激レアさん”として、当時を振り返る。

    1997年、日本を史上初のワールドカップ出場に導いた岡野。延長戦で劇的なゴールを決めたその試合は“ジョホールバルの歓喜”と呼ばれ、日本サッカー界に大きな歴史を刻んだ。そんな岡野だが、決して順風満帆なサッカー人生を歩んでいたわけではない。入学した高校は、全国のヤンキーを集めて更生させるような学校。完備されている寮も年間100人が脱走をするという上下関係がとにかく厳しい監獄のような寮だった。しかもあると思っていたサッカー部も存在しないという悲惨な状態。入学早々、学校内のいたるところで繰り広げられるヤンキーたちのケンカを目の当たりにし、ひたすら絶望感に打ちひしがれていたという。

    そこで一念発起した岡野はサッカー部設立を決意。1年先輩のトガノさんとともに全校生徒に呼びかけ、部員を募ると、鬼のような顔をしたトップクラスのヤンキーたちが続々集結。泣く子も黙るヤンキーたちとともに、いよいよ部活動として本格始動していくことになる。

    しかし初めての対外試合では『クローズ』(高橋ヒロシ氏の不良漫画)ばりの乱闘騒ぎに。そこから岡野率いるサッカー部は大きな変身を遂げていく。全国のトップクラスのヤンキーで構成されたサッカー部が県内有数の強豪チームへと成長していくストーリーは、まさにリアル『ROOKIES』(森田まさのり氏の野球漫画)。

    岡野とヤンキーたちの熱い絆はもちろん、今の時代では考えられないような、ヤンキーを更生させるための超スパルタハイスクールライフも明らかに。ヤンキー高校の実情に、MCの若林正恭(オードリー)が「こんなにストレートに引いたの、久しぶりだよ」と絶句することもあったが、超感動のサクセスストーリーに、若林もゲストの片瀬那奈も「泣きそう」、と激しく感情移入する。

    収録を終えて岡野は「あんなに感動すると思いませんでした」と驚いたといい、「自分でも忘れていた当時の気持ちを思い出して、ジーンときました。『なんで今までそれを言わなかったんですか、映画にすればいいのに』と言ってくださいました。大きな反応があって良かったです」とニッコリ笑顔で帰っていった。



    はてなブックマークに追加
    お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(35)が12日、タレントの瀬戸サオリ(29)と結婚したことを発表した。

     斉藤は「関係者各位、ファンの皆様へ!私事ではありますが、本日12月12日にタレントの瀬戸サオリさんと入籍致しました事をご報告させていただきます」とツイート。
    「いつも周りの先輩方に助けられてばかりで未熟な芸人ですが、私生活では彼女の事を守っていけるよう頑張ります!今後とも宜しくお願い申し上げます」と呼びかけた。

     瀬戸も自身のツイッターに2ショット写真をアップし、「本日12月12日にジャングルポケットの斉藤慎二さんと入籍いたしました事をご報告致します。
    二人でいると笑いが絶えない毎日であることが幸せです。お互いを支え合いながら笑顔溢れる家庭を築いていきたいと思います。どうか温かく見守っていただけたら嬉しいです」と喜びをつづった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000086-sph-ent



    はてなブックマークに追加
    12/12(火) 9:34配信
     毎年元旦にテレビ朝日・朝日放送系で放送される「芸能人格付けチェック!」で連勝記録を伸ばし続けるGACKTの2018年パートナーに、X JAPANのYOSHIKIが決まったことが12日、分かった。X AJAPNのドキュメンタリー映画「WE ARE X」公式ツイッターで発表された。

     この番組は、一流と三流の食事や音楽、映像などを見極め、一流を当てるというもの。その中で無類の強さを発揮し、連勝記録を48に伸ばしたのがGACKT。毎年、GACKTのパートナーに誰が選ばれるかに注目が集まっており、2017年はホリエモンこと実業家の堀江貴文氏だった。

     そして、この日「WE ARE X」公式ツイッターで「『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』に最強チーム『YOSHIKI&GACKT』が登場!最強チームで、絶対に間違えられない戦いに挑みます。どうぞお楽しみに!」の告知が。

     これにはファンは熱狂。「YOSHIKI&GACKTはやばすぎ!」「凄すぎ!」「最高最強かよ!」「どうしたって期待しちゃう」など早くも元旦への期待感が沸騰していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000032-dal-ent



    はてなブックマークに追加
    12月7日、検察の求刑通り懲役2年、執行猶予3年付きでの有罪判決が下った。

    執行猶予の説明を受けた、上下ねずみ色のジャージ姿という地味な装いながら、長い黒髪がまぶしい女性被告は、
    「ハイ、ハイ」と、幼びたかわいらしい声で素直に応じていた。みずからが犯した罪の深さを深く感じているようにも見えたのだが…。

    司法担当記者が説明する。

    「罪状は建造物侵入及び窃盗等という地味な事件で、裁判は傍聴席20人程度の小規模な法廷で裁判が行われました。
    しかし、11月30日の初公判で被告席に現れたのは、かつてアイドルとして活躍した美少女だったんです」

    被告人は、元アイドルM・S。今年9月20日、都内にあるホテルで大人の男性向けサービスをする派遣業の待機所にこっそり忍び込んだMは、
    他の女性従業員のショルダーバッグ内の財布から現金8万円を盗み取った。そして、味を占めたMはその8日後、ふたたび同じ待機所に忍び込み、
    別の女性のリュックサックを物色していたが、あらかじめ警戒していた従業員に取り押さえられ、現行犯逮捕となったという。

    「Mは犯行以前、同店に体験入店しており、待機所の入り口が無施錠であることを確認していた。
    また、部屋の中は漫画喫茶のように仕切られた状態で、従業員同士の接触も少ないため、
    仮に見とがめられても容易に言い逃れができると踏んで犯行に及んだ模様です」(前出・司法担当記者)

    余罪をうかがわせる証言まで飛び出した事件の全貌を12月12日発売の週刊アサヒ芸能12月21日号が詳報している。
    かつてのアイドルは、いったいなぜ、欲望産業の現場を舞台に犯罪行為に手を染めるまでに堕ちていったのか。
    http://www.asagei.com/excerpt/94614



    はてなブックマークに追加
    ◆ 平均年齢22.7歳、平均身長178.5センチ

    やはり芸能界には“激震”が走ったようだ。オスカープロモーションが11月14日、初の男性エンタテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のお披露目を行ったのだ。
     ***

    会場となったザ・プリンス・パークタワー東京(港区芝公園)には30人のイケメンがタキシード姿で勢ぞろい。全員がオスカー所属の若手俳優から抜擢された。
    芸能マスコミが注目したのはリーダーの栗山航(26)、そしてテレビ朝日系「仮面ライダーエグゼイド」に主演した飯島寛騎(21)、更にオスカーに所属する村上弘明(60)の長男・村上由歩(22)というところだろうか。

     クリスマスにファンイベントを開催し、来年、2018年の6月に舞台の旗揚げ公演を目指している。劇団という看板の通り、基本は演劇。少なくとも年2回の公演を考えているという。

     それにしても、やはりオスカーと言えば「国民的美少女コンテスト」であり、女性上位なイメージが極めて強い。改めて公式サイトの「プロフィール一覧」をクリックすれば、まずは女性が表示される。トップバッターは後藤久美子(43)、そして米倉涼子(42)、上戸彩(32)、菊川玲(39)、武井咲(23)……という順だ。

    “美の総合商社”が“イケメンビジネス”に殴り込み――業界に与えたインパクトは相当なものがあったようだ。さる関係者は「マーケティング的には非常に正しい選択です」と指摘する。

    飛び交う「女性顧客重視説」や「弱体ジャニーズ撃破説」

    「元SMAPの3人が代表例ですが、女性はファンを簡単に辞めません。逆にAKBの男性ファンなどを見ると、グループ卒業後は冷淡になってしまう動きも目立ちます。俳優の世界でも同じで、女優に比べると男優のほうが、結婚などプライベートの変化が人気に及ぼす影響が少ないのです。オスカープロモーションは、そうした“安定顧客”の獲得を目指して、今回の劇団を立ち上げたのではないでしょうか」

     極端な例かもしれないが、山口百恵(58)は結婚で引退した。しかしながら夫の三浦友和(65)は、名優としての評価を増す一方だ……。いや、もっときな臭い指摘をする関係者もいる。

    「オスカーが勝負に出たのは、やはりジャニーズの弱体化が大きな影響を与えているでしょう。SMAP独立騒動が会社のイメージを悪くしたのは言うまでもありません。少なくともネット上では“反ジャニーズ”一色です。この間隙を突いた格好ですから、ジャニーズ以外の大手事務所も脅威に感じているはずです」

     果たして関係者の指摘は本当なのか、取材を依頼した。すると鈴木誠司・取締役副社長が対応してくれた。開口一番、笑顔で「マーケティングとか、他社さんの動向とか、全く考えていませんよ」と一蹴する。

    「弊社は1970年に設立し、東京五輪の開かれる2020年に50周年を迎えます。当初から『男性スターも自社で育成する』との目標は持っていたのですが、なかなか実現に至らなかった。しかし創立50周年を前に、残っている“宿題”をやり遂げようということで、今回の結成に至ったんです」

    >>2に続く

    ◆ 「男性の人生に責任」

     どうして“宿題”が積み残っていたのか。オスカープロモーションが男性のマネジメントを行ってこなかった理由を訊くと、興味深い回答が返ってきた。

    「弊社はモデル事務所としてスタートしました。そして70~80年代は、男性モデルの人生に責任を持つことが大変だったんです。男性モデルは年を重ねるごとに仕事が激減します。『大学を卒業した時にモデルも引退、企業に就職』というのが、ある種の理想的な展開でした。
    最悪は『辞め時を失って貯金が底をつき』というパターンです。女性のモデルも競争に生き残るのは大変でしたが、当時は結婚して引退するという道があった。社長の古賀(誠一氏)と『まずは自分たちが責任を持てる女性のモデルから仕事をしよう』と決めたのは、そういう背景がありました」

     その後、オスカーは順調に成長を遂げ、多くの才能を自社で養成してきた。ノウハウの蓄積と「男性の人生にも責任が持てる」との自信から、「男劇団 青山表参道X」を誕生させたわけだ。そしてファンへのアピールポイントは、ずばり男たちの「美貌」だという。

    「目標はアイドルの育成ではありません。アイドルは可愛くても人気が出ます。しかし弊社は、モデル事務所が原点です。『男劇団 青山表参道X』のメンバーも、全員がモデルとして通用します。背が高く、正真正銘のいい男ばかりです。この方向性こそが、弊社の力が最も発揮できるという自負があるんです」

    ◆ 米倉涼子の相手役を育成!?

     未来の名優を育てるという目標には、具体的なニーズが切迫しているという理由もある。

    「テレビドラマの製作に力を入れ、おかげさまで好評を博しています。米倉涼子が主役を演じるのは嬉しいことですが、2番手を別の事務所さんに依頼しなければならず、ご迷惑をおかけしてきました。米倉が主演なら、相手役も弊社の男優が務めるのが最も合理的です。正直に言って、30人のうち何人が生き残るか全く分かりませんが、そうした夢をファンの皆さんと共有できればと願っています」

     例えばドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)では永山絢斗(28)、陣内孝則(59)、草刈正雄(65)という俳優陣に注目が集まっているようだ。ちなみに陣内はオスカーと業務提携している。ここに「男劇団」のメンバーが食い込む日が来れば悲願達成というわけだが、果たしてどんな未来が待っているのだろうか。

    週刊新潮WEB取材班
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00534055-shincho-ent&p=2



    はてなブックマークに追加
     歌手の高橋ジョージ(59)が11日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」(月曜・後7時)に出演し、
    2016年3月に離婚した元妻のタレント・三船美佳(35)への思いを語った。

     番組で高橋に「前の奥さんとは、ヨリを戻したいと思いますか?」と問うと、「可能性はゼロではない。ってか、
    俺から嫌いになったわけじゃないから」と告白。「そんなの分からないじゃん。昨日まで嫌いなヤツでも、
    パッと気が合うことあるじゃないですかね?人って変わるから、やっぱり」と説明した。

     さらに三船への感謝はあると言うが「娘と最後に会ったのは、2014年3月23日だから3年半以上ですよね…
    それがつらいかな…それは寂しいですね」と娘への思いを語ったが、
    「1回『そんな泣き言テレビで言わないでくれ』ってクレームがついたんですよね…向こうの代理人から…
    しょうがないだろって、正直なこと言ったんだから」と愚痴をこぼす一面も見られた。


    12/11(月) 21:24配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000146-sph-ent
    画像 高橋ジョージ
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171211-00000146-sph-000-0-view.jpg



    はてなブックマークに追加
    12/11(月) 11:37配信

    綾瀬はるか主演「精霊の守り人~最終章~」第3話は5・1% 前回から0・6ポイント減

     9日に放送された女優・綾瀬はるか(32)主演のNHK大河ファンタジードラマ「精霊の守り人~最終章~」(土曜・後9時)の第3話の平均視聴率が5・1%だったことが11日、分かった。

     初回は6・0%でスタート。第2話は5・7%、そして今回は0・6ポイントダウンした。

     同ドラマはNHKが3年に渡って放送してきた作家・上橋菜穂子さん原作のファンタジー超大作の最終章。短槍使いの女用心棒・バルサ(綾瀬)が精霊の卵を宿し、命を狙われていた新ヨゴ国の王子・チャグムの用心棒になり、命を守る戦いを繰り広げる冒険物語。

     今回は、バルサがチャグムとともに祖国のカンバル王国を訪れるところから物語がスタートした。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000068-sph-ent



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ