ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也が26日、都内で記者会見を開き、芸能活動を無期限謹慎することを発表した。

    14時からの記者会見では、まず弁護士が謝罪。事実関係が説明され、山口が無期限で謹慎し、芸能活動を無期限謹慎することが発表された。
    マイクを渡された山口は、涙ながらに心境を告白。今年1月から酒で身体を壊し、1カ月ほど入院したことを明かした。そして退院後飲酒した上、20時頃に未成年である女性を呼び出し、家に招き入れたと説明した。

    その後30分から1時間程度女性が在宅し、席を外したタイミングで帰っていったと告白。直接的なわいせつ行為については記憶がないとし、芸能レポーターらから事件に至る経緯や女性に対する印象などが質問されたが、
    山口は口を濁す。見かねた弁護士が質疑をさえぎったため、詳細が語られることはなかった。

    そして山口は今後について、「もし待ってくれる席があるならTOKIOとしてやっていけたら」とコメント。いずれは芸能活動を再開させていくという意思を示した。

    しかし大方のネットユーザーは厳しい声を上げた。「自分の娘が同じ歳くらいの男に無理矢理キスされたら腹が立つ」
    「吉本は不祥事の続いた山本圭壱を解雇したのに、ジャニーズは守るのか」「処分が甘すぎる」など、怒りの声が続々と寄せられた。

    46歳の男性が女子高生を自宅に招き入れ、無理矢理キスを迫るなどわいせつ行為を要求したとなれば、一般人であれば解雇もありうる案件。「甘すぎる」と言われても致し方ないだろう。
    処分の重さについては意見の分かれるところだが、いずれにしても長期間謹慎することに変わりはない。性欲の代償は、大きなものになってしまった。

    4/26(木) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000016-reallive-ent



    はてなブックマークに追加
     人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也(46)が自宅マンションの部屋で女子高生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、警視庁が強制わいせつの疑いで先週、書類送検していたことが25日、明らかになった。

     山口は2月、自身が出演していたNHK Eテレの「Rの法則」で知り合った女子高生を都内の自宅マンションへ呼び出し、無理やりキスをするなどみだらな行為に及んだとされている。

     10代が気になる話題を伝える教養バラエティーの「Rの法則」は、女性タレントを抱える芸能事務所から“要注意番組”の烙印を押されていた、いわく付きの番組だったという。

    「10代の男女が出演し、女子高生も多数いる。ジャニーズJr.が出演していた時期もあるが、いつも女の子に手を出していた。しかも出演メンバー全員が一つの楽屋なので、連絡先も交換し放題。女の子を抱える芸能事務所のスタッフが目を光らせても、すぐにちょっかいを出される。『この番組は危ない!』という声がもっぱらでした」(テレビ局関係者)

     司会の山口には楽屋として個室が用意されていたというが、番組関係者によれば、連絡先の交換を主導していたのが山口本人だというから開いた口がふさがらない。

    「Jr.が直接口説こうとしても、マネジャーから『気をつけろ』と口酸っぱく言われていた女の子はさすがに警戒していた。でも山口と番組関係者が率先して連絡先を交換させていました。山口や番組関係者から言われたら、女の子も断れませんから」(同)

     一見、優しい気遣いとも思えるが、山口が卑劣なのは、これが性欲を満たすための“いやらしすぎる手口”だからだ。

    「番組で常に誰かに手を出してた山口ですが、ジャニーズの後輩たちに先に手を出させて、“ヤレそうな子”も聞いていた。Jr.は『女の子とつなげてくれてありがとうございます!』と常々感謝していた。そんな絶対服従の後輩たちを使って、10代の女子を誘ったり、おいしい思いをさせることで『お前らも共犯だぞ』と思わせて口封じもしていた」(同)

     10代女子からすれば40歳を超えた山口は“黒いオジサン”。ほとんどがうまくかわしていたが、前出の番組関係者や後輩を使い口説いていたという。

    「優しいお兄さん的な存在でしたが、水面下では『山口にも気をつけろ!』という情報が回っていた。一部では山口が主導する“乱交番組”という声まであった」(同)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000009-tospoweb-ent



    はてなブックマークに追加
    4/26(木) 15:08配信
    TOKIO城島茂「示談成立しても許されない」4人が山口事件でコメント、全文

     TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受け、グループの他のメンバーが26日、所属するジャニーズ事務所を通じてコメントを発表した。以下、各メンバーのコメント全文。

     ▽城島茂「この度は被害に遭われた方に対しまして心より深くお詫び申し上げます。そして被害者のご家族の皆さまにおかれましては大変な憤りを感じていらっしゃることと存じます。山口達也の犯した行為は例え示談が成立したとしても、大人として、そして離婚したといえども二児の父親である以上、決して許されることではありません」

     (続けて)「これまで山口達也という人間を信頼してくださったファンの皆さま、共演者の皆さま、そして関係者の皆さま、本当に申し訳ございません。グループをまとめるリーダーとして、男として情けない限りです。同じメンバーとして山口達也には今回のことを誠心誠意償うことを望みます」

     ▽国分太一「この度は、同じグループのメンバーでもある山口達也の強制わいせつ容疑で、大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。被害にあわれた方にはメンバーとして謝罪させていただきます。本当に申し訳ございませんでした」

     (続けて)「正直、まだ自分も頭の中の整理が出来ていない状態ではありますが、山口が起こしたことは絶対に許されるものではありません。これまで山口達也を信じて応援してくださっていたファンの皆さま、そして、一緒に仕事をしてくださっていた関係者の皆さんを悲しませ、裏切るようなことをしてしまい誠に申し訳ございませんでした」

     ▽松岡昌宏「この度、TOKIO山口達也が起こした件は、絶対に許される事ではなく、何よりも被害者の方には、TOKIO一同、申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして、関係者の方々、これまでTOKIOを支えてくださった方々にも申し訳ない気持ちでいっぱいです」

     (続けて)「ファンの皆さまへ…この度はTOKIO山口達也の事で、皆さまに多大なご心配をおかけしている事、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。重ね重ね申し訳ありませんでした」

     ▽長瀬智也「関係者各位、ファンの皆さまへ この度、我々TOKIOのメンバーである山口達也があってはならない過ちを犯し、ご迷惑、ご心配をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。今後、本人とメンバーで話し合い、僕たちに何ができるのかを考えていきたいと思います。申し訳ございませんでした」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000078-dal-ent



    はてなブックマークに追加
     26日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)でアイドルグループ・TOKIOの山口達也(46)が、今年2月に自宅マンションで女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で警視庁から書類送検されていたこと事件を特集した。

     スタジオで山口の今後の記者会見を開くかどうかについて議論。この中でコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(32)が「小倉さん、このニュースってやっぱり小倉さん自身は伝えにくいんですか?ジャニーズって知り合いも多いと思うんですけど」と尋ねた。

     これに小倉智昭キャスター(70)は「いや、伝えにくいってことはないですよ。伝えにくいってことはないけど、いろんな人間関係って他の人より知っていることがありますからね」と返していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000089-sph-ent



    はてなブックマークに追加
     TOKIO山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検された問題について、同グループの国分太一(43)が26日、司会を務めるTBS系生放送番組「ビビット」で、事件を知ってメンバー同士で話し合った内容を明かした。

     事件は前日25日午後、NHKが速報後、報道各社が一斉に報じた。山口を含むTOKIOのメンバー5人は当時、都内のスタジオでフジテレビ系「TOKIOカケル」の収録を行っていた。18時半に収録が終わったが、国分は「楽屋に帰ってから、ちょっとマネジャーの動きがおかしいなと思った」という。するとマネジャーから「わいせつ行為があったということが、報じられています」と聞かされた。「メンバー全員、頭が真っ白で、何の話をしてるのかも、まったく分からなくて」。

     収録中の山口の様子については「自分はいつもの山口達也にしか見えなかった。まさかこんなことになっているとはメンバー全員が気がついていなかった気がします」。

     収録後、山口を除いたメンバー4人でメールのやりとりなどをして「今後はどんなことがあっても連帯責任だと。どんな処罰も受けなければいけないという話をメンバーとした」という。そして「彼がやったことの責任をまず、自分たちも自覚しながら、できること、対応をしっかりしていかないといけないと話しました」。

     また「山口がどうしてこういうことをしたのか、まずは本人の口から聞かないと、メンバーだけでなく、スタッフ、ファンのみなさまが納得できないので、彼が話さないといけない」といい、会見などを行う必要性も訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00190476-nksports-ent



    はてなブックマークに追加
    滝沢カレン、H Jungle with t「知らないです」に東野幸治らビックリ
    2018年04月25日 22:22
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/25/kiji/20180425s00041000404000c.html
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/25/jpeg/20180425s00041000403000p_view.jpg

     TRFのSAM(56)、YU-KI(51)、DJ KOO(56)が25日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)に出演。小室ファミリー秘話を明かした。

     番組では音楽プロデューサーの小室哲哉(59)がプロデュースした“小室ファミリー”について紹介。TRFは1992年に結成。ボーカルのYU-KIは「TRFの前はZOOに1年間いました。(EXILEの)HIROと一緒に活動してました」と明かした。

     小室ファミリーの「H Jungle with t」についてMCの東野幸治(50)が、出演者の滝沢カレン(25)に「H Jungle with tってカレンさん分かる?」と聞くと滝沢は「知らないです」と反応。
    東野が「ダウンタウンの浜田さんと小室さんやで」と教えると、滝沢や若い視聴者代表としてスタジオにいた観覧者は「えー!?」と騒然。その反応を見た東野は逆にビックリ。歌手でタレントの鈴木紗理奈(40)も「時代やなあ…」と驚いていた。



    はてなブックマークに追加
    人気グループのTOKIOの山口達也メンバーが今年2月、16歳の女子高生に無理やりキスをしたなどの疑いで、警視庁に書類送検されていた。

    当初の調べに山口メンバー否認

    被害者の女子高生は、自分が所属する芸能事務所の関係者とともに、警視庁麻布署に被害届を提出していたことが分かった。
    また、当初の調べには山口メンバーは否認していたということだ。

    山口達也メンバーは、自宅で16歳の女子高生に酒をすすめ、無理やりキスをしていたという。
    また、その際、17歳の別の少女もいたということだ。

    人気グループTOKIOで、ベースを担当している山口達也メンバー(46)は、今年2月、東京・港区の自宅で女子高生に無理やりキスをするなどした強制わいせつの疑いで先週、書類送検された。

    山口メンバーは、女子高生とNHKの「Rの法則」という番組で知り合ったという。

    山口メンバーと女子高生は既に示談が成立していて、女子高生は被害届を取り下げる手続きを
    行っているいうことだ。

    ただ、山口メンバーは犯行当時、女子高生に酒をすすめていたということで、今後は、未成年に飲酒をさせたかどうかについても調べが行われる可能性がある。

    (写真:所属事務所HPより)

    4/25(水) 18:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010014-fnnprimev-soci



    はてなブックマークに追加
     書類送検が報じられたTOKIOの山口達也メンバーは、大の「酒好き」としても知られていた。

     ジャニーズ事務所の発表などによれば、事件当時酒に酔っていたといい、またNHKの報道では、被害者の女子高校生にもアルコールを勧めていたという。

    ■城島さん、松岡さんとは「酒の話ばっかり」

     2008年に元モデルと結婚したものの、16年8月に離婚。当時、ジャニーズタレントとして初めて行った離婚会見では、仕事や趣味に没頭し、「週に1~3日」しか家族の待つ自宅に帰っていなかった、と明かしていた。

      「自分が仕事や趣味のサーフィン、お酒の付き合いなど自分のやりたいことを優先してしまった。彼女に家事一切を負担させ、甘えていた。大事な時にお父さんがいないというのは、私が思う以上に負担だったと思う」

     仕事、サーフィンに続いて挙げたのが、「お酒」。TOKIOのメンバーでは松岡昌宏さんが酒豪として有名だが、山口メンバーも愛酒家として知られる。デイリースポーツでの連載では、やはり趣味であるバイクを眺めながら酒を飲むのが好きだと語り、

      「松岡(昌宏)とリーダー(城島茂)とは酒の話ばっかり(笑)。『あそこの焼き鳥屋が美味い!』とか」(2015年2月16日付)

    と、仲間との酒を通じた交流を明かしていた。

     一方、酒に関するゴシップも、時折報じられていた。

    女性自身が報じた「病院通い」

     中でも話題になったのは、「女性自身」(光文社)が離婚後に伝えたニュースだ。足しげく通う病院が、「アルコール依存症」の治療で有名だと報じ、その健康不安を示唆したのである。当時、事務所は通院の事実を認めつつ、「依存症」については否定したものの、ファンの間にはどよめきが広がった。

     また同じ16年7月には、レギュラー出演する「ZIP!」(日本テレビ系)に右目眼帯、顎へばんそうこう、という姿で登場した。本人は「自転車で転びまして、顔から。ちょっとケガをしました。ただ元気です」と説明したが、TOKIOきっての運動神経の持ち主ということもあり、疑問の声が噴出した。当時、ニュースサイト「ギャンブルジャーナル」などはこのトラブルを、「酒癖が悪いらしい」という噂と結びつける形で取り上げている。

    J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000018-jct-ent



    はてなブックマークに追加
    https://www.asagei.com/excerpt/103125
    2018年4月25日 09:59

     4月20日発売の「FRIDAY」によると日本を代表する名優の1人である田村正和が引退する意向であるという。田村は今年2月18日放送の単発ドラマ「眠狂四郎 The Final」(フジテレビ系)の試写を観て「これじゃダメだな」と痛感し、引退を考えるようになったようだ。

    田村にとって「眠狂四郎」はいわゆる“当たり役”。今でこそ田村は“二枚目俳優”として知られているが、成城学園高校在学中の1961年に映画「永遠の人」で本格デビューし、66年にフリーとなってからしばらくは、見た目が暗いこと、声が通らないことなどから脇役ばかりを演じていた。しかし、主人公の義兄で“母から愛してもらえず苦悩する息子”を演じた70年4月期放送のドラマ「冬の旅」(TBS系)でプチブレイク。72年10月より2クール放送されたテレビ時代劇「眠狂四郎」(フジテレビ系)で主人公・眠狂四郎を演じ大ブレイクを果たしたのだ。

    「田村は16年3月12日放送の『松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女 作家・杉本隆治の推理』(フジテレビ系)で主演を務めてから表舞台に現れなかったため、一時は心臓病説、激ヤセ説まで出たほど。しかし昨年4月11日の『眠狂四郎 The Final』制作発表時にそれらを自身が否定したことで、制作スタッフやオールドファンはホッとしたと聞いています。ところが田村が試写を観て痛感して感じたのと同じ『これじゃダメだな』は、現場スタッフの間でもささやかれていたことなのだとか。セリフが聞き取りにくい、立ち回りにキレがないといった批判の声が本人の耳に入らないよう、当時はかん口令が敷かれていたそうです。田村みずからが引退の意志を示したことで、フジテレビの制作スタッフは、昭和の名優が俳優人生にピリオドを打つことに対しては悲しんでいるそうですが、安堵する声もあがっているのだとか」(広告代理店社員)

     日本のテレビ芸能史に残る名優の「決断」ではあるが、やはり残念と言わざるをえない。

    https://www.asagei.com/wp-content/uploads/2018/04/20180425_asagei_tamura.jpg




    はてなブックマークに追加
    松田翔太と秋元梢が結婚 2世カップルついに「両親の様に、強さと温かい愛を持った家庭を」
    4/25(水) 13:02配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010003-spht-ent

     真剣交際が伝えられていた俳優の松田翔太(32)とモデルの秋元梢(30)=が25日、婚姻届を提出した。この日、双方の所属事務所が連名のファクスをマスコミ各社に送付し、「この度私共は入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と発表した。

     ファクスではさらに「私共の両親の様に、強さと温かい愛を持った家庭を築いて参りたいと思っております。これからも皆様のご期待に沿えるようより一層邁進して参ります。どうぞ温かく見守っていただけましたら幸いでございます」と決意をつづっている。

     松田は、1989年に死去した俳優の故・松田優作さん(享年40)と女優・松田美由紀(56)の次男。秋元は、16年7月に死去した元横綱・千代の富士(元・九重親方、本名・秋元貢、享年61)の次女。

     2人の交際は2016年秋に発覚。女性誌では、秋元が食材を買って松田の自宅マンションに宿泊したと報じられた。また昨年9月に松田がプロポーズしたとも報じられていた。



    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ