ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    シム・ウンギョンが、自身の女優としての立ち位置について語った。
    韓国で740万人を動員し、ロングランヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』のナミ役で知られるウンギョン。同作の日本公開時には、お笑い芸人の
    マキタスポーツら中年男性たちによって「おっサニー」と呼ばれる応援ユニットが結成されたのをはじめ、本作『怪しい彼女』を観賞した今田耕司、関根勤、
    水道橋博士ら中年男性のハートをわしづかみにするなど、日本でも日に日に注目度を増している。

    しかし、当の本人は「なかなか実感が湧かないですね。日本でわたしが知られているんですか?」とキョトンとした顔。「韓国では『サニー 永遠の仲間たち』を
    観に来てくれたのは女の子たちでしたから不思議な気持ちです。でも、大人の男性に応援していただいているということで、感謝したいですね」と笑顔で付け加えた。

    写真館に入った70歳のおばあさんが写真を撮ると、なぜか20歳のころの自分に戻ってしまったことから起きる騒動を描いた本作。正体がおばあさんである
    ことを周りに悟られないために、憧れの女優オードリー・ヘプバーンをもじったオ・ドゥリと名乗ってみせるなど、劇中にはオードリーに対するオマージュが
    満載となっている。
    「オードリーは全ての女優にとってお手本のような人。彼女のルックスにしても、演技にしても、まったく色あせていない。本当にすてき」と目を輝かせたウンギョン。
    劇中ではオードリースタイルともいうべき、首にスカーフを巻いたオールディーズ・ファッションに身を包んでいるが、「今回は、完璧にオードリーに成り切るわけでも、
    まねするわけでもないですから。2パーセントくらい足りない方がオ・ドゥリの愛らしいキャラクターが出せるかなと思ったので、大満足ですね」とにっこり笑った。
    「春のワルツ」「太王四神記」「ファン・ジニ」など数多くのテレビドラマに出演してきたウンギョンは、韓国の人気子役として押しも押されもせぬ存在だったが、
    本作で大人の女優としての第一歩を踏み出した。「こういう言い方は平凡かもしれませんが、わたしの最終目標は演技がうまい俳優になること。コメディーやラブ
    ストーリー、スリラー、ホラーなど、どんなジャンルでもこなせるような多彩な魅力を持った女優になりたいんです」と語る真っすぐなまなざしが印象的だった。
    http://www.cinematoday.jp/m/page/N0062896




    教科書に載ってないUSA語録
    教科書に載ってないUSA語録


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:通行人   2014年07月07日 16:48 ID:6L1PUCi90
    存じ上げません。
    2. 名前:   2014年07月07日 17:28 ID:Msielar40
    誰ですか?
    3. 名前:ダンガン名無し   2014年07月07日 17:48 ID:kfwrD0Qu0
    知らないですけど?
    4. 名前:名無しさん   2014年07月07日 18:37 ID:Zm52v44v0
    また知らないのが来た

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ