ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    木村拓哉さん「HERO」

    2001年に放送され、全話で視聴率30%を超えた“モンスタードラマ”が帰ってくる。
    続編の打診があった時は「いやうそでしょ、って感じでしたね。
    時間がたってるし、やると思ってなかったんで。プレッシャーがないっつったらウソになると思う」。

     現実と同じように登場人物も年齢を重ね、ジーンズ姿の型破りな検事・久利生(くりゅう)公平も40歳に。
    演じ方は変えていないつもりだが、「経験を積んでいる分、トゲトゲしていた部分は抜けててもいいかな、という意識はありますね」。

     捜査では一切妥協せず、一見遠回りにも見える久利生のスタイルは変わらない。
    「燃費悪いんですよね。でも、人を裁判にかけるかどうか決める立場の人として、
    それくらい自分のエゴや欲を無視して考えられるというのは、ありなんじゃないかと思います」

     見どころを尋ねると、「誰一人として特殊能力を持った人はいないですけど、
    『HERO』というタイトルがついている意味を感じ取ってもらえたら」。
    前作のファンはもちろん、初めての人にも楽しんでほしいと思っている。


     Q ワールドカップの真っ最中。サッカーはお好きですか。

     A 超好きです。幼少期は武道をやっていたのですが、自分で決められるなら
       サッカーをやりたかったですね。
       「キャプテン翼」世代なので、同じジャージーの着方をし、ボールを蹴る時は必要ないのに「でやーっ」って言ってました。

     Q 木村さんにとっての「HERO」は誰?(千葉県・14歳・もえちゃん)

     A アルゼンチン代表のメッシにしても、ブラジル代表のネイマールにしても、
       おそろしく年下だけど無条件にかっこいいと思う。スポーツ選手はどの分野でもそう。選びきれないな。

     Q 長いセリフをどうやって覚えますか。(茨城県・53歳・宇佐美浩美さん)

     A 気合ですね。コツがあったら教えてほしいですよ。マジで。

    HERO(14日スタート フジテレビ系 月曜後9.00)
    茶髪にジーンズ姿の検事・久利生公平(木村拓哉)が、東京地検城西支部に帰ってきた。
    2001年に放送され、06年のスペシャル版、07年の劇場版を経て、連ドラとしては13年ぶりの復活となる。

    http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20140628-OYT8T50014.html




    教科書に載ってないUSA語録
    教科書に載ってないUSA語録


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ