ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    AKB48の木崎ゆりあ(18)が、22日に放送されたEXILE・AKIRA(32)主演のドラマ『GTO』(フジテレビ系)の第3話で上半身ブラジャーだけ
    の下着姿を披露し、ファンの間で話題になっている。

     第3話では、木崎演じる小悪魔的な女子高生・さつきが海で出会ったイケメンのノリ(平沼紀久)に一目ぼれ。彼氏だったクラスメイトの
    徳山(堀井新太)をあっさりフッたことを発端に騒動が巻き起こった。徳山はさつきにつきまとい、ストーカーとして学校でも問題になるが
    、当のさつきは彼のことなど気にも留めず、ノリが仲間たちと暮らしているシェアハウスに通うように。そんな中、さつきそっくりのキャラ
    クターが惨殺されるゲームがネットに公開され、殺人予告だとして騒ぎになる。

     疑われた徳山は「自分ではない」と担任の鬼塚(AKIRA)に主張。それを信じた鬼塚は「あいつらかも」と、ノリたちのシェアハウスに急
    行する。ノリたちは女子高生に援助交際を強要して荒稼ぎする犯罪集団で、さつきは「客をとれ」と脅されていた。鬼塚の活躍でさつきは救
    出されるが、ノリたちはゲームに関しては知らないと否認。

     その直後、さつきの前にバイト先の常連客が現れ、彼女を連れ去ってしまう。実はその常連客こそが殺人ゲームを作った人物であり、彼は
    ネットで目をつけた女子高生を誘拐しては仲間たちと共に暴行・殺害する異常な犯罪を繰り返し、犯行の様子を生中継サイトで配信していた。

     …といった流れなのだが、この時、いつの間にか犯人たちによって監禁されていたさつきが、上半身ブラジャーだけの半裸で檻の中を逃げ
    惑うシーンが流れた。現役のAKBメンバー、しかも未成年の下着姿がゴールデンタイムで放送されたのは衝撃的だ。

     ドラマは結局、現場に乗り込んできた鬼塚の活躍によって事なきを得るのだが、視聴者にインパクトを与えたのは何よりも木崎の下着姿だ
    った。当然、ファンをはじめ男性視聴者は大喜びかと思いきや、意外にも以下のような微妙な意見が多く上がっている。

    「監禁の場面、エロいの通り越して気持ち悪かった」
    「監禁事件が問題になってるのに、なんでこんなの流したの」
    「脚本と演出がクソすぎて脱いだゆりあが可哀想」
    「今風を意識してるんだろうけど演出が寒すぎる」
    「ストーリーが理解しづらい。ゆりあが脱いでる意味が分からなかった」
    「AKBの子、完全に脱ぎ損だな」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9071264/

    問題のシーン
    http://www.youtube.com/watch?v=D3n3TF3xxUE

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0f/70/0f76263747a59090a405306cbed527be.jpg

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/44/91/59f4a9e2dc02b36178c9f5d5ff099350.jpg

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/80/d4d107fae1a403ffc79ded89e66ba610.jpg

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/37/10/54dd8d34be508b3ecf13e84777acba1e.jpg





    週プレ No.31 8/4 号 [雑誌]
    週プレ No.31 8/4 号 [雑誌]


    トラックバックURL

    コメント一覧

    1. 名前:名無し   2014年07月23日 22:39 ID:I2jNLqt30
    うーーわ画像何これ気持ち悪い
    ほんとこんな回に出されてなんだかねぇ
    こういう内容は気分悪いわ

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ