ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼さんがジャニーズ事務所に所属するタレントたちの「後輩力」について
    ラジオ番組内で辛口評価する一幕があった。

    ジャニーズ事務所といえば先輩後輩の上下関係が厳しいことで知られているが、矢作さんによれば彼らの
    礼儀正しさは「事務所の先輩に対してだけ」というのだ。

    「TOKIOだって『昔は実は調子に乗ってました』って言ってた」
    矢作兼さんと小木博明さんは2014年7月24日に放送された「おぎやはぎのメガネびいき」(TBS系)の中で、
    若いころに上下関係を学ぶことの大切さについて語っていた。
    中高生時代の「部活動」を学びの場として推す中、小木さんが「ジャニーズ事務所」を挙げた。

    ところが「ジャニーズの上下関係…あの教育っていうのは素晴らしいと思うよ。いい子たちじゃない」と
    絶賛する小木さんに対し、矢作さんは「いやそんなことないよ、良い子じゃねぇよ。人による」とはなから反論した。

    バラエティー番組で共演していた7人組アイドルグループ「Kis-My-Ft2」(キスマイ)については矢作さんも
    「マジでいい子」と認めるが、彼らは「ブサイク」であることを売りにしているため、
    他と違って「調子に乗れなかった」結果、「いい子」なのだと分析。

    その上で、「TOKIOだって『昔は実は調子に乗ってました』って言ってた」
    「どこのグループとは言わないけど、ディレクターとの打ち合わせ中にみんな机の上に足を乗っけて携帯を
    いじってたって聞いたことがある」などと話し、小木さんの主張に首をかしげた。

    これに小木さんは、キスマイのメンバーから「必ず指導してくれる先輩がいて、怖いからそこで教育を受ける」
    という話を聞いたとして、事務所内で指導が行き届いていることを強調した。

    すると矢作さんは「いや違うんだよ。あれはジャニーズ内だけなんだよ。ジャニーズの先輩がいるときには、
    すごいちゃんとしてるんだけど、違う業界の先輩が来たとき挨拶しないからね」と暴露した。

    ジャニーズ事務所内の「上下関係」は有名で、所属タレントがバラエティー番組内で先輩に怒られたエピソードを
    紹介することもしばしばある。
    先輩後輩の基準は、年齢ではなく事務所入りした順番で決まると言われているが、7月2日放送の「ナカイの窓」
    (日本テレビ系)ではキスマイの北山宏光さんが、
    「ジュニアの頃、結構年上のほうだったんですけど、同い年とかに先にデビューしている人がいて、その中でも敬語
    を使わなきゃいけないとかありました」
    と細かいルールを披露して周囲を驚かせていた。

    しかし矢作さんの話によれば、若手や後輩が気を遣うのはあくまで事務所や同じ業種の先輩であり、
    「芸能界の先輩」「目上の人」に対して同じような態度を取るわけではないようだ。
    実情を知るためジャニーズ事務所に聞いてみたが、返答は得られていない。

    (以下ソースで)

    http://www.j-cast.com/2014/07/25211517.html?p=all




    教科書に載ってないUSA語録
    教科書に載ってないUSA語録


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ