ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

    サム・ライミ監督が、自身の出世作でもある人気ホラー『死霊のはらわた』シリーズのテレビドラマ化を
    企画していることを、25日に出席したコミコン・インターナショナルで認めた。

    『死霊のはらわた』は、ライミ監督が1981年に手掛け、スプラッターブームの火付け役となった名作ホラー。
    とある森の別荘にやってきた主人公アッシュをはじめとする若者たちが、地下室で「死者の書」を見つけたことから、
    次々に死霊の犠牲になっていく姿を描く。ブルース・キャンベルがアッシュのキャラクターを魅力的に演じ、
    現在もファンから熱い支持を集めている。

    ライミ監督はこの日、質疑応答の中で『死霊のはらわた』シリーズの続編について聞かれると、
    「僕とブルース・キャンベルと(製作の)ロバート・G・タパートは、いつだってこのシリーズに取り組みたいと
    思っている」とコメント。さらに「実際、今は兄弟とテレビシリーズの脚本を書いているところさ」と語った。
    脚本にはブルースも関わっていることを明かすと、客席は熱狂に包まれた。

    http://www.cinematoday.jp/page/N0064928




    教科書に載ってないUSA語録
    教科書に載ってないUSA語録


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ