ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加

     女優の瀧本美織が22日、都内で行われた舞台「ブエノスアイレス午前零時」
    製作発表会見に出席した。清純派のイメージの瀧本は、情熱的なアルゼンチンタンゴを
    踊らなければいけないとあり、「色気の準備をしたいと思います!」と意気込んだ。
    この日は、主演のV6・森田剛をはじめ、共演の橋本じゅん、千葉哲也、原田美枝子のほか、
    原作者の藤沢周、脚本の蓬莱竜太、演出の行定勲らも顔をそろえた。

     大物ぞろいの本作で舞台デビューを果たすのは、ジブリ映画『風立ちぬ』でのヒロイン役が
    記憶に新しい瀧本。普段は舞台をあまり鑑賞せず、自身とはかけ離れたものと思っていたというが、
    「その場でしか感じられない臨場感やスリルを楽しみながら、同じ空間で同じ物語を皆さんと
    共有できることが楽しみ」と期待に胸を膨らませている様子。子供の頃に大好きだったテレビ番組
    「学校へ行こう!」に出演していた森田との共演に「すごく光栄です」と笑顔を見せた。


     そんな瀧本の告白に「最近多いんですよね。年ですね……」と苦笑いしつつも、作品に並々ならぬ
    意欲を見せる森田。初の一人二役という難役に、「新しいチャレンジなのでどうなるかわからないですが、
    今までに見たことのない自分を見せられたらいいなと思います」と決意を新たにした。

     今回、森田と初タッグを組むのは、森田のファンと公言する名匠・行定。原作が芥川賞を受賞した
    当初から映画化を熱望するも、その世界観からなかなか実現にこぎ着けられなかったという本作。
    森田から「一緒に何かをやりたい」というオファーを受けて、舞台化することを思い付いたという。
    「原作に書かれている本質をいい意味で裏切りたい。そして原作ファンにも認めてもらえる作品を作りたい。
    それができる役者が森田くん」と森田に大きな期待を寄せた。

     本作は、芥川賞を受賞した藤沢のベストセラー小説を原作とした、究極のラブストーリー。挫折した青年(森田)と
    盲目の老嬢(原田)という孤独な二人が運命的な出会いを果たすとき、過去と現在、妄想と現実が交差し、
    ドラマチックな世界がタンゴの調べと共に織りなされる。(取材・文:鶴見菜美子)

    パルコプロデュース公演「ブエノスアイレス午前零時」は11月28日~12月21日まで新国立劇場中劇場にて上演

    http://www.cinematoday.jp/page/N0065538
    http://img.cinematoday.jp/a/N0065538/_size_560x/_v_1408682610/main.jpg

    http://img.cinematoday.jp/res/GA/2014/0822_01/v1408681917/3-560x600.jpg

    http://img.cinematoday.jp/res/GA/2014/0822_01/v1408681442/1-560x600.jpg

    http://img.cinematoday.jp/res/GA/2014/0822_01/v1408682552/13-560x600.jpg


    http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/45557/img_7080_large.jpg

    http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/45557/img_7107_large.jpg





    ももクロ流
    ももクロ流


    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
    絵文字
    スポンサー
    記事検索
    携帯用QR
    スマートフォン用QR
    アクセスランキング


    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。


    アクセスランキング
    最新コメント
    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ